Windows PowerShell ISE でプロファイルを使用する方法How to Use Profiles in Windows PowerShell ISE

このトピックでは、Windows PowerShell® Integrated Scripting Environment (ISE) でプロファイルを使用する方法について説明します。This topic explains how to use Profiles in Windows PowerShell® Integrated Scripting Environment (ISE). このセクションのタスクを実行する前に、about_Profiles を確認するか、またはコンソール ウィンドウに「Get-Help about_Profiles」と入力して Enter キーを押すことをお勧めします。We recommend that before performing the tasks in this section, you review about_Profiles, or in the Console Pane, type, Get-Help about_Profiles and press ENTER.

プロファイルは、新しいセッションを開始するときに自動的に実行される Windows PowerShell ISE スクリプトです。A profile is a Windows PowerShell ISE script that runs automatically when you start a new session. Windows PowerShell ISE 用に 1 つ以上の Windows PowerShell プロファイルを作成すると、Windows PowerShell または Windows PowerShell ISE 環境の構成に、自分の用途に合わせて変数、エイリアス、関数、色やフォントの設定などを追加するために利用できます。You can create one or more Windows PowerShell profiles for Windows PowerShell ISE and use them to add the configure the Windows PowerShell or Windows PowerShell ISE environment, preparing it for your use, with variables, aliases, functions, and color and font preferences that you want available. プロファイルは、開始するすべての Windows PowerShell ISE セッションに影響を与えます。A profile affects every Windows PowerShell ISE session that you start.

注意

スクリプトの実行やプロファイルの読み込みが可能かどうかは、Windows PowerShell の実行ポリシーによって決まります。The Windows PowerShell execution policy determines whether you can run scripts and load a profile. 既定の実行ポリシーは "Restricted" で、プロファイルを含め、すべてのスクリプトが実行されないようにします。The default execution policy, “Restricted,” prevents all scripts from running, including profiles. "Restricted" ポリシーを使う場合は、プロファイルを読み込めません。If you use the “Restricted” policy, the profile cannot load. 実行ポリシーの詳細については、「about_Execution_Policies」を参照してください。For more information about execution policy, see about_Execution_Policies.

Windows PowerShell ISE で使うプロファイルの選択Selecting a profile to use in the Windows PowerShell ISE

Windows PowerShell ISE は、現在のユーザーとすべてのユーザーのプロファイルをサポートしています。Windows PowerShell ISE supports profiles for the current user and all users. また、すべてのホストに適用される Windows PowerShell プロファイルもサポートしています。It also supports the Windows PowerShell profiles that apply to all hosts.

使用するプロファイルは、Windows PowerShell と Windows PowerShell ISE の使用方法によって決まります。The profile that you use is determined by how you use Windows PowerShell and Windows PowerShell ISE.

  • Windows PowerShell を実行するために Windows PowerShell ISE のみを使う場合は、すべての項目を ISE 固有のプロファイルの 1 つに保存します。たとえば、Windows PowerShell ISE 用の CurrentUserCurrentHost プロファイルや、Windows PowerShell ISE 用の AllUsersCurrentHost プロファイルです。If you use only Windows PowerShell ISE to run Windows PowerShell, then save all your items in one of the ISE-specific profiles, such as the CurrentUserCurrentHost profile for Windows PowerShell ISE or the AllUsersCurrentHost profile for Windows PowerShell ISE.

  • Windows PowerShell を実行するために複数のホスト プログラムを使う場合は、関数、エイリアス、変数、コマンドをすべてのホスト プログラムに影響を与えるプロファイルに保存します。たとえば、CurrentUserAllHosts プロファイルや、AllUsersAllHosts プロファイルです。また、色やフォントのカスタマイズのような ISE 固有の機能は、Windows PowerShell ISE 用の CurrentUserCurrentHost プロファイルか、Windows PowerShell ISE 用の AllUsersCurrentHost プロファイルに保存します。If you use multiple host programs to run Windows PowerShell, save your functions, aliases, variables, and commands in a profile that affects all host programs, such as the CurrentUserAllHosts or the AllUsersAllHosts profile, and save ISE-specific features, like color and font customization in the CurrentUserCurrentHost profile for Windows PowerShell ISE profile or the AllUsersCurrentHost profile for Windows PowerShell ISE.

