Linux への PowerShell Core のインストールInstalling PowerShell Core on Linux

Ubuntu 14.04Ubuntu 16.04Ubuntu 18.10Debian 8Debian 9CentOS 7Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 7OpenSUSE 42.3Fedora 27Fedora 28Arch Linux をサポートしています。Supports Ubuntu 14.04, Ubuntu 16.04, Ubuntu 18.10, Debian 8, Debian 9, CentOS 7, Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 7, OpenSUSE 42.3, Fedora 27, Fedora 28, and Arch Linux.

公式にサポートしていない Linux ディストリビューションの場合、PowerShell Snap パッケージを利用できます。For Linux distributions that are not officially supported, you can try using the PowerShell Snap Package. また、Linux tar.gz アーカイブで直接、PowerShell バイナリを展開できます。ただし、場合によっては、OS に基づいて依存関係を別の手順で設定する必要があります。You can also try deploying PowerShell binaries directly using the Linux tar.gz archive, but you would need to set up the necessary dependencies based on the OS in separate steps.

すべてのパッケージは GitHub リリース ページにあります。All packages are available on our GitHub releases page. パッケージがインストールされたら、ターミナルから pwsh を実行します。Once the package is installed, run pwsh from a terminal.

プレビュー リリースのインストールInstalling Preview Releases

パッケージ リポジトリを介して、Linux 用の PowerShell Core Preview リリースをインストールすると、パッケージ名が powershell から powershell-preview に変わります。When installing a PowerShell Core Preview release for Linux via a Package Repository, the package name changes from powershell to powershell-preview.

直接ダウンロードによるインストールでは、ファイル名以外は変わりません。Installing via direct download does not change, other than the file name.

さまざまなパッケージ マネージャーを使用して、安定したパッケージとプレビュー パッケージをインストールするためのコマンドを以下の表に示します。Here is a table of the commands to install the stable and preview packages using the various package managers:

ディストリビューションDistribution(s) 安定したコマンドStable Command プレビュー コマンドPreview Command
Ubuntu、DebianUbuntu, Debian sudo apt-get install -y powershell sudo apt-get install -y powershell-preview
CentOS、RedHatCentOS, RedHat sudo yum install -y powershell sudo yum install -y powershell-preview
OpenSUSEOpenSUSE sudo zypper install powershell sudo zypper install powershell-preview
FedoraFedora sudo dnf install -y powershell sudo dnf install -y powershell-preview

Ubuntu 14.04Ubuntu 14.04

パッケージ リポジトリによるインストール - Ubuntu 14.04Installation via Package Repository - Ubuntu 14.04

Linux 向け PowerShell Core はパッケージ リポジトリに公開され、インストール (と更新) が簡単です。PowerShell Core, for Linux, is published to package repositories for easy installation (and updates). この方法を使用することをお勧めします。This is the preferred method.

# Import the public repository GPG keys
curl https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc | sudo apt-key add -

# Register the Microsoft Ubuntu repository
curl https://packages.microsoft.com/config/ubuntu/14.04/prod.list | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/microsoft.list

# Update the list of products
sudo apt-get update

# Install PowerShell
sudo apt-get install -y powershell

# Start PowerShell
pwsh

スーパーユーザーとして Microsoft リポジトリを登録します。As superuser, register the Microsoft repository. 以降は、インストールの更新に sudo apt-get upgrade powershell を使用するだけで済みます。From then on, you just need to use sudo apt-get upgrade powershell to update the installation.

直接ダウンロードによるインストール - Ubuntu 14.04Installation via Direct Download - Ubuntu 14.04

Debian パッケージ powershell_6.0.3-1.ubuntu.14.04_amd64.debDownload the Debian package powershell_6.0.3-1.ubuntu.14.04_amd64.deb リリース ページから Ubuntu コンピューターにダウンロードします。from the releases page onto the Ubuntu machine.

次にターミナルで次を実行します。Then execute the following in the terminal:

sudo dpkg -i powershell_6.0.3-1.ubuntu.14.04_amd64.deb
sudo apt-get install -f

注意

dpkg -i コマンドは依存関係が満たされずに失敗します。The dpkg -i command fails with unmet dependencies. 次のコマンド apt-get install -f でこれらの問題は解決され、PowerShell パッケージの構成が完了します。The next command, apt-get install -f resolves these issues then finishes configuring the PowerShell package.

