AppFabric 1.1 のリリース ノート

このドキュメントでは、Microsoft AppFabric 1.1 for Windows Server (AppFabric 1.1) に関する重要な変更点および既知の問題の一覧を示します。

セクション

このリリースに関する重要な変更点

セットアップおよび構成についての既知の問題

ツール機能についての既知の問題

キャッシュ機能についての既知の問題

このリリースに関する重要な変更点

次の一覧に、AppFabric 1.0 の以前のリリースとの重要な相違点を示します。この一覧には新機能は含まれません。新機能の概要については、「AppFabric 1.1 の新機能」の情報を参照してください。

インストール パスの変更

Microsoft AppFabric 1.1 for Windows Server の既定のインストール パスは .\Program Files\AppFabric 1.1 for Windows Server になりました。インストール パスをカスタマイズすることもできます。

AppFabric Windows PowerShell モジュールがシステム モジュールではなくなる

以前のリリースでは、Windows PowerShell モジュールはシステム モジュールでした。そのため、[管理ツール] から [Windows PowerShell モジュール] を実行すると、モジュールは自動的にロードされました。このような動作はなくなりました。現在は、Import-Module コマンドを使用してモジュールを直接ロードする必要があります。このモジュールは、インストール パスの PowershellModules ディレクトリにあります。AppFabric キャッシュ の場合は、[スタート] メニューから [Windows PowerShell のキャッシュ管理] リンクを起動する別のオプションがあります。

キャッシュ アセンブリがグローバル アセンブリ キャッシュに登録されなくなる

以前のリリースでは、AppFabric キャッシュ アセンブリはグローバル アセンブリ キャッシュ (GAC) に登録されました。AppFabric 1.1 リリースでは、キャッシュ アセンブリはインストール ディレクトリ (既定では .\Program Files\AppFabric 1.1 for Windows Server) 内にあります。キャッシュ クライアント アプリケーションを展開する際、これらのアセンブリをアプリケーションでローカルに展開することができます。

自動インストールの場合は、/gac オプションを使用してアセンブリを GAC に登録することもできます。これを行う場合は、Windows Azure のキャッシュ ソリューションを同じコンピューター上で開発しないようにする必要があります。

セットアップおよび構成についての既知の問題

アップグレード後に一部のホスティング設定と永続化設定を再構成する必要がある

Windows Server AppFabric 1.0 から AppFabric 1.1 にアップグレードする場合、再構成が必要なホスティング設定と永続化設定があります。以前にホスティング サービス機能をインストールしている場合は、これらの設定が該当します。アップグレード時に、監視と永続化のカスタム サービス アカウントはすべて LocalService に戻されます。また、インスタンス追跡によるエラーを防ぐためにも永続化ストアを再構成する必要があります。これらの設定は、構成ウィザードを使用して再構成することができます。また、.NET 4.0 web.config ファイルはインストール前にバックアップされ、その後復元されます。このため、構成に変更を加えないでください。それらの変更が失われる可能性があります。

AppFabric 1.1 CTP から AppFabric 1.1 RTW へのアップグレードがサポートされない

AppFabric 1.1 の CTP を以前にインストールしている場合は、AppFabric 1.1 の最新のリリースをインストールする前にそのバージョンをアンインストールする必要があります。アップグレード パスは使用できません。

キャッシュ サービスをアップグレードした後でワークグループ ID を再構成する必要がある

AppFabric キャッシュ サービスは、ワークグループ アカウントとして実行することができます。ただし、AppFabric 1.0 から AppFabric 1.1 にアップグレードした後は、AppFabric キャッシュ アカウントは NETWORK SERVICE にリセットされます。アップグレード後は、Windows PowerShell 構成コマンドまたは構成ウィザードを使用してアカウントをワークグループ アカウントにリセットする必要があります。

