エンコード済み SOAP シリアル化を制御する属性

W3C (World Wide Web Consortium) (www.w3.org) のドキュメント『Simple Object Access Protocol (SOAP) 1.1』には、SOAP パラメーターのエンコード方法について説明したオプションのセクション (セクション 5) が含まれています。 このセクション 5 の仕様に準拠するには、System.Xml.Serialization 名前空間で指定されている特殊な属性のセットを使用する必要があります。 これらの属性をクラスやクラスのメンバーに適宜適用し、XmlSerializer を使用して、クラスのインスタンスをシリアル化します。

これらの属性、およびその適用対象と機能を次の表に示します。 これらの属性を使用して XML シリアル化を制御する方法の詳細については、「方法 : オブジェクトを SOAP エンコード済み XML ストリームとしてシリアル化する」および「方法 : SOAP エンコード済み XML シリアル化をオーバーライドする」を参照してください。

属性の詳細については、「属性を使用したメタデータの拡張」を参照してください。

属性

対象

指定内容

SoapAttributeAttribute

パブリック フィールド、パブリック プロパティ、パブリック パラメーター、または戻り値

クラス メンバーを XML 属性としてシリアル化します。

SoapElementAttribute

パブリック フィールド、パブリック プロパティ、パブリック パラメーター、または戻り値

クラスを XML 要素としてシリアル化します。

SoapEnumAttribute

列挙体識別子であるパブリック フィールド

列挙体のメンバーの要素名を指定します。

SoapIgnoreAttribute

パブリック プロパティとパブリック フィールド

クラスのシリアル化時に、そのクラスに含まれているプロパティまたはフィールドを無視します。

SoapIncludeAttribute

パブリック派生クラス宣言、およびパブリック メソッド (Web サービス記述言語 (WSDL: Web Service Description Language) ドキュメント用)

シリアル化時に認識されるように、スキーマの生成時にその型を対象に含めます。

SoapTypeAttribute

パブリック クラス宣言

クラスを XML 型としてシリアル化します。

参照

処理手順

方法 : オブジェクトを SOAP エンコード済み XML ストリームとしてシリアル化する

方法 : SOAP エンコード済み XML シリアル化をオーバーライドする

方法 : オブジェクトをシリアル化する

方法 : オブジェクトを逆シリアル化する

関連項目

XmlSerializer

その他の技術情報

XML シリアル化および SOAP シリアル化

属性を使用したメタデータの拡張