アンインストール - Ubuntu 14.04Uninstallation - Ubuntu 14.04

sudo apt-get remove powershell

Ubuntu 16.04Ubuntu 16.04

パッケージ リポジトリによるインストール - Ubuntu 16.04Installation via Package Repository - Ubuntu 16.04

Linux 向け PowerShell Core はパッケージ リポジトリに公開され、インストール (と更新) が簡単です。PowerShell Core, for Linux, is published to package repositories for easy installation (and updates). この方法を使用することをお勧めします。This is the preferred method.

# Import the public repository GPG keys
curl https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc | sudo apt-key add -

# Register the Microsoft Ubuntu repository
sudo curl -o /etc/apt/sources.list.d/microsoft.list https://packages.microsoft.com/config/ubuntu/16.04/prod.list

# Update the list of products
sudo apt-get update

# Install PowerShell
sudo apt-get install -y powershell

# Start PowerShell
pwsh

スーパーユーザーとして Microsoft リポジトリを一度登録すれば、その後は sudo apt-get upgrade powershell を使用する更新だけが必要になります。After registering the Microsoft repository once as superuser, from then on, you just need to use sudo apt-get upgrade powershell to update it.

直接ダウンロードによるインストール - Ubuntu 16.04Installation via Direct Download - Ubuntu 16.04

Debian パッケージ powershell_6.0.3-1.ubuntu.16.04_amd64.debDownload the Debian package powershell_6.0.3-1.ubuntu.16.04_amd64.deb リリース ページから Ubuntu コンピューターにダウンロードします。from the releases page onto the Ubuntu machine.

次にターミナルで次を実行します。Then execute the following in the terminal:

sudo dpkg -i powershell_6.0.3-1.ubuntu.16.04_amd64.deb
sudo apt-get install -f

注意

dpkg -i コマンドは依存関係が満たされずに失敗します。The dpkg -i command fails with unmet dependencies. 次のコマンド apt-get install -f でこれらの問題は解決され、PowerShell パッケージの構成が完了します。The next command, apt-get install -f resolves these issues then finishes configuring the PowerShell package.

アンインストール - Ubuntu 16.04Uninstallation - Ubuntu 16.04

sudo apt-get remove powershell

Ubuntu 18.04Ubuntu 18.04

注意

Ubuntu 18.04 のサポートは 6.1.0-preview.2 以降に追加されました。Support for Ubuntu 18.04 was added after 6.1.0-preview.2

パッケージ リポジトリによるインストール - Ubuntu 18.04Installation via Package Repository - Ubuntu 18.04

Linux 向け PowerShell Core はパッケージ リポジトリに公開され、インストール (と更新) が簡単です。PowerShell Core, for Linux, is published to package repositories for easy installation (and updates). この方法を使用することをお勧めします。This is the preferred method.

# Import the public repository GPG keys
curl https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc | sudo apt-key add -

# Register the Microsoft Ubuntu repository
sudo curl -o /etc/apt/sources.list.d/microsoft.list https://packages.microsoft.com/config/ubuntu/18.04/prod.list

# Update the list of products
sudo apt-get update

# Install PowerShell
sudo apt-get install -y powershell-preview

# Start PowerShell
pwsh-preview

スーパーユーザーとして Microsoft リポジトリを一度登録すれば、その後は sudo apt-get upgrade powershell を使用する更新だけが必要になります。After registering the Microsoft repository once as superuser, from then on, you just need to use sudo apt-get upgrade powershell to update it.

直接ダウンロードによるインストール - Ubuntu 18.04Installation via Direct Download - Ubuntu 18.04

Debian パッケージ powershell_6.1.0-preview.3-1.ubuntu.18.04_amd64.debDownload the Debian package powershell_6.1.0-preview.3-1.ubuntu.18.04_amd64.deb リリース ページから Ubuntu コンピューターにダウンロードします。from the releases page onto the Ubuntu machine.

次にターミナルで次を実行します。Then execute the following in the terminal:

sudo dpkg -i powershell_6.1.0-preview.3-1.ubuntu.18.04_amd64.deb
sudo apt-get install -f

注意

dpkg -i コマンドは依存関係が満たされずに失敗します。The dpkg -i command fails with unmet dependencies. 次のコマンド apt-get install -f でこれらの問題は解決され、PowerShell パッケージの構成が完了します。The next command, apt-get install -f resolves these issues then finishes configuring the PowerShell package.