Windows PowerShell ISE で作成して利用できるプロファイルは次のとおりです。The following are profiles that can be created and used in Windows PowerShell ISE. 各プロファイルは、それぞれ特定のパスに保存されます。Each profile is saved to its own specific path.

プロファイルの種類Profile Type プロファイルのパスProfile Path
現在のユーザー、PowerShell ISECurrent user, PowerShell ISE $PROFILE.CurrentUserCurrentHost または $PROFILE$PROFILE.CurrentUserCurrentHost, or $PROFILE
すべてのユーザー、PowerShell ISEAll users, PowerShell ISE $PROFILE.AllUsersCurrentHost
現在のユーザー、すべてのホストCurrent user, All hosts $PROFILE.CurrentUserAllHosts
すべてのユーザー、すべてのホストAll users, All hosts $PROFILE.AllUsersAllHosts

新しいプロファイルを作成するにはTo create a new profile

"現在のユーザー、Windows PowerShell ISE" の新しいプロファイルを作成するには、次のコマンドを実行します。To create a new “Current user, Windows PowerShell ISE” profile, run this command:

if (!(Test-Path -Path $PROFILE ))
{ New-Item -Type File -Path $PROFILE -Force }

"すべてのユーザー、Windows PowerShell ISE" の新しいプロファイルを作成するには、次のコマンドを実行します。To create a new “All users, Windows PowerShell ISE” profile, run this command:

if (!(Test-Path -Path $PROFILE.AllUsersCurrentHost))
{ New-Item -Type File -Path $PROFILE.AllUsersCurrentHost -Force }

"現在のユーザー、すべてのホスト" の新しいプロファイルを作成するには、次のコマンドを実行します。To create a new “Current user, All Hosts” profile, run this command:

if (!(Test-Path -Path $PROFILE.CurrentUserAllHosts))
{ New-Item -Type File -Path $PROFILE.CurrentUserAllHosts -Force }

"すべてのユーザー、すべてのホスト" の新しいプロファイルを作成するには、次のように入力します。To create a new “All users, All Hosts” profile, type:

if (!(Test-Path -Path $PROFILE.AllUsersAllHosts))
{ New-Item -Type File -Path $PROFILE.AllUsersAllHosts -Force }

プロファイルを編集するにはTo edit a profile

  1. プロファイルを開くには、編集するプロファイルを設定した変数を指定してコマンド psEdit を実行します。To open the profile, run the command psEdit with the variable that specifies the profile you want to edit. たとえば、"現在のユーザー、Windows PowerShell ISE" のプロファイルを開くには、「psEdit $PROFILE」と入力します。For example, to open the “Current user, Windows PowerShell ISE” profile, type: psEdit $PROFILE

  2. プロファイルに、いくつかの項目を追加します。Add some items to your profile. たとえば、次の例のように入力します。The following are a few examples to get you started:

    • コンソール ウィンドウの既定の背景色を青に変更するには、プロファイル ファイルに「$psISE.Options.OutputPaneBackground = 'blue'」と入力します。To change the default background color of the Console Pane to blue, in the profile file type: $psISE.Options.OutputPaneBackground = 'blue' . $psISE 変数について詳しくは、「Windows PowerShell ISE オブジェクト モデル リファレンス」をご覧ください。For more information about the $psISE variable, see Windows PowerShell ISE Object Model Reference.

    • フォント サイズを 20 に変更するには、プロファイル ファイルに「$psISE.Options.FontSize =20」と入力します。To change font size to 20, in the profile file type: $psISE.Options.FontSize =20

  3. プロファイル ファイルを保存するには、 [ファイル] メニューの [保存] をクリックします。To save your profile file, on the File menu, click Save. Windows PowerShell ISE を次に開いた時点で、カスタマイズの内容が適用されます。Next time you open the Windows PowerShell ISE, your customizations are applied.

参照See Also