[キャッシュ サービスの構成] ページ

このページでは、キャッシュ サービスについてのシステムレベルの構成を追加または更新できます。

ヒント

クラスターに高可用性機能が構成されている場合は、AppFabric キャッシュ クラスターの各ノードに Windows Server 2008 または Windows Server 2008 R2 の Enterprise Edition あるいはそれ以上がインストールされていることを確認してください。クラスターに高可用性を構成する方法の詳細については、「高可用性」を参照してください。

キャッシュ サービスの構成

フィールド

説明

キャッシュ サービスの構成を設定

選択すると、キャッシュ サービス機能のシステムレベルの構成を追加または更新できます。

キャッシュ サービス アカウント

キャッシュ サービスの Windows ログオン アカウントを表示します。既定では、キャッシュ サービス アカウントはキャッシュ サービス構成プロバイダーで使用されます。キャッシュ サービス アカウントは管理者グループのメンバーであり、キャッシュ サービス構成データベースへの管理用アクセス権を持っています。既定値は NT AUTHORITY\NETWORK SERVICE です。サービス アカウントを変更するには、キャッシュ サービス アカウントの横の [変更] をクリックします。

コンピューターがワークグループに参加している場合は、キャッシュ サービス アカウントを "Network Service" から変更する必要があります。クラスターに参加しているすべてのコンピューターに存在するローカル アカウントを使用し、すべてのコンピューターでそのアカウントに同じパスワードを使用してください。構成については、ローカル アカウントにはローカル管理者権限が必要です。ビルトイン アカウントかカスタム アカウントのどちらかを指定できます。

キャッシュ サービス アカウントには、セキュリティ監査を生成する権限 ([ローカル セキュリティ ポリシー] ダイアログ ボックスでアカウントをポリシーに追加することによって明示的に付与) と、走査チェックをバイパスする権限 (Everyone グループのメンバーに付与) が必要です。詳細については、「セキュリティ モデル」を参照してください。

変更

クリックすると [ユーザーの選択] ダイアログ ボックスが表示され、キャッシュ サービス アカウント用のアカウントを選択できます。

キャッシュ サービス構成プロバイダー

キャッシュ サービス構成データベースのプロバイダーを選択します。[XML] を選択すると、キャッシュ サービス構成情報はネットワーク ファイル共有上の XML ファイルに格納され、[SQL Server AppFabric キャッシュ サービス構成ストア プロバイダー] を選択すると SQL Server データベースに格納されます。

警告

XML を選択してネットワーク探索プロパティがオフの場合、XML プロバイダーのファイル共有を選択するために [参照] ボタンをクリックすると、[フォルダーの参照] ダイアログ ボックスではネットワーク フォルダーを展開できません。ただし、UNC サーバー共有を入力することはできます。ネットワーク フォルダーを展開できるようにするには、ネットワーク探索を有効にする必要があります。これを行うには、コントロール パネルを開き、[ネットワークとインターネット]、[ネットワークと共有センター]、[共有の詳細設定の変更] を順に選択し、[ネットワーク探索を有効にする] をクリックしてから [変更の保存] をクリックします。

構成

構成プロバイダーとして [SQL Server AppFabric キャッシュ サービス構成ストア プロバイダー] を選択する場合、キャッシュ サービス構成データベースを作成するには、[構成] をクリックします。

ファイル共有

構成プロバイダーとして [XML プロバイダー] を選択する場合、XML 構成ファイルを配置するネットワーク ファイル共有を入力または参照します。ファイル共有には有効な UNC パス (\\server\share など) を指定する必要があります。

重要

キャッシュ クラスター内のすべてのキャッシュ サーバーからアクセス可能なネットワーク ファイル共有を手動で作成する必要があります。AppFabric 構成ウィザードを実行しているユーザー アカウントには、指定したネットワーク ファイル共有に対する「所有者」または「共同所有者」権限と、フォルダーに対するファイル システム レベルの「フル コントロール」権限が必要です。

キャッシュ サービスには、ネットワーク ファイル共有に対する読み取り/書き込みアクセスが必要です。

参照

ファイル共有の [参照] ボタンをクリックすると、[フォルダーの参照] ダイアログ ボックスで XML 構成プロバイダーのファイル共有を選択できます。既存のフォルダーを選択するか、新しいフォルダーを作成して、[OK] をクリックします。

新しいクラスター/クラスターに参加

これがクラスター内の最初のコンピューターである場合は [新しいクラスター] を選択します。この後にクラスター内のコンピューターでセットアップを実行するときは、[クラスターに参加] を選択します。既定値は [クラスターに参加] です。

クラスターを作成またはクラスターに参加するには、構成データの場所 (データベースか XML ファイル) を指定してから、次のページ ([AppFabric キャッシュ ノードの構成] ページ) でポートを入力し、ファイアウォールを設定して、一覧のサービスのブロックを解除します。

クラスターの作成時に、クラスター サイズ (クラスター内のコンピューターの数) を指定する必要があります。これにより、システムのメモリ割り当てが最適化されます。

クラスター サイズ

次のいずれかのオプションを選択すると、クラスター サイズに基づいてパフォーマンスが最適化されます。この設定は、[新しいクラスター] が選択されている場合にのみ使用できます。

  • 小規模 (1 ~ 5 台)

  • 中規模 (6 ~ 15 台)

  • 大規模 (16 台以上)

ヒント

一度選択すると、変更できません。

ヒント

実際のクラスター サイズは、ここでの選択内容による制約を受けません。最適化後も、コンピューターをクラスターに追加、またはクラスターから削除できます。ただし、パフォーマンスが最適化されるのは、クラスター サイズが指定範囲内である場合のみです。クラスターに最終的に配置されるノード数に基づいてクラスター サイズを選択してください。構成時に設定したクラスター サイズは、後から変更できません。クラスター サイズに「小規模」を選択すると、クラスターは 1 ~ 5 台のコンピューター用に最適化されます。最終的にクラスターのコンピューターが 10 台まで増えるとしても、クラスターは 1 ~ 5 台のコンピューター用に最適化されたままになります。後からクラスター サイズを「中規模」に変更して、6 ~ 15 台のコンピューター用にクラスターを最適化することはできません。

キーボード ショートカット

このページでは、次のキーボード ショートカットを利用できます。

  • [キャッシュ サービスの構成を設定]: Alt + S

  • [キャッシュ サービス構成プロバイダー]: Alt + A

  • [キャッシュ サービス アカウント]: Alt + C

  • [キャッシュ サービス アカウント] の [変更]: Alt + P

  • [キャッシュ サービス構成プロバイダー] の [構成]: Alt + O

  • [ファイル共有]: Alt + F

  • [ファイル共有] の [参照]: Alt + B

  • [新しいクラスター]: Alt + W

  • [クラスター サイズ]: Alt + Z

  • [クラスターに参加]: Alt + J

  • [ヘルプ]:F1 または Alt + H

  • [次へ]:Alt + N

  • [前へ]:Alt + P

  • [キャンセル]:Esc

  2012-03-05