機能の削除とアンインストール

Microsoft AppFabric 1.1 for Windows Server のインストールを正常に完了したら、AppFabric セットアップ ウィザードを開いて、AppFabric の機能を削除するか、AppFabric 全体をアンインストールできます。AppFabric がインストール済みの状態でセットアップ プログラムを実行すると、[機能の追加または削除] ページが表示されます。

アンインストールの手順では、機能を削除し、その構成をルートレベルの Web.config ファイルから削除します。構成の設定は、サイト、アプリケーション、サブディレクトリ、またはサービスのレベルでは削除されません。構成プロセス中に作成されたデータベースも削除されません。

機能を削除またはアンインストールするには

  1. AppFabric がインストールされているコンピューターで、[スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム] をクリックし、[Microsoft AppFabric 1.1 for Windows Server] をクリックして、[機能の追加または削除] をクリックします。

    ヒント

    キャッシュ サービスをアンインストールするには、まずサービスを停止し、それをキャッシュ クラスターから削除する必要があります。以下の「キャッシュ サービス機能のアンインストール」を参照してください。

  2. AppFabric セットアップ ウィザードの [機能の追加または削除] ページで、[機能の削除またはアンインストール] をオンにし、[次へ] をクリックします。

  3. [カスタマー エクスペリエンス向上プログラム] ページで、カスタマー エクスペリエンス向上プログラムに参加する場合は [はい] をクリックし、参加しない場合は [いいえ] をクリックした後、[次へ] をクリックします。

    ヒント

    ご参加いただける場合、このプログラムは、マイクロソフトによる Microsoft AppFabric 1.1 for Windows Server の機能強化に役立てられます。ユーザーの操作を妨げることなく、コンピューターのハードウェアや Microsoft AppFabric 1.1 for Windows Server の使用方法に関する情報を収集します。また、このプログラムはファイルを定期的にダウンロードして、Microsoft AppFabric 1.1 for Windows Server で発生する可能性がある問題に関する情報を収集します。収集された情報が、お客様の特定やお客様との連絡に使用されることはありません。

  4. [機能の選択] ページで、削除する機能を選択解除し、[次へ] をクリックします。AppFabric 全体をアンインストールするには、すべての機能を選択解除します。[次へ] をクリックします。

    ヒント

    既にインストールされていて、この一覧で選択解除された機能だけが削除されます。

  5. [削除オプションの確認] ページで、削除する機能が一覧に示されていることを確認し、[削除] をクリックします。

  6. [削除の進行状況] ページで、削除プロセスが正常に進行していることを確認します。

  7. [削除の結果] ページで、[終了] をクリックします。

キャッシュ サービス機能のアンインストール

キャッシュ サービスをキャッシュ サーバーからアンインストールするには、まずサービスを停止し、それをキャッシュ クラスターから削除する必要があります。キャッシュ クラスターの展開方法と、クラスター内のキャッシュ ホストの数によっては、実行中のキャッシュ クラスターは、クラスター管理のロールを果たすリード ホストであるキャッシュ ホストの損失に対応できなくなる可能性があります。詳細については、Windows Server AppFabric ヘルプ (http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=164929) の「リード ホストとクラスター管理」を参照してください。

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[管理ツール] をポイントします。次に、[Windows PowerShell モジュール] をクリックします。

  2. キャッシュ サービスをアンインストールするには、まず Windows PowerShell ベースのキャッシュ管理ツールを使用して、Stop-CacheHost コマンドでサービスを停止します。たとえば、CacheServer1 という名前のコンピューター上のキャッシュ サービスをアンインストールする場合、また、このキャッシュ サービスが TCP/IP ポート番号の既定値を使用してインストールされている場合は、Stop-CacheHost -HostName CacheServer1 -CachePort 22233 を実行して、このサーバーのキャッシュ サービスを停止します。Stop-CacheHost -HostName CacheServer1 -CachePort 22233。使用できるキャッシュ管理コマンドの詳細については、Windows Server AppFabric ヘルプ (http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=164929) の「Windows PowerShell による AppFabric キャッシュ管理」を参照してください。

  3. Stop-CacheHost コマンドに失敗し、エラー ERRCAdmin013, "Cluster Quorum would be disturbed…" が返された場合は、Stop-CacheCluster コマンドを使用してキャッシュ クラスターを停止します。このエラーが返されるのは、キャッシュ クラスターが実行し続けるためには、リード ホストに指定されたキャッシュ ホストが常に多数必要であるためです。また、このエラーは、(このキャッシュ ホストをアンインストールした後に) キャッシュ クラスターを起動するには、別のキャッシュ ホストをリード ホストに指定する必要があるということも意味しています。その方法の詳細については、「クラスター管理の役割とリード ホスト指定を設定する (AppFabric 1.1)」を参照してください。

  4. キャッシュ サービスのアンインストールを行います。使用できるツールとして、以下に説明するとおり、AppFabric セットアップ ウィザード、Windows オペレーティング システムのプログラムの削除コンソール、または自動アンインストールを実行するコマンドライン パラメーターがあります。

    1. AppFabric セットアップ ウィザードによるアンインストール:[スタート] をクリックし、[すべてのプログラム] をクリックし、[Microsoft AppFabric 1.1 for Windows Server] をクリックしてから、[機能の追加または削除] をクリックします。(上記の「機能を削除またはアンインストールするには」を参照)。

    2. Windows アンインストール: オペレーティング システムの [プログラムの追加と削除] または [プログラムと機能] コンソールを使用して、AppFabricキャッシュ サービス機能を削除します。

    3. 自動アンインストール: 自動アンインストールを実行するには、CMD.exe コマンドライン ツールを起動し、インストール プログラムが格納されているフォルダーに移動します。次に、自動アンインストール用のパラメーターを使用してインストール プログラムを実行します。詳細については、「自動インストール (AppFabric 1.1 キャッシュ)」を参照してください。

  5. (省略可能) AppFabric のキャッシュ機能をアンインストールした後は、ファイアウォール構成を確認してください。

クラスタリング サービスのアンインストールの問題

分散キャッシュ サーバーからキャッシュ機能をアンインストールすると、AppFabric のセットアップ プログラムによって "Microsoft AppFabric 1.1 for Windows Server: AppFabric キャッシュ サービス" ファイアウォール規則グループが無効化され、例外として削除されます。このグループは、インストール時にセットアップ プログラムによって作成され、規則が追加されます。ただし、"リモート サービス管理" ファイアウォール規則グループは無効化されません。インストール時に有効にした "リモート サービス管理" 規則グループは、アンインストール後も無効化されません。この規則グループを無効にする場合は、クラスターの各ノード上で手動で無効化する必要があります。AppFabric のキャッシュ機能をアンインストールした後は、ファイアウォール構成を確認してください。

複数ノードのクラスターでノードの 1 つをアンインストールしても、ノードの構成を解除する AppFabric の構成コマンドレットを実行しなかった場合は、そのノードに対してクラスターが構成されたままになります。構成を解除するには、そのノードに対して Remove-CacheHost コマンドレットを実行します。

このセクションの内容

  2012-03-05