方法 : スレッドを作成する

BackgroundWorker コンポーネントは、System.Threading 名前空間に代わると共に追加の機能を提供します。ただし、System.Threading 名前空間は、下位互換性を保つ目的および将来使用する目的で保持されます。 詳細については、「BackgroundWorker コンポーネントの概要」を参照してください。

.NET Framework にはオブジェクト指向のスレッド モデルが用意されているため、マルチスレッド アプリケーションをすばやく簡単に作成できます。 新しいスレッドの作成は、スレッドを宣言し、そのスレッドを開始するメソッドへのデリゲートを指定するだけで済みます。 対象のスレッドで実行を開始する準備ができたら Thread.Start メソッドを呼び出します。 複数の実行スレッドを使用する場合に対する特別な考慮事項がいくつかあります。 複数のスレッド操作に関連する手法については、「スレッドセーフ コンポーネント」を参照してください。

新しい実行スレッドを作成するには

  1. スレッドを宣言します。

    Dim myThread as System.Threading.Thread
    
    System.Threading.Thread myThread;
    
  2. スレッドの開始点を示す適切なデリゲートでスレッドのインスタンスを作成します。 AddressOf 演算子を使用して Visual Basic でデリゲートを作成するか、Visual C# で新しい ThreadStart を作成します。

    myThread = New System.Threading.Thread(AddressOf myStartingMethod)
    
    myThread = new System.Threading.Thread(new 
       System.Threading.ThreadStart(myStartingMethod));
    
  3. 準備が完了したら Thread.Start メソッドを呼び出してスレッドを開始します。

    myThread.Start()
    
    myThread.Start();
    

参照

処理手順

方法 : 複数の実行スレッドを調整する

関連項目

BackgroundWorker コンポーネントの概要

概念

スレッドセーフ コンポーネント

イベントベースの非同期パターンの概要

その他の技術情報

コンポーネントのマルチスレッド