Windows Server AppFabric の Windows PowerShell

AppFabric では、多くの管理タスクを Windows PowerShell コマンドレットによって実行します。Windows PowerShell により、AppFabric のすべてのコンポーネントに、統合されたインターフェイスが提供されます。このインターフェイスには、Windows PowerShell の標準のインフラストラクチャおよびコマンドレットに加えて、AppFabric 固有のコマンドレットおよびコマンドレット フレームワークが含まれています。Windows PowerShell インフラストラクチャで AppFabric コマンドレットを実行する場合、AppFabric ランタイムに管理操作の実行が要求されます。

AppFabric には、AppFabric コマンドレットの機能にアクセスするために次の基本的な方法が用意されています。

  • UI からのアクセス。 Windows PowerShell ランタイムは AppFabric ツール内に埋め込まれています。その結果、Windows PowerShell インターフェイスの上に AppFabric のユーザー インターフェイス層が提供され、UI でプロパティを選択してコマンドを実行することによって AppFabric コマンドレットを実行できるようになります。UI はローカルまたはリモートのどちらでも実行できます。リモート ケースの詳細については、「Windows Server AppFabric リモート管理のアーキテクチャ」を参照してください。

  • 対話的なアクセス。 Windows PowerShell コマンド ライン コンソールで (ローカルまたはリモートのどちらでも) コードを実行することによって、AppFabric コマンドレットを実行できます。

  • スクリプトを使用したアクセス。 1 つ以上の AppFabric コマンドレットを含むスクリプトを作成して実行できます。スクリプトの詳細については、「Windows PowerShell のファースト ステップ ガイド」および「Windows PowerShell でのスクリプト処理」を参照してください。

  • C# での実行。 一部の AppFabric コマンドレットはマネージ コード内から実行できます。

AppFabric 管理 UI を使用すると、コマンドレット コードを記述することなく、あるいはコマンドレットの構文やパラメーターについての知識がなくても、AppFabric コマンドレットを実行できます。ただし、Windows PowerShell コンソールでコマンドレットを実行すると、より強力で柔軟なコマンドレット実行が可能になります。スクリプトを実行することで、自動化された方法でこれを行う追加機能を実現できます。UI から実行できる、または AppFabric コマンドレットで対話的に実行できるほとんどの操作は、全体をスクリプトで記述できます。

このセクションの内容

  2011-12-05