ローカル構成マネージャーの構成Configuring the Local Configuration Manager

適用先:Windows PowerShell 5.0Applies To: Windows PowerShell 5.0

ローカル構成マネージャー (LCM) は、Desired State Configuration (DSC) のエンジンです。The Local Configuration Manager (LCM) is the engine of Desired State Configuration (DSC). LCM は、すべてのターゲット ノード上で実行され、ノードに送信される構成の解析と適用を担当します。The LCM runs on every target node, and is responsible for parsing and enacting configurations that are sent to the node. 次のような DSC のその他のさまざまな側面も担当します。It is also responsible for a number of other aspects of DSC, including the following.

  • 更新モード (プッシュまたはプル) の決定。Determining refresh mode (push or pull).
  • ノードで構成をプルし、適用する頻度の指定。Specifying how often a node pulls and enacts configurations.
  • プル サービスへのノードの関連付け。Associating the node with pull service.
  • 部分構成の指定。Specifying partial configurations.

特殊な種類の構成を使用して、これらの各動作を指定するように LCM を構成します。You use a special type of configuration to configure the LCM to specify each of these behaviors. ここでは、LCM を構成する方法について説明します。The following sections describe how to configure the LCM.

Windows PowerShell 5.0 には、ローカル構成マネージャーを管理するための新しい設定が導入されました。Windows PowerShell 5.0 introduced new settings for managing Local Configuration Manager. Windows PowerShell 4.0 で LCM を構成する方法については、以前のバージョンの Windows PowerShell でのローカル構成マネージャーの構成に関するページを参照してください。For information about configuring the LCM in Windows PowerShell 4.0, see Configuring the Local Configuration Manager in Previous Versions of Windows PowerShell.

LCM 構成の作成と適用Writing and enacting an LCM configuration

LCM を構成するには、LCM 設定に適用する特殊な種類の構成を作成して実行します。To configure the LCM, you create and run a special type of configuration that applies LCM settings. LCM 構成を指定するには、DscLocalConfigurationManager 属性を使用します。To specify an LCM configuration, you use the DscLocalConfigurationManager attribute. LCM をプッシュ モードに設定する単純な構成を次に示します。The following shows a simple configuration that sets the LCM to push mode.

[DSCLocalConfigurationManager()]
configuration LCMConfig
{
    Node localhost
    {
        Settings
        {
            RefreshMode = 'Push'
        }
    }
}

LCM に設定を適用する手順は、DSC 構成を適用する場合と同様です。The process of applying settings to LCM is similar to applying a DSC configuration. LCM 構成を作成して MOF ファイルにコンパイルし、ノードに適用します。You will create an LCM configuration, compile it to a MOF file, and apply it to the node. ただし、DSC 構成とは異なり、LCM 構成の適用は Start-DscConfiguration コマンドレットを呼び出すことでは行いません。Unlike DSC configurations, you do not enact an LCM configuration by calling the Start-DscConfiguration cmdlet. 代わりに、パラメーターとして LCM 構成の MOF のパスを指定して、Set-DscLocalConfigurationManager を呼び出します。Instead, you call Set-DscLocalConfigurationManager, supplying the path to the LCM configuration MOF as a parameter. LCM 構成を適用した後で、Get-DscLocalConfigurationManager コマンドレットを呼び出すと LCM のプロパティを確認できます。After you enact the LCM configuration, you can see the properties of the LCM by calling the Get-DscLocalConfigurationManager cmdlet.

LCM 構成には、限定されたリソースのセットに対するブロックのみを含めることができます。An LCM configuration can contain blocks only for a limited set of resources. 前の例では、呼び出されたリソースは、Settings のみです。In the previous example, the only resource called is Settings. その他の使用可能なリソースは次のとおりです。The other available resources are:

  • ConfigurationRepositoryWeb: 構成の HTTP プル サービスを指定します。ConfigurationRepositoryWeb: specifies an HTTP pull service for configurations.
  • ConfigurationRepositoryShare: 構成の SMB 共有を指定します。ConfigurationRepositoryShare: specifies an SMB share for configurations.
  • ResourceRepositoryWeb: モジュールの HTTP プル サービスを指定します。ResourceRepositoryWeb: specifies an HTTP pull service for modules.
  • ResourceRepositoryShare: モジュールの SMB 共有を指定します。ResourceRepositoryShare: specifies an SMB share for modules.
  • ReportServerWeb: レポートの送信先となる HTTP プル サービスを指定します。ReportServerWeb: specifies an HTTP pull service to which reports are sent.
  • PartialConfiguration: 部分構成を有効にするデータを指定します。PartialConfiguration: provides data to enable partial configurations.