AppFabric 1.1 から Windows Server AppFabric 1.0 へのダウングレード パスはサポートされない

Windows Server AppFabric 1.0 から AppFabric 1.1 にアップグレードした後で、Windows Server AppFabric 1.0 にダウングレードすることはできません。各リリースで使用されるセットアップ テクノロジには互換性がありません。唯一の解決策は、AppFabric 1.1 をアンインストールしてから、Windows Server AppFabric 1.0 リリースを再インストールして再構成することです。アンインストールする前にすべての構成設定を記録してください。

Windows Server 2008 と Windows Vista ではキャッシュ サービス用に .NET Framework 3.5 が必要である

AppFabric キャッシュ サービスを Windows Server 2008 または Windows Vista にインストールする前に、まず .NET Framework 3.5 を手動でインストールする必要があります。インストールされていないと、セットアップ時に次のエラー メッセージが表示されます。"ファイル http://saturn.installshield.com/is/prerequisites/microsoft .net framework 3.5 sp1.prq をダウンロード中にエラーが発生しました。"

自動インストールでは、AppFabric キャッシュ サービス アカウントのアクセス許可を手動で変更する必要がある

自動インストールを使用して AppFabric キャッシュ サービスをインストールする場合、AppFabric キャッシュ サービス アカウントに手動で "サービスとしてログオン" アクセス許可を付与する必要があります。これは、NETWORK SERVICE ではないサービス アカウントにのみ該当します。この作業は自動インストールを実行する前に行っておく必要があります。

Windows Vista ではキャッシュ クライアント機能に Windows PowerShell が必要である

Windows Vista では、Windows PowerShell 2.0 をインストールしておかないと、セットアップでキャッシュ クライアント機能をインストールすることができません。Windows PowerShell は、次のリンクからインストールすることができます。http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=192992

ネットワーク共有からセットアップを実行するための必要条件

コード アクセス セキュリティ (CAS) の設定でイントラネットの共有からのコード実行が許可されていない場合、AppFabric のセットアップは単純にクラッシュします。これは、エラー メッセージを表示するコードを含め、どのようなコードも実行できないからです。そのため、プラットフォーム検証ロジックを使用して適切な CAS 設定を適用することはできません。この問題を解決するには、イントラネットの共有からのコード実行を許可します。ユーザーは、次の例に示すように、CAS ポリシーにローカル イントラネットのアクセス許可が含まれ、setup.exe が完全信頼で実行されることを確認する必要があります。

  • 次のコマンドは、コンピューター ポリシーの完全信頼のリストに MyOther.exe アセンブリーを追加します。caspol -machine -addfulltrust MyOther.exe

  • 次のコマンドは、共有 \\netserver\netshare にローカル イントラネットのアクセス許可を与える子コード グループを追加します。caspol -machine -addgroup 1. -url \\netserver\netshare\* LocalIntranet

.NET Framework の構成の詳細については、「.NET Framework 構成ツール (Mscorcfg.msc)」 (http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=181958) を参照してください。

CAS の構成の詳細については、「コード アクセス セキュリティ ポリシー ツール (Caspol.exe)」 (http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=181960) を参照してください。

AppFabric をアップグレードしてコンピューターを再起動した後で、いくつかのサービスを再起動する必要がある

AppFabric ワークフロー管理サービスおよびイベント コレクション サービスは、アップグレード直後の再起動に失敗します。AppFabric のアップグレード後にサービス コントロール マネージャーを使用してこれらのサービスを手動で再起動します。

キャッシュ クラスターがワークグループ ID で実行されている場合、AppFabric のアップグレード後にキャッシュ サービスの起動に失敗する

AppFabric 1.0 キャッシュ クラスターがワークグループ ID を使用している場合、そのワークグループの資格情報が、AppFabric 1.1 へのアップグレード時に保持されません。結果として、資格情報を再構成するまでキャッシュ サービスを開始できません。これは、AppFabric 構成ウィザードを使用して行います。

以前のバージョンの AppFabric のアンインストール

AppFabric をアンインストールするには、[スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]、[AppFabric for Windows Server]、[機能の追加または削除] の順にクリックして、AppFabric セットアップ ウィザードを実行します。

