InstanceQueryArgs.CreatedTimeTo プロパティ

サービス インスタンスが開始された時間の範囲の終わりを指定します。このパラメーターを指定すると、指定のタイムスタンプ以前に開始したインスタンスのみが返されます。

名前空間: Microsoft.ApplicationServer.StoreManagement.Query
アセンブリ: Microsoft.ApplicationServer.StoreManagement (microsoft.applicationserver.storemanagement.dll)

使用法

構文

'宣言
Public Property CreatedTimeTo As Nullable(Of DateTime)
public Nullable<DateTime> CreatedTimeTo { get; set; }
public:
property Nullable<DateTime> CreatedTimeTo {
    Nullable<DateTime> get ();
    void set (Nullable<DateTime> value);
}
/** @property */
/** @attribute CompilerGeneratedAttribute() */ 
public Nullable<DateTime> get_CreatedTimeTo ()

/** @property */
/** @attribute CompilerGeneratedAttribute() */ 
public void set_CreatedTimeTo (Nullable<DateTime> value)
CompilerGeneratedAttribute 
public function get CreatedTimeTo () : Nullable<DateTime>

CompilerGeneratedAttribute 
public function set CreatedTimeTo (value : Nullable<DateTime>)

プロパティの値

DateTime オブジェクトを返します。

スレッド セーフ

この型のパブリック静的 (Visual Basic では Shared ) メンバーはスレッド セーフです。インスタンスのメンバーはいずれも、スレッド セーフである保証はありません。

プラットフォーム

開発プラットフォーム

Visual Studio 2010 およびそれ以降, .NET Framework 4

対象プラットフォーム

Windows 7; Windows Server 2008 R2; Windows Server 2008 Service Pack 2; Windows Vista Service Pack 2

関連項目

参照

InstanceQueryArgs クラス
InstanceQueryArgs メンバー
Microsoft.ApplicationServer.StoreManagement.Query 名前空間