SharePoint Online 管理シェルの概要

SharePoint Online 管理シェルは、組織レベルおよびサイトコレクションレベルでの SharePoint 設定の管理に使用できる Windows PowerShell モジュールです。 Windows PowerShell のコマンドライン操作は、一連のコマンドで構成されています。 各コマンドは、コマンドレット、およびパラメーターと呼ばれる設定セットを使用します。 たとえば、 get-spositeコマンドレットを使用して、指定したタイトル、URL、所有者、ストレージクォータ、およびテンプレート (パラメーター) を使用して新しいサイトコレクションを作成します。

SharePoint Online の PowerShell コマンドは、大量の新しいサイトコレクションを作成したり、数百の新しいユーザーをサイトに追加したりするなど、バッチ操作では非常に効率的です。 詳細については、「 Office 365 PowerShell を使用する必要がある理由」を参照してください。

SharePoint Online PowerShell の概要

SharePoint Online の PowerShell コマンドを使用するには、Office 365 で SharePoint 管理者またはグローバル管理者の役割を持っている必要があります。

Sharepoint Online 管理シェルモジュールをインストールして、SharePoint Online サービスに接続する必要があります。 詳細については、「 SharePoint Online の接続」を参照してください。

SharePoint Online の PowerShell コマンドと Office 365 PowerShell コマンドの違いは何ですか。

メジャーと明白な違いは、使用する名詞です。 すべての SharePoint Online コマンドレットは、その名詞として SPO で始まります。 反対に、Office 365 は、その名詞として MSO で始まります。

SharePoint Online 管理シェルコマンドは、SharePoint の設定とサイトコレクションを管理しますが、Office 365 コマンドは、ユーザー、ライセンス、組織情報、サービスなどの Office の365レベルのタスクを管理します。 ユーザーとグループの両方を管理します。 ただし、Office 365 PowerShell コマンドを使用すると、すべての Office 365 サービスのユーザーとグループを管理できます。 SharePoint Online コマンドは、SharePoint Online のユーザーとグループのみを管理します。

SharePoint 管理センターまたは SharePoint Online の PowerShell コマンドを使用する必要がありますか?

Office 365 および SharePoint Online の使用経験がなく、SharePoint サイトまたはユーザーの管理があまり行われていない場合は、SharePoint 管理センターから開始することをお勧めします。

SharePoint サイトとユーザーについて理解した後で、SharePoint Online の PowerShell コマンドを使用してみてください。特に、多数のサイトコレクションまたはユーザーを管理する場合です。

Note

SharePoint Online のコマンドレットの完全な一覧については、「 Sharepoint Online PowerShell 」を参照してください。

アクセス許可を取得して環境をセットアップする方法

SharePoint Online の PowerShell コマンドを使用するには、組織の SharePoint 管理者である必要があります。 Sharepoint Online 管理シェルモジュールをインストールして SharePoint Online サービスに接続する方法の詳細については、「 Sharepoint Online 管理シェルの概要」を参照してください。