アンインストール - Ubuntu 18.04Uninstallation - Ubuntu 18.04

sudo apt-get remove powershell

Ubuntu 18.10Ubuntu 18.10

注意

Ubuntu 18.10 のサポートは 6.1.0-preview.3 以降に追加されました。Support for Ubuntu 18.10 was added after 6.1.0-preview.3. 18.10 はデイリー ビルドであるため、コミュニティのサポートのみです。As 18.10 is a daily build, it is only community supported.

18.10 へのインストールは snapd を使用してサポートされます。Installing on 18.10 is supported via snapd. 完全な手順については、「Snap パッケージ」を参照してください。See Snap Package for full instructions;

Debian 8Debian 8

パッケージ リポジトリによるインストール - Debian 8Installation via Package Repository - Debian 8

Linux 向け PowerShell Core はパッケージ リポジトリに公開され、インストール (と更新) が簡単です。PowerShell Core, for Linux, is published to package repositories for easy installation (and updates). この方法を使用することをお勧めします。This is the preferred method.

# Install system components
sudo apt-get update
sudo apt-get install curl apt-transport-https

# Import the public repository GPG keys
curl https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc | sudo apt-key add -

# Register the Microsoft Product feed
sudo sh -c 'echo "deb [arch=amd64] https://packages.microsoft.com/repos/microsoft-debian-jessie-prod jessie main" > /etc/apt/sources.list.d/microsoft.list'

# Update the list of products
sudo apt-get update

# Install PowerShell
sudo apt-get install -y powershell

# Start PowerShell
pwsh

スーパーユーザーとして Microsoft リポジトリを一度登録すれば、その後は sudo apt-get upgrade powershell を使用する更新だけが必要になります。After registering the Microsoft repository once as superuser, from then on, you just need to use sudo apt-get upgrade powershell to update it.

直接ダウンロードによるインストール - Debian 8Installation via Direct Download - Debian 8

Debian パッケージ powershell_6.0.3-1.debian.8_amd64.debDownload the Debian package powershell_6.0.3-1.debian.8_amd64.deb リリース ページから Debian コンピューターにダウンロードします。from the releases page onto the Debian machine.

次にターミナルで次を実行します。Then execute the following in the terminal:

sudo dpkg -i powershell_6.0.3-1.debian.8_amd64.deb
sudo apt-get install -f

注意

dpkg -i コマンドは依存関係が満たされずに失敗します。The dpkg -i command fails with unmet dependencies. 次のコマンド apt-get install -f でこれらの問題は解決され、PowerShell パッケージの構成が完了します。The next command, apt-get install -f resolves these issues then finishes configuring the PowerShell package.

アンインストール - Debian 8Uninstallation - Debian 8

sudo apt-get remove powershell

Debian 9Debian 9

パッケージ リポジトリによるインストール - Debian 9Installation via Package Repository - Debian 9

Linux 向け PowerShell Core はパッケージ リポジトリに公開され、インストール (と更新) が簡単です。PowerShell Core, for Linux, is published to package repositories for easy installation (and updates). この方法を使用することをお勧めします。This is the preferred method.

# Install system components
sudo apt-get update
sudo apt-get install curl gnupg apt-transport-https

# Import the public repository GPG keys
curl https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc | sudo apt-key add -

# Register the Microsoft Product feed
sudo sh -c 'echo "deb [arch=amd64] https://packages.microsoft.com/repos/microsoft-debian-stretch-prod stretch main" > /etc/apt/sources.list.d/microsoft.list'

# Update the list of products
sudo apt-get update

# Install PowerShell
sudo apt-get install -y powershell

# Start PowerShell
pwsh

スーパーユーザーとして Microsoft リポジトリを一度登録すれば、その後は sudo apt-get upgrade powershell を使用する更新だけが必要になります。After registering the Microsoft repository once as superuser, from then on, you just need to use sudo apt-get upgrade powershell to update it.

直接ダウンロードによるインストール - Debian 9Installation via Direct Download - Debian 9

Debian パッケージ powershell_6.0.3-1.debian.9_amd64.debDownload the Debian package powershell_6.0.3-1.debian.9_amd64.deb リリース ページから Debian コンピューターにダウンロードします。from the releases page onto the Debian machine.

