Linux への PowerShell のインストール

すべてのパッケージは GitHub リリース ページにあります。 パッケージがインストールされたら、ターミナルから pwsh を実行します。 プレビュー リリースをインストールした場合は、pwsh-preview を実行します。

注意

PowerShell 7 はインプレース アップグレードで、PowerShell Core 6.x は削除されます。

/usr/local/microsoft/powershell/6 フォルダーは /usr/local/microsoft/powershell/7 に置き換えられました。

PowerShell 6 を PowerShell 7 と side-by-side 実行する必要がある場合は、バイナリ アーカイブ方法を使用して PowerShell 6 を再インストールします。

公式にサポートされていない Linux ディストリビューションの場合は、PowerShell の Snap パッケージを使った PowerShell のインストールを試すことができます。 また、Linux tar.gz アーカイブを使用して、直接 PowerShell バイナリを展開できますが、場合によっては、OS に基づいて依存関係を別の手順で設定する必要があります。

PowerShell 7.1 で公式にサポートされているプラットフォーム リリース

  • Ubuntu 16.04/18.04/20.04 (ARM64 を含む)
  • Ubuntu 19.10 (スナップ パッケージを使用)
  • Debian 9/10
  • CentOS と RHEL 7/8
  • Fedora 30
  • Alpine 3.11 以降 (ARM64 を含む)

PowerShell 7.0 で公式にサポートされているプラットフォーム リリース

  • Ubuntu 16.04
  • Ubuntu 18.04 および 20.04
  • Debian 8
  • Debian 9
  • Debian 10
  • Alpine 3.9 および 3.10
  • CentOS 7
  • Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 7
  • Fedora 28
  • Fedora 29
  • Fedora 30
  • openSUSE 42.3
  • openSUSE Leap 15

コミュニティでサポートされているリリース

  • Ubuntu 18.10
  • Ubuntu 19.10 および 20.10
  • Arch Linux
  • Kali
  • Raspbian (試験段階)

代替のインストール方法

  • Snap パッケージ
  • バイナリ アーカイブ
  • .NET グローバル ツール

Ubuntu 16.04

パッケージ リポジトリによるインストール - Ubuntu 16.04

Linux 向けの PowerShell は、インストールと更新を容易にするためにパッケージ リポジトリに公開されています。

推奨される方法は次のとおりです。

# Update the list of packages
sudo apt-get update
# Install pre-requisite packages.
sudo apt-get install -y wget apt-transport-https software-properties-common
# Download the Microsoft repository GPG keys
wget -q https://packages.microsoft.com/config/ubuntu/16.04/packages-microsoft-prod.deb
# Register the Microsoft repository GPG keys
sudo dpkg -i packages-microsoft-prod.deb
# Update the list of packages after we added packages.microsoft.com
sudo apt-get update
# Install PowerShell
sudo apt-get install -y powershell
# Start PowerShell
pwsh

スーパーユーザーとして、Microsoft リポジトリを 1 回登録します。 登録後は、sudo apt-get install powershell を使って PowerShell を更新できます。

直接ダウンロードによるインストール - Ubuntu 16.04

リリース ページから Ubuntu コンピューターに Debian パッケージ powershell_7.1.3-1.ubuntu.16.04_amd64.deb をダウンロードします。

次に、ターミナルで、以下のコマンドを実行します。

sudo dpkg -i powershell_7.1.3-1.ubuntu.16.04_amd64.deb
sudo apt-get install -f

注意

dpkg -i コマンドは依存関係が満たされずに失敗します。 次のコマンド apt-get install -f でこれらの問題は解決され、PowerShell パッケージの構成が完了します。

アンインストール - Ubuntu 16.04

sudo apt-get remove powershell

Ubuntu 18.04

パッケージ リポジトリによるインストール - Ubuntu 18.04

Linux 向けの PowerShell は、インストールと更新を容易にするためにパッケージ リポジトリに公開されています。

推奨される方法は次のとおりです。

# Update the list of packages
sudo apt-get update
# Install pre-requisite packages.
sudo apt-get install -y wget apt-transport-https software-properties-common
# Download the Microsoft repository GPG keys
wget -q https://packages.microsoft.com/config/ubuntu/18.04/packages-microsoft-prod.deb
# Register the Microsoft repository GPG keys
sudo dpkg -i packages-microsoft-prod.deb
# Update the list of products
sudo apt-get update
# Enable the "universe" repositories
sudo add-apt-repository universe
# Install PowerShell
sudo apt-get install -y powershell
# Start PowerShell
pwsh

