Set-ASAppServiceBehaviorName

Set-ASAppServiceBehaviorName

サービスが使用するビヘイビアー構成要素 (アプリケーションの web.config ファイル内) の名前を設定します。ビヘイビアー構成要素の名前が文字列に設定される場合 (名前付きビヘイビアー)、既定の構成設定の使用が無効になります。ビヘイビアー構成要素の名前が空の文字列に設定される場合 (名前なしビヘイビアー)、既定の構成設定の使用が有効になります。既定の設定を有効にしている場合、サービスで使用される構成設定はサービス固有の設定ではなく、すべてのレベルのスコープから結合された既定の設定になります。Set-ASAppServiceBehaviorName コマンドレットを実行するには、IIS マネージャーの [サービスの構成] ダイアログ ボックスの [全般] タブで [既定値を使用] チェック ボックスをオンにして [OK] をクリックします。

構文

Parameter Set: SiteNameAndVirtualPath
Set-ASAppServiceBehaviorName [-SiteName] <String> [-VirtualPath] <String> -BehaviorName <String> [ <CommonParameters>]

Parameter Set: ServiceObject
Set-ASAppServiceBehaviorName -BehaviorName <String> -ServiceObject <ServiceInfo> [ <CommonParameters>]

Parameter Set: Uri
Set-ASAppServiceBehaviorName [-Uri] <Uri> -BehaviorName <String> [ <CommonParameters>]

パラメーター

-BehaviorName<String>

BehaviorName パラメーターに関連付けられた <String> の値を空の文字列 (“”) に設定すると、Web.config ファイル内のサービス ビヘイビアーは名前なしビヘイビアーに設定され、サービスはアプリケーション、サイト、またはサーバー レベルから結合された既定の構成設定を継承することになります。

BehaviorName パラメーターに関連付けられた <String> の値を文字列に設定すると、既定の構成設定の使用が無効になり、ビヘイビアー構成要素の名前 (アプリケーションの web.config ファイル内) がその文字列に設定されます。その名前付きビヘイビアーには、サービスからアクセスできる値を設定する必要があります。アクセスできない場合、サービスはアクティブになりません。

エイリアス

なし

必須

true

位置

named

既定値

なし

パイプライン入力の許可

false

ワイルドカード文字の許可

-ServiceObject<ServiceInfo>

ServiceObject の名前。コマンドレットは、そのサービスに対して動作します。このパラメーターは、通常、Get-ASAppService コマンドレットの出力を、ServiceObject パラメーターを含むコマンドレットにパイプするために使用します。

エイリアス

なし

必須

true

位置

named

既定値

なし

パイプライン入力の許可

true (ByValue)

ワイルドカード文字の許可

-SiteName<String>

Web サイトの名前を、IIS マネージャーの [接続] ウィンドウで定義されているとおりに指定します。コマンドレットは、そのサイト内の特定のサービスのスコープで動作します。SiteName パラメーターを使用する場合は、そのサイト内に存在するサービスを指定する VirtualPath パラメーターを追加する必要があります。この仮想パスには、アプリケーションの名前とスラッシュ、およびサービスの .svc ファイルまたは .xamlx ファイルの名前が含まれている必要があります。仮想パスの先頭の "/" 文字は省略可能です。SiteName パラメーターを使用する場合は、Uri パラメーターを使用しないでください。

エイリアス

なし

必須

true

位置

1

既定値

なし

パイプライン入力の許可

true (ByPropertyName)

ワイルドカード文字の許可

-Uri<Uri>

サービスの URI。コマンドレットはそのスコープで動作します。Uri パラメーターを使用する場合は、SiteName パラメーターと VirtualPath パラメーターのセットを使用しないでください。

エイリアス

なし

必須

true

位置

1

既定値

なし

パイプライン入力の許可

true (ByPropertyName)

ワイルドカード文字の許可

-VirtualPath<String>

サービスの仮想パスを、IIS マネージャーの [接続] ウィンドウで定義されているとおりに指定します。コマンドレットは、そのサービスのスコープで動作します。VirtualPath パラメーターを SiteName パラメーターに追加し、SiteName を使用してサービスが含まれるサイトを示す必要があります。仮想パスの先頭の "/" 文字は省略可能です。サービスの場合、仮想パスにはアプリケーションの名前、スラッシュ、およびサービスの .svc ファイルまたは .xamlx ファイルの名前が含まれます。SiteName パラメーターと VirtualName パラメーターのセットを使用する場合は、Uri パラメーターを使用しないでください。

エイリアス

なし

必須

true

位置

2

既定値

なし

パイプライン入力の許可

true (ByPropertyName)

ワイルドカード文字の許可

<CommonParameters>

このコマンドレットは、-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、および -OutVariable という一般的なパラメーターをサポートしています。詳細については、次を参照してください。 about_CommonParameters

入力

入力の型は、コマンドレットにパイプ処理できるオブジェクトの型です。

  • なし。

出力

出力の型は、コマンドレットから生成されるオブジェクトの型です。

  • なし。

例 1

サービスのビヘイビアーが名前付きビヘイビアーに設定されます。Default Web Site の myApp アプリケーション内の svc1 サービスが、myApp アプリケーション用の構成ファイル内の “Svc1” という名前のビヘイビアー構成内の構成設定を使用するよう指定されます。

Set-ASAppServiceBehaviorName -SiteName “Default Web Site” -VirtualPath “/myApp/svc1.xamlx” -BehaviorName “Svc1”

例 2

サービスのビヘイビアーが既定のビヘイビアーに設定されます。Default Web Site の myApp アプリケーション内の svc1 サービスが既定の構成設定を使用するよう指定されます。これらの設定は、名前なしビヘイビアーが定義されている最下位のスコープから継承されます。

Set-ASAppServiceBehaviorName -SiteName “Default Web Site” -VirtualPath “/myApp/svc1.xamlx” -BehaviorName “”

例 3

アプリケーションのすべてのサービスで使用されるビヘイビアーが既定のビヘイビアーに設定されます。このコードにより、Get-ASApplication (ApplicationInfo) の出力が Get-ASApplicationService にパイプされます。さらに、アプリケーションのすべてのサービスに関するデータが出力 (ServiceInfo) として返され、これは Set-ASAppServiceBehaviorName にパイプされます。ServiceInfo オブジェクトには、アプリケーションの各サービスの SiteName プロパティと VirtualPath プロパティが含まれます。Set-ASAppServiceBehaviorName がアプリケーション内のすべてのサービスに対して作用することで、各サービスが別々に Set-ASAppServiceBehaviorName を呼び出して SiteName パラメーターと VirtualPath パラメーターを指定する必要がなくなります。

Get-ASApplication –SiteName “Default Web Site” –VirtualPath “/myApp” | Get-ASApplicationService | Set-ASAppServiceBehaviorName –BehaviorName “”