AppFabric をアンインストールすると、AppFabric の機能を使用するように構成されているアプリケーションが機能しなくなる

Windows Server AppFabric を使用するシステムでは、AppFabric 固有の機能を使用するようにサーバー、サイト、またはアプリケーションを構成することができます。そのように構成した場合は、Windows Server AppFabric をアンインストールするとアプリケーションが機能しなくなる可能性があります。結果として、AppFabric をアンインストールした後に、アプリケーション構成のクリーンアップが必要になります。このクリーンアップでは、スコープごとに applicationHost.config ファイルと Web.config ファイルを検索してクリーンアップします。

AppFabric ダウンロード センターで入手できる AppFabric Uninstall Cleanup Utility を使用して自動化されたソリューションを実現することもできます。

詳細については、「AppFabric のアンインストール後にアプリケーションおよびクラスタリング構成をクリーンアップする」 (http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=190412) を参照してください。

Vista または Windows Server 2008 を Windows 7 または Windows Server 2008 R2 にアップグレードする前に AppFabric をアンインストールする

AppFabric が Windows Vista または Windows 2008 にインストールされていて、これらのオペレーティング システムを Windows 7 または Windows Server 2008 R2 にアップグレードする場合、アップグレードの前に AppFabric をアンインストールし、アップグレードが完了した後に再インストールする必要があります。

OS をアップグレードする前

  1. インストールされている AppFabric のコンポーネントを記録します。

  2. Windows Server AppFabric のインストールに対して行われたすべての設定変更を記録します。たとえば、次のものに対する変更をメモします。

    1. 構成ファイル

    2. AS_Administrators Windows グループおよび AS_Observers Windows グループのメンバーシップ

    3. イベント コレクション サービス、ワークフロー管理サービス、AppFabric キャッシュ サービスなどの AppFabric Windows サービス

  3. 変更を記録したら、AppFabric をアンインストールし、OS をアップグレードして、その後 AppFabric を再インストールします。

  4. アップグレードした OS 上の新しい AppFabric に設定を再適用します。

AppFabric を先にアンインストールせずにオペレーティング システムのアップグレードを実行した場合、アップグレード後に AppFabric をアンインストールし、次のレジストリ エントリを削除する必要があります。

<keyPath>HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\AppFabric\v1.0\</keyPath>

<valueName>ProductVersion</valueName>

暗号化された構成データによって AppFabric の構成に障害が発生することがある

AppFabric ホスティング サービス コマンドレットは、暗号化された構成セクションを読み取ることはできますが、それらのセクションに書き込むことはできません。このため、構成プロセス中 (AppFabric 構成ウィザードを使用した場合、または PowerShell コマンドレットを直接使用した場合) に、データが <EncryptedData> セクションに入力された Web.config ファイルのセクションにコマンドレットが書き込みを行った場合、AppFabric の構成に障害が発生することがあります。この場合、"構成セクションの暗号化はサポートされていません" というエラーが表示されます (エラー コード 555)。これは、AppFabric のセットアップが書き込みを行った構成セクションが暗号化されていたことを示します。この問題を解決するには、構成セクションの暗号化を解除し、セットアップを再実行します。

ドメイン アカウントを使用してドメイン コントローラー上の AppFabric を構成する

非ドメイン アカウントを使用した場合、AppFabric 構成ウィザードがドメイン コントローラーで機能しないことがあります。イベント コレクション サービスおよびワークフロー管理サービス用のサービスごとのアカウントは、ドメイン コントローラーの AS_Administrators グループまたは AS_Observers グループに追加できません。理由は、NT サービスの SID が、Active Directory でサポートされる SID よりも長いからです。ストアの初期化を試みると、これによって Windows セキュリティ プリンシパルが無効であるというエラーが発生することがあります。