スーパーユーザーとして、Microsoft リポジトリを 1 回登録します。 登録後は、sudo apt-get install powershell を使って PowerShell を更新できます。

直接ダウンロードによるインストール - Ubuntu 18.04

リリース ページから Ubuntu コンピューターに Debian パッケージ powershell_7.1.3-1.ubuntu.18.04_amd64.deb をダウンロードします。

次に、ターミナルで、以下のコマンドを実行します。

sudo dpkg -i powershell_7.1.3-1.ubuntu.18.04_amd64.deb
sudo apt-get install -f

注意

dpkg -i コマンドは依存関係が満たされずに失敗します。 次のコマンド apt-get install -f でこれらの問題は解決され、PowerShell パッケージの構成が完了します。

アンインストール - Ubuntu 18.04

sudo apt-get remove powershell

Ubuntu 20.04

パッケージ リポジトリによるインストール - Ubuntu 20.04

Linux 向けの PowerShell は、インストールと更新を容易にするためにパッケージ リポジトリに公開されています。

推奨される方法は次のとおりです。

# Update the list of packages
sudo apt-get update
# Install pre-requisite packages.
sudo apt-get install -y wget apt-transport-https software-properties-common
# Download the Microsoft repository GPG keys
wget -q https://packages.microsoft.com/config/ubuntu/20.04/packages-microsoft-prod.deb
# Register the Microsoft repository GPG keys
sudo dpkg -i packages-microsoft-prod.deb
# Update the list of products
sudo apt-get update
# Enable the "universe" repositories
sudo add-apt-repository universe
# Install PowerShell
sudo apt-get install -y powershell
# Start PowerShell
pwsh

スーパーユーザーとして、Microsoft リポジトリを 1 回登録します。 登録後は、sudo apt-get install powershell を使って PowerShell を更新できます。

直接ダウンロードによるインストール - Ubuntu 20.04

リリース ページから Ubuntu コンピューターに Debian パッケージ powershell_7.1.3-1.ubuntu.20.04_amd64.deb をダウンロードします。

次に、ターミナルで、以下のコマンドを実行します。

sudo dpkg -i powershell_7.1.3-1.ubuntu.20.04_amd64.deb
sudo apt-get install -f

注意

dpkg -i コマンドは依存関係が満たされずに失敗します。 次のコマンド apt-get install -f でこれらの問題は解決され、PowerShell パッケージの構成が完了します。

アンインストール - Ubuntu 20.04

sudo apt-get remove powershell

Ubuntu 18.10

snapd によるインストールがサポートされています。 手順については、「Snap パッケージ」をご覧ください。

Ubuntu 19.10 および 20.10

snapd によるインストールがサポートされています。 手順については、「Snap パッケージ」をご覧ください。

Debian 8

パッケージ リポジトリによるインストール - Debian 8

Linux 向けの PowerShell は、インストールと更新を容易にするためにパッケージ リポジトリに公開されています。

推奨される方法は次のとおりです。

# Install system components
sudo apt-get update
sudo apt-get install -y curl apt-transport-https

# Import the public repository GPG keys
curl https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc | sudo apt-key add -

# Register the Microsoft Product feed
sudo sh -c 'echo "deb [arch=amd64] https://packages.microsoft.com/repos/microsoft-debian-jessie-prod jessie main" > /etc/apt/sources.list.d/microsoft.list'

# Update the list of products
sudo apt-get update

# Install PowerShell
sudo apt-get install -y powershell

# Start PowerShell
pwsh

スーパーユーザーとして、Microsoft リポジトリを 1 回登録します。 登録後は、sudo apt-get install powershell を使って PowerShell を更新できます。

