Get-ASAppPerformanceCounter

Get-ASAppPerformanceCounter

1 つ以上のアプリケーションの全サービスに対してパフォーマンス カウンターが有効または無効になっているか、またどのレベルで有効になっているか (有効になっている場合) を示すデータを返します。PerformanceCountersInfo は /configuration/system.serviceModel/diagnostics[@performanceCounters\] attributePerformanceCountersInfo 属性の値に設定されたレベルで返されます。パフォーマンス カウンターは、すべてのカテゴリ カウンター (ServiceModelService、ServiceModelEndpoint、および ServiceModelOperation) に有効 (All レベル)、ServiceModelService カテゴリ カウンターにのみ有効 (ServiceOnly レベル)、無効 (Off レベル)、または既定で無効 (Default レベル) に設定できます。

構文

Parameter Set: SiteNameAndVirtualPath
Get-ASAppPerformanceCounter [-SiteName] <String> [[-VirtualPath] <String> ] [ <CommonParameters>]

Parameter Set: ApplicationObject
Get-ASAppPerformanceCounter -ApplicationObject <ApplicationInfo> [ <CommonParameters>]

Parameter Set: RootConfig
Get-ASAppPerformanceCounter [-Root] [ <CommonParameters>]

Parameter Set: Uri
Get-ASAppPerformanceCounter [-Uri] <Uri> [ <CommonParameters>]

パラメーター

-ApplicationObject<ApplicationInfo>

ApplicationObject の名前。コマンドレットは、そのアプリケーションに対して動作します。

エイリアス

なし

必須

true

位置

named

既定値

なし

パイプライン入力の許可

true (ByValue)

ワイルドカード文字の許可

-Root

ルート アプリケーションの名前。コマンドレットは、そのスコープで動作します。Root パラメーターを使用する場合は、SiteName、VirtualPath、または Uri パラメーターを使用しないでください。

エイリアス

なし

必須

false

位置

named

既定値

なし

パイプライン入力の許可

false

ワイルドカード文字の許可

-SiteName<String>

Web サイトの名前を、IIS マネージャーの [接続] ウィンドウで定義されているとおりに指定します。コマンドレットは、そのサイト内の特定のアプリケーションまたは仮想ディレクトリのスコープで動作します。SiteName パラメーターを使用する場合は、そのサイト内に存在するアプリケーションまたは仮想ディレクトリを指定する VirtualPath パラメーターを追加する必要があります。この仮想パスには、IIS で定義されているとおりのアプリケーションまたは仮想ディレクトリの名前が含まれている必要があります。仮想パスの先頭の "/" 文字は省略可能です。SiteName パラメーターを使用する場合は、Uri パラメーターを使用しないでください。

エイリアス

なし

必須

true

位置

1

既定値

なし

パイプライン入力の許可

true (ByPropertyName)

ワイルドカード文字の許可

-Uri<Uri>

IIS アプリケーションまたは仮想ディレクトリの URI。コマンドレットは、そのスコープで動作します。Uri パラメーターを使用する場合は、SiteName パラメーターと VirtualPath パラメーターのセットを使用しないでください。

エイリアス

なし

必須

true

位置

1

既定値

なし

パイプライン入力の許可

true (ByPropertyName)

ワイルドカード文字の許可

-VirtualPath<String>

アプリケーションまたはディレクトリの仮想パスを、IIS マネージャーの [接続] ウィンドウで定義されているとおりに指定します。コマンドレットは、そのアプリケーションまたは仮想ディレクトリのスコープで動作します。VirtualPath パラメーターを SiteName パラメーターに追加し、SiteName を使用してアプリケーションまたはディレクトリが含まれるサイトを示す必要があります。仮想パスの先頭の "/" 文字は省略可能です。仮想パスには、IIS で定義されているとおりの、アプリケーションまたはディレクトリの名前が含まれます。SiteName パラメーターと VirtualName パラメーターのセットを使用する場合は、Uri パラメーターを使用しないでください。

エイリアス

なし

必須

false

位置

2

既定値

なし

パイプライン入力の許可

true (ByPropertyName)

ワイルドカード文字の許可

<CommonParameters>

このコマンドレットは、-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、および -OutVariable という一般的なパラメーターをサポートしています。詳細については、次を参照してください。 about_CommonParameters

入力

入力の型は、コマンドレットにパイプ処理できるオブジェクトの型です。

  • なし。

出力

出力の型は、コマンドレットから生成されるオブジェクトの型です。

  • PerformanceCounterInfo。Off、ServiceOnly、All、および Default から構成される列挙です。Off の場合、ServiceModel パフォーマンス カウンターは無効になります (既定値)。ServiceOnly の場合、ServiceModelService カテゴリ カウンターのみ有効になります。All の場合、すべてのカテゴリのカウンター (ServiceModelService、ServiceModelEndpoint、および ServiceModelOperation) が有効になります。Default の場合、ServiceModel パフォーマンス カウンターは無効になります。/configuration/system.serviceModel/diagnostics[@performanceCounters\] が見つからない場合、Null を返します。

例 1

Default Web Site にある myApp アプリケーションの全サービスに対してパフォーマンス カウンターが有効または無効になっているか、またどのレベルで有効になっているか (有効になっている場合) を示すデータを返します。

Get-ASAppPerformanceCounter -SiteName “Default Web Site” -VirtualPath “/myApp”