Windows 2000 システム展開ガイド

第 25 章 ‐ クライアントの自動インストールと自動アップグレード

最後に Microsoft® Windows® 2000 Professional および関連アプリケーションの自動インストールを計画し、実行する方法について説明します。自動インストールの計画と実行は、テスト、パイロット導入、および稼動環境のどの段階での展開を行う場合でも不可欠です。この章では、Windows 2000 で可能な自動インストールの方法について、インストールの前提として必要な準備と設定例などを説明します。インストール プロセスの計画立案に携わるネットワーク エンジニアの方と、Windows 2000 および関連アプリケーションのインストールを行うシステム管理者の方は、この章をよくお読みください。

Windows 2000 Professional のインストールには、Windows 2000 にアップグレード可能なオペレーティング システムがインストールされていないコンピュータにクリーン インストールを行う方法と、現在 Microsoft® Windows® 95、Microsoft® Windows® 98、Microsoft® Windows NT® Workstation Version 3.51、または Microsoft® Windows NT® Workstation Version 4.0 を実行中のコンピュータをアップグレードする方法の 2 通りの方法があります。クリーン インストールとアップグレードのどちらを実行するかを決める前に、検討しておくべきいくつかの重要な事項があります。これについては、このマニュアルの「計画の概要」で説明されています。

トピック

アップグレードまたはクリーン インストールのどちらを実行するか選択する
インストールの準備を行う
クライアント アプリケーションのインストールを自動化する
Windows 2000 Professional のインストールを自動化する
インストール設定例
インストール作業リスト

この章の目的
この章では、次の計画書を作成します。

  • 自動インストール計画

Resource Kit の関連情報

  • 計画に関する詳細については、このマニュアルの「計画の概要」を参照してください。

  • サーバーの自動インストールに関する詳細については、このマニュアルの「第 13 章 サーバーの自動インストールと自動アップグレード」を参照してください。

  • クライアント コンピュータの管理に関する詳細については、このマニュアルの「第 23 章 クライアントの管理標準や設定標準の決定」を参照してください。

  • この章で説明している無人セットアップ パラメータの詳細については、Microsoft Windows 2000 オペレーティング システム CD の「Microsoft Windows 2000 Guide to Unattended Setup」 (Unattend.doc) を参照してください。Unattend.doc ファイルは、\Support\Tools フォルダにある Deploy.cab ファイルに圧縮されて入っています。Windows 98 または Windows 2000 では、Windows エクスプローラを使ってこの文書を取り出すことができます。Windows 95 以前、または MS-DOS® では、Extract コマンドを使用してファイルを開きます。

  • サンプル応答ファイルを含む無人セットアップの詳細については、このマニュアルの「付録 C 無人セットアップ用応答ファイルの例」を参照してください。

アップグレードまたはクリーン インストールのどちらを実行するか選択する

全社規模で Windows 2000 をインストールする場合、各コンピュータで標準的なウィザード形式のセットアップを行うとコスト高になります。複数のコンピュータで Windows 2000 Professional の自動インストールを実行する方法を取れば TCO (コンピュータ所有に関わる総費用) を大幅に削減できます。

 

sdgc2501

重要な決定事項Windows 2000 Professional のインストールを自動化する前に、Windows NT からのアップグレードとクリーン インストールのどちらを実行するのかを決定する必要があります。

次の 2 点を考慮に入れて、アップグレードとクリーン インストールのどちらを行うかを判断します。

  • すでに Windows オペレーティング システムを全社的に導入していて、IT 部門で集中管理している場合は、アップグレードをお勧めします。現在のところまだ IT 管理部門がなく、管理環境の構築を検討している段階であり、OS のインストールにより設定環境の標準化を図りたい場合は、クリーン インストールを実行することをお勧めします。

  • 既存のハードウェアおよびソフトウェア アプリケーションを引き続き使用したい場合は、アップグレードを実行する必要があります。逆に、新しいハードウェアを購入し、新しいソフトウェア アプリケーションをインストールする場合は、クリーン インストールを実行する必要があります。

重要な検討事項を解決する
Windows オペレーティング システムがインストールされていないコンピュータに Windows 2000 Professional をインストールする場合は、クリーン インストールが唯一の方法です。Windows 95、Windows 98、Windows NT Workstation 3.51、またはWindows NT Workstation 4.0 を現在実行中のコンピュータでは、既存のオペレーティング システムのアップグレードとクリーン インストールのどちらがより対費用効果が高いかを判断する必要があります。

標準的な検討事項を表 25.1 にまとめます。

25.1 アップクレードまたはクリーンインストールの実行前に検討すべき事項

検討事項

作業

企業の目的

企業の最重要目標を定義します。

地域ごとの必要性

特定の地域ごとのニーズを明らかにし、海外の支部、支社などを計画対象にするかどうかを確認します。

ユーザー グループ

特定のジョブ カテゴリとそのニーズ、ユーザーのコンピュータに対する知識と経験、セキュリティ要件、ユーザーの作業場所と回線速度を含むネットワーク接続性を考慮に入れて、ユーザー グループを分析します。

アプリケーション ニーズ

すべてのコンピュータにインストールする製品、特定のユーザーにのみ必要な製品、特定のユーザー カテゴリに所属するコンピュータに配布する製品を決定します。

コンピュータとユーザーの管理方針

現在のデータ ストレージ設定とユーザー設定の検証、ユーザー設定の移行要件の確認、必須プロファイル、ローミング プロファイル、ローカル プロファイルの検証を行います。

ハードウェア

既存のハードウェアのインベントリを調べ、新規導入が必要なハードウェアを確認します。
アップグレードまたはインストールを実行する前のハードウェアの最低必要条件を設定します。
将来のコンピュータ利用計画を立てます。
社内でのコンピュータの使用周期についての計画を立てます。
すべてのコンピュータにブート可能な CD-ROM を装着するかどうかを決めます。

リスクと問題が発生しやすい領域

Windows 2000 と互換性のないアプリケーション、スケジュール、複数サイト、分散管理にかかる費用、将来企業の再編があった場合の影響など、潜在的なリスクを明らかにします。

規模拡張の予測

プロジェクトを開始して 1 年後、3 年後、5 年後の規模拡張の予測を明らかにします。企業再編、新規サイト設立、新規マーケットへの進出などが予定されている場合は、発表が行われしだい、それを考慮に入れる必要があります。

ネットワークの問題

リモート サイトにアプリケーション展開サーバーを置くかどうかを決めます。中央のサイト外にあるサーバーのアップグレード方法を決めます。

ソフトウェア管理

Microsoft® Systems Management Server (SMS) などのソフトウェア管理システムがインストールされていて、展開スケジュールを立てられるかどうかを判断します。

接続性

サーバーおよびサーバー間の接続が、全社員に大容量のパッケージを送信できるように構築されているかを確認します。

インストール方法を選択する

重要な検討事項を解決したら、自動インストールで使用する方法を選択します。表 25.2 に自動インストールの方法をまとめました。また、アップグレードとクリーン インストールのいずれか、または両方で使用できるのかを示します。

25.2 自動インストール方法

方法

Windows 2000 Edition

アップグレード

クリーンストール

Syspart

Server および Professional

No

Yes

Sysprep

Server および Professional

No

Yes

SMS

Server および Professional

Yes

Yes

ブート可能な CD-ROM

Server および Professional

No

Yes

リモート OS インストール

Professional

No

Yes

インストールの準備を行う

Windows 2000 Professional のクリーン インストールには、以下の準備が必要です。

  • 配布フォルダの作成

  • 応答ファイルの使用方法の習得

  • Windows 2000 設定コマンドの習得

メモ ここで説明する自動インストール実行の基本的な手順は、クリーン インストールとアップグレードの両方に当てはまります。ここではクリーン インストールの際の代表的な例を示します。

図 25.1 はインストール手順のフローチャートです。

sdgc2502

図 25.1: 自動インストールのフローチャート

配布フォルダを作成する
Windows 2000 Professional をネットワーク上の複数のコンピュータにインストールする場合は、配布フォルダが最低 1 つは必要です。配布フォルダは通常、配布先のコンピュータから接続可能なサーバーに置かれます。そして、配布先コンピュータで Winnt.exe または Winnt32.exe を実行して Windows 2000 をインストールします。システム構成が異なる複数の応答ファイルを、同じ配布フォルダに入れて使用できます。インストール方法としてディスク イメージを選択する場合でも、配布フォルダから実行すると、種類の異なるシステムにも同じように配布することが可能になります。加えて、配布フォルダを使うと、このフォルダ内のファイルを編集したり応答ファイルを編集するだけで配布用のイメージを更新できます。最初から作り直す必要はありません。

サーバー間の負荷を均等にし、また既存のコンピュータ (Windows 95、Windows 98、Windows NT、または Windows 2000 を実行) に Windows 2000 セットアップ ファイルを短時間でコピーするには、複数のサーバーに配布フォルダを作成します。最大 8 か所にソース ファイルを格納して、Winnt32.exe を実行できるようになります。

 

sdgc2501

重要な検討事項 Windows 2000 Professional のインストールを自動化する前に、Windows NT からのアップグレードとクリーン インストールのどちらを実行するかを決定する必要があります。

次の 2 点を考慮に入れて、セットアップ コマンドを決定します。この章の 「Windows 2000 セットアップ コマンドのまとめ」を参照してください。

メモ この章で用いる「Windows NT」は Windows NT 3.51 と Windows NT 4.0 の両方を指します。

配布フォルダには、Windows 2000 Professional インストール ファイルと、デバイス ドライバ、その他のインストールに必要なファイルが入っています。

Setup Manager は配布フォルダの作成手順を自動化するツールで、Windows 2000 Professional CD に収録されています。Setup Manager の詳細については、この章の「応答ファイルを作成する」を参照してください。