[基本設定]Basic settings

プル サービスのエンドポイントおよびパスと部分構成の指定を除き、LCM 構成のすべてのプロパティは Settings ブロックで構成します。Other than specifying pull service endpoints/paths and partial configurations, all of the properties of the LCM are configured in a Settings block. Settings ブロックでは、次のプロパティを使用できます。The following properties are available in a Settings block.

プロパティProperty TypeType 説明Description
ActionAfterRebootActionAfterReboot stringstring 構成の適用中の再起動後の動作を指定します。Specifies what happens after a reboot during the application of a configuration. 指定できる値は "ContinueConfiguration""StopConfiguration" です。The possible values are "ContinueConfiguration" and "StopConfiguration".
  • ContinueConfiguration: コンピューターの再起動後、現在の構成を引き続き適用します。ContinueConfiguration: Continue applying the current configuration after machine reboot. これは、既定値です。This is the default value
  • StopConfiguration: コンピューターの再起動後、現在の構成の適用を停止します。StopConfiguration: Stop the current configuration after machine reboot.
AllowModuleOverwriteAllowModuleOverwrite [bool]bool プル サービスからダウンロードされた新しい構成でのターゲット ノードの古い構成の上書きを許可する場合は、 $TRUE$TRUE if new configurations downloaded from the pull service are allowed to overwrite the old ones on the target node. それ以外の場合は、$FALSE。Otherwise, $FALSE.
CertificateIDCertificateID stringstring 構成で渡される資格情報をセキュリティで保護するために使用される証明書の拇印。The thumbprint of a certificate used to secure credentials passed in a configuration. 詳細については、「Want to secure credentials in Windows PowerShell Desired State Configuration? (Windows PowerShell Desired State Configuration で資格情報をセキュリティ保護する)」を参照してください。For more information see Want to secure credentials in Windows PowerShell Desired State Configuration?.
注: Azure Automation DSC プル サービスを使用している場合、このプロパティは自動で管理されます。Note: this is managed automatically if using Azure Automation DSC pull service.
ConfigurationDownloadManagersConfigurationDownloadManagers CimInstance[]CimInstance[] 互換性のために残されています。Obsolete. 構成プル サービスのエンドポイントを定義するには、ConfigurationRepositoryWeb ブロックと ConfigurationRepositoryShare ブロックを使用します。Use ConfigurationRepositoryWeb and ConfigurationRepositoryShare blocks to define configuration pull service endpoints.
ConfigurationIDConfigurationID stringstring 旧バージョンのプル サービスとの互換性用。For backwards compatibility with older pull service versions. プル サービスから取得する構成ファイルを識別する GUID。A GUID that identifies the configuration file to get from a pull service. 構成 MOF の名前が ConfigurationID.mof の場合、ノードはプル サービスで構成をプルします。The node will pull configurations on the pull service if the name of the configuration MOF is named ConfigurationID.mof.
注: このプロパティを設定した場合、RegistrationKey を使用してプル サービスへノードを登録することはできません。Note: If you set this property, registering the node with a pull service by using RegistrationKey does not work. 詳細については、「構成名を使用したプル クライアントのセットアップ」をご覧ください。For more information, see Setting up a pull client with configuration names.
ConfigurationModeConfigurationMode stringstring LCM が実際に構成をターゲット ノードに適用する方法を指定します。Specifies how the LCM actually applies the configuration to the target nodes. 指定できる値は "ApplyOnly""ApplyAndMonitior""ApplyAndAutoCorrect" です。Possible values are "ApplyOnly","ApplyAndMonitor", and "ApplyAndAutoCorrect".
  • ApplyOnly:DSC によって構成が適用され、それ以上は何も行われません。ただし、ターゲット ノードに新しい構成がプッシュされた場合、または新しい構成がサービスからプルされた場合を除きます。ApplyOnly: DSC applies the configuration and does nothing further unless a new configuration is pushed to the target node or when a new configuration is pulled from a service. 新しい構成が最初に適用された後、DSC は以前の構成された状態からの誤差を確認しません。After initial application of a new configuration, DSC does not check for drift from a previously configured state. DSC は成功するまで構成の適用を試みて、成功すると ApplyOnly が有効になります。Note that DSC will attempt to apply the configuration until it is successful before ApplyOnly takes effect.
  • ApplyAndMonitor:これが既定値です。ApplyAndMonitor: This is the default value. LCM が任意の新しい構成を適用します。The LCM applies any new configurations. 新しい構成が最初に適用された後、ターゲット ノードが目的の状態から変わった場合、DSC はログに不一致を報告します。After initial application of a new configuration, if the target node drifts from the desired state, DSC reports the discrepancy in logs. DSC は成功するまで構成の適用を試みて、成功すると ApplyAndMonitor が有効になります。Note that DSC will attempt to apply the configuration until it is successful before ApplyAndMonitor takes effect.
  • ApplyAndAutoCorrect:DSC によって新しい構成が適用されます。ApplyAndAutoCorrect: DSC applies any new configurations. 新しい構成を最初に適用した後、ターゲット ノードが望ましい状態からずれた場合、DSC では、ログで不一致を報告し、現在の構成を再度適用します。After initial application of a new configuration, if the target node drifts from the desired state, DSC reports the discrepancy in logs, and then re-applies the current configuration.