Debian 9

パッケージ リポジトリによるインストール - Debian 9

Linux 向けの PowerShell は、インストールと更新を容易にするためにパッケージ リポジトリに公開されています。

推奨される方法は次のとおりです。

# Install system components
sudo apt-get update
sudo apt-get install -y curl gnupg apt-transport-https

# Import the public repository GPG keys
curl https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc | sudo apt-key add -

# Register the Microsoft Product feed
sudo sh -c 'echo "deb [arch=amd64] https://packages.microsoft.com/repos/microsoft-debian-stretch-prod stretch main" > /etc/apt/sources.list.d/microsoft.list'

# Update the list of products
sudo apt-get update

# Install PowerShell
sudo apt-get install -y powershell

# Start PowerShell
pwsh

スーパーユーザーとして、Microsoft リポジトリを 1 回登録します。 登録後は、sudo apt-get install powershell を使って PowerShell を更新できます。

直接ダウンロードによるインストール - Debian 9

リリース ページから Debian コンピューターに Debian パッケージ powershell_7.1.3-1.debian.9_amd64.deb をダウンロードします。

次に、ターミナルで、以下のコマンドを実行します。

sudo dpkg -i powershell_7.1.3-1.debian.9_amd64.deb
sudo apt-get install -f

アンインストール - Debian 9

sudo apt-get remove powershell

Debian 10

注意

Debian 10 は、PowerShell 7.0 以降でのみサポートされます。

パッケージ リポジトリによるインストール - Debian 10

Linux 向けの PowerShell は、インストールと更新を容易にするためにパッケージ リポジトリに公開されています。

推奨される方法は次のとおりです。

# Download the Microsoft repository GPG keys
wget https://packages.microsoft.com/config/debian/10/packages-microsoft-prod.deb

# Register the Microsoft repository GPG keys
sudo dpkg -i packages-microsoft-prod.deb

# Update the list of products
sudo apt-get update

# Install PowerShell
sudo apt-get install -y powershell

# Start PowerShell
pwsh

直接ダウンロードによるインストール - Debian 10

リリース ページから Debian コンピューターに tar.gz パッケージ powershell-7.1.3-linux-x64.tar.gz をダウンロードします。

次に、ターミナルで、以下のコマンドを実行します。

sudo apt-get update
# install the requirements
sudo apt-get install -y \
        less \
        locales \
        ca-certificates \
        libicu63 \
        libssl1.1 \
        libc6 \
        libgcc1 \
        libgssapi-krb5-2 \
        liblttng-ust0 \
        libstdc++6 \
        zlib1g \
        curl

# Download the powershell '.tar.gz' archive
curl -L  https://github.com/PowerShell/PowerShell/releases/download/v7.1.3/powershell-7.1.3-linux-x64.tar.gz -o /tmp/powershell.tar.gz

# Create the target folder where powershell will be placed
sudo mkdir -p /opt/microsoft/powershell/7

# Expand powershell to the target folder
sudo tar zxf /tmp/powershell.tar.gz -C /opt/microsoft/powershell/7

# Set execute permissions
sudo chmod +x /opt/microsoft/powershell/7/pwsh

# Create the symbolic link that points to pwsh
sudo ln -s /opt/microsoft/powershell/7/pwsh /usr/bin/pwsh

# Start PowerShell
pwsh

Alpine 3.9 および 3.10

注意

Alpine 3.9 および 3.10 は、PowerShell 7.0 以降でのみサポートされます。

直接ダウンロードによるインストール - Alpine 3.9 および 3.10

リリース ページから Alpine コンピューターに tar.gz パッケージ powershell-7.1.3-linux-alpine-x64.tar.gz をダウンロードします。

次に、ターミナルで、以下のコマンドを実行します。

# install the requirements
sudo apk add --no-cache \
    ca-certificates \
    less \
    ncurses-terminfo-base \
    krb5-libs \
    libgcc \
    libintl \
    libssl1.1 \
    libstdc++ \
    tzdata \
    userspace-rcu \
    zlib \
    icu-libs \
    curl

sudo apk -X https://dl-cdn.alpinelinux.org/alpine/edge/main add --no-cache \
    lttng-ust

# Download the powershell '.tar.gz' archive
curl -L https://github.com/PowerShell/PowerShell/releases/download/v7.1.3/powershell-7.1.3-linux-alpine-x64.tar.gz -o /tmp/powershell.tar.gz