メモ この章で用いる「セットアップ」は「Windows 2000 のセットアップ」を指します。

配布フォルダを作成するには

  1. 配布フォルダを作成するネットワーク サーバーに接続します。

  2. ネットワーク サーバーの配布共有ポイントに \i386 フォルダを作成します。

    Windows 2000 の異なるエディション (Windows 2000 Professional、Microsoft® Windows® 2000 Server、およびMicrosoft® Windows® 2000 Advanced Server) 用に複数の配布共有ポイントを作成する場合、区別しやすいように異なる名前をフォルダに付けると便利です。また、海外支店で Windows 2000 の現地語版を使用する予定がある場合などは、各言語版ごとに配布共有ポイントを作成できます。

  3. 作成したフォルダに、Windows 2000 Professional CD から \i386 フォルダの内容をコピーします。

  4. 作成したフォルダに、$OEM$ という名前のサブフォルダを作成します。

    $OEM$ サブフォルダは、セットアップ時にコピーされる多くの補助ファイルを入れるためのフォルダです。このような補助ファイルには、ドライバ、ユーティリティ、アプリケーション、その他の Windows 2000 Professional を全社的に展開する際に必要となるファイルなどがあります。

配布フォルダを構造を作成する
配布フォルダの構造例を図 25.2 に示します。

sdgc2503

図 25.2: 配布フォルダの構造例

i386
これは配布フォルダで、Windows 2000 のインストールに必要なファイルがすべて含まれています。配布共有ポイントのルートに作成し、この中に Windows 2000 Professional CD から配布フォルダに i386 フォルダの内容をコピーします。

$OEM$
$OEM$ サブフォルダは、i386 フォルダ直下の配布フォルダに作成します。セットアップ時に、ディレクトリ、標準 8.3 形式のファイル、自動インストールに必要なすべてのツールを、自動的に $OEM$ サブフォルダにコピーできます。

応答ファイルに OEMFILESPATH キーを指定すると、配布フォルダ以外の位置に $OEM$ サブフォルダを作成できます。応答ファイルの定義については、この章の「応答ファイルのまとめ」を参照してください。応答ファイルのパラメータと構文の詳細については、Microsoft Windows 2000 オペレーティング システム CD に収録されている「Microsoft Windows 2000 Guide to Unattended Setup」 (Unattend.doc) を参照してください。Unattend.doc ファイルは、\Support\Tools フォルダにある Deploy.cab ファイルに圧縮されて入っています。Windows 98 または Windows 2000 では、Windows エクスプローラを使ってこの文書を取り出すことができます。Windows 95 以前のバージョン、または MS-DOS では、Extract コマンドを使用してファイルを抽出します。

$OEM$ サブフォルダには、ファイル Cmdlines.txt がオプションで含まれている場合があります。このファイルには、セットアップの GUI 処理部で実行されるコマンド リストが入っています。これらのコマンドを使って、ほかのツールをインストールに追加することも可能です。Cmdlines.txt の詳細については、この章の「Cmdlines.txt を使用する」を参照してください。

セットアップでは、配布ポイントのルートに $OEM$ サブフォルダが見つかると、そのフォルダのファイルをすべて、セットアップのテキスト処理部で作成される一時フォルダにコピーします。

メモ この章では、セットアップの GUI 処理部を「GUI モード」、テキスト処理部を「テキスト モード」と呼びます。

$OEM$\textmode
$OEM$\textmode サブフォルダには、大容量記憶装置デバイス ドライバとハードウェア アブストラクション レイヤ (HAL) をインストールするための、新規または更新されたファイルが入っています。また、SCSI デバイスのドライバである OEM HAL ファイルとそれらのコンポーネントのロードとインストールを指示する Txtsetup.oem ファイルを追加することも可能です。

Txtsetup.oem ファイルは必ず入れてください。$OEM$\textmode サブフォルダにコピーしたファイル (HAL、ドライバ、および Txtsetup.oem) は、すべて応答ファイルの [OEMBootFiles] セクションに記述されている必要があります。

$OEM$\$$
$OEM$\$$ サブフォルダは、環境変数 %systemroot% または %windir% に相当します。このサブフォルダには、Windows 2000 インストール ディレクトリのさまざまなサブフォルダにコピーしたい追加ファイルを入れます。このサブフォルダの構造は、Windows 2000 の標準フォルダの構造と一致させる必要があります。たとえば、$OEM$\$$ は %systemroot % または %windir% (例: C:\winnt) と一致させ、$OEM$\$$\System32 は %windir%\System32 と一致させます。各サブフォルダには、インストール先コンピュータのシステム フォルダにコピーするファイルが入っている必要があります。

$OEM$\$1
$OEM$\$1 サブフォルダは Windows 2000 から新たに追加されたフォルダで、Windows 2000 がインストールされるドライブを指します。$1 は、%systemdrive% 環境変数に相当します。たとえば、Windows 2000 をドライブ D にインストールする場合、$OEM$\$1 はドライブ D を指します。

$OEM$\$1\ pnpdrvrs
$OEM$\$1\pnpdrvrs サブフォルダは Windows 2000 から新たに追加されたフォルダで、配布フォルダにある新規または更新されたプラグ アンド プレイ デバイス ドライバを入れます。これらのフォルダは、インストール先のコンピュータの %systemdrive%\pnpdrvrsにコピーされます。応答ファイルに OemPnPDriversPath パラメータを追加すると、Windows 2000 は、セットアップ中およびセットアップ後に新規または更新されたプラグ アンド プレイ デバイス ドライバを検索する際に、システムにあらかじめ含まれているフォルダのほか、後から作成したフォルダから探します。pnpdrvrsの部分は、8 文字以内の任意の名前に変更できます。

$OEM$\$1\Sysprep

$OEM$\$1\Sysprep サブフォルダはオプションです。このサブフォルダには、Sysprep ツールの実行に必要なファイルが入っています。これらのファイルの詳細については、この章の「Sysprep を使ってディスクを複製する」を参照してください。

$OEM$\ drive_letter
テキスト モード時に、各 $OEM$\drive_letterサブフォルダ構造が、インストール先コンピュータの対応するドライブのルートにコピーされます。たとえば、$OEM$\D サブフォルダにあるファイルは D のルートにコピーされます。これらのサブフォルダ内にサブフォルダを作成することも可能です。たとえば、$OEM$\E\Misc とすると、セットアップにより、ドライブ E に Misc という名前のサブフォルダが作成されます。

リネームが必要なファイルは、すべて $$Rename.txt に記述されている必要があります。ファイルのリネームの詳細については、この章の「$$Rename.txt を使ってファイル名の長さを変換する」を参照してください。配布フォルダのファイルは、8.3 形式の命名規則にしたがった短いファイル名でなければなりません。

大容量記憶装置デバイスをインストールする
Windows 2000 では、プラグ アンド プレイ機能によりほとんどのハードウェア デバイスを検出しインストールすることが可能で、インストールしたハードウェアをセットアップ時にロードできます。しかし、GUI モード時に完全にプラグ アンド プレイ対応にするためには、ハードディスクなどの大容量記憶装置デバイスが正しくインストールされている必要があります。

メモ あらかじめ Windows 2000 対応であることを確認したデバイスは、改めて指定する必要はありません。

テキスト モード中 (つまり、完全なプラグ アンド プレイ機能が使用できるようになる前) に SCSI デバイスをインストールするには、セットアップでの特定の SCSI デバイスのインストール方法を記述した Txtsetup.oem ファイルが必要です。

重要 更新されたドライバを使用する前に、署名の有無を確認してください。署名されていないと、セットアップは失敗します。デバイス マネージャで各ドライバの署名ステータスを確認するか、Sigverif.exe を実行して、%windir% サブフォルダに Sigverif.txt ファイルを生成します。Sigverif.txt には、システム上にあるそれぞれのドライバの署名ステータスが記述されています。

大容量記憶装置デバイスをインストールするには

  1. 配布フォルダの $OEM$ サブフォルダに、Textmode サブフォルダを作成します。

    デバイスの製造元から入手した以下のファイルを Textmode サブフォルダにコピーします (Driver はインストールしたいドライバ名に変更してください)。

    • Driver.sys

    • Driver.dll

    • Driver.inf

    • Txtsetup.oem

    メモ SCSI ミニポート ドライバなど、ドライバによっては .dll ファイルがないものもあります。

  2. 応答ファイルで [MassStorageDrivers] セクションを作成し、そのセクションに追加するドライバを入力します。たとえば、[MassStorageDrivers] セクションには次のような入力が可能です。

    "Adaptec 2940U" = "OEM"

    [MassStorageDrivers] セクションでのドライバの指定は、ハードウェア製造元が提供する Txtsetup.oem ファイルを参照してください。

    応答ファイルのパラメータと構文の詳細については、Microsoft Windows 2000 オペレーティング システム CD に収録されている「Microsoft Windows 2000 Guide to Unattended Setup」 (Unattend.doc) を参照してください。Unattend.doc ファイルは、\Support\Tools フォルダにある Deploy.cab ファイルに圧縮されて入っています。Windows 98 または Windows 2000 では、Windows エクスプローラを使ってこの文書を取り出すことができます。Windows 95 以前のバージョン、または MS-DOS では、Extract コマンドを使用してファイルを抽出します。

  3. 応答ファイルに [OEMBootFiles] セクションを作成し、このセクションに $OEM$\Textmode フォルダにあるファイル名をすべて記述します。たとえば、[OEMBootFiles] セクションには次のように指定します。

    [OEMBootFiles]

    Driver.sys
    Driver.dll
    Driver.inf
    Txtsetup.oem
    ここで、Driver にはドライバ名を指定します。