ConfigurationModeFrequencyMinsConfigurationModeFrequencyMins UInt32UInt32 現在の構成がチェックおよび適用される頻度 (分単位)How often, in minutes, the current configuration is checked and applied. ConfigurationMode プロパティが ApplyOnly に設定されている場合、このプロパティは無視されます。This property is ignored if the ConfigurationMode property is set to ApplyOnly. 既定値は 15 です。The default value is 15.
DebugModeDebugMode stringstring 指定できる値は NoneForceModuleImport、および All です。Possible values are None, ForceModuleImport, and All.
  • キャッシュされたリソースを使用する場合は、None に設定します。Set to None to use cached resources. これが既定値であり、運用シナリオではこの値を使う必要があります。This is the default and should be used in production scenarios.
  • ForceModuleImport に設定すると、以前に読み込まれ、キャッシュされた DSC リソース モジュールも LCM によって再読み込みされます。Setting to ForceModuleImport, causes the LCM to reload any DSC resource modules, even if they have been previously loaded and cached. これは、使用時に各モジュールが再読み込みされるため、DSC 操作のパフォーマンスに影響します。This impacts the performance of DSC operations as each module is reloaded on use. 通常、リソースのデバッグ中には、この値を使用しますTypically you would use this value while debugging a resource
  • このリリースでは、All は、ForceModuleImport と同じです。In this release, All is same as ForceModuleImport
RebootNodeIfNeededRebootNodeIfNeeded [bool]bool これを $true に設定して、リソースにより $global:DSCMachineStatus フラグを使用したノードが再起動されるようにします。Set this to $true to allow resources to reboot the Node using the $global:DSCMachineStatus flag. 設定しない場合は、再起動が必要な構成のノードを手動で再起動する必要があります。Otherwise, you will have to manually reboot the node for any configuration that requires it. 既定値は $false です。The default value is $false. DSC 以外 (Windows インストーラーなど) で再起動の条件が有効化されている場合にこの設定を使用するには、この設定を ComputerManagementDsc モジュールの PendingReboot リソースと併用します。To use this setting when a reboot condition is enacted by something other than DSC (such as Windows Installer), combine this setting with the PendingReboot resource in the ComputerManagementDsc module.
RefreshModeRefreshMode stringstring LCM が構成を取得する方法を指定します。Specifies how the LCM gets configurations. 指定できる値は、 "Disabled""Push""Pull" です。The possible values are "Disabled", "Push", and "Pull".
  • Disabled: このノードの DSC 構成が無効になります。Disabled: DSC configurations are disabled for this node.
  • Push: Start-DscConfiguration コマンドレットを呼び出すことによって構成を開始します。Push: Configurations are initiated by calling the Start-DscConfiguration cmdlet. 構成は、ノードにすぐに適用されます。The configuration is applied immediately to the node. これが既定値です。This is the default value.
  • Pull: プル サービスまたは SMB パスで構成を定期的にチェックするようにノードを構成します。Pull: The node is configured to regularly check for configurations from a pull service or SMB path. このプロパティを Pull に設定する場合、ConfigurationRepositoryWeb ブロックまたは ConfigurationRepositoryShare ブロックで HTTP (サービス) または SMB (共有) パスを指定する必要があります。If this property is set to Pull, you must specify an HTTP (service) or SMB (share) path in a ConfigurationRepositoryWeb or ConfigurationRepositoryShare block.
RefreshFrequencyMinsRefreshFrequencyMins Uint32Uint32 LCM がプル サービスをチェックして最新の構成を取得し、ドリフトがないかローカル構成を確認する時間間隔 (分)。The time interval, in minutes, at which the LCM checks a pull service to get updated configurations and checks local configuration for drift. この構成は、更新プログラムがダウンロードされたかどうかに関係なく、適用されます。The configuration is applied regardless of whether an update was downloaded. この値は、LCM がプル モードで構成されていない場合は無視されます。This value is ignored if the LCM is not configured in pull mode. 既定値は 30 です。The default value is 30.
ReportManagersReportManagers CimInstance[]CimInstance[] 互換性のために残されています。Obsolete. プル サービスへデータをレポートするエンドポイントを定義するには、ReportServerWeb ブロックを使用します。Use ReportServerWeb blocks to define an endpoint to send reporting data to a pull service.
ResourceModuleManagersResourceModuleManagers CimInstance[]CimInstance[] 互換性のために残されています。Obsolete. プル サービスの HTTP エンドポイントまたは SMB パスを定義するには、ResourceRepositoryWeb ブロックまたは ResourceRepositoryShare ブロックをそれぞれ使用します。Use ResourceRepositoryWeb and ResourceRepositoryShare blocks to define pull service HTTP endpoints or SMB paths, respectively.
PartialConfigurationsPartialConfigurations CimInstanceCimInstance 実装されていません。Not implemented. 使用しないでください。Do not use.
StatusRetentionTimeInDaysStatusRetentionTimeInDays UInt32UInt32 LCM が現在の構成の状態を保持する日数。The number of days the LCM keeps the status of the current configuration.

