CA0060

 

間接的に参照されるアセンブリを読み込むことができません。

この警告は、分析ツールが分析中のアセンブリに間接的に参照されるアセンブリを読み込むことができない場合に発生します。  "間接参照" とは、分析アセンブリのアセンブリ参照の 1 つが参照する参照アセンブリのことです。  たとえば、コード分析 (FxCop) がアセンブリ A を分析していて、アセンブリ A はアセンブリ B を参照し、アセンブリ B はアセンブリ C を参照している場合に、アセンブリ A がアセンブリ C を参照していなければ、アセンブリ C は間接参照であり、アセンブリ B は直接参照です。  

この状態が発生すると、多くの予期しない状態が発生するため、他の場所でエラー CA0001 が発生する可能性があります。  マネージ コード分析ツールを Visual Studio 内から使用している場合、CA0060 警告を発生させる原因として、次のようなものが考えられます。  

  • 入力アセンブリがオーバーライドされ、Visual Studio プロジェクト ファイル内の参照リストに含まれていないアセンブリを参照するアセンブリを指すようになった。

  • FxCopCmd.exe の実行前にカスタム ビルド ステップを呼び出すようにプロジェクトが変更され、カスタム ビルド処理により入力アセンブリへの参照が追加される場合は、警告 CA0060 が生成される。

  • C++ では、/FU を渡すようにコマンド ラインをオーバーライドしたり、#using <<Some.dll> をソースだけに> 追加する Some.dll VCPROJ の ForcedUsing を使用してアセンブリを参照できます。

  • サード パーティのアセンブリが、コードをコンパイルおよび実行するのに不要な他のアセンブリへのプライベート参照を持つ。

いずれの場合でも、この問題は、Visual Studio プロジェクト自体に参照を追加することで解決します。

参照

コード分析のアプリケーション エラー
CA0001
アプリケーション ライフサイクル管理ツールにおけるエラーのトラブルシューティングに関するリソース