  4. 接続する大容量記憶装置デバイスがプラグ アンド プレイ デバイスの場合は、Txtsetup.oem ファイルに [HardwareIds.Scsi.yyyyy] という名前のセクションができます。このセクションがない場合は作成し、そのセクションに次のエントリを追加します。

    "xxxxx" , "yyyyy"

    ここで、xxxxx にはデバイス ID、yyyyy にはデバイスに関連するサービスを指定します。

    たとえば、PCI\VEN_1000&DEV_0001 というデバイス ID を持つ Symc810 ドライバをインストールする場合は、Txtsetup.oem ファイルに次の追加セクションがあることを確認してください。

    [HardwareIds.scsi.symc810]

    id = "PCI\VEN_1000&DEV_0001" , "symc810"

ハードウェア アブストラクション レイヤ (HAL) をインストールする

ハードウェア アブストラクション レイヤ (HAL) を指定するには、ベンダが提供する Txtsetup.oem ファイルと HAL ファイルが必要です。大容量記憶装置デバイス ドライバもインストールする場合は、同じ Txtsetup.oem ファイルを使用してください。Txtsetup.oem ファイルは 1 つだけしか使用できないので、HAL と大容量記憶装置デバイス ドライバの両方をインストールする場合は、両方の項目を 1 つのファイルにまとめる必要があります。

サードパーティ製のドライバを使用する場合は、応答ファイルに適切な変更を加える必要があります。応答ファイルのパラメータと構文の詳細については、Microsoft Windows 2000 オペレーティング システム CD に収録されている「Microsoft Windows 2000 Guide to Unattended Setup」 (Unattend.doc) を参照してください。Unattend.doc ファイルは、\Support\Tools フォルダにある Deploy.cab ファイルに圧縮されて入っています。Windows 98 または Windows 2000 では、Windows エクスプローラを使ってこの文書を取り出すことができます。Windows 95 以前のバージョン、または MS-DOS では、Extract コマンドを使用してファイルを抽出します。

HAL をインストールするには

  1. $OEM$ フォルダに Textmode サブフォルダを作成します (未作成の場合のみ)。

  2. デバイスの製造元から入手したファイルを Textmode サブフォルダにコピーします。

  3. 応答ファイルにある、HAL 用の [Unattend] セクションを編集し、インストールするドライバを追加します。たとえば、次のように指定します。

    [Unattend]

    Computertype = "HALDescription ", OEM
    HALDescription に指定する値は、ドライバの販売元が提供する Txtsetup.oem ファイルの [Computer] セクションを参考にしてください。

  4. 応答ファイルに [OEMBootFiles] セクションを作成し、$OEM$\Textmode フォルダにあるすべてのファイル名を指定します。

プラグアンドプレイデバイスをインストールする
大容量記憶装置デバイスまたは HAL を除く、Windows 2000 オペレーティング システム CD に含まれていないプラグ アンド プレイ デバイスのインストール方法について説明します。

プラグアンドプレイデバイスをインストールするには

  1. 配布フォルダに、特殊なプラグ アンド プレイ ドライバとその .inf ファイルを入れるサブフォルダを作成します。たとえば、PnPDrvs という名前のフォルダを作成します。

    $OEM$\$1\PnPDrvs

  2. Unattend.txt ファイルに次の行を追加し、このフォルダへのパスをプラグ アンド プレイ検索ドライブ一覧に追加します。

    OEMPnPDriversPath = "PnPDrvs"

    PnPDrvs フォルダにサブフォルダがある場合は、各サブフォルダへのパスも指定する必要があります。各パス間はセミコロンで区切ります。

    将来デバイス ドライバを簡単に追加できるようにフォルダを管理しやすくするには、追加する可能性のあるデバイス ドライバのサブフォルダを作成しておきます。フォルダをサブフォルダに分割すれば、デバイス ドライバ ファイルを 1 つのフォルダにすべて入れるのではなく、デバイス タイプごとにドライバ ファイルを保存できます。Audio、Modem、Net、Print、Video、Other といったサブフォルダを作成しておくと便利です。Other フォルダを作成しておくと、現在発売されていない新しいハードウェア デバイスをインストールする際に便利です。

    たとえば、PnPDrvs フォルダに Audio、Modem、および Net のサブフォルダがある場合は、応答ファイルに次の行を入力します。

    OEMPnPDriversPath = "PnPDrvs\Audio;PnPDrvs\Modem;PnPDrvs\Net

$$Rename.txt を使用してファイル名の長さを変換する

$$Rename.txt ファイルは、セットアップ中に、短いファイル名を長いファイル名に変換します。$$Rename.txt には、特定のフォルダ内にある、名前の変更が必要なすべてのファイルが記述されています。リネームが必要な短いファイル名がある各フォルダには、それぞれ $$Rename.txt が入っている必要があります。

$$Rename.txt を使用するには、ファイル名の変換が必要なフォルダに $$Rename.txt を入れます。$$Rename.txt の構文は以下のとおりです。

[section_name_1]

short_name_1 = "long_name_1"
short_name_2 = "long_name_2"

short_name_x = "long_name_x"
[section_name_2]
short_name_1 = "long_name_1"
short_name_2 = "long_name_2"

short_name_x = "long_name_x"
パラメータは次のように設定します。

section_name_x: ファイルが入っているサブフォルダへのパス。セクションには必ずしも名前を付ける必要はありません。また、円記号 (\) を名前に指定することも可能で、これは、このセクションにドライブ ルートにあるファイルまたはサブフォルダ名が記述されていることを意味します。

short_name_x: リネームするサブフォルダ内にあるファイルまたはサブフォルダ名。名前は二重引用符で囲まないでください。

long_name_x: ファイルまたはサブフォルダの新しい名前。名前にスペースまたはカンマが含まれる場合は、名前全体を二重引用符で囲ってください。

ヒント MS-DOS でインストールを開始し、使用している MS-DOS ベースのツールが 64 文字よりも長いパス名を持つフォルダをコピーできない場合は、フォルダ名に短いファイル名を指定し、後で $$Rename.txt を使って変更してください。

応答ファイルを検討する

応答ファイルとは、ユーザーの介入なしにセットアップに関する質問に応答するためのカスタマイズ可能なスクリプトです。Windows 2000 Server CD には、ユーザーが変更して使用できる応答ファイルのサンプルが入っています。応答ファイルの名前は通常 Unattend.txt ですが、この名前を変更することが可能です。たとえば、Comp1.txt、Install.txt、Setup.txt などの名前を付けることができます。その場合、Setup コマンドでこの応答ファイル名を正しく指定する必要があります。部署ごとに、異なるスクリプトを使ってインストールする必要がある場合などは、応答ファイルの名前を変更して複数の応答ファイルを作成します。このとき、応答ファイルは、オプションの Sysprep.inf ファイルを使用する Sysprep などの別のプログラムでも使われるので注意してください。

応答ファイルには、セットアップの際に、ユーザーが作成した配布フォルダとファイルをどのように使用するかが記述されています。たとえば、応答ファイルの [Unattend] セクションには "OEMPreinstall" という項目があり、$OEM$ サブフォルダを配布フォルダからインストール先のコンピュータにコピーするよう、セットアップに対して指示しています。

応答ファイルにはオプション セクションが複数あり、ユーザーはこのセクションを修正してインストールに必要な情報を指定できます。応答ファイルは、Windows 2000 標準の対話型インストールでユーザーが尋ねられるすべての質問に対する応答をセットアップに送ります。応答ファイルのキーと値の詳細については、Unattend.doc ファイルに記載されています。応答ファイルの各セクションと関連パラメータの詳細については、Microsoft Windows 2000 オペレーティング システム CD に収録されている「Microsoft Windows 2000 Guide to Unattended Setup」 (Unattend.doc) を参照してください。Unattend.doc ファイルは、\Support\Tools フォルダにある Deploy.cab ファイルに圧縮されて入っています。Windows 98 または Windows 2000 では、Windows エクスプローラを使ってこの文書を取り出すことができます。Windows 95 以前のバージョン、または MS-DOS では、Extract コマンドを使用してファイルを抽出します。

Windows 2000 Server の無人インストールを実行するには、応答ファイルを作成し、セットアップ開始時に、ブート可能な方法を実行するか、または Winnt.exe と Winnt32.exe のいずれかを実行して、応答ファイルを指定する必要があります。Winnt.exe を使用したセットアップ コマンド例を示します。

Winnt /S:Z:\I386 /U:Z:\unattend.txt

/U: コマンド ライン スイッチは無人インストールを表します。 Winnt.exe および Winnt32.exe の詳細については、この章の「Windows 2000 セットアップ コマンドのまとめ」を参照してください。

応答ファイルを作成する
応答ファイルは、Windows 2000 Professional の無人インストールを実行する際に使用するカスタマイズ可能なスクリプトです。応答ファイルの作成には、Setup Manager を使用する方法と手動でファイルを作成する方法の 2 通りの方法があります。

Setup Manager を使用して応答ファイルを作成する
Setup Manager を使うと、応答ファイルを作成したり修正できます。このアプリケーションは、Windows 2000 オペレーティング システム CD の \Support\Tools フォルダにある Deploy.cab ファイルに圧縮されて入っています。Setup Manager を使用すると、応答ファイルの作成や更新を同じように行うことができます。

応答ファイルのパラメータと構文の詳細については、Microsoft Windows 2000 オペレーティング システム CD に収録されている「Microsoft Windows 2000 Guide to Unattended Setup」 (Unattend.doc) を参照してください。Unattend.doc ファイルは、\Support\Tools フォルダにある Deploy.cab ファイルに圧縮されて入っています。Windows 98 または Windows 2000 では、Windows エクスプローラを使ってこの文書を取り出すことができます。Windows 95 以前のバージョン、または MS-DOS では、Extract コマンドを使用してファイルを抽出します。