この問題を解決するには、ドメイン アカウントを使用してドメイン コントローラー上の AppFabric を構成します。それには、次のようにして、Active Directory ディレクトリ サービス ロールをアプリケーション サーバー ロールと併置します。

  1. イベント コレクション サービスとワークフロー管理サービスを、サービスごとのアカウントではなく、ドメイン アカウントで実行します。

  2. これらのサービスに使用するドメイン アカウントを、関連する管理データベースまたは永続化データベースへの接続に使用されるグループ (AS_*) に追加します。

  3. イベント コレクション サービスのアカウントを perflog ユーザー グループに手動で追加します。これにより、イベント コレクション サービスで、Windows イベント トレーシング (ETW) セッションからの読み取りまたは書き込みを行うことが可能になります。

  4. Initialize-ASMonitoringSqlDatabase や Initialize-ASPersistenceSqlDatabase などの任意の AppFabric ホスティング サービス コマンドレットに Windows プリンシパルを渡すときは、組み込みユーザーまたはドメイン アカウントのアカウントを使用します。ローカル ユーザーまたはローカル グループのアカウントを使用しないでください。

コンピューターをドメイン コントローラーに昇格させると、AppFabric の再構成が必要になる

AppFabric がインストールおよび構成済みのワークグループ コンピューターやスタンドアロン コンピューターをドメイン コントローラーに昇格させると、AppFabric の構成が無効になり、別のセキュリティ ID を使用して構成ウィザードを実行し直す必要があります。手順は次のとおりです。

  1. サービス コントロール マネージャーで、キャッシュ サービスのサービス ID を "NT Authority\Network Service" に設定します。

  2. 構成ウィザードを再実行し、構成情報の入力とそのセキュリティ ID に対応するドメイン ユーザーまたはグループの指定をやり直します。

  3. サービス アカウントをドメイン グループ (AS_Administrators や AS_Observers など) に追加します。これらはデータベースへの接続に使用されます。

IIS が無効のときに \inetpub\wwwroot フォルダーを手動で作成する必要がある

IIS が無効の状態で IIS マネージャーをインストールした場合、AppFabric インストール ウィザードを実行した後に、\inetpub\wwwroot フォルダーを作成する必要があります。この作業を行わないと、既定の Web サイトが、存在しないフォルダーにマップされます。この問題は、Standard エディション、Enterprise エディション、Datacenter エディション、および Foundations エディションに該当します。これらのエディションでインストールされた AppFabric に対しては、このフォルダーを手動で作成します。

64 ビット オペレーティング システムでの 32 ビット アプリケーションのサーバーレベル構成のサポートが制限される

64 ビット オペレーティング システムを使用するサーバーで 32 ビット アプリケーションの構成を編集する機能に制限があります。64 ビット サーバーでは、AppFabric IIS マネージャー拡張機能と AppFabric 用の Windows PowerShell コマンドレットを使用して、32 ビット アプリケーション用に既定の構成設定をサーバー (ルート) レベルで行った場合、ランタイムはそれらの構成設定を使用しません。

IIS マネージャー拡張機能と AppFabric コマンドレットは、<ドライブ>:\Windows\Microsoft.NET\Framework64\<ビルド>\config フォルダーの machine.config ファイルと web.config ファイルでこれらの構成設定を行います。これらの設定は、32 ビット アプリケーションに使用される Framework フォルダーでは行われず、結果として、ランタイムはアプリケーションを実行するときにこれらの構成設定を使用しません。64 ビット サーバーでは、IIS マネージャーは 64 ビット モードでのみ起動でき、AppFabric 用の Windows PowerShell コマンドレットは 64 ビット プロセスからのみ使用できます。ランタイムに問題があるわけではありません。ランタイムは、アプリケーション プールが 32 ビットであるか 64 ビットであるかに基づいて、32 ビットの構成設定を使用するか、64 ビットの構成設定を使用するかを判断するからです。この問題の影響を受けるのは、次のサーバーレベル既定構成設定です。

