DataCache.Put メソッド (String, Object, TimeSpan, String)

指定したリージョン内でオブジェクトの追加または置換を行います。 キャッシュされたオブジェクトのタイムアウト値を指定します。

名前空間: Microsoft.ApplicationServer.Caching
アセンブリ: Microsoft.ApplicationServer.Caching.Client (microsoft.applicationserver.caching.client.dll)

使用法

構文

'宣言
Public Function Put ( _
    key As String, _
    value As Object, _
    timeout As TimeSpan, _
    region As String _
) As DataCacheItemVersion
public DataCacheItemVersion Put (
    string key,
    Object value,
    TimeSpan timeout,
    string region
)
public:
DataCacheItemVersion^ Put (
    String^ key, 
    Object^ value, 
    TimeSpan timeout, 
    String^ region
)
public DataCacheItemVersion Put (
    String key, 
    Object value, 
    TimeSpan timeout, 
    String region
)
public function Put (
    key : String, 
    value : Object, 
    timeout : TimeSpan, 
    region : String
) : DataCacheItemVersion

パラメーター

  • key
    指定したリージョン内でオブジェクトの追加または置換を行います。 キャッシュされたオブジェクトのタイムアウト値を指定します。
  • value
    追加または置換するオブジェクトです。
  • timeout
    有効期限切れになる前にオブジェクトがキャッシュ内に存在する期間です。
  • region
    オブジェクトが存在するリージョンの名前です。

戻り値

key 値の下でキャッシュに保存されるオブジェクトのバージョンを表す DataCacheItemVersion オブジェクトです。

解説

キャッシュされたオブジェクトに関連付けられた timeout 値は、名前付きキャッシュの構成で指定されている有効期限の設定を上書きします。 詳細については、「有効期限と削除」を参照してください。

このメソッドの使用方法の詳細については、「[HOWTO] キャッシュのオブジェクトの更新」を参照してください。

スレッド セーフ

この型のパブリック静的 (Visual Basic では Shared ) メンバーはスレッド セーフです。インスタンスのメンバーはいずれも、スレッド セーフである保証はありません。

プラットフォーム

開発プラットフォーム

Visual Studio 2010 およびそれ以降, .NET Framework 4

対象プラットフォーム

Windows 7; Windows Server 2008 R2; Windows Server 2008 Service Pack 2; Windows Vista Service Pack 2

関連項目

参照

DataCache クラス
DataCache メンバー
Microsoft.ApplicationServer.Caching 名前空間