Setup Manager で行うことのできる作業は次のとおりです。Setup Manager は、作業を実行すると、その結果を応答ファイル パラメータとして生成します。

  • 応答ファイルのプラットフォームの指定 (Windows 2000 Professional、Windows 2000 Server、リモート インストール サービス、または Sysprep)。

  • 無人セットアップ モードの自動化レベルの指定 (自動化レベルには、[既定値を提供する]、[全自動]、[ページの非表示]、[読み取り専用] および [GUI モード] があります)。

  • 既定のユーザー情報の指定。

  • 有効なコンピュータ名のファイルにアクセスするための Uniqueness Database File (/UDF) の作成など、コンピュータ名のオプションの定義。

  • ネットワークの設定。

  • 配布フォルダの作成。

  • カスタム ロゴと背景ファイルの追加。

  • 配布フォルダへのファイルの追加。

  • [GuiRunOnce] セクションへのコマンドの追加。

  • Cmdlines.txt ファイルの作成。

  • コード ページの指定。

  • 地域別オプションの指定。

  • タイム ゾーンの指定。

  • TAPI 情報の指定。

Setup Manager では、次の作業を行うことができません。

  • システム コンポーネント (IIS など) の指定。

  • Txtsetup.oem ファイルの作成。

  • 配布フォルダ内のサブフォルダの作成。

表 25.3 に、Setup Manager で作成した場合の、最も標準的な応答ファイルの指定項目をいくつか示します。

25.3 Setup Manager で作成した応答ファイルの指定項目

パラメータ

機能

インストール先パス

対象コンピュータに Windows 2000 Server をインストールする先のパスを指定します。

アップグレード オプション

Windows 95 または Windows 98、Windows NT、Windows 2000 からのアップグレードかどうかを指定します。

対象となるコンピュータ名

対象となるコンピュータのユーザー名、会社名、およびコンピュータ名を指定します。

プロダクト ID

製品付属のプロダクト ID 番号を指定します。

ワークグループまたはドメイン

コンピュータが属するワークグループまたはドメイン名を指定します。

タイム ゾーン

コンピュータを使用する地域のタイム ゾーンを指定します。

ネットワーク設定情報

ネットワーク アダプタのタイプとネットワーク プロトコル設定を指定します。

応答ファイルを手動で作成する
応答ファイルを手動で作成するには、メモ帳などのテキスト エディタを使用します。通常は、応答ファイルは、セクションのヘッダー、パラメータ、およびパラメータの値で構成されています。ほとんどのセクション ヘッダはあらかじめ定義されていますが、セクション ヘッダを追加することも可能です。応答ファイルには、インストールに必要のないパラメータを指定する必要はありません。

無効なパラメータ値を指定すると、エラーが表示されたり、セットアップが正常に実行されません。

応答ファイルの形式は次のとおりです。

[section1]

;
; Section contains keys and the corresponding
; values for those keys/parameters.
; keys and values are separated by ' = ' signs
; Values that have spaces in them usually require double quotes
; "" around them
;
key = value
.
.
[section2]
key = value
.
.
応答ファイルを使用してパスワードを設定する

セットアップで応答ファイルを使用すると、以下のパスワード コマンドのパラメータを設定することができます。

  • AdminPassword

  • UserPassword

  • DefaultPassword

  • DomainAdminPassword

  • AdminstratorPassword

  • Password

これらのコマンドについては、Microsoft Windows 2000 オペレーティング システム CD に収録されている「Microsoft Windows 2000 Guide to Unattended Setup」 (Unattend.doc) を参照してください。Unattend.doc ファイルは、\Support\Tools フォルダにある Deploy.cab ファイルに圧縮されて入っています。Windows 98 または Windows 2000 では、Windows エクスプローラを使ってこの文書を取り出すことができます。Windows 95 以前のバージョン、または MS-DOS では、Extract コマンドを使用してファイルを抽出します。

また、これらのパラメータのいくつかを使用した応答ファイル例が、このマニュアルの「付録 C 無人セットアップ用応答ファイルの例」にあります。

メモ パスワードは最大 127 文字です。127 文字を超えるパスワードを指定した場合は、パスワードが無効になり、システムにログオンできなくなります。

インストールが完了すると、コンピュータの設定に使用した応答ファイルの設定項目はすべてコンピュータに残ります。しかし、セキュリティ保護のため、パスワード情報はすべて応答ファイルのローカル コピーから削除されます。

注意
ただし、セットアップ プロセス中は、応答ファイルはハードディスクにあります。セキュリティが確保できない可能性がある場合は、無人インストール用に作成した応答ファイルにパスワード情報を記述しないでください。

ローカル応答ファイルを使用すると、セットアップで使用したオリジナルの応答ファイルに指定されているパラメータ付きのコマンドを実行して、オプションのコンポーネントを自動的にセットアップできます。これらのコンポーネントでは、サーバーをドメイン コントローラとして、またはクラスタ サーバーとして設定したり、メッセージ キューを有効にすることができます。

ハード ディスクのパーティションを拡張する

Windows 2000 セットアップ プロセスで応答ファイルの ExtendOEMPartition パラメータを使用すれば、大容量ディスク上にある 1GB 程度の小さいパーティション上にインストールを開始してから、そのパーティションを拡張することができます。ExtendOEMPartition パラメータは NTFS ファイル システムのパーティションでのみ有効で、標準の応答ファイルでも Sysprep ベースのインストール用ファイルでも使用できます。

Sysprep および Sysprep.inf ファイルの詳細については、この章の「Sysprep を使ってディスクを複製する」を参照してください。

メモ  ExtendOEMPartition は、アクティブなシステム パーティションでのみ有効です。同じコンピュータ上の別のパーティション、またはほかのハードディスクでは動作しません。また、ExtendOemPartition=1 とすると、最後のシリンダをブランクに残す以外は、ハードディスク上の残りの全領域まで拡張します。最後のシリンダをブランクにするのは、ダイナミック ボリュームを有効にするオプションのための仕様の理由からです。

無人インストール中に FAT パーティションで ExtendOEMPartition を使用する場合は、応答ファイルの [Unattended] セクションで FileSystem=ConvertNTFS と指定し、先にパーティションを NTFS に変換しておく必要があります。Sysprep ベースのインストールで ExtendOEMPartition を使用する方法については、この章の「Sysprep を使ってディスクのパーティションを拡張する」を参照してください。

ExtendOemPartition の使用法の詳細については、Microsoft Windows 2000 オペレーティング システム CD に収録されている「Microsoft Windows 2000 Guide to Unattended Setup」 (Unattend.doc) を参照してください。Unattend.doc ファイルは、\Support\Tools フォルダにある Deploy.cab ファイルに圧縮されて入っています。Windows 98 または Windows 2000 では、Windows エクスプローラを使ってこの文書を取り出すことができます。Windows 95 以前のバージョン、または MS-DOS では、Extract コマンドを使用してファイルを抽出します。

Windows 2000 セットアップコマンドを検討する
Windows 2000 をインストールするには、Winnt.exe または Winnt32.exe のいずれかの適切な Windows 2000 セットアップ プログラムを実行します。この章では、Winnt.exe と Winnt32.exe のいずれもセットアップと呼びます。どちらのセットアップを実行するかは、次のように決定します。

  • MS-DOS または Microsoft® Windows® 3.x を実行中のコンピュータでクリーン インストールを行う場合は、MS-DOS プロンプトから Winnt.exe を実行します。

  • Windows NT、Windows 95、または Windows 98 からクリーン インストールまたはアップグレードを行う場合は、Winnt32.exe を実行します。

Windows 2000 Professional CD に付属しているブート フロッピー ディスクから、標準の対話的セットアップを直接開始することが可能です。

注意
Windows 2000へのアップグレードの前にアプリケーションをアップデートした場合は、セットアップを開始する前に、必ずコンピュータを再起動してください。

インストール方法の詳細については、この章の「Windows 2000 Professional の自動インストール」を参照してください。

Winnt.exe

Winnt.exe コマンドと自動インストール パラメータは次のとおりです。

winnt [/S[:sourcepath]][/T[:tempdrive]]/U[:answer_file]][/R[x]:folder] [/E:command]

各パラメータの詳細については、このマニュアルの「付録 B セットアップ コマンド」を参照してください。

複数のパーティションを持つハードディスクでは、アクティブ パーティションに十分な領域がある場合は、Winnt.exe のセットアップにより、そのパーティションに Windows 2000 がインストールされます。十分な領域がない場合は、セットアップによりインストール可能なパーティションが検索され、その中からインストール先パーティションを選択するように求めるプロンプトが表示されます。自動インストールを実行するには、インストール先パーティション自動的に指定する /T パラメータを付けてセットアップを実行すれば、プロンプトを表示しなくなります。例を示します。

winnt [/unattend] [:<path>\answer.txt] [/T[:d]]

Winnt32.exe
Winnt32.exe コマンドと自動インストール パラメータは次のとおりです。

winnt32 [/s:sourcepath] [/tempdrive:drive_letter]

[/unattend[num][:answer_file]] [/copydir:folder_name]
[/copysource:folder_name] [/cmd:command_line]

[/debug[level][:filename]]
[/udf:id[,UDB_file]] [/syspart:drive_letter]

[/noreboot]
[/makelocalsource] [/checkupgradeonly] [/m:folder_name]
各パラメータの詳細については、このマニュアルの「付録 B セットアップ コマンド」を参照してください。

