ステップバイステップ ガイド : Windows Server 2003 展開のための共通インフラストラクチャ構築

第 2 部 : Windows XP Professional ワークステーションのインストールとドメインへの接続

公開日: 2005年1月7日

このドキュメントは、Microsoft WindowsServer 2003 オペレーティング システムを展開するための共通ネットワーク インフラストラクチャ構築方法に関するステップバイステップ ガイド シリーズの第 2 部です。以降のガイドでは、このインフラストラクチャをベースにして一般的な導入シナリオの構成について説明します。

このドキュメントでは、Microsoft Windows XP Professional オペレーティング システムをワークステーションにインストールする方法と、ワークステーションを「第 1 部 : Windows Server 2003 ドメイン コントローラのインストール」で作成したドメイン コントローラ サーバーに接続する方法について説明します。この 2 つのガイドの手順に従って、共通インフラストラクチャを構築し、Windows Server 2003 オペレーティング システムを評価します。

トピック
はじめに はじめに
概要 概要
Windows XP Professional をインストールして構成する Windows XP Professional をインストールして構成する
関連資料 関連資料

はじめに

ステップバイステップ ガイド

Microsoft Windows Server 2003 展開のステップバイステップ ガイドでは、多くの共通点を持つオペレーティング システム構成における実際上の操作を説明します。これらのガイドでは、Windows Server 2003 をインストールして共通ネットワーク インフラストラクチャを構築することから説明を始めます。そして、Active Directory® の構成、Windows XP Professional ワークステーションのインストールについて説明し、最後にワークステーションをドメインに追加する方法について説明します。これらのステップバイステップ ガイドの各分冊では、この共通ネットワーク インフラストラクチャが構築されていることを前提としています。このガイドで説明するネットワーク インフラストラクチャとは異なるインフラストラクチャを構築する場合は、適宜変更を加えながらガイドを読み進めてください。

共通ネットワーク インフラストラクチャの構築には、以下のガイドで説明する操作を完了する必要があります。

共通ネットワーク インフラストラクチャを構築すると、その他のステップバイステップ ガイドの操作を実行できるようになります。ただし、その他のステップバイステップ ガイドでは、共通ネットワーク インフラストラクチャ構築の要件に加えて、その他の前提条件が必要になる場合があります。詳細については、各ステップバイステップ ガイドの説明を参照してください。

Microsoft Virtual PC

Microsoft Windows Server 2003 展開のステップバイステップ ガイドで説明する内容は、現実のラボ環境で実装することもできますし、Microsoft Virtual PC 2004 や Microsoft Virtual Server 2005 のような仮想化テクノロジを使って実装することもできます。仮想コンピュータ テクノロジを使用すると、単一の物理サーバー上で複数のオペレーティング システムを並行して稼働させることができます。Virtual PC 2004 と Virtual Server 2005 は、ソフトウェアのテストや開発、レガシ アプリケーションの移行、サーバー統合の各シナリオにおいて、業務効率を高めるように設計されています。

Microsoft Windows Server 2003 展開のステップバイステップ ガイドでは、現実のラボ環境での構成を前提としています。ただし、大部分の構成はそのまま仮想環境に適用できます。

このステップバイステップ ガイドに記載する概念を仮想環境に適用する場合の説明については、ここでは割愛します。

重要

このドキュメントで使用している会社、組織、製品、ドメイン名、電子メール アドレス、ロゴ、人物、場所、イベントなどの名称は架空のものです。実在する会社名、組織名、製品名、ドメイン名、電子メール アドレス、ロゴ、個人名、場所名、イベント名などは一切関係ありません。

この共通インフラストラクチャは、プライベート ネットワークで使用する目的で設計されています。共通インフラストラクチャで使用する架空の企業名と DNS (Domain Name System) 名は、インターネット上で使用するための登録が行われていません。パブリック ネットワークやインターネット上では、この名前を使用しないようにしてください。

この共通インフラストラクチャの Active Directory サービス構造は、Windows Server 2003 の変更と構成管理機能の概要、および Active Directory との関連を示すために設計されたものです。企業で Active Directory を構成する場合を想定して設計されているわけではないことに注意してください。

ページのトップへページのトップへ

概要

このガイドは 2 部構成のドキュメントの第 2 部です。このドキュメントでは、Windows XP Professional オペレーティング システムをワークステーションにインストールする方法と、ワークステーションを「第 1 部 : Windows Server 2003 ドメイン コントローラのインストール」で作成したドメイン コントローラ サーバーに接続する方法について説明します。

前提条件

本ガイドでの要件

Windows XP Professional を実行できる 1 台のコンピュータが必要です。このコンピュータにはネットワーク アダプタが装着されている必要があります。「Windows XP Professional : システム要件」 を参照して、コンピュータが Windows XP Professional に必要なシステム要件を満たしていることを確認してください。

次の名前付け規則に従って、コンピュータを構成します。

要素

コンピュータ名

HQ-CON-WRK-01
HQ-CON-WRK-nn

ネットワーク設定 : IP アドレス

DHCP

次の手順に従って、ワークステーションに Windows XP Professional をインストールします。詳細については、「Windows XP Professional オンライン ヘルプ」を参照してください。

ページのトップへページのトップへ

Windows XP Professional をインストールして構成する

このガイドでは、古いバージョンの Windows がインストールされていないコンピュータに Windows XP Professional をインストールすることを前提としています。以前のバージョンの Windows からアップグレードする場合は、一部のインストール手順が異なる可能性があります。詳細については、Windows XP Professional に付属の『ファースト ステップ ガイド』の解説を参照してください。

