ワークグループ環境での Windows Server AppFabric ホスティング サービスのセットアップ

このトピックでは、ワークグループ テスト環境内のコンピューターに Windows Server AppFabric ホスティング サービス機能をインストールして構成する場合の手順について説明します。

ワークグループ内の最初のコンピューターに AppFabric ホスティング サービス機能をインストールして構成するには

  1. Microsoft ダウンロード センター (http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=183123) にアクセスします。適切なセットアップ ダウンロード パッケージをダウンロードします。64 ビット版 Windows 7 の場合は WindowsServerAppFabricSetup_amd64_6.1.exe、32 ビット版 Windows 7 の場合は WindowsServerAppFabricSetup_x86_6.1.exe です。

  2. [ライセンス条項に同意する] ページでライセンス条項を読み、条項に同意する場合は [次へ] をクリックして続行します。同意しない場合はセットアップ ウィザードを終了します。

  3. [カスタマー エクスペリエンス向上プログラム] ページで、カスタマー エクスペリエンス向上プログラムに参加する場合は [はい] をクリックし、参加しない場合は [いいえ] をクリックした後、[次へ] をクリックします。

  4. [機能の選択] ページで、[ホスティング サービス] を選択します。

    ヒント

    ホスティング サービスが選択されると、ホスティング管理が自動的に選択されます。

  5. [インストール オプションの確認] ページに、[機能の選択] ページで選択した AppFabric 機能の一覧と、インストールされる必須の Windows コンポーネントの一覧が表示されます。一覧が正しいことを確認した後、[インストール] をクリックしてインストールを開始します。

  6. [インストールの結果] ページで、インストールが成功したことを確認します。[完了] をクリックして、インストール ウィザードを完了します。

  7. Microsoft サポート サイト (http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=187209) にアクセスし、Windows 7 パッケージ用の、32 ビットまたは 64 ビットのいずれか適切な更新プログラムをダウンロードします。この手順を実行するには、コンピューターを再起動する必要があります。

  8. [スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]、[Windows Server AppFabric]、[AppFabric の構成] の順にクリックして、構成ウィザードを開きます。

  9. 構成ウィザードの [開始する前に] ページで、カスタマー エクスペリエンス向上プログラムに参加する場合は [はい] をクリックし、参加しない場合は [いいえ] をクリックした後、[次へ] をクリックします。

  10. [ホスティング サービスの構成] ページで、[監視構成を設定] を選択します。

    ヒント

    [AppFabric イベント コレクション サービス アカウント] は「NT AUTHORITY\LOCAL SERVICE」のままにします。

  11. [監視プロバイダー] で、[System.Data.SqlClient] を選択し、[構成] をクリックします。

  12. [Windows Server AppFabric 監視ストア構成] ダイアログ ボックスで [AppFabric 監視ストアをルート web.config に登録する] および [監視ストアを初期化する] を選択します。[サーバー] ボックスに「<コンピューター名>\SQLEXPRESS」と入力されていることを確認します。[データベース] に、「MyMonitoringDB」と入力します。

  13. [管理者] で [参照] をクリックします。[ユーザーまたはグループを選択してください] で「<コンピューター名>\MyHostingAdmin」と入力し、名前を確認して、[OK] をクリックします。[閲覧者] の「<コンピューター名>\MyHostingObserver」および [ライター] の「<コンピューター名>\MyHostingUser」についても同じようにします。

  14. [OK]、[はい] の順にクリックします。

  15. 初期化と登録が正常に実行されたことを示すポップアップ メッセージが表示されたら、[OK] をクリックします。

  16. [ホスティング サービスの構成] ページで、[永続化構成を設定] を選択します。

    ヒント

    [AppFabric ワークフロー管理サービス アカウント] は「NT AUTHORITY\LOCAL SERVICE」のままにします。

  17. [永続化プロバイダー] で、[sqlStoreProvider] を選択し、[構成] をクリックします。

  18. [Windows Server AppFabric 永続化ストア構成] ダイアログ ボックスで [AppFabric 永続化ストアをルート web.config に登録する] および [永続化ストアを初期化する] を選択します。[サーバー] ボックスに「<コンピューター名>\SQLEXPRESS」と入力されていることを確認します。[データベース] に、「MyPersistenceDB」と入力します。

  19. [管理者] で [参照] をクリックします。[ユーザーまたはグループを選択してください] で「<コンピューター名>\MyHostingAdmin」と入力し、名前を確認して、[OK] をクリックします。[閲覧者] の「<コンピューター名>\MyHostingObserver」および [ユーザー] の「<コンピューター名>\MyHostingUser」についても同じようにします。

  20. 初期化と登録が正常に実行されたことを示すポップアップ メッセージが表示されたら、[OK] をクリックします。

  21. [次へ] をクリックします。[キャッシュ サービスの構成] ページで [次へ] をクリックし、[AppFabric キャッシュ ノードの構成] ページで [次へ] をクリックします。