# Create the target folder where powershell will be placed
sudo mkdir -p /opt/microsoft/powershell/7

# Expand powershell to the target folder
sudo tar zxf /tmp/powershell.tar.gz -C /opt/microsoft/powershell/7

# Set execute permissions
sudo chmod +x /opt/microsoft/powershell/7/pwsh

# Create the symbolic link that points to pwsh
sudo ln -s /opt/microsoft/powershell/7/pwsh /usr/bin/pwsh

# Start PowerShell
pwsh

CentOS 7

注意

このパッケージは Oracle Linux 7 で動作します。

パッケージ リポジトリによるインストール (推奨) - CentOS 7

Linux 向け PowerShell は、インストールと更新を容易にするために、公式の Microsoft リポジトリに公開されています。

# Register the Microsoft RedHat repository
curl https://packages.microsoft.com/config/rhel/7/prod.repo | sudo tee /etc/yum.repos.d/microsoft.repo

# Install PowerShell
sudo yum install -y powershell

# Start PowerShell
pwsh

スーパーユーザーとして、Microsoft リポジトリを 1 回登録します。 登録後は、sudo yum update powershell を使って PowerShell を更新できます。

直接ダウンロードによるインストール - CentOS 7

CentOS 7 を利用し、リリース ページから CentOS コンピューターに RPM パッケージ powershell-7.1.3-1.rhel.7.x86_64.rpm をダウンロードします。

次に、ターミナルで、以下のコマンドを実行します。

sudo yum install powershell-7.1.3-1.rhel.7.x86_64.rpm

ダウンロードという中間の手順なしで RPM をインストールすることができます。

sudo yum install https://github.com/PowerShell/PowerShell/releases/download/v7.1.3/powershell-7.1.3-1.rhel.7.x86_64.rpm

アンインストール - CentOS 7

sudo yum remove powershell

Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 7

パッケージ リポジトリによるインストール (推奨) - Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 7

Linux 向け PowerShell は、インストールと更新を容易にするために、公式の Microsoft リポジトリに公開されています。

# Register the Microsoft RedHat repository
curl https://packages.microsoft.com/config/rhel/7/prod.repo | sudo tee /etc/yum.repos.d/microsoft.repo

# Install PowerShell
sudo yum install -y powershell

# Start PowerShell
pwsh

スーパーユーザーとして、Microsoft リポジトリを 1 回登録します。 登録後は、sudo yum update powershell を使って PowerShell を更新できます。

直接ダウンロードによるインストール - Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 7

リリース ページから Red Hat Enterprise Linux コンピューターに RPM パッケージ powershell-7.1.3-1.rhel.7.x86_64.rpm をダウンロードします。

次に、ターミナルで、以下のコマンドを実行します。

sudo yum install powershell-7.1.3-1.rhel.7.x86_64.rpm

ダウンロードという中間の手順なしで RPM をインストールすることができます。

sudo yum install https://github.com/PowerShell/PowerShell/releases/download/v7.1.3/powershell-7.1.3-1.rhel.7.x86_64.rpm

アンインストール - Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 7

sudo yum remove powershell

openSUSE

インストール - openSUSE 42.3

# Install dependencies
zypper update && zypper --non-interactive install curl tar libicu52_1

# Download the powershell '.tar.gz' archive
curl -L https://github.com/PowerShell/PowerShell/releases/download/v7.1.3/powershell-7.1.3-linux-x64.tar.gz -o /tmp/powershell.tar.gz

# Create the target folder where powershell will be placed
mkdir -p /opt/microsoft/powershell/7

# Expand powershell to the target folder
tar zxf /tmp/powershell.tar.gz -C /opt/microsoft/powershell/7

# Set execute permissions
chmod +x /opt/microsoft/powershell/7/pwsh

# Create the symbolic link that points to pwsh
ln -s /opt/microsoft/powershell/7/pwsh /usr/bin/pwsh

# Start PowerShell
pwsh

インストール - openSUSE Leap 15

# Install dependencies
zypper update && zypper --non-interactive install curl tar gzip libopenssl1_0_0 libicu60_2

# Download the powershell '.tar.gz' archive
curl -L https://github.com/PowerShell/PowerShell/releases/download/v7.1.3/powershell-7.1.3-linux-x64.tar.gz -o /tmp/powershell.tar.gz

