SharePoint Server コマンドレット

SharePoint Server コマンドレットの一覧については、「SharePoint Server コマンドレット」を参照してください。

SharePoint Server 向けの PowerShell にアクセスする

SharePoint Server のインストール後は、SharePoint 2016 管理シェル で PowerShell のコマンドレットを利用できます。SharePoint 管理シェル では、SharePoint Server の多くの部分を管理できます。新しいサイト コレクション、Web アプリケーション、ユーザー アカウント、サービス アプリケーション、プロキシなどを作成できます。SharePoint 管理シェル でコマンドを入力すると、Microsoft .NET Framework に基づいた SharePoint オブジェクトが返されます。それらのオブジェクトは、後続のコマンドへの入力として適用したり、後で使用できるようにローカル変数に格納したりすることができます。

SharePoint 管理シェルを使用する場合は、コマンドレットが含まれるスナップインを登録する必要はありません。 SharePoint Server コマンドレット用の Microsoft.SharePoint.PowerShell.dll モジュールの登録は、%CommonProgramFiles%\Microsoft Shared\Web Server Extensions<version>\Config\PowerShell\Registration (ここでのバージョン "15" は SharePoint Server 2013 に、"16" は SharePoint Server 2016 に相当します。) にある SharePoint.ps1 ファイル内の Add-PSSnapin Microsoft.SharePoint.PowerShell という行によって自動的に行われます。 PowerShell コンソールを使用する場合は、このスナップインを手動で登録する必要があります。

SharePoint 管理シェルと PowerShell コンソールのどちらを使用するにしても、追加のスナップインを読み込むことができます。

注意

SharePoint 管理シェルと PowerShell コンソールでは、スレッド モデルの使用方法を定義する ReuseThread オプションの使用も異なります。 SharePoint 管理シェルの使用方法は、SharePoint.ps1 ファイル内の {Host.Runspace.ThreadOptions = "ReuseThread"} という行で定義されています。 詳細については、「PS Thread Options (PS スレッド オプション)」を参照してください。

アクセス許可

Add-SPShellAdmin コマンドレットを使用して、SharePoint Serverのコマンドレットを実行する権限をユーザーに付与するためには、まず以下の最小要件をすべて満たしていることを確認します。

  • SQL Server インスタンスの securityadmin 固定サーバー ロールのメンバーシップが必要です。
  • PowerShell コマンドレットを実行するサーバーの Administrators グループのメンバーである必要があります。

注意

これらの権限がない場合は、セットアップ管理者または SQL Server 管理者に連絡して、これらの権限を要求してください。

PowerShell のアクセス許可に関する詳細については、「Add-SPShellAdmin」を参照してください。

SharePoint_Shell_Access ロールまたは WSS_Admin_WPG ローカル グループのメンバーシップがない場合は、 Add-SPShellAdmin コマンドレットを使用して、SharePoint ファームのすべてのフロントエンド Web サーバーの WSS_Admin_WPG グループおよび SharePoint_Shell_Access ロールに追加します。SQL Server データベースに SharePoint_Shell_Access ロールがない場合、 Add-SPShellAdmin コマンドレットを実行したときに、このロールが自動的に作成されます。 Add-SPShellAdmin を実行すると、ユーザーは複数サーバーのファーム環境で SharePoint PowerShell コマンドレットを実行できるようになります。

注意

SharePoint Serverをインストールすると、インストールを実行するユーザー アカウントに PowerShell のコマンドレットを実行するための適切な権限が付与されます。PowerShell のコマンドレットを実行するユーザーが追加されていない場合は、 Add-SPShellAdmin コマンドレットを使用してユーザーを追加できます。

すべての SPShellAdmin コマンドレットの一覧を表示するには、PowerShell コマンド プロンプトで、「Get-Command -Noun SPShellAdmin」と入力します。

スクリプトと実行ポリシー

Microsoft PowerShell では単一の管理タスクを実行できますが、スクリプトを使用して一連のタスクを自動化することもできます。スクリプトは、1 つ以上の Microsoft PowerShell コマンドが含まれるテキスト ファイルです。Microsoft PowerShell のスクリプトは, .ps1 というファイル名拡張子を持ちます。

スクリプトを実行するために最低限必要な SharePoint Server の実行ポリシーは RemoteSigned です。ただし、PowerShell の既定のポリシーには制限があります。 制限付きのポリシーの場合、SharePoint 管理シェルは、PowerShell のポリシーを RemoteSigned に変更します。 つまり、管理者特権の管理アクセス許可を持つ SharePoint 管理シェルを開始するには、管理者として実行 を選択する必要があります。 この変更は、すべての PowerShell セッションに適用されます。 詳細については、「ExecutionPolicy 列挙」を参照してください。

スクリプトと実行ポリシーに関する詳細については、それぞれ「about_scripts」と「about_Execution_Policies」を参照してください。