AppFabric アーキテクチャ ガイド

このガイドの目的は、Microsoft AppFabric 1.1 for Windows Server システムのアーキテクチャを最適化する方法についてガイダンスを示すことです。AppFabric キャッシュのトピックについては説明しません。このガイドは、AppFabric の機能に関する既存のドキュメントの補足として作られたものです。また、詳細な技術情報を提供するドキュメントも参照します。

はじめに

AppFabric は、Windows Server の拡張機能の 1 つであり、Web アプリケーションおよび中間層サービスのためのホスティング、管理、およびキャッシュの機能を担います。AppFabric のホスティング機能によって、サービス管理のための拡張機能がインターネット インフォメーション サービス (IIS)、Windows プロセス アクティブ化サービス (WAS)、および .NET Framework Version 4 に追加されます。この拡張機能には、Windows Communication Foundation (WCF) および Windows Workflow Foundation (WF) ベースのサービスを簡単に展開、構成、および管理できるホスティング サービスとホスティング管理ツールが含まれています。

サービスとサービス指向アーキテクチャは、多様なアプリケーションに存在しています。現行のアプリケーションは通常、中間層でトランザクションを管理する高度に分散されたビジネス ロジックと共に、データ駆動型のトランザクション コンポーネント (Web サイトでの受注など) で構成されています。開発者には、応答性の高いスケーラブルなアプリケーションの提供がいっそう求められるようになってきています。これは、中間層のサービスだけでなく、Web アプリケーション、モバイル アプリケーション、およびデスクトップ アプリケーションでも同様です。アプリケーションへの要求が高まっているので (Web サイトが一般的になったため、他のグループも共有サービスの使用を開始する場合など)、データ アクセスにコストがかかる場合、アプリケーションの性能および拡張に大幅な制限が生じる可能性があります。堅実なアーキテクチャは、有用な分散 AppFabric ソリューションを開発するうえで不可欠です。

現在、アーキテクチャは一般的に使われすぎている用語です。ただし、多様な定義の中には、アーキテクチャを定義する、ある共通する中心の概念があります。

  • ソフトウェア システムを構成する方法に関する主要な選択肢のグループ

  • 相互関係とインターフェイスによるシステム コンポーネントの基本的な関連付け

  • ソリューションの作成と継続的な発展に関連する原則

これらの概念をここで当てはめるのは、このドキュメントが、エンタープライズ規模の負荷要件に合わせて AppFabric の展開を適切に設計する方法に関する具体的な推奨事項を示すものであるからです。このドキュメントでは初めに、AppFabric の主要コンポーネントの概要を説明します。この主要コンポーネントとは、.NET Framework WCF サービスおよび WF サービスのホスティング、AppFabric Windows サービス (イベント コレクション サービス および ワークフロー管理サービス)、および永続化/監視データのための記憶域です。

概要に続いて、AppFabric アーキテクチャに影響を及ぼす具体的な問題について説明します。ここで重要なことは、インストールした AppFabric をサービスとデータベースそれぞれの層でスケールアウトする方法の概念を理解することです。ここで取り上げる問題としては、ホスティング環境、AppFabric Windows サービス、および .NET Framework WCF サービスおよび WF サービスの AppFabric Web ファームへの展開の構成に関する概念などがあります。永続化/監視データの構成は、アーキテクチャが将来も適切に拡張できるようにするうえで重要な役割を果たします。ここでは、最適化と、データ階層レベルのさまざまなサーバーおよびクラスターの構成について説明します。

このガイドの推奨読者

  • AppFabric サーバーの管理、構成、および展開を担当する IT プロフェッショナル。

  • AppFabric サーバーが設計の一部として使用されるソリューション アーキテクチャを開発する業務を担当する IT アーキテクト。

このガイドの内容

  2012-03-05