[診断トレースとメッセージ ログの構成] ダイアログ ボックス

[診断トレースとメッセージ ログの構成] ダイアログ ボックスを使用して、サーバー レベル、サイト レベルまたはアプリケーション レベルにおける WCF トレース レベルと WF トレース レベル、およびメッセージ ログ オプションを構成します。このダイアログ ボックスでは、従来の System.Diagnostics 監視機能を構成できます。System.Diagnostics を構成すると、svclog ファイルが作成されます。このファイルは、SvcTraceViewer ツールが消費します。これにより Microsoft AppFabric 1.1 for Windows Server およびトラブルシューティング機能との統合が促進されます。

WF トレース レベルおよび WCF トレース レベルは、詳細度の低い方から順に、[オフ]、[重大]、[エラー]、[警告]、[情報]、[詳細] のいずれかで定義します。詳細度が高いオプションほど、より多くの情報が、問題の特定プロセスに役立つトレース ログに書き込まれます。ただし、詳細度が高くなると、その分パフォーマンスは低下します。

ダイアログ ボックスのフィールド

トレース

フィールド

[説明]

WCF トレース レベル

WCF メッセージのトレース レベルを選択します。ロード時に、要素内で switchValue が検出される場合、このフィールドは詳細レベル (source name="System.ServiceModel") に設定されます。

ワークフロー トレース レベル

ワークフロー トレースのトレース レベルを選択します。ロード時に、要素内で switchValue が検出される場合、このフィールドは詳細レベル (source name="System.ServiceModel") に設定されます。

ファイル名のトレース

トレース情報を保存するトレースログである *.svclog ファイルの名前を入力します。このフィールドは、initializeData の共有 listener から取得される type System.Diagnostics.XmlWriterTraceListener 属性の値を受け付けます。ロード時、この値は、[ワークフロー トレース レベル] または [WCF トレース レベル] が [オフ] 以外の値に設定されるまでは無効となります。いずれかのトレース レベルについて [オフ] 以外の値を選択すると、"トレース ファイル名" フィールドが有効になり、[参照] をクリックして Windows の標準的な [ファイルを開く] ダイアログ ボックスを表示し、トレース ログ ファイルの名前を設定できます。

メッセージのログ

フィールド

[説明]

有効にする

システム診断のメッセージのログが有効の場合に指定します。このフィールドは、source が設定されている name System.ServiceModel.MessageLogging<system.diagnostics> セクションで検出された場合にオンになります。

トランスポート レベルでログに記録する

logMessagesAtTransportLevel の値を受け付けます。トランスポート レベルでメッセージをトレースするかどうかを指定します。

メッセージ全体をログに記録する

logEntireMessage の値を受け付けます。メッセージ全体をログに記録するかどうかを指定します。

不適切な形式のメッセージをログに記録する

logMalformedMessages の値を受け付けます。不適切な形式のメッセージをログに記録するかどうかを指定します。

ファイル名

メッセージのログ情報を保存する *.svclog ファイルの名前を入力します。このフィールドは、initializeData の共有 listener から取得される type System.Diagnostics.XmlWriterTraceListener 属性の値を受け付けます。ロード時、この値は [有効] チェック ボックスがオンになるまでは無効となります。オンになると "ファイル名" フィールドが有効になり、[参照] をクリックして Windows の標準的な [ファイルを開く] ダイアログ ボックスを開き、メッセージ ログ ファイルの名前を設定できます。

関連する構成

[診断トレースとメッセージ ログの構成] ダイアログ ボックス内のフィールドは、構成ファイル内の以下の要素および属性に対応しています。

<system.diagnostics>
  <sources>
    <source name="System.ServiceModel"
            switchValue="Information, ActivityTracing"
            propagateActivity="true">
      <listeners>
        <add name="xml" />
      </listeners>
    </source>
    <source name="System.Activities"
            switchValue="Information, ActivityTracing">
      <listeners>
        <add name="xml" />
      </listeners>
    </source>
    <source name="System.ServiceModel.MessageLogging">
      <listeners>
        <add name="messages"
             type="System.Diagnostics.XmlWriterTraceListener"
             initializeData="c:\logs\messages.svclog" />
      </listeners>
    </source>
  </sources>
  <sharedListeners>
    <add name="xml"
         type="System.Diagnostics.XmlWriterTraceListener"
         initializeData="c:\log\Traces.svclog" />
  </sharedListeners>
</system.diagnostics>
<system.serviceModel>
  <diagnostics>
    <messageLogging 
         logEntireMessage="true" 
         logMalformedMessages="false"
         logMessagesAtServiceLevel="true" 
         logMessagesAtTransportLevel="false"
         maxMessagesToLog="3000"
         maxSizeOfMessageToLog="2000"/>
  </diagnostics>
</system.serviceModel>

メッセージ ログ記録のレベルとその値に関する詳細については、トレース ログおよびメッセージ ログの推奨設定を参照してください。

  2012-03-05