注意

LCM は次に基づいて ConfigurationModeFrequencyMins サイクルを開始します。The LCM starts the ConfigurationModeFrequencyMins cycle based on:

  • ConfigurationModeFrequencyMins への変更が含まれた新しい metaconfig は、Set-DscLocalConfigurationManager を使用して適用されますA new metaconfig with a change to ConfigurationModeFrequencyMins is applied using Set-DscLocalConfigurationManager
  • コンピューターの再起動A machine restart

タイマー プロセスでクラッシュが発生するすべての状況で、それが 30 秒以内に検出され、サイクルが再開されます。For any condition where the timer process experiences a crash, that will be detected within 30 seconds and the cycle will be restarted. 同時実行操作によって、サイクルの開始が遅延する可能性があり、この操作の期間が構成済みのサイクル頻度を超えた場合、次のタイマーは開始されません。A concurrent operation could delay the cycle from being started, if the duration of this operation exceeds the configured cycle frequency, the next timer will not start. たとえば、メタ構成が 15 分のプル頻度で構成されており、プルが T1 で発生するとします。Example, the metaconfig is configured at a 15 minute pull frequency and a pull occurs at T1. ノードにより 16 分間で作業が完了されません。The Node does not finish work for 16 minutes. 最初の 15 分のサイクルは無視され、次のプルが T1 + 15 + 15 で発生します。The first 15 minute cycle is ignored, and next pull will happen at T1+15+15.

プル シナリオの本来の意図は、RefreshFrequencyMinsConfigurationModeFrequencyMins より長い時間に設定することでした。The original intent in Pull scenarios was that the RefreshFrequencyMins is set to a longer time than the ConfigurationModeFrequencyMins. 構成のドリフトを回避するため、ローカル構成は主に ConfigurationModeFrequencyMins によって管理され、管理者が行う実際の構成変更を追跡記録する目的で RefreshFrequencyMins が使用されます。Local configurations would be manged primarily by ConfigurationModeFrequencyMins to avoid configuration drift and RefreshFrequencyMins is used to keep track of actual configuration changes made by administrator.

