アプリケーションの WCF と WF の構成: 自動開始 タブ

[アプリケーションの WCF と WF の構成] ダイアログ ボックスの [自動開始] タブでは、アプリケーションの自動開始を構成します。自動開始を有効にした場合、IIS サービスがオペレーティング システムによって開始されると、アプリケーションでホストされている WF または WCF サービスが自動的にインスタンス化されます。サーバーが起動すると、アプリケーション内のサービスは自動的に開始されます。アプリケーション内のすべてのサービス、またはアプリケーション内のサービスのサブセットを、開始するように構成できます。

アプリケーションに対して自動開始を有効にした場合、アプリケーションによって使用されるアプリケーション プールの自動開始も有効にしないと、自動開始機能は動作しません。

ヒント

自動開始構成機能は、Windows 7 または Windows Server 2008 R2 以降でのみ使用できます。システムにどちらのオペレーティング システムもインストールされていない場合は、どちらかにアップグレードしない限り、自動開始を構成できません。

ヒント

サイトまたはアプリケーションのレベルでリモート接続している場合は、アプリケーションの自動開始を有効または無効にできません。これは、アプリケーションの自動開始の設定は ApplicationHost.config ファイルに含まれ、このファイルにはサーバー レベルで接続している場合にのみアクセスできるためです。

ダイアログ ボックスのフィールド

フィールド

[説明]

アプリケーション プールで自動開始を有効にする ([アプリケーション プールの設定] 領域)

アプリケーションに関連付けられているアプリケーション プールの自動開始を有効にする場合にクリックします。この操作により、アプリケーション プール内のすべてのアプリケーションが再起動します。

無効 ([自動開始モード] 領域)

アプリケーション内のすべてのサービスの自動開始を無効にするには、[無効] を選択します。どのサービスも自動開始されなくなります。

有効 ([自動開始モード] 領域)

アプリケーション内のすべてのサービスの自動開始を有効にするには、[有効] を選択します。すべてのサービスが自動開始されるようになります。

カスタム ([自動開始モード] 領域)

アプリケーション内の各サービスの自動開始を個別に有効にするには、[カスタム] を選択します。詳細については、「サービスの構成::自動開始 タブ」を参照してください。

関連する構成

アプリケーションのすべてのサービスの自動開始を有効にすると、ApplicationHost.config ファイルでアプリケーションの serviceStartupMode 属性の値が "all" に設定されます。モードを [カスタム] に設定すると、serviceStartupMode 属性の値は "custom" に設定されます。これらのどちらかの操作を行うと、アプリケーションがまだ実行している (つまり、プロトコルが有効である) 場合は、ApplicationHost.config ファイルに serviceAutoStartEnabled が追加されて、値が "true" に設定されます。アプリケーションが実行していない場合は、serviceAutoStartEnabled は false に設定されます (意図的に停止されたアプリケーションが誤って開始しないように)。

アプリケーション プールの自動開始を有効にすると、ApplicationHost.config ファイルでアプリケーション プールの startMode 属性の値が "AlwaysRunning" に設定されます。

  2012-03-05