DataCacheItem クラス

クラスター内のキャッシュされたオブジェクトと関連付けられたすべての情報を取得するために使用します。

名前空間: Microsoft.ApplicationServer.Caching
アセンブリ: Microsoft.ApplicationServer.Caching.Core (microsoft.applicationserver.caching.core.dll)

使用法

構文

'宣言
<DataContractAttribute(Name:="DataCacheItem", Namespace:="http://schemas.microsoft.com/velocity/namespace")> _
Public NotInheritable Class DataCacheItem
[DataContractAttribute(Name="DataCacheItem", Namespace="http://schemas.microsoft.com/velocity/namespace")] 
public sealed class DataCacheItem
[DataContractAttribute(Name=L"DataCacheItem", Namespace=L"http://schemas.microsoft.com/velocity/namespace")] 
public ref class DataCacheItem sealed
/** @attribute DataContractAttribute(Name="DataCacheItem", Namespace="http://schemas.microsoft.com/velocity/namespace") */ 
public final class DataCacheItem
DataContractAttribute(Name="DataCacheItem", Namespace="http://schemas.microsoft.com/velocity/namespace") 
public final class DataCacheItem

解説

DataCacheItem クラスは、オブジェクトおよび同時実行制御操作と関連付けられたタグを更新するのに便利です。詳細については、「タグベースのメソッド (Velocity)」および「同時実行メソッド (Velocity)」を参照してください。

継承の階層

System.Object
  Microsoft.ApplicationServer.Caching.DataCacheItem

スレッド セーフ

この型のパブリック静的 (Visual Basic では Shared ) メンバーはスレッド セーフです。インスタンスのメンバーはいずれも、スレッド セーフである保証はありません。

プラットフォーム

開発プラットフォーム

Visual Studio 2010 およびそれ以降, .NET Framework 4

対象プラットフォーム

Windows 7; Windows Server 2008 R2; Windows Server 2008 Service Pack 2; Windows Vista Service Pack 2

関連項目

参照

DataCacheItem メンバー
Microsoft.ApplicationServer.Caching 名前空間