  22. [アプリケーションの構成] ページで、[完了] をクリックします。

  23. IIS マネージャーを起動します。[接続] ウィンドウでサーバー ノードを展開し、[アプリケーション プール] をクリックします。[DefaultAppPool] を右クリックし、[アプリケーション プールの既定値の設定] をクリックします。[ID] をクリックし、省略記号 ([...]) ボタンをクリックします。[カスタム アカウント] を選択し、[設定] をクリックします。「MyHostingUser」と入力し、パスワードを 2 回入力します。[OK] をクリックした後 [OK] をクリックし、もう一度 [OK] をクリックします。

ワークグループ内の 2 番目以降のコンピューターに AppFabric ホスティング サービス機能をインストールして構成するには

  1. Microsoft ダウンロード センター (http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=183123) にアクセスします。適切なセットアップ ダウンロード パッケージをダウンロードします。64 ビット版 Windows 7 の場合は WindowsServerAppFabricSetup_amd64_6.1.exe、32 ビット版 Windows 7 の場合は WindowsServerAppFabricSetup_x86_6.1.exe です。

  2. [ライセンス条項に同意する] ページでライセンス条項を読み、条項に同意する場合は [次へ] をクリックして続行します。同意しない場合はセットアップ ウィザードを終了します。

  3. [カスタマー エクスペリエンス向上プログラム] ページで、カスタマー エクスペリエンス向上プログラムに参加する場合は [はい] をクリックし、参加しない場合は [いいえ] をクリックした後、[次へ] をクリックします。

  4. [機能の選択] ページで、[ホスティング サービス] を選択します。

    ヒント

    ホスティング サービスが選択されると、ホスティング管理が自動的に選択されます。

  5. [インストール オプションの確認] ページに、[機能の選択] ページで選択した AppFabric 機能の一覧と、インストールされる必須の Windows コンポーネントの一覧が表示されます。一覧が正しいことを確認した後、[インストール] をクリックしてインストールを開始します。

  6. [インストールの結果] ページで、インストールが成功したことを確認します。[完了] をクリックして、インストール ウィザードを完了します。

  7. Microsoft サポート サイト (http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=187209) にアクセスし、Windows 7 パッケージ用の、32 ビットまたは 64 ビットのいずれか適切な更新プログラムをダウンロードします。この手順を実行するには、コンピューターを再起動する必要があります。

  8. [スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]、[Windows Server AppFabric]、[AppFabric の構成] の順にクリックして、構成ウィザードを開きます。

  9. 構成ウィザードの [開始する前に] ページで、カスタマー エクスペリエンス向上プログラムに参加する場合は [はい] をクリックし、参加しない場合は [いいえ] をクリックした後、[次へ] をクリックします。

  10. [ホスティング サービスの構成] ページで、[監視構成を設定] を選択します。

    ヒント

    [AppFabric イベント コレクション サービス アカウント] は「NT AUTHORITY\LOCAL SERVICE」のままにします。

  11. [監視プロバイダー] で、[System.Data.SqlClient] を選択し、[構成] をクリックします。

  12. [Windows Server AppFabric 監視ストア構成] ダイアログ ボックスで [AppFabric 監視ストアをルート web.config に登録する] を選択します。[サーバー] ボックスに「<コンピューター名>\SQLEXPRESS」と入力します。<コンピューター名> は、ワークグループに参加した最初のコンピューターの名前です。[データベース] で、ドロップダウン リストから MyMonitoringDB を選択します。

    ヒント

    このコンピューターでは [監視ストアを初期化する] を選択しないでください。

  13. [OK]、[はい] の順にクリックします。

  14. 登録が成功したことを示すポップアップ メッセージで、[OK] をクリックします。

  15. [ホスティング サービスの構成] ページで、[永続化構成を設定] を選択します。

    ヒント

    [AppFabric ワークフロー管理サービス アカウント] は「NT AUTHORITY\LOCAL SERVICE」のままにします。

  16. [永続化プロバイダー] で、[sqlStoreProvider] を選択し、[構成] をクリックします。

  17. [Windows Server AppFabric 永続化ストア構成] ダイアログ ボックスで [AppFabric 永続化ストアをルート web.config に登録する] を選択します。[サーバー] ボックスに「<コンピューター名>\SQLEXPRESS」と入力します。<コンピューター名> は、ワークグループに参加した最初のコンピューターの名前です。[データベース] で、ドロップダウン リストから MyPersistenceDB を選択します。

    ヒント

    このコンピューターでは [永続化ストアを初期化する] を選択しないでください。

  18. 登録が成功したことを示すポップアップ メッセージで、[OK] をクリックします。

  19. [次へ] をクリックします。

  20. [アプリケーションの構成] ページで、[完了] をクリックします。

  21. IIS マネージャーを起動します。[接続] ウィンドウでサーバー ノードを展開し、[アプリケーション プール] をクリックします。[DefaultAppPool] を右クリックし、[アプリケーション プールの既定値の設定] をクリックします。[ID] をクリックし、[参照] をクリックします。[カスタム アカウント] を選択し、[設定] をクリックします。「MyHostingUser」と入力し、パスワードを 2 回入力します。[OK] をクリックし、[OK] を再度クリックします。

  22. アプリケーションを展開してテストします。

  2011-12-05