SQL Server プラットフォームの最適化

既定の SQL Server インストールには、十分に機能するリレーショナル データベース管理システムが用意されていますが、インストール後の最適化によってパフォーマンスが向上し、一般的なボトルネックを軽減できます。SQL Server プラットフォーム レベルのインストール後の最適化についてまとめると、次のようになります。

  • TempDB データおよびログ ファイルは、専用のボリュームに配置し、一時ログ ファイルとは別の一時データを使用する必要があります。

  • TempDB は、サーバー上の CPU コア数と同じデータ ファイル数が必要です。

  • すべてのデータベースのデータとログ ファイルは、個別の専用ボリュームに配置する必要があります。

  • データおよびログ ファイルのサイズと、自動増加設定を事前に指定する必要があります。たとえば、データ ファイルに 25 GB、ログ ファイルに 10 GB、自動増加計数に 5 GB という初期サイズを設定できます。

  • 競合を減らし、最大の同時実行数を達成するために、追跡フラグ T1118 を有効にする必要があります。

  • 既定の動的なメモリ管理を使用するのではなく、SQL Server に対するメモリ割り当てを事前に設定する必要があります。

これらの推奨事項に関する詳細な手順については、「BizTalk Server のパフォーマンス最適化ガイド」の「データベース パフォーマンスの最適化」を参照してください。ここでは、包括的で、大部分は一般的な SQL Server ガイダンスについて説明します。サンプル データ記憶域構成のグラフの概要について次の表で説明します。

ボリューム名 ファイル LUN# または ML_# LUN サイズ (GB) クラスター サイズ 初期サイズ 自動増加

Data_Sys

MASTER、MODEL、および MSDB データ ファイル

1

10

64 KB

2 GB

1 GB

Logs_Sys

MASTER、MODEL、および MSDB ログ ファイル

2

10

4 KB

2 GB

1 GB

Data_TempDb

TempDB データ (x CPU コア数)

3

20

64 KB

5 GB

1 GB

Logs_TempDb

TempDB ログ

4

20

4 KB

5 GB

1 GB

Data_ASPersistence1

永続化データ ファイル

5

20

64 KB

10 GB

5 GB

Logs_ASPersistence1

永続化ログ ファイル

6

20

4 KB

10 GB

5 GB

Data_ASMonitoring1

監視データ ファイル

7

100

64 KB

25 GB

10 GB

Logs_ASMonitoring1

監視ログ ファイル

8

25

4 KB

25 GB

5 GB

Data_CustomDBs

カスタム データベース データ ファイル

9

カスタム

64 KB

カスタム

5 GB

Logs_CustomDBs

カスタム データベース ログ ファイル

10

カスタム

4 KB

カスタム

5 GB

  2012-03-05