プル サービスPull service

LCM 構成では、次の種類のプル サービス エンドポイントを定義できます。LCM configuration supports defining the following types of pull service endpoints:

  • 構成サーバー: DSC 構成のリポジトリ。Configuration server: A repository for DSC configurations. ConfigurationRepositoryWeb (Web ベースのサーバーの場合) ブロックと ConfigurationRepositoryShare (SMB ベースのサーバーの場合) ブロックを使用して、構成サーバーを定義します。Define configuration servers by using ConfigurationRepositoryWeb (for web-based servers) and ConfigurationRepositoryShare (for SMB-based servers) blocks.
  • リソース サーバー: PowerShell モジュールとしてパッケージ化された DSC リソースのリポジトリ。Resource server: A repository for DSC resources, packaged as PowerShell modules. ResourceRepositoryWeb (Web ベースのサーバーの場合) ブロックと ResourceRepositoryShare (SMB ベースのサーバーの場合) ブロックを使用して、リソース サーバーを定義します。Define resource servers by using ResourceRepositoryWeb (for web-based servers) and ResourceRepositoryShare (for SMB-based servers) blocks.
  • レポート サーバー: DSC によってレポート データが送信される先のサービス。Report server: A service that DSC sends report data to. ReportServerWeb ブロックを使用して、レポート サーバーを定義します。Define report servers by using ReportServerWeb blocks. レポート サーバーは、Web サービスである必要があります。A report server must be a web service.

プル サービスの詳細については、Desired State Configuration プル サービスに関するページを参照してください。For more details on pull service see, Desired State Configuration Pull Service.

構成サーバーのブロックConfiguration server blocks

Web ベースの構成サーバーを定義するには、ConfigurationRepositoryWeb ブロックを作成します。To define a web-based configuration server, you create a ConfigurationRepositoryWeb block. ConfigurationRepositoryWeb は次のプロパティを定義します。A ConfigurationRepositoryWeb defines the following properties.

プロパティProperty TypeType 説明Description
AllowUnsecureConnectionAllowUnsecureConnection [bool]bool 認証なしのノードからサーバーへの接続を許可するには、 $TRUE に設定します。Set to $TRUE to allow connections from the node to the server without authentication. 認証を要求するには、 $FALSE に設定します。Set to $FALSE to require authentication.
CertificateIDCertificateID stringstring サーバーへの認証に使用される証明書の拇印。The thumbprint of a certificate used to authenticate to the server.
ConfigurationNamesConfigurationNames String[]String[] ターゲット ノードによってプルされる構成の名前の配列。An array of names of configurations to be pulled by the target node. ノードが RegistrationKey を使用してプル サービスに登録されている場合にのみ使用します。These are used only if the node is registered with the pull service by using a RegistrationKey. 詳細については、「構成名を使用したプル クライアントのセットアップ」をご覧ください。For more information, see Setting up a pull client with configuration names.
RegistrationKeyRegistrationKey stringstring プル サービスにノードを登録する GUID。A GUID that registers the node with the pull service. 詳細については、「構成名を使用したプル クライアントのセットアップ」をご覧ください。For more information, see Setting up a pull client with configuration names.
ServerURLServerURL stringstring 構成サービスの URL。The URL of the configuration service.
ProxyURL*ProxyURL* stringstring 構成サービスと通信するときに使用する http プロキシの URL。The URL of the http proxy to use when communicating with the configuration service.
ProxyCredential*ProxyCredential* pscredentialpscredential http プロキシに使用する資格情報。Credential to use for the http proxy.

注意

Windows バージョン 1809 以降でサポートされています。Supported in Windows versions 1809 and later.

オンプレミス ノードの ConfigurationRepositoryWeb 値の設定を簡単に行うサンプル スクリプトが用意されています。「DSC メタ構成の生成」を参照してください。An example script to simplify configuring the ConfigurationRepositoryWeb value for on-premises nodes is available - see Generating DSC metaconfigurations

SMB ベースの構成サーバーを定義するには、ConfigurationRepositoryShare ブロックを作成します。To define an SMB-based configuration server, you create a ConfigurationRepositoryShare block. ConfigurationRepositoryShare は次のプロパティを定義します。A ConfigurationRepositoryShare defines the following properties.

