IIS マネージャー拡張機能を使用したサービスの表示

AppFabric での IIS マネージャー拡張機能を使用して、Windows Workflow Foundation (WF) および Windows Communication Foundation (WCF) サービスを [サービス] ページに表示できます。このページを呼び出すには、インターネット インフォメーション サービス (IIS) マネージャー インターフェイスの [AppFabric] セクション内で [サービス] アイコンをクリックします。[サービス] ページ内では、構成ベースのサービスとファイル ベースのサービスの両方を列挙することができます。タグのないサービス構成もサポートされています。サービスを表示するとき、サービスの永続化つまりサービスが永続的か非永続的かによる区別はありません。このページには Windows プロセス アクティブ化サービス (WAS) でホストされているサービスのみが表示されます。[サービス] ページの下部にある詳細ウィンドウには、特定のサービスの構成情報と WCF 監視統計情報が表示されます。[サービス] ページを呼び出して Windows Server AppFabric のサービスを表示する方法、および詳細ウィンドウの値を解釈する方法の詳細については、「[サービス] ページ」を参照してください。

サービスのショートカット メニューを呼び出すには、サービスを右クリックします。または、操作ウィンドウでも同じ操作を実行できます。次のいずれかのオプションを選択できます。

  • [構成]: 特定のサービスのサービス構成設定を編集するには、特定のサービスを右クリックし、ショートカット メニューの [構成] を選択します。サービスの構成ダイアログ ボックスが表示されます。[全般]、[監視]、[ワークフロー永続化]、[可用性]、[セキュリティ]、または [パフォーマンス] の各プロパティを変更できます。

  • [エンドポイントの表示]: [エンドポイント] ページが呼び出され、選択したサービスによって公開されているすべてのエンドポイントが表示されます。

  • [永続的な WF インスタンスの表示]: [永続的な WF インスタンス] ページが呼び出され、選択したサービスについて保持されているすべてのワークフロー インスタンスが表示されます。詳細については、「[永続的な WF インスタンス] ページ」および「全般構成」を参照してください。

    ヒント

    ワークフロー サービス インスタンスが永続化の機能を使用するように構成されていない場合、このオプションは無効です。

  • [追跡対象 WF インスタンスの表示]: [追跡対象 WF インスタンス] ページが呼び出され、アクティブなワークフロー インスタンスと、完了した追跡対象ワークフロー インスタンス (永続的および非永続的の両方) が表示されます。このページには、親サービスに対して適切な監視構成を使用して初期化された、永続化の構成に関係しないワークフロー インスタンスのみが表示されます。詳細については、「[追跡対象 WF インスタンス] ページ」を参照してください。

  • [追跡対象イベントの表示]: [追跡対象イベント] ページが呼び出され、その特定のサービスについて、フィルターの適用が可能な追跡対象イベントの一覧が表示されます。

関連項目

参照

[サービス] ページ
[サービスの構成]: [全般] タブ
サービスの構成: スロットル タブ
サービスの構成: セキュリティ タブ
エンドポイントの構成ダイアログ ボックス
サービスの構成:監視 タブ
サービスの構成:ワークフロー永続化タブ
[追跡対象イベント] ページ
[エンドポイント] ページ

概念

監視を構成する

  2011-12-05