# Create the target folder where powershell will be placed
mkdir -p /opt/microsoft/powershell/7

# Expand powershell to the target folder
tar zxf /tmp/powershell.tar.gz -C /opt/microsoft/powershell/7

# Set execute permissions
chmod +x /opt/microsoft/powershell/7/pwsh

# Create the symbolic link that points to pwsh
ln -s /opt/microsoft/powershell/7/pwsh /usr/bin/pwsh

# Start PowerShell
pwsh

アンインストール - openSUSE 42.3、openSUSE Leap 15

rm -rf /usr/bin/pwsh /opt/microsoft/powershell

Fedora

注意

Fedora 28 は、PowerShell 6.1 以降でのみサポートされます。

注意

Fedora 29 および 30 は、PowerShell 7.0 以降でのみサポートされます。

パッケージ リポジトリによるインストール (推奨) - Fedora 28、29、および 30

Linux 向け PowerShell は、インストールと更新を容易にするために、公式の Microsoft リポジトリに公開されています。

# Register the Microsoft signature key
sudo rpm --import https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc

# Register the Microsoft RedHat repository
curl https://packages.microsoft.com/config/rhel/7/prod.repo | sudo tee /etc/yum.repos.d/microsoft.repo

# Update the list of products
sudo dnf check-update

# Install a system component
sudo dnf install compat-openssl10

# Install PowerShell
sudo dnf install -y powershell

# Start PowerShell
pwsh

直接ダウンロードによるインストール - Fedora 28、29、および 30

リリース ページから Fedora コンピューターに RPM パッケージ powershell-7.1.3-1.rhel.7.x86_64.rpm をダウンロードします。

次に、ターミナルで、以下のコマンドを実行します。

sudo dnf install compat-openssl10
sudo dnf install powershell-7.1.3-1.rhel.7.x86_64.rpm

ダウンロードという中間の手順なしで RPM をインストールすることができます。

sudo dnf install compat-openssl10
sudo dnf install https://github.com/PowerShell/PowerShell/releases/download/v7.1.3/powershell-7.1.3-1.rhel.7.x86_64.rpm

アンインストール - Fedora 28、29、および 30

sudo dnf remove powershell

Arch Linux

注意

Arch のサポートは、Microsoft では正式にサポートされておらず、コミュニティによって維持されています。

PowerShell は Arch Linux User Repository (AUR) から入手できます。

AUR のパッケージはコミュニティによって管理されています。公式のサポートは存在しません。

AUR からパッケージをインストールする方法については、Arch Linux の wiki か「Docker での PowerShell の使用」を参照してください。

Snap パッケージ

Snapd の取得

Snap を実行するには、snapd が必要です。 snapd がインストールされているかどうかを確認するには、こちらの手順を使用してください。

Snap を使用したインストール

Linux 向けの PowerShell は、インストールと更新を容易にするために Snap ストアに公開されています。

推奨される方法は次のとおりです。

# Install PowerShell
sudo snap install powershell --classic

# Start PowerShell
pwsh

プレビュー バージョンをインストールするには、次の方法を使用します。

# Install PowerShell
sudo snap install powershell-preview --classic

# Start PowerShell
pwsh-preview

インストールしたら、Snap は自動的にアップグレードされます。 sudo snap refresh powershell または sudo snap refresh powershell-preview を使って、アップグレードをトリガーすることができます。

アンインストール

sudo snap remove powershell

or

sudo snap remove powershell-preview

Kali

注意

Kali サポートは、Microsoft では正式にサポートされておらず、コミュニティによって維持されています。

インストール - Kali

# Install PowerShell package
apt update && apt -y install powershell

# Start PowerShell
pwsh

アンインストール - Kali

# Uninstall PowerShell package
apt -y remove powershell

Arm プロセッサのサポート

PowerShell は、いくつかの Linux ディストリビューションにインストールできます。 PowerShell は、Arm の .NET サポートに依存しています。 PowerShell は、次のディストリビューションでサポートされています。

