キーワード展開

キーワード展開は、ファイルに特定の情報を自動的に挿入し、ファイル ヘッダーを作成する機能です。

キーワード展開を利用するには、テキスト ファイルの中にキーワードを記述します。ソース コードのファイルでは、キーワードをコメントとして記述し、ソース コードに影響を与えないようにします。キーワードを記述したファイルを追加またはチェックインすると、キーワードの有無がチェックされ、対応する情報がキーワードの後に挿入されます。

メモ   初期状態では、キーワード展開は利用できません。Visual SourceSafe 管理者にキーワード展開を有効にするよう依頼してください。

ここでは、従来の Visual SourceSafe がキーワードを拡張する方法について説明します。HTML ファイルには専用のキーワードが用意されています。詳細については、「HTML ファイルでのキーワード展開の利用」を参照してください。

Visual SourecSafe のキーワード

次の表は、Visual SourceSafe がサポートしているキーワードの一覧です。一部のキーワードは同じ機能を持っています。

大文字と小文字は区別されるので、キーワードは、この表どおりに入力してください。

利用できるキーワード

キーワード 目的
$Archive: $ Visual SourceSafe で現在使用中のファイルの場所
$Author: $ ファイルを最後に更新したユーザー名
$Date: $ 最終チェックイン日時
$Header: $ キーワード Archive、Revision、Date、Author をまとめたもの
$History: $ ファイルの履歴 (Visual SourceSafe 形式)
$JustDate: $ 日付 (時刻なし)
$Log: $ ファイルの履歴 (RCS 形式)
$Logfile: $ Archive と同機能
$Modtime: $ 最終変更日時
$Revision: $ バージョン番号
$Workfile: $ ファイル名
$NoKeywords: $ このキーワードより後のキーワードの展開を禁止

たとえば、キーワードを含む行を次のように記述します。

$Revision: $

チェックイン時には、次のように変換されます。

$Revision: 23 $

このファイルをもう一度チェックインすると、"23" が "24" に置き換えられます。チェックインするたびに、この数字が 1 だけ増加するため、Visual SourceSafe を起動しなくても、ファイルの先頭部分を見ることにより、現在のバージョン番号を確認できます。

参照

ファイルの多重チェックアウト | キーワードの情報の整形 | パフォーマンスの最適化 | 排他チェックアウト | HTML ファイルでのキーワード展開の利用 | Visual SourceSafe のカスタマイズ