Set-AFCacheClusterSecurity

Set-AFCacheClusterSecurity

キャッシュ クラスターのすべてのサーバーで使用されるセキュリティ設定を指定します。

構文

Parameter Set: Default
Set-AFCacheClusterSecurity [-SecurityMode] <String> [-ProtectionLevel] <String> [ <CommonParameters>]

詳細な説明

このコマンドを実行すると、クラスター上のサーバーで使用されるセキュリティ設定を変更できます。クラスターで実行中のホストがある場合、このコマンドは失敗します。

パラメーター

-ProtectionLevel<String>

メッセージの保護レベルです。

None

Sign

EncryptAndSign

エイリアス

なし

必須

true

位置

2

既定値

なし

パイプライン入力の許可

false

ワイルドカード文字の許可

false

-SecurityMode<String>

使用するセキュリティ モードです。

None

Transport

エイリアス

なし

必須

true

位置

1

既定値

なし

パイプライン入力の許可

false

ワイルドカード文字の許可

false

<CommonParameters>

このコマンドレットは、-Verbose、-Debug、-ErrorAction、-ErrorVariable、-OutBuffer、および -OutVariable という一般的なパラメーターをサポートしています。詳細については、次を参照してください。 about_CommonParameters

PS C:\>

関連トピック

Grant-AFCacheAllowedClientAccount

Revoke-AFCacheAllowedClientAccount