  • Alpine Linux v3.11 以上 - .NET では Arm64 がサポートされていますが、現時点では PowerShell のインストール可能なパッケージはありません
  • Raspbian - 以下のインストール手順を参照してください
  • Debian v9 以上 - バイナリ アーカイブのインストール方法を使用して Arm32 と Arm64 がサポートされています
  • Ubuntu 20.10、20.04、18.04、16.04 - バイナリ アーカイブのインストール方法を使用して Arm32 と Arm64 がサポートされています

Raspbian

注意

Raspbian のサポートは試験段階です。

現在のところ、PowerShell は Raspbian Stretch でのみサポートされています。

CoreCLR と PowerShell は、Pi 2 および Pi 3 デバイス上でのみ動作します。Pi Zero のような他のデバイスには、サポート外のプロセッサが搭載されているためです。

Raspbian Stretch をダウンロードし、インストール手順に従って Pi にインストールしてください。

インストール - Raspbian

###################################
# Prerequisites

# Update package lists
sudo apt-get update

# Install libunwind8 and libssl1.0
# Regex is used to ensure that we do not install libssl1.0-dev, as it is a variant that is not required
sudo apt-get install '^libssl1.0.[0-9]$' libunwind8 -y

###################################
# Download and extract PowerShell

# Grab the latest tar.gz
wget https://github.com/PowerShell/PowerShell/releases/download/v7.1.3/powershell-7.1.3-linux-arm32.tar.gz

# Make folder to put powershell
mkdir ~/powershell

# Unpack the tar.gz file
tar -xvf ./powershell-7.1.3-linux-arm32.tar.gz -C ~/powershell

# Start PowerShell
~/powershell/pwsh

必要に応じて、pwsh バイナリへのパスを指定せずに、シンボリック リンクを作成して PowerShell を起動することができます

# Start PowerShell from bash with sudo to create a symbolic link
sudo ~/powershell/pwsh -c New-Item -ItemType SymbolicLink -Path "/usr/bin/pwsh" -Target "$PSHOME/pwsh" -Force

# alternatively you can run following to create a symbolic link
# sudo ln -s ~/powershell/pwsh /usr/bin/pwsh

# Now to start PowerShell you can just run "pwsh"

アンインストール - Raspbian

rm -rf ~/powershell

プレビュー リリースのインストール

パッケージ リポジトリを介して、Linux 用の PowerShell Preview リリースをインストールすると、パッケージ名が powershell から powershell-preview に変わります。

直接ダウンロードによるインストールでは、ファイル名以外は変わりません。

さまざまなパッケージ マネージャーを使用して安定版およびプレビュー版パッケージをインストールするためのコマンドを、以下の表に示します。

ディストリビューション 安定したコマンド プレビュー コマンド
Ubuntu、Debian sudo apt-get install -y powershell sudo apt-get install -y powershell-preview
CentOS、RedHat sudo yum install -y powershell sudo yum install -y powershell-preview
Fedora sudo dnf install -y powershell sudo dnf install -y powershell-preview

.NET グローバル ツールとしてインストールする

.NET Core SDK が既にインストールされている場合は、PowerShell を .NET グローバル ツールとして簡単にインストールできます。

dotnet tool install --global PowerShell

dotnet tool install によって、PATH 環境変数に ~/.dotnet/tools が追加されます。 ただし、現在実行中のシェルには更新された PATH が設定されていません。 新しいシェルからは、「pwsh」と入力すると PowerShell を起動できるはずです。

バイナリ アーカイブ

Linux プラットフォームで高度な展開シナリオを実行するために、PowerShell バイナリ tar.gz アーカイブが用意されています。

注意

この方法を使用して、最新バージョンを含む任意のバージョンの PowerShell をインストールできます。

依存関係

PowerShell はすべての Linux ディストリビューションに移植可能なバイナリをビルドします。 ただし、.NET Core ランタイムにはディストリビューションごとに異なる依存関係が必要であり、PowerShell でも同じです。

