Windows PowerShell ISE でプロファイルを使用する方法

この記事では、Windows PowerShell® Integrated Scripting Environment (ISE) でプロファイルを使用する方法について説明します。 このセクションのタスクを実行する前に、about_Profiles を確認するか、またはコンソール ウィンドウに「Get-Help about_Profiles」と入力して Enter キーを押すことをお勧めします。

プロファイルは、新しいセッションを開始するときに自動的に実行される Windows PowerShell ISE スクリプトです。 Windows PowerShell ISE 用に 1 つ以上の Windows PowerShell プロファイルを作成すると、Windows PowerShell または Windows PowerShell ISE 環境の構成に、自分の用途に合わせて変数、エイリアス、関数、色やフォントの設定などを追加するために利用できます。 プロファイルは、開始するすべての Windows PowerShell ISE セッションに影響を与えます。

注意

スクリプトの実行やプロファイルの読み込みが可能かどうかは、Windows PowerShell の実行ポリシーによって決まります。 既定の実行ポリシーは "Restricted" で、プロファイルを含め、すべてのスクリプトが実行されないようにします。 "Restricted" ポリシーを使う場合は、プロファイルを読み込めません。 実行ポリシーの詳細については、「about_Execution_Policies」を参照してください。

Windows PowerShell ISE で使うプロファイルの選択

Windows PowerShell ISE は、現在のユーザーとすべてのユーザーのプロファイルをサポートしています。 また、すべてのホストに適用される Windows PowerShell プロファイルもサポートしています。

使用するプロファイルは、Windows PowerShell と Windows PowerShell ISE の使用方法によって決まります。

  • Windows PowerShell を実行するために Windows PowerShell ISE のみを使う場合は、すべての項目を ISE 固有のプロファイルの 1 つに保存します。たとえば、Windows PowerShell ISE 用の CurrentUserCurrentHost プロファイルや、Windows PowerShell ISE 用の AllUsersCurrentHost プロファイルです。

  • Windows PowerShell を実行するために複数のホスト プログラムを使う場合は、関数、エイリアス、変数、コマンドをすべてのホスト プログラムに影響を与えるプロファイルに保存します。たとえば、CurrentUserAllHosts プロファイルや、 AllUsersAllHosts プロファイルです。また、色やフォントのカスタマイズのような ISE 固有の機能は、Windows PowerShell ISE 用の CurrentUserCurrentHost プロファイルか、Windows PowerShell ISE 用の AllUsersCurrentHost プロファイルに保存します。

Windows PowerShell ISE で作成して利用できるプロファイルは次のとおりです。 各プロファイルは、それぞれ特定のパスに保存されます。

プロファイルの種類 プロファイルのパス
現在のユーザー、PowerShell ISE $PROFILE.CurrentUserCurrentHost または $PROFILE
すべてのユーザー、PowerShell ISE $PROFILE.AllUsersCurrentHost
現在のユーザー、すべてのホスト $PROFILE.CurrentUserAllHosts
すべてのユーザー、すべてのホスト $PROFILE.AllUsersAllHosts

新しいプロファイルを作成するには

"現在のユーザー、Windows PowerShell ISE" の新しいプロファイルを作成するには、次のコマンドを実行します。

if (!(Test-Path -Path $PROFILE ))
{ New-Item -Type File -Path $PROFILE -Force }

"すべてのユーザー、Windows PowerShell ISE" の新しいプロファイルを作成するには、次のコマンドを実行します。

if (!(Test-Path -Path $PROFILE.AllUsersCurrentHost))
{ New-Item -Type File -Path $PROFILE.AllUsersCurrentHost -Force }

"現在のユーザー、すべてのホスト" の新しいプロファイルを作成するには、次のコマンドを実行します。

if (!(Test-Path -Path $PROFILE.CurrentUserAllHosts))
{ New-Item -Type File -Path $PROFILE.CurrentUserAllHosts -Force }

"すべてのユーザー、すべてのホスト" の新しいプロファイルを作成するには、次のように入力します。

if (!(Test-Path -Path $PROFILE.AllUsersAllHosts))
{ New-Item -Type File -Path $PROFILE.AllUsersAllHosts -Force }

プロファイルを編集するには

  1. プロファイルを開くには、編集するプロファイルを設定した変数を指定してコマンド psEdit を実行します。 たとえば、"現在のユーザー、Windows PowerShell ISE" のプロファイルを開くには、「psEdit $PROFILE」と入力します。

  2. プロファイルに、いくつかの項目を追加します。 たとえば、次の例のように入力します。

    • コンソール ウィンドウの既定の背景色を青に変更するには、プロファイル ファイルに「$psISE.Options.OutputPaneBackground = 'blue'」と入力します。 $psISE 変数について詳しくは、「Windows PowerShell ISE オブジェクト モデル リファレンス」をご覧ください。

    • フォント サイズを 20 に変更するには、プロファイル ファイルに「$psISE.Options.FontSize =20」と入力します。

  3. プロファイル ファイルを保存するには、 [ファイル] メニューの [保存] をクリックします。 Windows PowerShell ISE を次に開いた時点で、カスタマイズの内容が適用されます。

参照