  • イベント コレクション サービス

  • ワークフロー管理サービス

  • 監視ストア

  • 永続化ストア

  • AppFabric の既定の接続文字列

  • 永続化プロバイダー

  • <Diagnostics> 下の endToEndTracing 構成 (監視レベルに関連)

この問題を回避するには、64 ビット サーバー上の 32 ビット アプリケーションについての既定の設定を、サーバー レベルではなく、サイト レベルまたはアプリケーション レベルで行います。この問題は、既定の構成設定がサイト レベルまたはアプリケーション レベルで行われている場合は発生しません。また、machine.config ファイルおよび web.config ファイルを使用して、既定の設定をサーバー レベルで手動で行うこともできます。ただし、その場合、構成設定が Framework64 フォルダーと Framework フォルダーに存在するため、問題が発生することがあります。

AppFabric 用の Windows PowerShell コマンドレットが WOW64 でサポートされない

64 ビットの Windows を実行するサーバーでは、AppFabric 用の Windows PowerShell コマンドレットは 64 ビット プロセスでのみ実行できます。AppFabric コマンドレットを 32 ビット プロセスで実行する必要がある場合は、AppFabric コマンドレット スクリプトを 64 ビットの Windows PowerShell に対して記述し、32 ビット プロセスから実行する必要があるスクリプト部分について、64 ビット スクリプトから 32 ビット プロセスを起動します。また、32 ビット プロセスから 64 ビット プロセスを起動し、その 64 ビット プロセスから 64 ビット スクリプトを起動することもできます。

AppFabric の構成機能と列挙機能が共有コンテンツ シナリオで制限される

この問題は、IIS サーバーでホストされるアプリケーションがリモートのファイル サーバー上に物理ディレクトリを持ち、IIS のログオン ユーザーがその物理ディレクトリへのアクセス権を持たない場合に発生します。この場合、ログオン ユーザーは、すべてのサービスとそれらのサービスの構成データを確認できません。この制限は、AppFabric IIS マネージャー拡張機能と AppFabric コマンドレットの両方に該当します。

この問題は、次の 2 つの設定が行われているときに発生します。1 つは、IIS サーバーでホストされるアプリケーションの [詳細設定] ダイアログ ボックスで、アプリケーションの物理パスをファイル サーバー上の物理ディレクトリに設定し、資格情報をログオン ユーザー以外のユーザーに設定していることです。もう 1 つは、ファイル サーバー上のフォルダーのプロパティ ダイアログ ボックスの [セキュリティ] タブで、アクセス許可をログオン ユーザー以外のユーザーにしか与えておらず、ログオン ユーザーには与えていないことです。

%systemroot%\system32\inetsrv\config\ApplicationHost.config ファイルに serviceAutoStartProviders 要素がないと AppFabric のインストールが失敗する

serviceAutoStartProviders 要素を ApplicationHost.config ファイルの system.applicationHost 要素に追加することで、この問題を解決できます。

Setup.exe および Microsoft.ApplicationServer.Configuration.exe に管理者特権が必要

この 2 つの実行可能ファイルは、管理者特権を使用して実行する必要があります。

  • Setup.exe: ファイル システムおよびレジストリ エントリへの書き込み、およびシステム構成の設定の変更を行います。

  • Microsoft.ApplicationServer.Configuration.exe: 製品の機能を構成するためにレジストリの操作と PowerShell コマンドの呼び出しを実行します。

Microsoft CCR and DSS Runtime 2008 R3.MSI がセットアップ時に自動的にインストールされる

Microsoft CCR and DSS Runtime 2008 R3.MSI パッケージは AppFabric 1.1 セットアップの一環として自動的にインストールされます。これは、AppFabric 1.1 の機能をサポートする独立した製品です。この製品にはアップグレード テーブルが含まれていないので、AppFabric 1.1 をアンインストールしても自動的にアンインストールされない点に注意してください。