複数のパーティションを持つハードディスクでは、アクティブ パーティションに十分な領域がある場合は、Winnt32.exe のセットアップにより、そのパーティションに Windows 2000 がインストールされます。十分な領域がない場合は、セットアップによりインストール可能なパーティションが検索され、その中からインストール先パーティションを選択するように求めるプロンプトが表示されます。自動インストールを実行するには、インストール先パーティション自動的に指定する /tempdrive パラメータを付けてセットアップを実行すれば、プロンプトを表示しなくなります。例を示します。

winnt32 [/unattend] [:<path>\answer.txt] [/tempdrive:d]

Windows 2000 では、インストール元位置としてほかの配布サーバーを指定する /s スイッチを 8 つまで使用できます。この機能を使用すると、セットアップを開始する配布サーバー間の負荷を均等にし、セットアップ ファイルのコピーを高速化できます。例を示します。

<path to distribution folder 1>\winnt32 [/unattend] [:<path>\answer.txt] [/s:<path to distribution folder 2>] [/s:<path to distribution folder 3>] [/s:<path to distribution folder 4]

表 25.4 にWindows 2000 のセットアップ コマンドと使用法をまとめます。

25.4 セットアップコマンドの使用

セットアップ コマンド

Windows 2000 のエディション

アップグレード

クリーン インストール

Winnt.exe

Server および Professional

No

Yes

Winnt32.exe

Server および Professional

Yes

Yes

クライアント アプリケーションのインストールを自動化する

重要な検討事項を解決したら、サーバー アプリケーションの自動インストール方法を決定します。ほとんどの場合は、アプリケーションの無人インストール機能によるインストール方法を選択するのが便利でしょう。

次の 3 通りの方法があります。

  • Cmdlines.txt を使用する。

  • アプリケーションのインストール プログラムを実行するか、応答ファイルの [GuiRunOnce] セクションに指定したバッチ ファイルを実行する。

  • Windows インストーラ サービスを使用する。

Cmdlines.txt を使用する
Cmdlines.txt ファイルには、Windows 2000 Professional のインストール直後にセットアップする必要のあるアプリケーションなど、オプションのコンポーネントをインストールするために GUI モードで実行するコマンドを記述します。Cmdlines.txt を使用する場合は、このファイルを配布フォルダの $OEM$ サブフォルダに入れます。Sysprep を使用する場合は、Cmdlines.txt を $OEM$\$1\Sysprep サブフォルダに入れます。

次の場合には、Cmdlines.txt を使用します。

  • 配布フォルダの $OEM$ サブフォルダからインストールする場合。

  • 以下のアプリケーションをインストールする場合。

    複数ユーザーをサポートしていないアプリケーション (Microsoft® Office 95 など)。

    または

    単独のユーザー用にインストールされ、ユーザー固有の情報を複製するアプリケーション。

Cmdlines.txt の構文は次のとおりです。

[Commands]

"<command_1>"
"<command_2>"
.
.
"<command_x>"
パラメータは次のように指定します。

  • "<command_1>" "<command_2>" U "<command_x>" に、GUI モードが Cmdlines.txt を呼び出すときに実行させるコマンドを指定します。指定順は自由です。コマンドはすべて二重引用符で囲んでください。

Cmdlines.txt を使用するときは、次の点に注意してください。

  • セットアップで Cmdlines.txt 内のコマンドを実行すると、ログオン ユーザーの情報は認識されず、ネットワーク接続は保証されません。このため、ユーザー固有の情報はデフォルトのユーザー レジストリに書き込まれ、この情報は後から作成するユーザーすべてに付与されます。

  • Cmdlines.txt を使用する場合、アプリケーションまたはツールの実行に必要なファイルを、ハードディスクに格納して、そのディレクトリがセットアップ中にアクセスできるようにしてください。

応答ファイルの [GuiRunOnce] セクションを使用する
応答ファイルの [GuiRunOnce] セクションには、セットアップの実行後、ユーザーがコンピュータに最初にログオンしたとき実行するコマンドの一覧を記述します。たとえば、次の行を

[GuiRunOnce] セクションに記述すると、アプリケーションのインストール プログラムが自動的に開始します。

[GuiRunOnce]

"%systemdrive%\appfolder\appinstall -quiet"
[GuiRunOnce] セクションを使用してインストールを開始する場合は、いくつか考慮すべき点があります。

**アプリケーションが強制的に再起動を要求する場合は、再起動を抑止する方法がないか確認します。**システムが再起動すると、[GuiRunOnce] セクションにある項目がすべて失われてしまうので、再起動はできるだけ避ける必要があります。[GuiRunOnce] セクションに記述されているすべてのコマンドの実行を完了する前にシステムが再起動すると、残りのコマンドは実行されません。アプリケーション自体に再起動を抑止する方法がなければ、アプリケーションを Windows インストーラ パッケージの中にパッケージ化する方法を取ります。この機能を持つサードパーティ製品が市販されています。

Windows 2000 には、Windows インストーラ用再パッケージ ツールとして WinINSTALL Limited Edition (LE) が付属しています。WinINSTALL LE を使うと、Windows インストーラに対応していない古いアプリケーションを、Windows インストーラ形式で配布できるように効率的に再パッケージできます。WinINSTALL LE の詳細については、Windows 2000 オペレーティング システム CD の Valueadd\3rdparty\Mgmt\Winstle フォルダを参照してください。

Windows インストーラ パッケージの詳細については、この章の「Windows インストーラ サービスを使用する」を参照してください。

重要 Windows 2000 の複数の言語版にアプリケーションをインストールする場合は、各言語版で再パッケージしたアプリケーションをテストして、ファイルが正しい位置にコピーされ、必要なレジストリ エントリが正しく記述されるか確認します。

インストールの際に Windows エクスプローラシェルを必要とするアプリケーションでは、[GuiRunOnce] セクションは利用できません。これはRun および RunOnce コマンドの実行時にはシェルがロードされていないからです。
セットアップ時にこの問題を解決するためのアップデートまたはパッチが入手できるかを、アプリケーション開発元に問い合わせてください。これらが入手できない場合は、アプリケーションをWindows インストーラ パッケージとして再パッケージするか、ほかの配布方法を使用してください。

**複数のアプリケーションが同じタイプのインストールメカニズムを使用している場合、/wait コマンドを使用しないと正常に動作しないことがあります。**これは、1 つのアプリケーションのインストールを実行中に別のプロセスを開始した場合に発生します。セットアップ ルーチンがまだ実行中に、別のプロセスを開始してアクティブなプロセスを閉じると、RunOnce レジストリに記載されている次のルーチンを開始させてしまう可能性があります。通常は、インストール メカニズムで複数のインスタンスを実行すると、2 番目のアプリケーションは失敗してしまいます。この問題に対するバッチ ファイルを使った方法については、この章の「バッチ ファイルを使って、複数アプリケーションのインストール方法を制御する」を参照してください。

アプリケーション インストール プログラムを使用する

アプリケーションのプレインストール方式としては、アプリケーション付属のインストール ルーチンを使用する方法を推奨します。quiet モード (つまりユーザー介入が必要ない) で実行できるアプリケーションならば、/qまたは /s コマンド ライン スイッチを使用してプレインストールすることが可能です。このインストール方法で使用できるコマンド ライン パラメータの一覧については、アプリケーションのヘルプ ファイルまたはマニュアルを参照してください。

次に、アプリケーション独自のセットアップ プログラムを使用して無人インストールを開始する場合の [GuiRunOnce] セクションに指定する行の例を示します。

*<path to setup>\*Setup.exe /q

セットアップ パラメータはアプリケーションによって異なります。たとえば、一部のアプリケーションが持つ /l パラメータは、ログファイルを作成し、インストール状況をモニタするのに便利です。アプリケーションによっては自動再起動を抑止できるコマンドを持つものがあります。このようなコマンドは、再起動を最小限に抑えるためアプリケーションのインストールを制御できるので便利です。

アプリケーションのプレインストールを行う前に、アプリケーションに関する情報、操作方法、ツール、注意事項を必ず開発元に確認してください。

重要インストール方法にかかわらず、インストールするアプリケーションのライセンス条件を満たしている必要があります。

バッチファイルで複数アプリケーションのインストールを制御する

複数のアプリケーションのインストールを制御するには、すべての対象アプリケーションのインストール コマンドを記述したバッチ ファイルを作成し、/wait コマンド ライン スイッチを付けて Start コマンドを実行します。この方法を使用すると、アプリケーションを連続してインストールでき、1 つのアプリケーションが完全にインストールされてから次のインストールルーチンが開始されます。バッチファイルは [GuiRunOnce] セクションから実行されます。

次に、バッチ ファイルの作成方法と、アプリケーションのインストール方法、インストール完了後にバッチ ファイルへの参照をすべて削除する方法を説明します。

バッチファイルを使ってアプリケーションのインストールするには

  1. 次のような行を記述したバッチ ファイルを作成します。

    Start **/**wait <path to 1st application>\Setup <command line parameters>

    Start **/**wait <path to 2nd application>\Setup <command line parameters>
    Exit
    各パラメータの説明

    • <path> は、インストールを開始する実行可能ファイルへのパス。このパスは、セットアップ時にアクセス可能でなければなりません。

    • Setup は、インストールを開始する実行可能ファイル名。

    • <command line parameters> は、インストールするアプリケーション用の使用可能な quiet モード パラメータ。

  2. このバッチ ファイルを配布フォルダ、またはセットアップ時にアクセス可能なその他の位置にコピーします。

  3. <filename>.bat にバッチ ファイルの名前を指定し、次の例のように実行させるバッチ ファイルを応答ファイルの [GuiRunOnce] セクションに記述します。この例では、バッチ ファイルがローカル ハードディスク ドライブの Sysprep フォルダにコピーされているものとしますが、インストール中にセットアップからアクセス可能であれば、バッチ ファイルはどこにでも置けます。

