WMF 5.1 のインストールと構成

重要

WMF 5.0 は、WMF 5.1 に置き換えられています。 WMF 5.0 を所有するユーザーがサポートを受けるには、WMF 5.1 にアップグレードする必要があります。 WMF 5.1 には .NET Framework 4.5.2 (またはそれ以上) が必要です。 .NET 4.5.2 (またはそれ以上) がインストールされていない場合、インストールは成功しますが、主な機能は失敗します。

WMF 5.1 パッケージのダウンロードとインストール

インストールするオペレーティング システムとアーキテクチャに合わせて WMF 5.1 パッケージをダウンロードします。

オペレーティング システム 前提条件 パッケージ リンク
Windows Server 2012 R2 Win8.1AndW2K12R2-KB3191564-x64.msu
Windows Server 2012 W2K12-KB3191565-x64.msu
Windows Server 2008 R2 .NET Framework 4.5.2 Win7AndW2K8R2-KB3191566-x64.ZIP
Windows 8.1 x64: Win8.1AndW2K12R2-KB3191564-x64.msu
x86: Win8.1-KB3191564-x86.msu
Windows 7 SP1 .NET Framework 4.5.2 x64: Win7AndW2K8R2-KB3191566-x64.ZIP
x86: Win7-KB3191566-x86.ZIP
  • WMF 5.1 RTM をインストールする前に、WMF 5.1 プレビューをアンインストールする必要があります。
  • WMF 5.1 は、WMF 5.0 または WMF 4.0 の上に直接インストールできます。
  • Windows 7 および Windows Server 2008 R2 の上に WMF 5.1 をインストールする前に、WMF 4.0 をインストールする 必要はありません

Windows Server 2008 R2 および Windows 7 で WMF 5.1 をインストールする

注意

Windows Server 2008 R2 および Windows 7 でのインストール手順は変更されているため、他のパッケージの手順と異なります。 Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012、および Windows 8.1 のインストール手順は次のとおりです。

Windows Server 2008 R2 SP1 および Windows 7 SP1 での WMF 5.1 の前提条件

Windows Server 2008 R2 SP1 または Windows 7 SP1 に WMF 5.1 をインストールするには、次を行う必要があります。

  • 最新の Service Pack をインストールする必要があります。
  • WMF 3.0 をインストール しないでください。 WMF 3.0 経由で WMF 5.1 をインストールすると、PSModulePath ($env:PSModulePath) が失われ、これによって他のアプリケーションで障害が発生する場合があります。 WMF 5.1 をインストールする前に WMF 3.0 をアンインストールするか、PSModulePath を保存して、WMF 5.1 のインストールが完了した後に手動で復元する必要があります。
  • WMF 5.1には少なくとも .NET Framework 4.5.2 が必要です。 Microsoft .NET Framework 4.5.2 をインストールするには、ダウンロード場所で提供されている手順に従ってください。

Windows Server 2008 R2 および Windows 7 で WMF 5.1 をインストールする

  1. ZIP ファイルをダウンロードしたフォルダーに移動します。

  2. ZIP ファイルを右クリックし、 [すべて展開...] を選択します。ZIP ファイルには、2 つのファイルが含まれています (MSU と Install-WMF5.1.ps1 スクリプト ファイル)。 ZIP ファイルを展開したら、Windows 7 または Windows Server 2008 R2 を実行する任意のコンピューターにコンテンツをコピーすることができます。

  3. ZIP ファイルを展開した後、PowerShell を管理者として開き、その ZIP ファイルの内容を含むフォルダーに移動します。

  4. そのフォルダーの Install-WMF5.1.ps1 スクリプトを実行して、指示に従います。 このスクリプトはローカル コンピューターの前提条件を確認し、前提条件を満たしている場合に WMF 5.1 をインストールします。 前提条件は次のとおりです。

    Install-WMF5.1.ps1 では、Windows Server 2008 R2 および Windows 7 でのインストールの自動化を容易にするため、次のパラメーターが使用されます。

    • AcceptEula:このパラメーターが含まれる場合、使用許諾契約書は自動的に受け入れられ、表示はされません。
    • AllowRestart:このパラメーターは、AcceptEula が指定されている場合にのみ使用できます。 このパラメーターが含まれていて、WMF 5.1 のインストール後に再起動が必要な場合は、インストールが完了した後すぐに、メッセージが表示されることなく再起動が実行されます。

WinRM の依存関係

Windows PowerShell Desired State Configuration (DSC) は、WinRM に依存します。 WinRM は、Windows Server 2008 R2 および Windows 7 では既定で無効になっています。 WinRM を有効にするには、Windows PowerShell 管理者特権セッションで Set-WSManQuickConfig を実行します。

Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012、および Windows 8.1 で WMF 5.1 をインストールする

エクスプローラーからインストールする

  1. MSU ファイルをダウンロードしたフォルダーに移動します。
  2. MSU をダブルクリックして実行します。

コマンド プロンプトからインストールする

  1. コンピューターのアーキテクチャに適切なパッケージをダウンロードした後、管理者特権 (管理者として実行) を使ってコマンド プロンプト ウィンドウを開きます。 Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012、Windows Server 2008 R2 SP1 の Server Core インストール オプションで、既定で管理者特権でコマンド プロンプトが開きます。

  2. WMF 5.1 のインストール パッケージをダウンロードまたはコピーしたフォルダーにディレクトリを変更します。

  3. 次のいずれかのコマンドを実行します。

    • Windows Server 2012 R2 または Windows 8.1 x64 を実行しているコンピューターの場合は、Win8.1AndW2K12R2-KB3191564-x64.msu /quiet /norestart を実行します。
    • Windows Server 2012 を実行しているコンピューターの場合は、W2K12-KB3191565-x64.msu /quiet /norestart を実行します。
    • Windows 8.1 x86 を実行しているコンピューターの場合は、Win8.1-KB3191564-x86.msu /quiet /norestart を実行します。

    注意

    WMF 5.1 をインストールするには、再起動が必要です。 /quiet オプションを使用すると、システムは警告なしで再起動します。 再起動しないようにするには、/norestart オプションを使用します。 ただし、再起動が完了するまで、WMF 5.1 はインストールされません。