ツール機能についての既知の問題

AppFabric 1.1 がセーフ モードでサポートされない

AppFabric 1.1 はセーフ モードでサポートされていません。セーフ モードで実行している場合、AppFabric 1.1 サービスは自動的には起動しません。手動でこれらのサービスを起動しようとすると、起動に失敗して次のようなエラー メッセージが表示されます。"このサービスはセーフ モードで開始できません"

まだ永続化されていないインスタンスが PowerShell およびダッシュボードに表示されない

まだ永続化されていないワークフロー インスタンスは、Get-ASAppServiceInstance コマンドレットによって返されず、また AppFabric ダッシュボードに表示されません。

カスタム WCF バインドおよびビヘイビアーを使用するときの問題

サービスでカスタム ビヘイビアーまたはバインドを使用する場合、それらの設定を AppFabric で直接構成することはできません。これは、AppFabric が MWA 構成 API (IIS にネイティブ) を使用して構成の読み取りと書き込みを行うからです。構成を行えるようにするには、これらのカスタム要素セクションを MWA 互換のスキーマに変換し、そのスキーマを %SystemRoot%\System32\inetsrv\config\schema に配置する必要があります。MWA は、このスキーマを自動的に選択し、構成内のカスタム セクションを適切に解析します。これで、これらの構成セクションを、AppFabric 構成エディターではなく、IIS マネージャーの内部に付属している IIS のネイティブ構成エディター (IIS 構成エディター) を使用して編集できます。

.NET 2 Framework と .NET 4 Framework のアプリケーションを同じ Web サイトに置くことは推奨されない

AppFabric ツールは、.NET 4 Framework のアプリケーションを構成するための優れたサポートを提供しますが、.NET 2 Framework のアプリケーションのためのツール サポートは明示的に提供しません。したがって、.NET 2 のアプリケーションと .NET 4 のアプリケーションを同じ Web サイト内で混在させると、構成の不一致などの問題が発生し、アプリケーションに障害が発生する可能性があります。.NET 2 のアプリケーションと .NET 4 のアプリケーションを混在させるのではなく、それらのアプリケーションを別々の Web サイトに配置して、AppFabric で適切に管理できるようにすることをお勧めします。

既定のアプリケーションの開始および停止をアプリケーション レベルで行う必要がある

アプリケーションの開始および停止を、サイト レベルで有効にすることはできません。

ワークフロー サービスに NET.PIPE プロトコルが必要

ワークフロー管理サービス (WMS) では、ワークフロー インスタンスを制御するために net.pipe プロトコルが必要です。net.pipe を使用するには、ワークフロー サービスをホストする Web サイトに net.pipe バインドを追加し、ワークフロー サービスをホストするアプリケーションで net.pipe プロトコルを有効にする必要があります。サービスの任意のインスタンスが永続化されている場合は、誤ったバインドがデータベースに格納される可能性があるため、これらの設定を変更しないでください。

net.pipe バインドを Web サイトに追加するには

  1. [IIS マネージャー] を開き、Web サイトを選択します。

  2. [操作] ウィンドウで、[バインドの編集] をクリックします。

  3. [追加] をクリックします。

  4. [net.pipe] を選択し、[バインド情報] をアスタリスク (*) に設定します。

アプリケーションで net.pipe プロトコルを有効にするには

  1. [IIS マネージャー] を開き、アプリケーションを選択します。

  2. [操作] ウィンドウで、[詳細設定] をクリックします。

  3. [有効なプロトコル] ボックスで、net.pipe を含むように値を更新します。プロトコルはコンマで区切ります。たとえば、http,net.pipe のような値にします。

net.pipe の警告が IIS マネージャーのサイト レベルで表示されない

IIS マネージャーでアプリケーションまたはサービスをサイト レベルで構成した場合、[ワークフロー永続化] タブまたは [ワークフロー ホスト管理] タブを選択したときに、個別のアプリケーションで net.pipe を有効にすることをユーザーに伝えるために、警告が表示されます。この警告は、サイト レベルで個別のアプリケーションに対して net.pipe が有効になっていない場合、永続化またはインスタンス制御が正しく機能しない可能性があることを伝えます。この警告は、サーバー レベルでは正しく表示されますが、サイト レベルでは表示されません。

