オーケストレーション モード (プレビュー)

注意事項

このパブリック プレビューに参加したすべてのユーザーに感謝します。 弊社のコミュニティから貴重なフィードバックを収集できました。 このプレビューは、フィードバックを統合するために、新しい参加者に対しては クローズ されました。 このスペースは新しい情報で更新されます。

仮想マシン スケール セットは、プラットフォームによって管理される仮想マシンの論理グループを提供します。 スケール セットを使用して、仮想マシン構成モデルを作成し、CPU またはメモリの負荷に基づいて追加のインスタンスを自動的に追加または削除し、最新の OS バージョンに自動的にアップグレードします。 従来、スケール セットでは、スケール セットの作成時に提供された VM 構成モデルを使用して仮想マシンを作成できます。スケール セットで管理できるのは、構成モデルに基づいて暗黙的に作成された仮想マシンのみです。

スケール セットのオーケストレーション モード (プレビュー) では、スケール セットがスケール セット構成モデルの外部で明示的に作成された仮想マシンを調整するか、構成モデルに基づいて暗黙的に作成された仮想マシン インスタンスを調整するかを選択できるようになりました。 スケール セットのオーケストレーション モードは、これらの VM を障害ドメインおよび Availability Zones にデプロイすることによって高可用性を実現する VM インフラストラクチャを設計するのにも役立ちます。

仮想マシン スケール セットでは、次の 2 つの異なるオーケストレーション モードがサポートされます。

  • ScaleSetVM - スケール セットに追加される仮想マシン インスタンスは、スケール セットの構成モデルに基づきます。 仮想マシン インスタンスのライフサイクル (作成、更新、削除) は、スケール セットによって管理されます。
  • VM (仮想マシン) - スケール セット外で作成された仮想マシンは、スケール セットに明示的に追加できます。

重要

オーケストレーション モードは、スケール セットを作成するときに定義され、後で変更または更新することはできません。

仮想マシン スケール セットのこの機能は、現在パブリック プレビュー段階です。 このプレビュー バージョンはサービス レベル アグリーメントなしで提供されています。運用環境のワークロードに使用することはお勧めできません。 特定の機能はサポート対象ではなく、機能が制限されることがあります。 詳しくは、Microsoft Azure プレビューの追加使用条件に関するページをご覧ください。

オーケストレーション モード

特徴量 "orchestrationMode":“VM” (VirtualMachine) “orchestrationMode”: “ScaleSetVM” (VirtualMachineScaleSetVM)
VM 構成モデル なし 必須
スケール セットへの新しい VM の追加 VM は、VM が作成されるときにスケール セットに明示的に追加されます。 VM は、VM 構成モデル、インスタンス数、自動スケーリング規則に基づいて暗黙的に作成され、スケール セットに追加されます
VM を削除する VM は個別に削除する必要があります。スケール セットに VM が含まれている場合、スケール セットは削除されません。 VM は個別に削除できます。スケール セットを削除すると、すべての VM インスタンスが削除されます。
VM をアタッチまたはデタッチする サポートされていません サポートされていません
インスタンスのライフサイクル (作成から削除まで) VM とその成果物 (ディスク、NIC など) は個別に管理できます。 インスタンスとその成果物 (ディスク、NIC など) は、それらを作成するスケール セット インスタンスに対して暗黙的です。 これらをスケール セット外で個別にデタッチまたは管理することはできません
障害ドメイン 障害ドメインを定義できます。 リージョン サポートに基づく場合は 2 つまたは 3 つ、可用性ゾーンの場合は 5 つです。 1 から 5 までの障害ドメインを定義できます
更新ドメイン 更新ドメインは自動的に障害ドメインにマップされます 更新ドメインは自動的に障害ドメインにマップされます
可用性ゾーン 1 つの可用性ゾーンのリージョンのデプロイまたは VM をサポートします リージョンのデプロイまたは複数の可用性ゾーンをサポートします。ゾーン バランス戦略を定義できます
Autoscale サポートなし サポート
OS のアップグレード サポートなし サポート
モデルの更新 サポートなし サポート
インスタンス制御 完全な VM 制御。 VM は、すべての Azure VM 管理機能 (Azure Policy、Azure Backup、Azure Site Recovery など) をサポートする完全修飾 URI を持ちます VM は、スケール セットの依存リソースです。 インスタンスを管理する際は、スケール セットを通じてのみアクセスできます。
インスタンス モデル Microsoft.Compute/VirtualMachines モデル定義。 Microsoft.Compute/VirtualMachineScaleSets/VirtualMachines モデル定義。
容量 空のスケール セットを作成できます。最大 200 台の VM をスケール セットに追加できます インスタンス数が 0 から 1,000 個のスケール セットを定義できます
詳細ビュー サポートされています サポートされています
1 つの配置グループ == false サポートされていません サポート

次のステップ

詳細については、可用性オプションの概要に関するページを参照してください。