DataCacheSecurity コンストラクター (DataCacheSecurityMode, DataCacheProtectionLevel)

DataCacheSecurity クラスの新しいインスタンスを初期化します。インスタンスの DataCacheSecurityModeDataCacheProtectionLevel を指定できるようになります。

名前空間: Microsoft.ApplicationServer.Caching
アセンブリ: Microsoft.ApplicationServer.Caching.Core (microsoft.applicationserver.caching.core.dll)

使用法

構文

'宣言
Public Sub New ( _
    securityMode As DataCacheSecurityMode, _
    protectionLevel As DataCacheProtectionLevel _
)
public DataCacheSecurity (
    DataCacheSecurityMode securityMode,
    DataCacheProtectionLevel protectionLevel
)
public:
DataCacheSecurity (
    DataCacheSecurityMode securityMode, 
    DataCacheProtectionLevel protectionLevel
)
public DataCacheSecurity (
    DataCacheSecurityMode securityMode, 
    DataCacheProtectionLevel protectionLevel
)
public function DataCacheSecurity (
    securityMode : DataCacheSecurityMode, 
    protectionLevel : DataCacheProtectionLevel
)

パラメーター

  • securityMode
    1 に等しい整数値である None に設定することによりチャンネル セキュリティが無効であるか、2 に等しい整数値である Transport に設定することによりチャンネル セキュリティが有効であるかを示す列挙です。
  • protectionLevel
    クライアントとサーバーの間で送信されるデータが署名/暗号化されるかどうかを示す列挙です。取りうる戻り値は、1 に等しい整数値である署名または暗号化なし、2 に等しい整数値である署名のみ、および 3 に等しい整数値である暗号化と署名の両方です。

    このプロパティが有効であるのは、SecurityMode プロパティが、2 に等しい整数値である Transport に設定されている場合のみです。

プラットフォーム

開発プラットフォーム

Visual Studio 2010 およびそれ以降, .NET Framework 4

対象プラットフォーム

Windows 7; Windows Server 2008 R2; Windows Server 2008 Service Pack 2; Windows Vista Service Pack 2

関連項目

参照

DataCacheSecurity クラス
DataCacheSecurity メンバー
Microsoft.ApplicationServer.Caching 名前空間