次にターミナルで次を実行します。Then execute the following in the terminal:

sudo dpkg -i powershell_6.0.3-1.debian.9_amd64.deb
sudo apt-get install -f

アンインストール - Debian 9Uninstallation - Debian 9

sudo apt-get remove powershell

CentOS 7CentOS 7

注意

このパッケージは Oracle Linux 7 でも動作します。This package also works on Oracle Linux 7.

パッケージ リポジトリによるインストール (推奨) - CentOS 7Installation via Package Repository (preferred) - CentOS 7

Linux 向け PowerShell Core は公式 Microsoft リポジトリに公開され、インストール (と更新) が簡単です。PowerShell Core for Linux is published to official Microsoft repositories for easy installation (and updates).

# Register the Microsoft RedHat repository
curl https://packages.microsoft.com/config/rhel/7/prod.repo | sudo tee /etc/yum.repos.d/microsoft.repo

# Install PowerShell
sudo yum install -y powershell

# Start PowerShell
pwsh

スーパーユーザーとして Microsoft リポジトリを一度登録すれば、その後は sudo yum update powershell を使用する PowerShell の更新だけが必要になります。After registering the Microsoft repository once as superuser, you just need to use sudo yum update powershell to update PowerShell.

直接ダウンロードによるインストール - CentOS 7Installation via Direct Download - CentOS 7

CentOS 7 を使用して、RPM パッケージ powershell-6.0.3-1.rhel.7.x86_64.rpmUsing CentOS 7, download the RPM package powershell-6.0.3-1.rhel.7.x86_64.rpm リリース ページから CentOS コンピューターにダウンロードします。from the releases page onto the CentOS machine.

次にターミナルで次を実行します。Then execute the following in the terminal:

sudo yum install powershell-6.0.3-1.rhel.7.x86_64.rpm

ダウンロードという中間の手順なしでも RPM をインストールできます。You can also install the RPM without the intermediate step of downloading it:

sudo yum install https://github.com/PowerShell/PowerShell/releases/download/v6.0.3/powershell-6.0.3-1.rhel.7.x86_64.rpm

アンインストール - CentOS 7Uninstallation - CentOS 7

sudo yum remove powershell

Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 7Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 7

パッケージ リポジトリによるインストール (推奨) - Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 7Installation via Package Repository (preferred) - Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 7

Linux 向け PowerShell Core は公式 Microsoft リポジトリに公開され、インストール (と更新) が簡単です。PowerShell Core for Linux is published to official Microsoft repositories for easy installation (and updates).

# Register the Microsoft RedHat repository
curl https://packages.microsoft.com/config/rhel/7/prod.repo | sudo tee /etc/yum.repos.d/microsoft.repo

# Install PowerShell
sudo yum install -y powershell

# Start PowerShell
pwsh

スーパーユーザーとして Microsoft リポジトリを一度登録すれば、その後は sudo yum update powershell を使用する PowerShell の更新だけが必要になります。After registering the Microsoft repository once as superuser, you just need to use sudo yum update powershell to update PowerShell.

直接ダウンロードによるインストール - Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 7Installation via Direct Download - Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 7

RPM パッケージ powershell-6.0.3-1.rhel.7.x86_64.rpmDownload the RPM package powershell-6.0.3-1.rhel.7.x86_64.rpm リリース ページから Red Hat Enterprise Linux コンピューターにダウンロードします。from the releases page onto the Red Hat Enterprise Linux machine.

次にターミナルで次を実行します。Then execute the following in the terminal:

sudo yum install powershell-6.0.3-1.rhel.7.x86_64.rpm

ダウンロードという中間の手順なしでも RPM をインストールできます。You can also install the RPM without the intermediate step of downloading it:

sudo yum install https://github.com/PowerShell/PowerShell/releases/download/v6.0.3/powershell-6.0.3-1.rhel.7.x86_64.rpm

アンインストール - Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 7Uninstallation - Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 7

sudo yum remove powershell

OpenSUSE 42.3OpenSUSE 42.3

PowerShell Core をインストールすると、zypper から次のエラーが報告されることがあります。When installing PowerShell Core, zypper may report the following error:

Problem: nothing provides libcurl needed by powershell-6.0.1-1.rhel.7.x86_64
 Solution 1: do not install powershell-6.0.1-1.rhel.7.x86_64
 Solution 2: break powershell-6.0.1-1.rhel.7.x86_64 by ignoring some of its dependencies