アプリケーションの自動開始を有効にすると、IIS の再設定が必要になる

IIS マネージャーを起動し、アプリケーションの自動開始を有効に設定すると、構成 .xml ファイルが適切な形式ではないというエラーが表示されます。コマンド プロンプトで iisreset コマンドを実行すると、このエラーは解消します。

キャッシュ機能についての既知の問題

キャッシュ サービスのファイアウォールに関する考慮事項

分散キャッシュ サーバーからキャッシュ機能をアンインストールすると、AppFabric セットアップ プログラムによって AppFabric Server: AppFabric キャッシュ サービス ファイアウォール規則グループが無効化され、例外として削除されます。このグループは、インストール時にセットアップ プログラムによって作成され、規則が追加されます。ただし、セットアップ時に "リモート サービス管理" というファイアウォール規則グループを有効にした場合、アンインストール時にこのグループがセットアップ プログラムによって無効化されることはありません。"リモート サービス管理" を無効にするには、クラスターの各ノード上で、手動で無効化する必要があります。AppFabric のキャッシュ機能をアンインストールした後は、ファイアウォール構成を確認してください。

構成済みのキャッシュ ホストからのリモート キャッシュ ホストの登録が失敗する

Register-CacheHost コマンドを使用してリモート キャッシュ ホストを構成する場合、リモート コンピューターでそれらのポートが使用可能でも、"Register-CacheHost : ErrorCode<PortAlreadyInUseError>:SubStatus<ES0001>:TCP port 22233 is already in use." のようなエラーが表示されることがあります。これは、同じポートを使用するよう構成されているキャッシュ ホストからこのコマンドを実行する場合に発生します。この問題を解決するには、キャッシュ ホストとして構成済みでないコンピューターからこのコマンドを実行します。たとえば、キャッシュ管理機能のみがインストールされているコンピューターを使用できます。

キャッシュ管理だけがインストールされ、.NET Framework 4 がインストールされていない場合、Windows PowerShell Modules ショートカットで分散キャッシュ モジュールがロードされない

[スタート] メニューの Windows PowerShell Modules ショートカットでは、通常は分散キャッシュ モジュールがロードされます。しかし、.NET Framework 4 がインストールされず、キャッシュ管理だけがインストールされている場合は、分散キャッシュ モジュールがロードされません。分散キャッシュ モジュールをロードするには、次の手順を実行します。

  1. [スタート] メニューで Windows PowerShell モジュールを開きます。

  2. Import-Module コマンドレットを使用して分散キャッシュ モジュールをロードします。

  3. キャッシュ管理の PowerShell コマンドレットを実行します。

合計書き込み操作数 パフォーマンス カウンターがキャッシュ レベルとホスト レベルで異なる

"合計書き込み操作数" パフォーマンス カウンターは、"AppFabric キャッシュ: キャッシュ" カウンター カテゴリと "AppFabric キャッシュ: ホスト" カウンター カテゴリの両方に追加できます。クライアント アプリケーションによって既定のキャッシュが使用された場合、ホスト上の合計書き込み数は、ホスト上のすべてのキャッシュにまたがる合計書き込み数と異なる可能性があります。この問題が発生するのは、既定のキャッシュで領域が内部的に作成されるからです。

ネットワーク共有 (XML) のキャッシュ クラスター構成を構成する場合は対象のコンピューター上に Administrator メンバーシップが必要である

ネットワーク共有を使用してキャッシュ クラスター構成設定を保存するようにキャッシュ クラスターを構成する場合、構成を行うユーザーにはネットワーク共有を備えた対象のコンピューターの管理者権限が必要です。

