Stop-ASAppMonitoring

Stop-ASAppMonitoring

指定したスコープでの dublin の監視を停止します。アプリケーションにより実行時に生成される追跡情報をキャプチャし、それを監視ストアに保存することにより、アプリケーションを監視できます。キャプチャされた情報は、IIS 管理コンソールのダッシュボード機能において、または監視ストアから直接使用できるようになります。

構文

Parameter Set: SiteNameAndVirtualPath
Stop-ASAppMonitoring [-SiteName] <String> [[-VirtualPath] <String> ] [ <CommonParameters>]

Parameter Set: ApplicationObject
Stop-ASAppMonitoring -ApplicationObject <ApplicationInfo> [ <CommonParameters>]

Parameter Set: MonitoringInfo
Stop-ASAppMonitoring -MonitoringInfo <MonitoringInfo> [ <CommonParameters>]

Parameter Set: RootConfig
Stop-ASAppMonitoring [-Root] [ <CommonParameters>]

Parameter Set: Uri
Stop-ASAppMonitoring [-Uri] <Uri> [ <CommonParameters>]

詳細な説明

Stop-ASAppMonitoring コマンドレットを実行すると、<enabled=false> に設定され、監視が停止します。

パラメーター

-ApplicationObject<ApplicationInfo>

アプリケーション構成コマンドレットから出力されるオブジェクト。これを利用すると、IIS 構成スコープをコマンドから別のコマンドにパイプすることができます。

エイリアス

なし

必須

true

位置

named

既定値

なし

パイプライン入力の許可

true (ByValue)

ワイルドカード文字の許可

-MonitoringInfo<MonitoringInfo>

必須です。監視情報が格納された構造体。監視情報とは、ConnectionString、ConnectionStringName、IsEnabled、MonitoringLevel、ProviderId、SiteName、TrackingProfile、および VirtualPath です。監視構成コマンドレットから出力されるオブジェクト。これを利用すると、監視構成をコマンドから別のコマンドにパイプすることができます。

エイリアス

なし

必須

true

位置

named

既定値

なし

パイプライン入力の許可

true (ByValue)

ワイルドカード文字の許可

-Root

ルート web.config ファイルのみ検索対象とすることを示します。

エイリアス

なし

必須

false

位置

named

既定値

なし

パイプライン入力の許可

false

ワイルドカード文字の許可

-SiteName<String>

構成検索のフィルター処理に使用する IIS Web サイト名。

エイリアス

なし

必須

true

位置

1

既定値

なし

パイプライン入力の許可

true (ByPropertyName)

ワイルドカード文字の許可

-Uri<Uri>

構成を検索対象とするアプリケーションの URI。

エイリアス

なし

必須

true

位置

1

既定値

なし

パイプライン入力の許可

true (ByPropertyName)

ワイルドカード文字の許可

-VirtualPath<String>

構成検索のフィルター処理に使用する IIS 仮想パス。

エイリアス

なし

必須

false

位置

2

既定値

なし

パイプライン入力の許可

true (ByPropertyName)

ワイルドカード文字の許可

<CommonParameters>

このコマンドレットは、-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、および -OutVariable という一般的なパラメーターをサポートしています。詳細については、次を参照してください。 about_CommonParameters

入力

入力の型は、コマンドレットにパイプ処理できるオブジェクトの型です。

  • なし

出力

出力の型は、コマンドレットから生成されるオブジェクトの型です。

  • なし

例 1

この例では、監視をルート レベルで停止 (無効化) します。値 IsEnabled=False は、監視がルート レベルで停止されていることを意味します。

PS C:\Windows\system32> Stop-ASAppMonitoring -Root
ConnectionStringName : ApplicationServerMonitoringConnectionString
ConnectionString : Data Source=MICROSO-XNMDH06;Initial Catalog=AppFabricMonitoringStore;Integrated Security=True
IsEnabled : False
MonitoringLevel : HealthMonitoring
ProviderId : 824ca028-35a2-4c39-8f9c-1d19223b7d26
ProviderName : System.Data.SqlClient
TrackingProfile : HealthMonitoring Tracking Profile
SiteName :
VirtualPath :

例 2

この例では、監視をアプリケーション レベルで停止 (無効化) します。値 IsEnabled=False は、そのアプリケーションに対する監視が停止されていることを意味します。

PS C:\Windows\system32> Stop-ASAppMonitoring -Sitename "Default Web Site" -VirtualPath "/MyWorkflowApp"
ConnectionStringName : ApplicationServerMonitoringConnectionString
ConnectionString : Data Source=MICROSO-XNMDH06;Initial Catalog=AppFabricMonitoringStore;Integrated Security=True
IsEnabled : False
MonitoringLevel : HealthMonitoring
ProviderId : 0d163658-e838-4ade-adff-f0d8a8e20b52
ProviderName : System.Data.SqlClient
TrackingProfile : HealthMonitoring Tracking Profile
SiteName : Default Web Site
VirtualPath : /MyWorkflowApp