この場合、次のコマンドで libcurl4 パッケージがインストール済みであることを確認して、互換性のある libcurl ライブラリが存在することを確認します。In this case, verify that a compatible libcurl library is present by checking that the following command shows the libcurl4 package as installed:

zypper search --file-list --match-exact '/usr/lib64/libcurl.so.4'

次に、PowerShell パッケージをインストールするときに break powershell-6.0.1-1.rhel.7.x86_64 by ignoring some of its dependencies ソリューションを選択します。Then choose the break powershell-6.0.1-1.rhel.7.x86_64 by ignoring some of its dependencies solution when installing the PowerShell package.

パッケージ リポジトリによるインストール (推奨) - OpenSUSE 42.3Installation via Package Repository (preferred) - OpenSUSE 42.3

Linux 向け PowerShell Core は公式 Microsoft リポジトリに公開され、インストール (と更新) が簡単です。PowerShell Core for Linux is published to official Microsoft repositories for easy installation (and updates).

# Register the Microsoft signature key
sudo rpm --import https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc

# Add the Microsoft Repository
zypper ar https://packages.microsoft.com/rhel/7/prod/

# Update the list of products
sudo zypper update

# Install PowerShell
sudo zypper install powershell

# Start PowerShell
pwsh

直接ダウンロードによるインストール - OpenSUSE 42.3Installation via Direct Download - OpenSUSE 42.3

リリース ページから OpenSUSE コンピューターに RPM パッケージ powershell-6.0.3-1.rhel.7.x86_64.rpm をダウンロードします。Download the RPM package powershell-6.0.3-1.rhel.7.x86_64.rpm from the releases page onto the OpenSUSE machine.

sudo rpm --import https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc
sudo zypper install powershell-6.0.3-1.rhel.7.x86_64.rpm

ダウンロードという中間の手順なしでも RPM をインストールできます。You can also install the RPM without the intermediate step of downloading it:

sudo rpm --import https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc
sudo zypper install https://github.com/PowerShell/PowerShell/releases/download/v6.0.3/powershell-6.0.3-1.rhel.7.x86_64.rpm

アンインストール - OpenSUSE 42.3Uninstallation - OpenSUSE 42.3

sudo zypper remove powershell

FedoraFedora

注意

Fedora 28 は、PowerShell Core 6.1 以降でのみサポートされます。Fedora 28 is only supported in PowerShell Core 6.1 and newer.

パッケージ リポジトリによるインストール (推奨) - Fedora 27、Fedora 28Installation via Package Repository (preferred) - Fedora 27, Fedora 28

Linux 向け PowerShell Core は公式 Microsoft リポジトリに公開され、インストール (と更新) が簡単です。PowerShell Core for Linux is published to official Microsoft repositories for easy installation (and updates).

# Register the Microsoft signature key
sudo rpm --import https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc

# Register the Microsoft RedHat repository
curl https://packages.microsoft.com/config/rhel/7/prod.repo | sudo tee /etc/yum.repos.d/microsoft.repo

# Update the list of products
sudo dnf update

# Install a system component
sudo dnf install compat-openssl10

# Install PowerShell
sudo dnf install -y powershell

# Start PowerShell
pwsh

直接ダウンロードによるインストール - Fedora 27、Fedora 28Installation via Direct Download - Fedora 27, Fedora 28

RPM パッケージ powershell-6.0.3-1.rhel.7.x86_64.rpmDownload the RPM package powershell-6.0.3-1.rhel.7.x86_64.rpm リリース ページから Fedora コンピューターにダウンロードします。from the releases page onto the Fedora machine.

次にターミナルで次を実行します。Then execute the following in the terminal:

sudo dnf install compat-openssl10
sudo dnf install powershell-6.0.3-1.rhel.7.x86_64.rpm

ダウンロードという中間の手順なしでも RPM をインストールできます。You can also install the RPM without the intermediate step of downloading it:

sudo dnf install compat-openssl10
sudo dnf install https://github.com/PowerShell/PowerShell/releases/download/v6.0.2/powershell-6.0.2-1.rhel.7.x86_64.rpm

アンインストール - Fedora 27、Fedora 28Uninstallation - Fedora 27, Fedora 28

sudo dnf remove powershell

Arch LinuxArch Linux

注意

Arch のサポートは試験段階です。Arch support is experimental.

