PowerShell でスナップショットから仮想マシンを作成する (Windows)

このスクリプトは、OS ディスクのスナップショットから仮想マシンを作成します。

Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、開始する前に無料アカウントを作成してください。

サンプル スクリプト

#Provide the subscription Id
$subscriptionId = 'yourSubscriptionId'

#Provide the name of your resource group
$resourceGroupName ='yourResourceGroupName'

#Provide the name of the snapshot that will be used to create OS disk
$snapshotName = 'yourSnapshotName'

#Provide the name of the OS disk that will be created using the snapshot
$osDiskName = 'yourOSDiskName'

#Provide the name of an existing virtual network where virtual machine will be created
$virtualNetworkName = 'yourVNETName'

#Provide the name of the virtual machine
$virtualMachineName = 'yourVMName'

#Provide the size of the virtual machine
#e.g. Standard_DS3
#Get all the vm sizes in a region using below script:
#e.g. Get-AzVMSize -Location westus
$virtualMachineSize = 'Standard_DS3'

#Set the context to the subscription Id where Managed Disk will be created
Select-AzSubscription -SubscriptionId $SubscriptionId

$snapshot = Get-AzSnapshot -ResourceGroupName $resourceGroupName -SnapshotName $snapshotName

$diskConfig = New-AzDiskConfig -Location $snapshot.Location -SourceResourceId $snapshot.Id -CreateOption Copy

$disk = New-AzDisk -Disk $diskConfig -ResourceGroupName $resourceGroupName -DiskName $osDiskName

#Initialize virtual machine configuration
$VirtualMachine = New-AzVMConfig -VMName $virtualMachineName -VMSize $virtualMachineSize

#Use the Managed Disk Resource Id to attach it to the virtual machine. Please change the OS type to linux if OS disk has linux OS
$VirtualMachine = Set-AzVMOSDisk -VM $VirtualMachine -ManagedDiskId $disk.Id -CreateOption Attach -Windows

#Create a public IP for the VM
$publicIp = New-AzPublicIpAddress -Name ($VirtualMachineName.ToLower()+'_ip') -ResourceGroupName $resourceGroupName -Location $snapshot.Location -AllocationMethod Dynamic

#Get the virtual network where virtual machine will be hosted
$vnet = Get-AzVirtualNetwork -Name $virtualNetworkName -ResourceGroupName $resourceGroupName

# Create NIC in the first subnet of the virtual network
$nic = New-AzNetworkInterface -Name ($VirtualMachineName.ToLower()+'_nic') -ResourceGroupName $resourceGroupName -Location $snapshot.Location -SubnetId $vnet.Subnets[0].Id -PublicIpAddressId $publicIp.Id

$VirtualMachine = Add-AzVMNetworkInterface -VM $VirtualMachine -Id $nic.Id

#Create the virtual machine with Managed Disk
New-AzVM -VM $VirtualMachine -ResourceGroupName $resourceGroupName -Location $snapshot.Location

デプロイのクリーンアップ

次のコマンドを実行して、リソース グループ、VM、すべての関連リソースを削除します。

Remove-AzResourceGroup -Name myResourceGroup

スクリプトの説明

このスクリプトは、次のコマンドを使用して、スナップショットのプロパティを取得し、スナップショットからマネージド ディスクを作成し、VM を作成します。 表内の各項目は、コマンドごとのドキュメントにリンクされています。

command メモ
Get-AzSnapshot スナップショット名を使用してスナップショットを取得します。
New-AzDiskConfig ディスク構成を作成します。 この構成は、ディスク作成プロセスで使用されます。
New-AzDisk マネージド ディスクを作成します。
New-AzVMConfig VM 構成を作成します。 この構成には、VM 名、オペレーティング システム、管理資格情報などの情報が含まれます。 この構成は、VM の作成時に使用されます。
Set-AzVMOSDisk マネージド ディスクを OS ディスクとして仮想マシンに接続します。
New-AzPublicIpAddress パブリック IP アドレスを作成します。
New-AzNetworkInterface ネットワーク インターフェイスを作成します。
New-AzVM 仮想マシンを作成します。
Remove-AzResourceGroup リソース グループと、それに含まれているすべてのリソースを削除します。

次のステップ

Azure PowerShell モジュールの詳細については、Azure PowerShell のドキュメントを参照してください。

その他の仮想マシン用の PowerShell サンプル スクリプトは、Azure Windows VM のドキュメントにあります。