次の表は、公式にサポートされている Linux ディストリビューションと .NET Core 2.0 の依存関係をまとめたものです。

OS 依存関係
Ubuntu 16.04 libc6、libgcc1、libgssapi-krb5-2、liblttng-ust0、libstdc++6、
libcurl3、libunwind8、libuuid1、zlib1g、libssl1.0.0、libicu55
Ubuntu 17.10 libc6、libgcc1、libgssapi-krb5-2、liblttng-ust0、libstdc++6、
libcurl3、libunwind8、libuuid1、zlib1g、libssl1.0.0、libicu57
Ubuntu 18.04 libc6、libgcc1、libgssapi-krb5-2、liblttng-ust0、libstdc++6、
libcurl3、libunwind8、libuuid1、zlib1g、libssl1.0.0、libicu60
Debian 8 (Jessie) libc6、libgcc1、libgssapi-krb5-2、liblttng-ust0、libstdc++6、
libcurl3、libunwind8、libuuid1、zlib1g、libssl1.0.0、libicu52
Debian 9 (Stretch) libc6、libgcc1、libgssapi-krb5-2、liblttng-ust0、libstdc++6、
libcurl3、libunwind8、libuuid1、zlib1g、libssl1.0.2、libicu57
CentOS 7
Oracle Linux 7
RHEL 7
libunwind、libcurl、openssl-libs、libicu
openSUSE 42.3 libcurl4、libopenssl1_0_0、libicu52_1
openSUSE Leap 15 libcurl4、libopenssl1_0_0、libicu60_2
Fedora 27
Fedora 28
libunwind、libcurl、openssl-libs、libicu、compat-openssl10

公式にサポートされていない Linux ディストリビューションに PowerShell バイナリを展開するには、別の手順によってターゲット OS に必要な依存関係をインストールする必要があります。 たとえば、Amazon Linux Dockerfile では依存関係を先にインストールし、それから Linux tar.gz アーカイブを抽出します。

インストール - バイナリ アーカイブ

次の例は、x64 のバイナリ アーカイブをインストールする手順を示しています。 お使いのプラットフォームのプロセッサの種類に対応する適切なバイナリ アーカイブを選択する必要があります。

  • powershell-7.1.3-linux-arm32.tar.gz
  • powershell-7.1.3-linux-arm64.tar.gz
  • powershell-7.1.3-linux-x64.tar.gz

Linux

# Download the powershell '.tar.gz' archive
curl -L -o /tmp/powershell.tar.gz https://github.com/PowerShell/PowerShell/releases/download/v7.1.3/powershell-7.1.3-linux-x64.tar.gz

# Create the target folder where powershell will be placed
sudo mkdir -p /opt/microsoft/powershell/7

# Expand powershell to the target folder
sudo tar zxf /tmp/powershell.tar.gz -C /opt/microsoft/powershell/7

# Set execute permissions
sudo chmod +x /opt/microsoft/powershell/7/pwsh

# Create the symbolic link that points to pwsh
sudo ln -s /opt/microsoft/powershell/7/pwsh /usr/bin/pwsh

バイナリ アーカイブのアンインストール

sudo rm -rf /usr/bin/pwsh /opt/microsoft/powershell

パス

  • $PSHOME/opt/microsoft/powershell/7/ です
  • ユーザー プロファイルは ~/.config/powershell/profile.ps1 から読み込まれます
  • 既定のプロファイルは $PSHOME/profile.ps1 から読み込まれます
  • ユーザー モジュールは ~/.local/share/powershell/Modules から読み込まれます
  • 共有モジュールは /usr/local/share/powershell/Modules から読み込まれます
  • 既定のモジュールは $PSHOME/Modules から読み込まれます
  • PSReadLine 履歴は ~/.local/share/powershell/PSReadLine/ConsoleHost_history.txt に記録されます

プロファイルは PowerShell のホスト別構成を順守します。そのため、既定のホスト固有プロファイルは同じ場所の Microsoft.PowerShell_profile.ps1 にあります。

PowerShell では、Linux の XDG ベース ディレクトリ仕様を尊重しています。

インストールのサポート

Microsoft は、このドキュメントでインストール方法をサポートしています。 他のソースには、利用可能な別のインストール方法が存在する可能性があります。 そのようなツールや方法が役に立つものであっても、Microsoft は、そのような方法をサポートすることはできません。