コンピュータが CD-ROM から起動するように設定されていることを確認してください。起動順序を確認または変更するには、使用するコンピュータの CMOS セットアップ プログラムを実行します。

  1. Windows XP Professional CD を CD-ROM ドライブに挿入して、コンピュータを再起動します。

  2. [セットアップの開始] 画面が表示されたら、Enter キーを押します。

  3. 使用許諾契約書の内容を確認して、問題がなければ F8 キーを押して同意します。

  4. 指示に従って、既存のすべてのディスク パーティションを削除します。この作業は、コンピュータ上にあるパーティションの数と種類によって異なります。すべてのパーティションを削除し、全ディスク領域が "未使用の領域" として表示されるようにします。

  5. すべてのディスク領域が "未使用の領域" として表示されたら、最初のディスク ドライブ (既定どおり) の未使用の領域にパーティションを作成するために、C キーを押します。

  6. "新しい (未フォーマットの)" パーティションが作成されたら、Enter キーを押します。

  7. [NTFS ファイル システムを使用してパーティションをフォーマット (クイック)] を選択して、Enter キーを押します。

  8. [地域と言語のオプション] ダイアログ ボックスで、地域に合わせて必要な変更を行います (通常、米国の場合は変更する必要はありません)。そして、[次へ] をクリックします。

  9. [ソフトウェアの個人用設定] 画面の [名前] ボックスに「Christine Koch」を入力します。[組織名] ボックスに「Contoso」を入力し、[次へ] をクリックします。

  10. テキスト ボックスにプロダクト キー (Windows XP Professional CD ケースの裏にあります) を入力します。[次へ] をクリックします。

  11. [コンピュータ名と Administrator のパスワード] 画面で、[コンピュータ名] に「HQ-CON-WRK-01」を入力します。このコンピュータがドメインに追加する 1 台目のコンピュータではない場合は、このドキュメントで前述した名前付け規則に従ってください。

  12. [Administrator のパスワード] ボックスを空白にしたまま、[次へ] をクリックします。

    ベスト プラクティス :   作業の便宜上、Administrator のパスワードは空のままにして、設定しません。ただし、パスワードを設定しないのはセキュリティ上問題があります。実稼働環境にワークステーションをインストールする際には、必ずパスワードを設定してください。

  13. 必要に応じて [日付と時刻の設定] を調整し、[次へ] をクリックします。ネットワーク コンポーネントのインストールが始まります。この処理には数分かかることがあります。

  14. [ネットワークの設定] 画面で [標準設定] を選択し、[次へ] をクリックします。これによって、ワークステーションは、適切なサーバーから DHCP (Dynamic Host Configuration Protocol) が割り当てた IP (Internet Protocol) アドレスを要求するように構成されます。

  15. [ワークグループまたはドメイン名] 画面で [このコンピュータはネットワーク上にないか、ドメインのないネットワークに接続している。] (既定) をクリックし、[OK] をクリックします。次の節で、このワークステーションをドメインに接続します。

  16. セットアップが完了したら、[完了] をクリックしてコンピュータを再起動します。

  17. システムが再起動すると、Windows の通常の設定画面が数画面表示されます。ダイアログが表示されたら、共通インフラストラクチャから最初に定義されたユーザーである "Christine" を使用します。

ワークステーションをドメインに追加する

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックして、[システム] アイコンをダブルクリックします。

  2. [コンピュータ名] タブの [変更] をクリックします。

  3. 図 1 のように [コンピュータ名] が "HQ-CON-WRK-01" になっていることを確認し、[ドメイン] をクリックします。

    図 1.   コンピュータのメンバシップをドメインに変更

    図 1.   コンピュータのメンバシップをドメインに変更

  4. [次のメンバ] の [ドメイン] ボックスに「contoso」と入力し、[OK] をクリックします。

  5. [コンピュータ名の変更] ダイアログ ボックスが開きます。ドメインに参加する権限を持つアカウントを指定する必要があります。[名前] ボックスに「administrator@contoso.com」を入力し、\[OK] をクリックします (このステップバイステップ ガイドでは、パスワードは要求されません)。

  6. [contoso ドメインへようこそ] というメッセージが表示されたら、ワークステーションが正常にドメインに参加できたことになります。[OK] をクリックします。

  7. コンピュータを再起動するため [OK] をクリックします。もう一度 [OK] をクリックし、[システムのプロパティ] ウィンドウを閉じます。

  8. [システム設定の変更] ダイアログ ボックスが表示されたら、[はい] をクリックしてワークステーションを再起動します。

ネットワーク内のコンピュータを表示する

  1. ワークステーションが再起動したら、Ctrl + Alt + Del キーを押して、"christine@contoso.com" としてログオンします。パスワードには "pass#word1" を指定します。プロンプトが表示されたら、[OK] をクリックし、"Christine" のパスワードを変更します。[新しいパスワード] と [パスワードの確認入力] に「pass#word2」を入力します。[OK] をクリックし、もう一度 [OK] をクリックして、パスワードの変更を確認します。

  2. [スタート] ボタンをクリックし、[マイ コンピュータ] をクリックします。

  3. [マイ ネットワーク] をダブルクリックします。[ネットワーク全体] アイコンをダブルクリックします。[Microsoft Windows Network] アイコンをダブルクリックします。

  4. [Contoso] アイコンをダブルクリックすると、図 2 のように、ネットワーク内のコンピュータが表示されます。

    図 2.   Contoso ドメイン内のコンピュータを表示する

    図 2.   Contoso ドメイン内のコンピュータを表示する

  5. [Contoso] ウィンドウを閉じます。

ページのトップへページのトップへ

関連資料

詳細については、次の資料を参照してください。

ページのトップへページのトップへ