ネットワーク共有 (XML) のキャッシュ クラスター構成ではフル コントロールまたは共同所有者のアクセス許可が必要である

ネットワーク共有を使用してキャッシュ クラスター構成の設定を管理する場合、その共有に対するフル コントロールまたは共同所有者のアクセス許可が必要です。net share コマンドを使用している場合、次の例に示すように "full" を指定します。

net share sharename /grant:user,FULL

領域名、キー名、およびキャッシュ名の大文字と小文字の区別

領域名とキー名は、常に大文字と小文字が区別されます。キャッシュ名の大文字と小文字の区別は、構成情報の格納方法によって異なります。

  • XML - キャッシュ名は大文字と小文字が区別されます。

  • SQL Server - SQL Server データベースで大文字と小文字を区別する照合順序を使用している場合、キャッシュ名は大文字と小文字が区別されます。SQL Server データベースで大文字と小文字を区別しない照合順序を使用している場合、キャッシュ名は大文字と小文字が区別されません。

サービス構成前の AppFabric キャッシュ サービスの起動

AppFabric キャッシュ サービスを構成前に手動で起動すると、"localhost" を唯一のキャッシュ ホストとするシングルホスト キャッシュ クラスターが作成されます。この既定のビヘイビアーに依存するのではなく、常に AppFabric 構成ウィザードを使用して、Start-CacheCluster コマンドを使用して Windows PowerShell から起動する前に AppFabric キャッシュ サービスを構成する必要があります。

調整されたサーバー上で新しいキャッシュを作成すると、サーバーで障害が発生することがある

サーバーが調整状態の場合、使用可能なメモリは 4% 未満であるか、またはシステムで使用可能なメモリがプロセスに対してページ アウトされたメモリを下回ります。この状態で新しい AppFabric キャッシュを作成すると、サーバーに障害が発生します。ほとんどの場合、適切なキャパシティ プランニングを行うことで、サーバーがこの状態になるのを避けることができます。

AppFabric キャッシュ サービスの ID を変更するために、アクセス許可を手動で変更する必要がある

サービス管理ツールを使用して AppFabric キャッシュ サービスのサービス アカウントを変更する場合、アクセス許可に複数の変更を加えて、サービスが正しく実行されるようにする必要があります。そのためには、次の 2 つの方法のいずれかを行います。

  • Windows PowerShell コマンドを使用してキャッシュ ホストの登録を解除および削除してから、同じキャッシュ ホストを追加し直して再登録します。これを行うには、次のコマンドを使用します。Unregister-CacheHostRemove-CacheHostRegister-CacheHost、および Add-CacheHost。詳細については、「インストールと構成の自動化 (AppFabric 1.1 キャッシュ)」を参照してください。

  • または、サービス アカウントの読み取り専用のアクセス許可を、".\Program Files\AppFabric 1.1 for Windows Server" ディレクトリにある AppFabric キャッシュ サービス構成ファイル (DistributedCacheService.exe.config) に加えます。クラスター構成設定が共有ネットワーク フォルダーに格納されている場合、その共有の読み取りアクセス許可も新しいアカウントに与える必要があります。クラスター構成設定で SQL Server を使用する場合、新しいアカウントに、パブリック サーバー ロール、db_datareader データベース ロール、db_datawriter データベース ロール、およびデータベース実行アクセス許可を与える必要があります。

キャッシュ サーバー名の文字制限

キャッシュ サーバー名で使用できるのは、a ~ Z の文字、0 ~ 9 の数字、およびハイフンに限られます。その他の文字をキャッシュ サーバー名で使用すると、Register-CacheHost コマンドでキャッシュ ホストを登録したときに、"無効な URI:ホスト名を解析できませんでした" というエラーが発生します。

AppFabric キャッシュ サービスをドメイン コントローラーにインストールできない

AppFabric のキャッシュ機能は、ドメイン コントローラーに正しくインストールされません。ドメイン コントローラーでの AppFabric キャッシュ サービスのインストールまたは構成はサポートされていません。

  2012-03-05