    [GuiRunOnce]

    "%systemdrive%\sysprep\<filename>.bat"= "<path-1>\Command-1.exe"
    "<path-n>\Command-n.exe"
    "%systemdrive%\sysprep\sysprep.exe –quiet"
    各パラメータの説明

    <path-1>\Command-1.exe<path-n>\Command-n.exe は、追加アプリケーション、インストール ツール、または設定ツールへの完全修飾パスです。ほかのバッチ ファイルへのパスを指定することもできます。これらパスは、セットアップ時にアクセス可能でなければなりません。

Windows インストーラ サービスを使用する

Windows インストーラ サービスは、アプリケーションの複数のコンピュータへのインストールを標準化する Windows 2000 コンポーネントです。

Windows インストーラ サービスを使用しないアプリケーションのインストールには、専用のセットアップ実行可能ファイルやスクリプトが必要です。このようなアプリケーションはすべて、正規のインストール規則 (ファイル バージョンの作成規則など) を順守している必要があります。アプリケーションのセットアップはオペレーティング システム開発に組み込まれていなかったため、標準的なインストール規則が存在していなかったのです。

Windows インストーラ サービスは、標準的なインストール規則をすべてオペレーティング システム自体に実装しています。この規則に従うには、アプリケーションを Windows インストーラ パッケージと呼ばれる標準形式で記述する必要があります。このフォーマットに関する情報が入ったデータ ファイルは、Windows インストーラ パッケージ ファイルと呼ばれ、拡張子に .msi が付きます。Windows インストーラ サービスは、Windows インストーラ パッケージ ファイルを使用してアプリケーションをインストールします。

Windows インストーラの用語
Windows インストーラ テクノロジを使ったインストール手順では、次の用語が使用されます。

リソース: 通常は、インストーラがコンピュータに送るファイル、レジストリ エントリ、ショートカット、その他の要素を指します。

コンポーネント: まとめてインストールまたはアンインストールされる一連のファイル、レジストリ エントリ、その他のリソース。インストールまたは削除する特定のコンポーネントを選択すると、そのコンポーネントのリソースがすべてインストールまたは削除されます。

機能: ユーザーがインストールの有無を選択できるアプリケーションの最小単位。機能とは、通常アプリケーション自体の機能を意味します。

製品: Microsoft® Office など、単一の製品。製品は、1 つまたは複数の機能を持ちます。

Windows インストーラパッケージファイル
インストーラ パッケージ ファイルは、インストールのために最適化されたデータベース形式のファイルです。通常このファイルには、特定の製品の機能や、コンポーネント、リソースの間の関係が記述されています。

Windows インストーラ パッケージ ファイルは、通常は製品の CD またはネットワーク イメージのルート フォルダに、製品ファイルとともに収録されています。製品ファイルは、キャビネット ファイル形式 (拡張子 .cab) に圧縮されている場合があります。個々の製品には、それぞれ独自のパッケージ ファイルがあります。インストール時、Windows インストーラ サービスは対象製品のパッケージ ファイルを展開し、Windows インストーラ パッケージ内の情報を使って、必要なすべてのインストール手順を決定します。

Windows 2000 Professional のインストールを自動化する

全社規模で Windows 2000 をインストールする場合、各コンピュータで標準的なウィザード形式のセットアップを行うとコスト高になります。TCO (コンピュータ システム所有に必要な総費用) を大幅に削減するには、複数台のコンピュータで Windows 2000 Professional の自動インストールを実行する方法があります。

次のインストールを自動化できます。

  • Windows 2000 Professional オペレーティング システム本体

  • Microsoft® Office 2000 などの作業用アプリケーション、またはその他のサービス以外のアプリケーション

  • 各種言語パックのインストールによる Windows 2000 Professional の追加言語サポート

  • Windows 2000 Professional の Service Pack

Windows 2000 Professional の自動インストールには、セットアップで応答ファイルを使用する必要があります。この場合、無人セットアップを実行することも可能です。無人セットアップでは、次の手順が実行されます。

  • 応答ファイルを作成します。

  • コンピュータ固有の情報を設定するプロセスを決定し、それを実現させます。

  • Windows インストーラ パッケージを使用して、追加ファイルをインストールできるようにします。

  • ネットワーク配布ポイントの使用、ハードディスクの複製など、選択した配布方法を自動化するプロセスを決定し、それを実現させます。

自動インストールの新しいオプション

Windows 2000 自動インストールでは、インストール方法とインストール対象を選択するための新規オプションが応答ファイルにいくつか追加されました。応答ファイルのパラメータと構文の詳細については、Microsoft Windows 2000 オペレーティング システム CD に収録されている「Microsoft Windows 2000 Guide to Unattended Setup」 (Unattend.doc) を参照してください。Unattend.doc ファイルは、\Support\Tools フォルダにある Deploy.cab ファイルに圧縮されて入っています。Windows 98 または Windows 2000 では、Windows エクスプローラを使ってこの文書を取り出すことができます。Windows 95 以前のバージョン、または MS-DOS では、Extract コマンドを使用してファイルを抽出します。

柔軟なネットワーク: Windows 2000 では、プロトコル、サービス、クライアントの追加サポートなど、各コンピュータのネットワークを柔軟に設定できるようになりました。また、バインドの順序を設定したり、デフォルト情報を簡単に設定したり、ネットワーク アダプタを複数インストールできるようになりました。さらに、インストールと設定を簡単にするために、Windows 2000 ではネットワーク デバイス ドライバの自動インストールと自動設定が可能になりました。規定の設定では、応答ファイルに明示的に記述されていない限り、Windows 2000 は、システムにインストールされている各ネットワーク アダプタの規定のネットワーク コンポーネントをインストールします。規定のネットワーク コンポーネントには、Microsoft ネットワーク クライアント、TCP/IP、Microsoft ネットワークのファイルとプリンタの共有サービス、DHCP の有効化などがあります。

自動ログオン機能: 応答ファイルをカスタマイズして、セットアップ後、コンピュータが最初に Windows 2000 を起動する際に、自動で管理者としてログオンできます。最初の起動の後でも、指定した回数だけ管理者で自動ログオンさせることも可能です。[GuiRunOnce] エントリに指定したタスクを完了させるため、回数を指定してWindows 2000 への自動ログオンを行う必要がある場合は、応答ファイルの管理者パスワード (AdminPassword) パラメータに null 以外の値を指定する必要があります。そして、AutoAdminLogonCount パラメータにタスクを完了させるための自動ログオン回数を指定します。パスワードに null を指定すると、セットアップ時にシステムへのログオンが 1 度しか実行できず、以降にシステムを再起動しても管理者の認証証明を指定することはできません。これは、セキュリティ上のリスクを回避するための措置です。管理者アカウントの認証証明をテキスト ファイルに記述すると、ユーザーがファイルにアクセスできるため、常にセキュリティ上の問題が発生するので注意してください。

コマンドの自動実行: 応答ファイルの [GuiRunOnce] セクションには、セットアップの GUI モードの完了後に続いて実行させたいコマンドの一覧を記述します。[GuiRunOnce] セクションには、インストールしたいアプリケーション、システム設定ツール、またはインストールしたコンピュータにユーザーが初めてログオンするときに実行するツールなどを指定します。

タイムゾーンの指定の簡略化: 応答ファイルでコンピュータのタイム ゾーンを簡単に指定できるようになり、Windows NT で必要だったデバッグ作業もほとんど不要になりました。指定できるタイム ゾーンがあらかじめ列挙されており、タイム ゾーン文字列を入力する必要がないため、エラーが発生する可能性が減りました。

地域および言語の拡張設定: システムとユーザーの地域情報、キーボートと入力方法、インストールする言語サポートを応答ファイルに指定できます。Setup Manager を使用すると、ウィザード形式の GUI インターフェイスでシステムにインストールする設定を選択できるため、応答ファイルでの指定がより簡単になりました。

**デバイスのプレインストールの簡略化:**プラグ アンド プレイ、OemPnPDriversPath キー、配布共有ポイント構造が使用できるようになったため、新しいドライバを配布共有内のフォルダに入れ、OemPnPDriversPath キーを指定するだけで、簡単にデバイスをプレインストールできます。

自動インストールの方法
Windows 2000 Professional の自動インストールを行うにはいくつかの方法があります。どの方法を選択するかは、この章の前半で説明した重要な検討事項に対する回答によって異なります。

クライアント コンピュータを自動インストールするには次の方法があります。

  • 異種のハードウェアを持つコンピュータで Syspart を使用する。

  • Sysprep を使用してディスクの複製を作成する。

  • Systems Management Server を使用する。

  • ブート可能な CD-ROM を使用する。

  • リモート OS インストールを使用する。

    メモ リモート OS インストールは、Windows 2000 Professional とアプリケーションを、指定した RIS (リモート インストール サービス) サーバーからクライアント コンピュータに自動インストールする機能です。RIS は Windows 2000 Server に含まれるオプション コンポーネントです。

表 25.5 にそれぞれの自動インストール方法を使用するケースをまとめます。

25.5 自動インストール方法の使用目的

方法

使用目的

Syspart

異種のハードウェアを持つコンピュータへのクリーン インストールに使用します。

Sysprep

マスタ コンピュータとインストール対象コンピュータのハードウェア構成が、HAL や大容量記憶装置デバイス コントローラも含めて完全に一致している場合に使用します。

SMS

複数の、特に地理的に離れた場所にあるシステムで Windows 2000 Server のアップグレードを管理された方法で行う場合に使用します。

ブート可能な CD-ROM

ブート可能な CD-ROM からの起動が BIOS でサポートされているコンピュータへのインストールに使用します。

リモート OS インストール

Windows 2000 Professional イメージに対応しているコンピュータへのリモート インストールに使用します。インストール先の各コンピュータの設置場所で作業する必要はありません。