プロパティProperty TypeType 説明Description
資格情報Credential MSFT_CredentialMSFT_Credential SMB 共有への認証に使用される資格情報。The credential used to authenticate to the SMB share.
SourcePathSourcePath stringstring SMB 共有のパス。The path of the SMB share.

リソース サーバーのブロックResource server blocks

Web ベースのリソース サーバーを定義するには、ResourceRepositoryWeb ブロックを作成します。To define a web-based resource server, you create a ResourceRepositoryWeb block. ResourceRepositoryWeb は次のプロパティを定義します。A ResourceRepositoryWeb defines the following properties.

プロパティProperty TypeType 説明Description
AllowUnsecureConnectionAllowUnsecureConnection [bool]bool 認証なしのノードからサーバーへの接続を許可するには、 $TRUE に設定します。Set to $TRUE to allow connections from the node to the server without authentication. 認証を要求するには、 $FALSE に設定します。Set to $FALSE to require authentication.
CertificateIDCertificateID stringstring サーバーへの認証に使用される証明書の拇印。The thumbprint of a certificate used to authenticate to the server.
RegistrationKeyRegistrationKey stringstring プル サービスにノードを指定する GUID。A GUID that identifies the node to the pull service.
ServerURLServerURL stringstring 構成サーバーの URL。The URL of the configuration server.
ProxyURL*ProxyURL* stringstring 構成サービスと通信するときに使用する http プロキシの URL。The URL of the http proxy to use when communicating with the configuration service.
ProxyCredential*ProxyCredential* pscredentialpscredential http プロキシに使用する資格情報。Credential to use for the http proxy.

注意

Windows バージョン 1809 以降でサポートされています。Supported in Windows versions 1809 and later.

オンプレミス ノードの ResourceRepositoryWeb 値の設定を簡単に行うサンプル スクリプトが用意されています。「DSC メタ構成の生成」を参照してください。An example script to simplify configuring the ResourceRepositoryWeb value for on-premises nodes is available - see Generating DSC metaconfigurations

SMB ベースのリソース サーバーを定義するには、ResourceRepositoryShare ブロックを作成します。To define an SMB-based resource server, you create a ResourceRepositoryShare block. ResourceRepositoryShare は次のプロパティを定義します。ResourceRepositoryShare defines the following properties.

プロパティProperty TypeType 説明Description
資格情報Credential MSFT_CredentialMSFT_Credential SMB 共有への認証に使用される資格情報。The credential used to authenticate to the SMB share. 資格情報を渡す例については、「DSC SMB プル サーバーのセットアップ」をご覧ください。For an example of passing credentials, see Setting up a DSC SMB pull server
SourcePathSourcePath stringstring SMB 共有のパス。The path of the SMB share.

レポート サーバーのブロックReport server blocks

レポート サーバーを定義するには、ReportServerWeb ブロックを作成します。To define a report server, you create a ReportServerWeb block. レポート サーバーの役割には、SMB ベースのプル サービスとの互換性はありません。The report server role is not compatible with SMB based pull service. ReportServerWeb は次のプロパティを定義します。ReportServerWeb defines the following properties.

プロパティProperty TypeType 説明Description
AllowUnsecureConnectionAllowUnsecureConnection [bool]bool 認証なしのノードからサーバーへの接続を許可するには、 $TRUE に設定します。Set to $TRUE to allow connections from the node to the server without authentication. 認証を要求するには、 $FALSE に設定します。Set to $FALSE to require authentication.
CertificateIDCertificateID stringstring サーバーへの認証に使用される証明書の拇印。The thumbprint of a certificate used to authenticate to the server.
RegistrationKeyRegistrationKey stringstring プル サービスにノードを指定する GUID。A GUID that identifies the node to the pull service.
ServerURLServerURL stringstring 構成サーバーの URL。The URL of the configuration server.
ProxyURL*ProxyURL* stringstring 構成サービスと通信するときに使用する http プロキシの URL。The URL of the http proxy to use when communicating with the configuration service.
ProxyCredential*ProxyCredential* pscredentialpscredential http プロキシに使用する資格情報。Credential to use for the http proxy.