PowerShell は Arch Linux User Repository (AUR) から入手できます。PowerShell is available from the Arch Linux User Repository (AUR).

AUR のパッケージはコミュニティにより保守管理されています。公式のサポートはありません。Packages in the AUR are community maintained - there is no official support.

AUR からパッケージをインストールする方法については、Arch Linux wiki かコミュニティ DockerFile をご覧ください。For more information on installing packages from the AUR, see the Arch Linux wiki or the community DockerFile.

Snap パッケージSnap Package

Snapd の取得Getting snapd

Snap を実行するには、snapd が必要です。snapd is required to run snaps. snapd がインストールされているかどうかを確認するには、こちらの手順を使用してください。Use these instructions to make sure you have snapd installed.

Snap を使用したインストールInstallation via Snap

Linux 向け PowerShell Core は Snap ストアに公開されるため、インストール (と更新) が簡単です。PowerShell Core, for Linux, is published to the Snap store for easy installation (and updates). この方法を使用することをお勧めします。This is the preferred method.

# Install PowerShell
sudo snap install powershell-preview --classic

# Start PowerShell
pwsh-preview

Snap のインストールが自動的にアップグレードされた後も、sudo snap refresh powershell-preview を使用してアップグレードをトリガーすることができます。After installing Snap will automatically upgrade, but you can trigger an upgrade using sudo snap refresh powershell-preview.

アンインストールUninstallation

sudo snap remove powershell-preview

Linux AppImageLinux AppImage

注意

AppImage のサポートは試験段階ですAppImage support is experimental

最近の Linux ディストリビューションを利用し、リリース ページから Linux コンピューターに AppImage powershell-6.0.1-x86_64.AppImage をダウンロードします。Using a recent Linux distribution, download the AppImage powershell-6.0.1-x86_64.AppImage from the releases page onto the Linux machine.

次にターミナルで次を実行します。Then execute the following in the terminal:

chmod a+x powershell-6.0.1-x86_64.AppImage
./powershell-6.0.1-x86_64.AppImage

AppImage では、インストールしなくても PowerShell を実行できます。The AppImage lets you run PowerShell without installing it. これは PowerShell とその依存関係 (.NET Core のシステム依存関係を含む) を 1 つのまとまったパッケージにバンドルする移植可能なアプリケーションです。It is a portable application that bundles PowerShell and its dependencies (including .NET Core's system dependencies) into one cohesive package. このパッケージは、ユーザーの Linux ディストリビューションに依存せずに動作する 1 つのバイナリです。This package is a single binary that works independently of the user's Linux distribution.

KaliKali

注意

Kali のサポートは試験段階です。Kali support is experimental.

インストールInstallation

# Download & Install prerequisites
sudo apt-get install libunwind8 libicu55
wget http://security.debian.org/debian-security/pool/updates/main/o/openssl/libssl1.0.0_1.0.1t-1+deb8u6_amd64.deb
sudo dpkg -i libssl1.0.0_1.0.1t-1+deb8u6_amd64.deb

# Install PowerShell
sudo dpkg -i powershell_6.0.3-1.ubuntu.16.04_amd64.deb

# Start PowerShell
pwsh

最新の Kali (Kali GNU/Linux Rolling) でインストールせずに PowerShell を実行するRun PowerShell in latest Kali (Kali GNU/Linux Rolling) without installing it

# Grab the latest App Image
wget https://github.com/PowerShell/PowerShell/releases/download/v6.0.2/powershell-6.0.2-x86_64.AppImage

# Make executable
chmod a+x powershell-6.0.2-x86_64.AppImage

# Start PowerShell
./powershell-6.0.2-x86_64.AppImage

アンインストール - KaliUninstallation - Kali

sudo dpkg -r powershell_6.0.2-1.ubuntu.16.04_amd64.deb

RaspbianRaspbian

注意

Raspbian のサポートは試験段階です。Raspbian support is experimental.

現在のところ、PowerShell は Raspbian Stretch でのみサポートされています。Currently, PowerShell is only supported on Raspbian Stretch.

また、Core CLR (と PowerShell Core) は Pi 2 および Pi 3 デバイス上でのみ動作します。これは、Pi Zero のような他のデバイスにはサポートされていないプロセッサが搭載されているためです。Also CoreCLR (and thus PowerShell Core) will only work on Pi 2 and Pi 3 devices as other devices, like Pi Zero, have an unsupported processor.

