チェックリスト: AppFabric でのアプリケーションおよびサービスの構成

このトピックでは、AppFabric で実行できる構成の手順を示します。多くの手順で、IIS マネージャー用の AppFabric 拡張機能または AppFabric コマンドレットのどちらかを使用できます。

手順 参照

IIS マネージャー拡張機能を使用してサービスまたはアプリケーションを構成するには、IIS マネージャーを開きます。AppFabric コマンドレットを使用して構成するには、AppFabric 用の Windows PowerShell コンソールを開きます。

AppFabric 管理 UI 機能の使用 またはAppFabric コマンドレットの実行

サービスにサービス構成設定を使用するか、サーバー、サイト、アプリケーション、または仮想ディレクトリの各スコープの既定値を使用するかを指定します。

IIS マネージャーを使用して既定の使用を有効にする またはAppFabric コマンドレットを使用して既定の設定を有効にする

サーバー、サイト、またはアプリケーションの各スコープで監視を構成します。この構成には、データベース イベント コレクションの有効化または無効化、監視レベルの選択、診断トレースまたはメッセージ ログの有効化または無効化が含まれます。サービス スコープで、ワークフロー追跡プロファイルを選択して監視を構成します。AppFabric 構成ウィザードで監視ストアを構成します。

監視の構成

任意のスコープで、ワークフロー ホスト管理を構成します。この構成には、インスタンス制御、インスタンスのアンロード、アイドル時の永続化、ハンドルされない例外に対するアクションが含まれます。

ワークフロー ホスト管理を構成する

任意のスコープで、ワークフローの永続化を構成します。この構成には、サービスの保持の有効化または無効化、永続化の詳細設定の構成が含まれます。AppFabric 構成ウィザードで永続化ストアを構成します。

ワークフロー永続化の構成

アプリケーション スコープおよびサービス スコープで、自動開始を構成します。

自動開始の構成

任意のスコープで、サービス スロットル パラメーターを構成します。

スロットルの構成

任意のスコープで、セキュリティを構成します。この構成では、サービス証明書の使用を有効にし、証明書を構成します。

セキュリティの構成

サービス スコープで、エンドポイントを構成します。この構成では、エンドポイント アドレスを定義し、各エンドポイントに関連する認証およびトランスポート クォータを構成します。

エンドポイントの構成

  2012-03-05