注意

Windows バージョン 1809 以降でサポートされています。Supported in Windows versions 1809 and later.

オンプレミス ノードの ReportServerWeb 値の設定を簡単に行うサンプル スクリプトが用意されています。「DSC メタ構成の生成」を参照してください。An example script to simplify configuring the ReportServerWeb value for on-premises nodes is available - see Generating DSC metaconfigurations

部分構成Partial configurations

部分構成を定義するには、PartialConfiguration ブロックを作成します。To define a partial configuration, you create a PartialConfiguration block. 部分構成の詳細については、「PowerShell Desired State Configuration の部分構成」をご覧ください。For more information about partial configurations, see DSC Partial configurations. PartialConfiguration は次のプロパティを定義します。PartialConfiguration defines the following properties.

プロパティProperty TypeType 説明Description
ConfigurationSourceConfigurationSource string[]string[] ConfigurationRepositoryWeb および ConfigurationRepositoryShare ブロックで以前に定義した、部分構成をプルする構成サーバーの名前の配列。An array of names of configuration servers, previously defined in ConfigurationRepositoryWeb and ConfigurationRepositoryShare blocks, where the partial configuration is pulled from.
DependsOnDependsOn string{}string{} この部分構成が適用される前に完了する必要があるその他の構成の名前の一覧。A list of names of other configurations that must be completed before this partial configuration is applied.
説明Description stringstring 部分構成を記述するために使用するテキスト。Text used to describe the partial configuration.
ExclusiveResourcesExclusiveResources string[]string[] この部分構成に固有のリソースの配列。An array of resources exclusive to this partial configuration.
RefreshModeRefreshMode stringstring LCM がこの部分構成を取得する方法を指定します。Specifies how the LCM gets this partial configuration. 指定できる値は、 "Disabled""Push""Pull" です。The possible values are "Disabled", "Push", and "Pull".
  • Disabled: この部分的な構成が無効になります。Disabled: This partial configuration is disabled.
  • Push: Publish-DscConfiguration コマンドレットを呼び出すと、部分構成がノードにプッシュされます。Push: The partial configuration is pushed to the node by calling the Publish-DscConfiguration cmdlet. ノードのすべての部分構成がプッシュされたか、またはサービスからプルされた後、Start-DscConfiguration –UseExisting を呼び出すことで構成を開始できます。After all partial configurations for the node are either pushed or pulled from a service, the configuration can be started by calling Start-DscConfiguration –UseExisting. これが既定値です。This is the default value.
  • Pull: プル サービスで部分構成を定期的にチェックするようにノードを構成します。Pull: The node is configured to regularly check for partial configuration from a pull service. このプロパティを Pull に設定する場合、ConfigurationSource プロパティでプル サービスを指定する必要があります。If this property is set to Pull, you must specify a pull service in a ConfigurationSource property. Azure Automation プル サービスの詳細については、「Azure Automation DSC Overview」を参照してください。For more information about Azure Automation pull service, see Azure Automation DSC Overview.
ResourceModuleSourceResourceModuleSource string[]string[] この部分構成に必要なリソースのダウンロード元となるリソース サーバーの名前の配列。An array of the names of resource servers from which to download required resources for this partial configuration. これらの名前では、ResourceRepositoryWeb ブロックおよび ResourceRepositoryShare ブロックで以前に定義したサービス エンドポイントを参照する必要があります。These names must refer to service endpoints previously defined in ResourceRepositoryWeb and ResourceRepositoryShare blocks.

注意

部分構成は Azure Automation DSC でサポートされていますが、各 Automation アカウントからプルできる構成はノードごとに 1 つだけです。partial configurations are supported with Azure Automation DSC, but only one configuration can be pulled from each automation account per node.

参照See Also

概念Concepts

Desired State Configuration の概要Desired State Configuration Overview

Azure Automation DSC の使用Getting started with Azure Automation DSC

その他のリソースOther Resources

Set-DscLocalConfigurationManagerSet-DscLocalConfigurationManager

構成名を使用したプル クライアントのセットアップSetting up a pull client with configuration names