DataCacheException.GetObjectData メソッド

シリアル化に使用されるインターフェイスです。

名前空間: Microsoft.ApplicationServer.Caching
アセンブリ: Microsoft.ApplicationServer.Caching.Core (microsoft.applicationserver.caching.core.dll)

使用法

構文

'宣言
<SecurityPermissionAttribute(SecurityAction.LinkDemand, Flags:=SecurityPermissionFlag.SerializationFormatter)> _
Public Overrides Sub GetObjectData ( _
    info As SerializationInfo, _
    context As StreamingContext _
)
[SecurityPermissionAttribute(SecurityAction.LinkDemand, Flags=SecurityPermissionFlag.SerializationFormatter)] 
public override void GetObjectData (
    SerializationInfo info,
    StreamingContext context
)
[SecurityPermissionAttribute(SecurityAction::LinkDemand, Flags=SecurityPermissionFlag::SerializationFormatter)] 
public:
virtual void GetObjectData (
    SerializationInfo^ info, 
    StreamingContext context
) override
/** @attribute SecurityPermissionAttribute(SecurityAction.LinkDemand, Flags=SecurityPermissionFlag.SerializationFormatter) */ 
public void GetObjectData (
    SerializationInfo info, 
    StreamingContext context
)
public override function GetObjectData (
    info : SerializationInfo, 
    context : StreamingContext
)

パラメーター

  • info
    例外をシリアル化するために必要なすべてのデータを格納するために使用される SerializationInfo クラスです。
  • context
    例外のソースと対象を記述するために使用される StreamingContext クラスです。

スレッド セーフ

この型のパブリック静的 (Visual Basic では Shared ) メンバーはスレッド セーフです。インスタンスのメンバーはいずれも、スレッド セーフである保証はありません。

プラットフォーム

開発プラットフォーム

Visual Studio 2010 およびそれ以降, .NET Framework 4

対象プラットフォーム

Windows 7; Windows Server 2008 R2; Windows Server 2008 Service Pack 2; Windows Vista Service Pack 2

関連項目

参照

DataCacheException クラス
DataCacheException メンバー
Microsoft.ApplicationServer.Caching 名前空間