Enable-ASAppDebugTracing

Enable-ASAppDebugTracing

IIS 構成ファイル内の System.Diagnostics トレースを構成および有効化します。

構文

Parameter Set: SiteNameAndVirtualPath
Enable-ASAppDebugTracing [-SiteName] <String> [[-VirtualPath] <String> ] [-FilePath] <String> [-ActivitiesLevel {<Critical> | <Error> | <Information> | <Off> | <Verbose> | <Warning>} ] [-ServiceModelLevel {<Critical> | <Error> | <Information> | <Off> | <Verbose> | <Warning>} ] [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]

Parameter Set: ApplicationObject
Enable-ASAppDebugTracing [-FilePath] <String> -ApplicationObject <ApplicationInfo> [-ActivitiesLevel {<Critical> | <Error> | <Information> | <Off> | <Verbose> | <Warning>} ] [-ServiceModelLevel {<Critical> | <Error> | <Information> | <Off> | <Verbose> | <Warning>} ] [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]

Parameter Set: RootConfig
Enable-ASAppDebugTracing [-FilePath] <String> [-ActivitiesLevel {<Critical> | <Error> | <Information> | <Off> | <Verbose> | <Warning>} ] [-Root] [-ServiceModelLevel {<Critical> | <Error> | <Information> | <Off> | <Verbose> | <Warning>} ] [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]

Parameter Set: Uri
Enable-ASAppDebugTracing [-Uri] <Uri> [-FilePath] <String> [-ActivitiesLevel {<Critical> | <Error> | <Information> | <Off> | <Verbose> | <Warning>} ] [-ServiceModelLevel {<Critical> | <Error> | <Information> | <Off> | <Verbose> | <Warning>} ] [-Confirm] [-WhatIf] [ <CommonParameters>]

パラメーター

-ActivitiesLevel<DebugTraceLevel>

この重要度レベルで System.Activities ソースのデータがログに記録されます。

このパラメーターに指定できる値:

Critical

Error

Information

Off

Verbose

Warning

エイリアス

なし

必須

false

位置

named

既定値

なし

パイプライン入力の許可

false

ワイルドカード文字の許可

-ApplicationObject<ApplicationInfo>

アプリケーション構成コマンドレットから出力されるオブジェクト。これを利用すると、IIS 構成スコープをコマンドから別のコマンドにパイプすることができます。

エイリアス

なし

必須

true

位置

named

既定値

なし

パイプライン入力の許可

true (ByValue)

ワイルドカード文字の許可

-FilePath<String>

ログが格納される場所を指定します。

エイリアス

なし

必須

true

位置

3

既定値

なし

パイプライン入力の許可

true (ByPropertyName)

ワイルドカード文字の許可

-Root

ルート web.config ファイルのみ対象とすることを示します。

エイリアス

なし

必須

false

位置

named

既定値

なし

パイプライン入力の許可

false

ワイルドカード文字の許可

-ServiceModelLevel<DebugTraceLevel>

System.ServiceModel ソースがログに記録するレベルを指定します。

このパラメーターに指定できる値:

Critical

Error

Information

Off

Verbose

Warning

エイリアス

なし

必須

false

位置

named

既定値

なし

パイプライン入力の許可

false

ワイルドカード文字の許可

-SiteName<String>

構成検索のフィルター処理に使用する IIS Web サイト名。

エイリアス

なし

必須

true

位置

1

既定値

なし

パイプライン入力の許可

true (ByPropertyName)

ワイルドカード文字の許可

-Uri<Uri>

構成を対象とするアプリケーションの URI。

エイリアス

なし

必須

true

位置

1

既定値

なし

パイプライン入力の許可

true (ByPropertyName)

ワイルドカード文字の許可

-VirtualPath<String>

構成検索のフィルター処理に使用する IIS 仮想パス。

エイリアス

なし

必須

false

位置

2

既定値

なし

パイプライン入力の許可

true (ByPropertyName)

ワイルドカード文字の許可

-Confirm

コマンドの実行前に確認のプロンプトを表示します。

必須

false

位置

named

既定値

なし

パイプライン入力の許可

false

ワイルドカード文字の許可

false

-WhatIf

コマンドを実際に実行せずに、コマンドを実行した場合の結果を示します。

必須

false

位置

named

既定値

なし

パイプライン入力の許可

false

ワイルドカード文字の許可

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは、-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、および -OutVariable という一般的なパラメーターをサポートしています。詳細については、次を参照してください。 about_CommonParameters

入力

入力の型は、コマンドレットにパイプ処理できるオブジェクトの型です。

  • ApplicationInfo

出力

出力の型は、コマンドレットから生成されるオブジェクトの型です。

  • なし