Resume-ASAppServiceInstance

Resume-ASAppServiceInstance

1 つ以上の中断したサービス インスタンスを再開します。

構文

Parameter Set: ByName
Resume-ASAppServiceInstance -ServiceInstanceInfo <ServiceInstanceInfo> [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]

詳細な説明

このコマンドレットは、指定したサービス インスタンスの実行を再開します。このコマンドレットを適切に実行すると、インスタンスは "実行中" 状態になります。インスタンスが既にメモリ内に存在する場合、コマンドレットはそのインスタンスを単純に再開します。インスタンスがメモリ内ではなく、耐久性のある永続化ストア内に存在する場合、そのインスタンスは永続化ストア内の情報に基づいて、最後に認識された正常状態でメモリに再ロードされ、実行が再開されます。

パラメーター

-ServiceInstanceInfo<ServiceInstanceInfo>

再開する必要があるワークフロー サービス インスタンスに対応する ServiceInstance オブジェクトを指定します。このパラメーターはパイプ シナリオで使用されます。

エイリアス

なし

必須

true

位置

named

既定値

なし

パイプライン入力の許可

true (ByValue)

ワイルドカード文字の許可

-Confirm

コマンドの実行前に確認のプロンプトを表示します。

必須

false

位置

named

既定値

なし

パイプライン入力の許可

false

ワイルドカード文字の許可

false

-WhatIf

コマンドを実際に実行せずに、コマンドを実行した場合の結果を示します。

必須

false

位置

named

既定値

なし

パイプライン入力の許可

false

ワイルドカード文字の許可

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは、-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、および -OutVariable という一般的なパラメーターをサポートしています。詳細については、次を参照してください。 about_CommonParameters

例 1

このコマンドは、“既定の Web サイト” に含まれるサービスのすべてのインスタンスを再開します。

Get-ASAppServiceInstance –sitename “Default Web Site” | Resume-ASAppServiceInstance

例 2

このコマンドは、“既定の Web サイト” の SampleApp アプリケーションに属するワークフロー サービスのすべてのインスタンスを再開します。

Get-ASAppServiceInstance –sitename “Default Web Site” –virtualpath “/SampleApp” | Resume-ASAppServiceInstance

例 3

このコマンドは、URI を使用して指定された SampleApp アプリケーションに属するワークフロー サービスのすべてのインスタンスを再開します。

Get-ASAppServiceInstance –uri “http://localhost/SampleApp” | Resume-ASAppServiceInstance