Raspbian Stretch をダウンロードし、インストール手順に従って Pi にインストールしてください。Download Raspbian Stretch and follow the installation instructions to get it onto your Pi.

インストールInstallation

# Install prerequisites
sudo apt-get install libunwind8

# Grab the latest tar.gz
wget https://github.com/PowerShell/PowerShell/releases/download/v6.0.3/powershell-6.0.3-linux-arm32.tar.gz

# Make folder to put powershell
mkdir ~/powershell

# Unpack the tar.gz file
tar -xvf ./powershell-6.0.3-linux-arm32.tar.gz -C ~/powershell

# Start PowerShell
~/powershell/pwsh

必要に応じて、"pwsh" バイナリへのパスを指定せずに、シンボリック リンクを作成して PowerShell を起動することができますOptionally you can create a symbolic link to be able to start PowerShell without specifying path to the "pwsh" binary

# Start PowerShell from bash with sudo to create a symbolic link
sudo ~/powershell/pwsh -c New-Item -ItemType SymbolicLink -Path "/usr/bin/pwsh" -Target "\$PSHOME/pwsh" -Force

# alternatively you can run following to create a symbolic link
# sudo ln -s ~/powershell/pwsh /usr/bin/pwsh

# Now to start PowerShell you can just run "pwsh"

アンインストール - RaspbianUninstallation - Raspbian

rm -rf ~/powershell

バイナリ アーカイブBinary Archives

Linux プラットフォームで高度な展開シナリオを実行するために、PowerShell バイナリ tar.gz アーカイブが用意されています。PowerShell binary tar.gz archives are provided for Linux platforms to enable advanced deployment scenarios.

依存関係Dependencies

PowerShell はすべての Linux ディストリビューションに移植可能なバイナリをビルドします。PowerShell builds portable binaries for all Linux distributions. ただし、.NET Core ランタイムはディストリビューションごとに異なる依存関係を必要とします。PowerShell でも同じです。But .NET Core runtime requires different dependencies on different distributions, and hence PowerShell does the same.

次の表は、公式にサポートされている Linux ディストリビューションと .NET Core 2.0 の依存関係をまとめたものです。The following chart shows the .NET Core 2.0 dependencies that are officially supported on different Linux distributions.

OSOS 依存関係Dependencies
Ubuntu 14.04Ubuntu 14.04 libc6、libgcc1、libgssapi-krb5-2、liblttng-ust0、libstdc++6、libc6, libgcc1, libgssapi-krb5-2, liblttng-ust0, libstdc++6,
libcurl3、libunwind8、libuuid1、zlib1g、libssl1.0.0、libicu52libcurl3, libunwind8, libuuid1, zlib1g, libssl1.0.0, libicu52
Ubuntu 16.04Ubuntu 16.04 libc6、libgcc1、libgssapi-krb5-2、liblttng-ust0、libstdc++6、libc6, libgcc1, libgssapi-krb5-2, liblttng-ust0, libstdc++6,
libcurl3、libunwind8、libuuid1、zlib1g、libssl1.0.0、libicu55libcurl3, libunwind8, libuuid1, zlib1g, libssl1.0.0, libicu55
Ubuntu 17.10Ubuntu 17.10 libc6、libgcc1、libgssapi-krb5-2、liblttng-ust0、libstdc++6、libc6, libgcc1, libgssapi-krb5-2, liblttng-ust0, libstdc++6,
libcurl3、libunwind8、libuuid1、zlib1g、libssl1.0.0、libicu57libcurl3, libunwind8, libuuid1, zlib1g, libssl1.0.0, libicu57
Ubuntu 18.04Ubuntu 18.04 libc6、libgcc1、libgssapi-krb5-2、liblttng-ust0、libstdc++6、libc6, libgcc1, libgssapi-krb5-2, liblttng-ust0, libstdc++6,
libcurl3、libunwind8、libuuid1、zlib1g、libssl1.0.0、libicu60libcurl3, libunwind8, libuuid1, zlib1g, libssl1.0.0, libicu60
Debian 8 (Jessie)Debian 8 (Jessie) libc6、libgcc1、libgssapi-krb5-2、liblttng-ust0、libstdc++6、libc6, libgcc1, libgssapi-krb5-2, liblttng-ust0, libstdc++6,
libcurl3、libunwind8、libuuid1、zlib1g、libssl1.0.0、libicu52libcurl3, libunwind8, libuuid1, zlib1g, libssl1.0.0, libicu52
Debian 9 (Stretch)Debian 9 (Stretch) libc6、libgcc1、libgssapi-krb5-2、liblttng-ust0、libstdc++6、libc6, libgcc1, libgssapi-krb5-2, liblttng-ust0, libstdc++6,
libcurl3、libunwind8、libuuid1、zlib1g、libssl1.0.2、libicu57libcurl3, libunwind8, libuuid1, zlib1g, libssl1.0.2, libicu57
CentOS 7CentOS 7
Oracle Linux 7Oracle Linux 7
RHEL 7RHEL 7
OpenSUSE OpenSUSE 42.3OpenSUSE OpenSUSE 42.3
libunwind、libcurl、openssl-libs、libiculibunwind, libcurl, openssl-libs, libicu
Fedora 27Fedora 27
Fedora 28Fedora 28
libunwind、libcurl、openssl-libs、libicu、compat-openssl10libunwind, libcurl, openssl-libs, libicu, compat-openssl10