異種のハードウェアを持つコンピュータで Syspart を使用する

Syspart を起動するには、Winnt32.exe のオプション パラメータを使います。マスタ コンピュータと Windows 2000 Professional をインストールするコンピュータのハードウェア構成が異なる場合は、Syspart を使用します。この方法を使用すると、セットアップ中にファイルのコピーが必要ないので、展開時間を短縮することもできます。

Syspart を使用するには物理ディスクが 2 台必要で、インストール先のハードディスクにプライマリ パーティションが作成されている必要があります。

HAL または大容量記憶装置デバイス コントローラが複数の異種ハードウェアに、インストールとオペレーティング システムの設定を行う必要がある場合は、Syspart を使うと、必要な設定情報とドライバ サポートを記載したファイルのマスタ セットを作り、そのイメージを作成できます。これらのイメージは、異種システムのハードウェアを正しく検出し、基本オペレーティング システムを同じように設定します。複数の種類のハードウェアに依存するシステムがある環境では、ハードウェアの種類ごとにマスタを作成します。それぞれの種類のコンピュータ 1 台に Windows 2000 をインストールすると、同じ種類のほかのコンピュータのインストールに使用できるイメージが作成されます。Sysprep の詳細については、この章の「Sysprep を使ってディスクを複製する」を参照してください。

インストールを開始する前に、参照として使用するコンピュータを選択します。参照コンピュータには、Windows NT または Windows 2000 がインストールされている必要があります。

Syspart を使って Windows 2000 Professional をインストールするには

  1. 参照コンピュータを起動し、インストール配布フォルダに接続します。

  2. セットアップを実行します。

    [スタート] メニューで [ファイル名を指定して実行] をクリックし、次のように入力します。

    winnt32 /unattend:unattend.txt /s: install_source /syspart:second_drive /tempdrive:second_drive/ noreboot

    重要 Syspart を使用したインストールを正常に実行するには、/tempdrive パラメータが必要です。/tempdrive コマンド ライン スイッチを使用するときは、ディスクの 2 番目のパーティションに Windows 2000 Server とアプリケーションの両方をインストールするための十分な空きスペースがあることを確認してください。Syspart の実行に使用するディスクの構成は、複製先コンピュータのディスクの構成と一致している必要があります。

    /syspart/tempdrive パラメータには、2 番目のハードディスクの同じパーティションを指定する必要があります。Windows 2000 Professional のインストールは、2 番目のハードディスクのプライマリ パーティションで実行します。

    注意
    Syspartは、自動的にこのドライブをアクティブなデフォルトのブート デバイスと認識します。このため、次にコンピュータを起動する前にこのドライブを取り外してください。

    パラメータの定義は以下のとおりです。

    Unattend.txt: 無人セットアップに使用する応答ファイル。通常セットアップ中にエンド ユーザーが入力を求められる質問の一部またはすべてに対する応答が記載されています。マスタ イメージを作成する場合は、応答ファイルは使用しなくてもかまいません。

    install_source: Windows 2000 Professional ファイルの位置。複数のソースから同時にインストールするときは、複数の /s スイッチを指定します。

    second_drive: Windows 2000 と必要なアプリケーションをプレインストールする 2 番目のディスク (オプション)。

Sysprep を使用しディスクの複製を作成する

ディスクの複製は、同一の構成で複数台のコンピュータにインストールを行う場合に適した方法です。まず、マスタ コンピュータに、Windows 2000 とインストール対象のすべてのアプリケーションをインストールします。次に Sysprep を実行し、このイメージをほかのコンピュータに転送します。Sysprep は、ほかのコンピュータへの複製を開始できるように、マスタ コンピュータのハードディスクを準備し、サードパーティ製のディスク イメージング ツールを実行します。この方法を使うと、標準インストールまたはスクリプトを使用したインストールに比べて、配布時間が大幅に減少します。

Sysprep を使用するには、マスタ コンピュータと複製先コンピュータの HAL、ACPI (Advanced Configuration and Power Interface) サポート、大容量記憶装置コントローラ デバイスが完全に一致している必要があります。Windows 2000 が自動的にプラグ アンド プレイ デバイスを検出した後、Sysprep の起動後にコンピュータを再起動すると、Sysprep がシステムのデバイスを再び検出してリストを作成します。このため、ネットワーク アダプタ、モデム、ビデオ アダプタ、サウンド カードなどのプラグ アンド プレイ デバイスは、マスタ コンピュータと複製先コンピュータで同一である必要はありません。Sysprep を使用する大きな利点はインストールが高速なことです。イメージをパッケージ化して圧縮でき、特定の構成にのみ必要なファイルもイメージの一部として作成できます。また、ほかのシステムで使用される可能性のある、その他のプラグ アンド プレイ ドライバも作成されます。回線速度が遅いリモート サイトへは、イメージを CD にコピーして配布することもできます。

メモ マスタ コンピュータと複製先コンピュータの HAL、ACPI サポート、大容量記憶装置デバイスは完全に同じである必要があります。そのため、複数の環境が混在する場合は、各環境ごとにイメージを作成してください。

重要 ディスクの複製を実行する場合は、複製するソフトウェアのベンダに問い合わせ、ライセンス契約に違反していないことを確認してください。

Sysprep プロセスの概要
ここでは、ディスクの複製元コンピュータのセットアップ方法について説明します。

  1. Windows 2000 のインストール: Windows 2000 Professional を複製先コンピュータと同じハードウェアを持つコンピュータにインストールします。このとき、複製元コンピュータをドメインに追加しないでください。また、ローカルの管理パスワードはブランクにしてください。

  2. コンピュータの設定: 管理者としてログオンし、Windows 2000 Professional と関連アプリケーションをインストールし、カスタマイズします。Microsoft® Office 2000 などの作業用アプリケーションなど、すべてのクライアントで共通に使用するアプリケーションのインストールやそれらの設定を行います。

  3. イメージの検証: 条件に基づいて監査を行い、イメージの構成が正しいことを検証します。監査ログおよびイベント ログも含め、未解決の問題をすべて解決します。

  4. イメージの複製準備: コンピュータの構成が正しいことを検証したら、複製のためシステムを準備します。これを行うには、オプションの Sysprep.inf ファイルをつけて Sysprep を実行します (詳細については、この章の後の項で説明します)。Sysprep が完了すると、コンピュータが自動的にシャットダウンするか、安全にコンピュータの電源を切れる状態になります。

  5. 複製: ここまでで、システムを次に起動したときに、コンピュータのハードディスクから、プラグ アンド プレイの検出、新しいセキュリティ識別子 (SID) の作成、ミニ セットアップ ウィザードの実行が開始されるようになりました。そこで、ハードウェアまたはソフトウェア ツールを使用して、このシステムを複製するか、イメージを作成する準備します。次にこのハードディスクから Windows 2000 を起動するか、またはこのイメージを使って作成した複製ハードディスクから Windows 2000 を起動すると、システムはプラグ アンド プレイ デバイスを検出してリストを作成し、複製先コンピュータのインストールと設定が完了します。

    重要 Active Directory に依存するコンポーネントは複製できません。

Sysprep ファイル

Sysprep を使用するには、手動で Sysprep.exe を実行するか、応答ファイルの [GuiRunOnce] セクションを使用し、セットアップで自動的に Sysprep.exe を実行するように設定します。Sysprep を実行するには、 Sysprep.exe と Setupcl.exe のファイルがシステム ドライブのルートにある Sysprep フォルダ (%systemdrive%\Sysprep\) に入っている必要があります。自動セットアップ中にファイルを正しい位置に置くには、これらのファイルを $OEM$\$1\Sysprep サブフォルダ内の配布フォルダに入れておく必要があります。このサブフォルダの詳細については、この章の「配布フォルダの構造」を参照してください。

これらのファイルによりオペレーティング システムの複製の準備が行われ、ミニ セットアップ ウィザードが開始されます。また、Sysprep フォルダに応答ファイル Sysprep.inf を追加することも可能です。Sysprep.inf には規定のパラメータが記述されており、質問に対して一貫性のある応答を与えることができます。これにより、ユーザー入力を要求する箇所が減り、人為的な入力ミスを防ぐことができます。また、Sysprep.inf ファイルをフロッピー ディスクに保存し、Windows のスタートアップ画面が表示された後に、そのフロッピーをドライブに入れると、複製先コンピュータでカスタマイズできます。「しばらくお待ちください」というミニ セットアップ ウィザード画面が表示されると、フロッピー ディスクの内容が読み出されます。ミニ セットアップ ウィザードが完了すると、最後にもう一度システムを再起動し、Sysprep フォルダとその内容がすべて削除され、ユーザーがログオンできる状態になります。

次に、Sysprep の関連ファイルについて説明します。

Sysprep.exe
Sysprep.exe には次の 3 つのオプション パラメータがあります。

quiet: Sysprep の実行中は画面にメッセージを表示しません。

nosidgen: Sysprep の実行中、すでにシステムにある SID は再生成しません。このオプションは、Sysprep を実行しているコンピュータを複製しない場合には有用です。

reboot: Sysprep がシステムをシャットダウンした後、自動的に再起動します。これを使用すると、コンピュータの電源を再び手動でオンにする必要がなくなります。

Sysprep.inf
Sysprep.inf はミニ セットアップ プロセスの自動実行に使用する応答ファイルです。このファイルは、セットアップ応答ファイルと同じ .ini ファイル形式の構文とキー名 (サポートしているキー) を使って記述し、%systemdrive%\Sysprep フォルダまたはフロッピー ディスクに置きます。フロッピー ディスクを使用する場合は、Windows のスタートアップ画面が表示された後にドライブに入れます。Sysprep.inf を使用しないと、Sysprep の実行時に、この章の後半にある「ミニ セットアップ ウィザード」で示したダイアログ ボックスがすべて表示されます。

