Windows Server AppFabric セットアップ ウィザード

AppFabric セットアップ ウィザードを使用すると、AppFabric のホスティング機能およびキャッシュ機能 (ホスティング サービス、キャッシュ サービス、キャッシュ クライアント、ホスティング管理、およびキャッシュ管理) をインストールできます。このセットアップ ウィザードでは、AppFabric の機能のみがインストールされ登録されます。AppFabric では別に構成用のウィザードが用意されており、システムのセットアップを柔軟に行うことができます。セットアップ ウィザードの終了直後に構成ウィザードで設定を行うことも、後から構成ウィザードで設定を行うこともできます。セットアップ ウィザードと構成ウィザードはいずれも [スタート] メニューから起動できるため、初期インストール後にコンポーネントをセットアップまたは構成することができます。

AppFabric セットアップ ウィザードは初期セットアップ時に AppFabric セットアップ プログラムから呼び出されます。初期セットアップ後、セットアップ ウィザードを実行するには、[スタート]、[すべてのプログラム]、[Windows Server AppFabric]、[機能の追加または削除] を順にクリックします。セットアップ ウィザードが起動したら、1 つまたは複数の機能を追加したり、1 つまたは複数の機能 (あるいは製品全体) を削除することができます。

セットアップ ウィザードはプラットフォーム検証を実行し、サポートされていない製品のインストールを防止します。このウィザードは、インストールする必要がある前提条件を示し、そのインストール方法に関する情報を提供します。

セットアップ プロセスの詳細については、『AppFabric Installation Guide』を参照してください。

  2011-12-05