公式にサポートされていない Linux ディストリビューションで PowerShell バイナリを展開するには、別の手順で、ターゲット OS に必要な依存関係をインストールする必要があります。To deploy PowerShell binaries on Linux distributions that are not officially supported, you need to install the necessary dependencies for the target OS in separate steps. たとえば、Amazon Linux dockerfile は依存関係を先にインストールし、それから Linux tar.gz アーカイブを抽出します。For example, our Amazon Linux dockerfile installs dependencies first, and then extracts the Linux tar.gz archive.

インストール - バイナリ アーカイブInstallation - Binary Archives

LinuxLinux

# Download the powershell '.tar.gz' archive
curl -L -o /tmp/powershell.tar.gz https://github.com/PowerShell/PowerShell/releases/download/v6.0.2/powershell-6.0.2-linux-x64.tar.gz

# Create the target folder where powershell will be placed
sudo mkdir -p /opt/microsoft/powershell/6.0.2

# Expand powershell to the target folder
sudo tar zxf /tmp/powershell.tar.gz -C /opt/microsoft/powershell/6.0.2

# Set execute permissions
sudo chmod +x /opt/microsoft/powershell/6.0.2/pwsh

# Create the symbolic link that points to pwsh
sudo ln -s /opt/microsoft/powershell/6.0.2/pwsh /usr/bin/pwsh

バイナリ アーカイブのアンインストールUninstalling binary archives

sudo rm -rf /usr/bin/pwsh /opt/microsoft/powershell

パスPaths

  • $PSHOME/opt/microsoft/powershell/6.0.3/ です$PSHOME is /opt/microsoft/powershell/6.0.3/
  • ユーザー プロファイルは ~/.config/powershell/profile.ps1 から読み込まれますUser profiles will be read from ~/.config/powershell/profile.ps1
  • 既定のプロファイルは $PSHOME/profile.ps1 から読み込まれますDefault profiles will be read from $PSHOME/profile.ps1
  • ユーザー モジュールは ~/.local/share/powershell/Modules から読み込まれますUser modules will be read from ~/.local/share/powershell/Modules
  • 共有モジュールは /usr/local/share/powershell/Modules から読み込まれますShared modules will be read from /usr/local/share/powershell/Modules
  • 既定のモジュールは $PSHOME/Modules から読み込まれますDefault modules will be read from $PSHOME/Modules
  • PSReadline 履歴は ~/.local/share/powershell/PSReadLine/ConsoleHost_history.txt に記録されますPSReadline history will be recorded to ~/.local/share/powershell/PSReadLine/ConsoleHost_history.txt

プロファイルは PowerShell のホスト別構成を順守します。そのため、既定のホスト固有プロファイルは同じ場所の Microsoft.PowerShell_profile.ps1 にあります。The profiles respect PowerShell's per-host configuration, so the default host-specific profiles exists at Microsoft.PowerShell_profile.ps1 in the same locations.

PowerShell は、Linux の XDG ベース ディレクトリ仕様を尊重しています。PowerShell respects the XDG Base Directory Specification on Linux.