仮想マシンの保護を構成する

 

適用対象: Windows Azure Pack

次の 2 つのデプロイメント シナリオで、Azure Site Recovery を使用して仮想マシンを保護できます。

  • オンプレミスの仮想マシンを Azure に保護する: VMM クラウドに配置されているオンプレミスの Hyper-V ホスト サーバー上の仮想マシンを Azure の仮想マシンにレプリケートおよびフェールオーバーします。レプリケーションとフェールオーバーは、Azure Site Recovery によって統制されます。データは、Azure ストレージ アカウントに格納されます。

  • オンプレミスの仮想マシンをオンプレミスのデータセンターに保護する: VMM クラウドに配置されているオンプレミスの Hyper-V ホスト サーバー上の仮想マシンをターゲットのデータセンターの VMM クラウドに配置されている Hyper-V ホスト サーバーにレプリケートします。レプリケーションとフェールオーバーは、Azure Site Recovery によって統制されます。データは、ターゲットの Hyper-V サーバーに格納されます。

オンプレミスを Azure に保護するための前提条件

  • データセンターの VMM サーバーで System Center 2012 R2 が実行されている。

  • データセンターで Azure Pack の更新プログラムのロールアップ 4 以降が実行されている。

  • データセンターで Azure Pack のデプロイメントに SMA がインストールされ、構成されている。

  • データセンターに配置された Hyper-V ホスト サーバーで Windows Server 2012 R2 が実行されている。Hyper-V ホスト サーバーは VMM プライベート クラウドに属している必要があります。

  • Azure アカウントで Azure Site Recovery が有効になっている。アカウントがない場合、またはサービスが有効になっていない場合は、Azure 無料評価版および Azure Site Recovery の料金の詳細を参照してください。作業を開始する前に、または Azure Site Recovery の設定を構成するときに、ストレージ アカウントを設定できます。

  • Azure ストレージ アカウント。アカウントで geo レプリケーションが有効になっている必要があります。アカウントは Azure Site Recovery サービスと同じリージョンで、同じサブスクリプションに関連付けられている必要があります。

  • VMM サーバーがインターネットにアクセスできる。サーバーのブラウザーで http://manage.windowazure.com を開き、アクセスを確認します。

  • 各 VMM クラウドには次のものが必要である。

    • 1 つ以上の VMM ホスト グループと、各グループ内に 1 つ以上の Hyper-V ホスト。

    • ホスト サーバー上に 1 つ以上の仮想マシン。

  • ネットワーク マッピングを設定する場合は、VMM サーバーに論理ネットワークを設定する。セルフサービス Azure Pack ポータルにおいて、テナントは論理 VMM ネットワークに基づいて仮想ネットワークを設定します。テナントが仮想ネットワークを構成すると、VMM コンソールに対応する VM ネットワークが作成されます。Azure Site Recovery ポータルでネットワーク マッピング機能を使用して、これらの VM ネットワークを選択してマップします。

オンプレミスをオンプレミスに保護するための前提条件

  • Active Directory ユーザー サブスクリプション アカウントを使用している場合、2 つのデータセンターが同じ Active Directory フォレストに存在する。

  • 各データセンターの VMM サーバーで、System Center 2012 R2 が実行されている必要があります。

  • 各データセンターで Azure Pack の更新プログラムのロールアップ 4 以降が実行されている。

  • 各データセンターで Azure Pack のデプロイメントに SMA がインストールされ、構成されている。

  • 各サイトに配置された Hyper-V ホスト サーバーで Windows Server 2012、2012 SP1、または 2012 R2 が実行されている。Hyper-V ホストは VMM プライベート クラウドに属している必要があります。

  • Azure アカウントで Azure Site Recovery が有効になっている。アカウントがない場合、または機能が有効になっていない場合は、Azure 無料評価版および Azure Site Recovery の料金の詳細を参照してください。

  • VMM サーバーはインターネットにアクセスできる必要があります。サーバーのブラウザーで http://manage.windowazure.com を開き、アクセスを確認します。

  • 両方のサイトの Hyper-V ホスト サーバーが接続できることを確認します。FQDN を使用して ping を実行し、確認します。プライマリ Hyper-V ホスト サーバーは、ポート 8084 を使用してセカンダリ Hyper-V ホスト サーバーに接続できる必要があります。

  • 各 VMM クラウドには次のものが必要である。

    • 1 つ以上の VMM ホスト グループと、各グループ内に 1 つ以上の Hyper-V ホスト。

    • ホスト サーバー上に 1 つ以上の仮想マシン。

  • 双方向の保護を構成する場合は、各 VMM サーバーに少なくとも 2 つのクラウドが必要です。

  • ネットワーク マッピングを設定する場合は、VMM サーバーに論理ネットワークを設定する。セルフサービス Azure Pack ポータルにおいて、テナントは論理 VMM ネットワークに基づいて仮想ネットワークを設定します。テナントが仮想ネットワークを構成すると、VMM コンソールに対応する VM ネットワークが作成されます。Azure Site Recovery ポータルでネットワーク マッピング機能を使用して、これらの VM ネットワークを選択してマップします。

次のステップ

オンプレミスのデータセンターと Azure の間の保護の設定または 2 つのオンプレミスのデータセンター間の保護の設定