メモ マスタ コンピュータに Sysprep.inf ファイルがある場合で、コンピュータごとに Sysprep.inf を変更したいときは、このファイルをフロッピー ディスクに入れる方法を採用してください。

Sysprep.inf ファイルの例:

[Unattended]

;Prompt the user to accept the EULA.
OemSkipEula=No
;Use Sysprep's default and regenerate the page file for the system
;to accommodate potential differences in available RAM.
KeepPageFile=0
;Provide the location for additional language support files that
;may be needed in a global organization.
InstallFilesPath=%systemdrive%\Sysprep\i386
[GuiUnattended]
;Specify a non-null administrator password.
;Any password supplied here will only take effect if the original source
;for the image (master computer) specified a non-null password.
;Otherwise, the password used on the master computer will be
;the password used on this computer. This can only be changed by
;logging on as Local Administrator and manually changing the password.
AdminPassword=""
;Set the time zone
TimeZone=20
;Skip the Welcome screen when the system boots
OemSkipWelcome=1
;Do not skip the regional options dialog so that the user can indicate
;which regional options apply to them.
OemSkipRegional=0
[UserData]
;Prepopulate user information for the system
FullName="Authorized User"
OrgName="Organization Name"
ComputerName=XYZ_Computer1
[Identification]
;Join the computer to the domain ITDOMAIN
JoinDomain=ITDOMAIN
[Networking]
;Bind the default protocols and services to the (s) network card used
;in this computer.
InstallDefaultComponents=Yes
メモ Sysprep.inf を使って管理者パスワードを変更できるのは、既存のパスワードが null の場合だけです。これは、Sysprep GUI で管理者パスワードを変更する場合にも当てはまります。

応答ファイルのパラメータと構文の詳細については、Microsoft Windows 2000 オペレーティング システム CD に収録されている「Microsoft Windows 2000 Guide to Unattended Setup」 (Unattend.doc) を参照してください。Unattend.doc ファイルは、\Support\Tools フォルダにある Deploy.cab ファイルに圧縮されて入っています。Windows 98 または Windows 2000 では、Windows エクスプローラを使ってこの文書を取り出すことができます。Windows 95 以前のバージョン、または MS-DOS では、Extract コマンドを使用してファイルを抽出します。

Setupcl.exe
Setupcl.exe の機能は次のとおりです。

  • コンピュータの新規 SID を再生成する。

  • ミニ セットアップ ウィザードを開始する。

ミニセットアップウィザード
ミニ セットアップ ウィザードは、Sysprep で複製したディスクから、コンピュータを初めて起動すると実行されます。このウィザードでは、対象コンピュータをカスタマイズするのに必要な情報を指定します。Sysprep.inf を使用しない場合や、Sysprep.inf ファイルに一部のセクションを記述しなかった場合は、ミニ セットアップ ウィザード画面に Sysprep.inf で応答が指定されていない項目が表示されます。ウィザードには 次の画面があります。

  • 使用許諾契約書 (EULA)

  • 地域のオプション

  • ユーザー名と会社名

  • コンピュータ名と管理者パスワード

  • ネットワーク設定

  • TAPI 設定 (コンピュータにモデムまたはモデムに相当する新規デバイスが接続されている場合のみ)

  • サーバー ライセンス (サーバーのみ)

  • タイム ゾーンの選択

  • 完了/再起動

これらの画面を表示させたくない場合は、Sysprep.inf に該当するパラメータを記述します。これらのパラメータの一覧を表 25.6 に示します。

メモ ディスプレイ装置については、セットアップで最適な設定が検出されるので、セットアップまたはミニ セットアップ ウィザードの実行中に「ディスプレイの設定」画面が表示されることはありません。[Display] セクションは、マスタ コンピュータで使用する応答ファイルか、複製先コンピュータで使用する Sysprep.inf ファイルのいずれかで指定します。マスタ コンピュータの応答ファイルで指定した [Display] セクションの設定は、Sysprep.inf で異なる値が指定されている場合や、マスタ コンピュータでの検出結果と異なる設定をビデオ アダプタまたはモニタで必要とする場合を除いて、Sysprep でも使用されます。

表 25.6 ミニセットアップウィザードの表示を避けるためのSysprep.inf パラメータ

パラメータ

地域のオプション

[RegionalSettings] セクション
[GuiUnattended]
OemSkipRegional=1

ユーザー名と会社名

[UserData]
FullName="ユーザー名"
OrgName="会社名"

コンピュータ名と管理者パスワード

[UserData]
ComputerName=W2B32054
[GuiUnattended]
AdminPassword=""

TAPI 設定

[TapiLocation]
AreaCode=425

ネットワーク設定

[Networking]
InstallDefaultComponents=Yes

サーバー ライセンス (サーバーのみ)

[LicenseFilePrintData]
AutoMode = PerServer
AutoUsers = 5

タイム ゾーンの選択

[GuiUnattended]
TimeZone=<desired time zone index>

完了/再起動

N/A

Sysprep を手動で実行する
Windows 2000 Professional のインストールを完了したら、Sysprep を使ってシステムを同様の構成を持つほかのコンピュータに転送する準備します。手動で Sysprep を実行するには、まず Windows 2000 Professional のインストールと、システムの設定、アプリケーションのインストールを行います。次に、–reboot コマンド ライン スイッチを付けずに Sysprep を実行します。システムをシャットダウン後、ドライブ イメージを同じ構成を持つコンピュータに複製します。

ユーザーが複製先のコンピュータを初めて起動すると、Sysprep ミニ セットアップ ウィザードが起動されます。このウィザードでシステムをカスタマイズします。Sysprep 設定パラメータの一部または全部を、Sysprep.inf であらかじめ指定しておくことができます。Sysprep ミニ セットアップが完了すると、Sysprep.exe と Setupcl.exe が格納されている Sysprep フォルダが自動的に削除されます。

Windows 2000 Professionalのインストール時に複製の準備を行うには

  1. [スタート] メニューで [ファイル名を指定して実行] をクリックし、次のように入力します。

    cmd

  2. コマンド プロンプトで次のように入力し、ドライブ C のルート フォルダに移動します。

    md sysprep

  3. ドライブに Windows 2000 Professional CD を挿入します。\Support\Tools フォルダの Deploy.cab ファイルを開きます。

  4. Sysprep.exe と Setupcl.exe を Sysprep フォルダにコピーします。

    Sysprep.inf を使用する場合は、このファイルも Sysprep フォルダにコピーします。Sysprep が正常に機能するためには、Sysprep.exe、Setupcl.exe、および Sysprep.inf が同じフォルダに入っている必要があります。

  5. コマンド プロンプトで次のように入力して、Sysprep フォルダに移動します。

    cd sysprep

  6. 続けて次のいずれかのコマンド ラインを入力します。

    Sysprep

    Sysprep -reboot
    Sysprep /<optional parameter>
    Sysprep /<optional parameter> -reboot
    Sysprep /<optional parameter 1>U/<optional parameter X>
    Sysprep /<optional parameter 1>U/<optional parameter X> -reboot

  7. –reboot コマンド ライン スイッチを指定しなかった場合は、次の手順を実行します。

    コンピュータのシャットダウンを要求するメッセージが表示されたら、[スタート] メニューの [シャットダウン] をクリックします。これで、サードパーティ製のディスク イメージング ツールを使用して、インストール イメージを作成することができます。

    検証のため –reboot コマンド ライン スイッチを指定した場合は、コンピュータが再起動し、ミニ セットアップ ウィザードが起動します。次の手順を実行します。

    • ミニ セットアップ ウィザードで必要なプロンプトが表示されることを確認します。このとき、システムとその他のアプリケーションの検証も行うことが可能です。検証が完了したら、–reboot コマンド ライン スイッチを付けずに Sysprep を再度実行します。

    • コンピュータのシャットダウンを要求するメッセージが表示されたら、[スタート] メニューの [シャットダウン] をクリックします。これで、サードパーティ製のディスク イメージング ツールを使用し、インストール イメージを作成することができます。

メモ Sysprep フォルダに Cmdlines.txt ファイルを入れて、セットアップ時に処理させることもできます。このファイルは、アプリケーションのインストールのためのコマンドなど、セットアップ後にコマンドを実行させるために使用します。

セットアップ完了後に Sysprep を自動実行する

応答ファイルの [GuiRunOnce] セクションには、セットアップ完了後に実行するコマンドを記述します。[GuiRunOnce] セクションを使うと、セットアップ完了後、自動的にコンピュータにログオンしてから、Sysprep を –quietモードで実行し、コンピュータをシャットダウンさせることができます。これを行うには、次の手順を実行します。

  1. 必要な Sysprep ファイルを $OEM$\$1\Sysprep\ の配布フォルダに入れ、ファイルをシステム ドライブの正しい位置にコピーします。

  2. 応答ファイルの [GuiRunOnce] セクションに、コンピュータで最後に実行させる次のコマンドを追加します。

    %systemdrive%\Sysprep\Sysprep.exe -quiet

    再起動が複数回必要な場合は、このコマンドを [GuiRunOnce] セクションの最後のコマンドとして追加します。

Sysprep を使用してディスク パーティションを拡張する

Windows 2000 の GUI セットアップとミニ セットアップでは、応答ファイルを使って NTFS パーティションを拡張できます。この新しい機能を使うと、次の作業を行うことができます。

  • マスタ コンピュータのオリジナル ハードディスクよりもインストール先のディスクのサイズが大きい場合は、それを十分に活用するため、ディスク パーティションを拡張してイメージを作成できるようにする。

  • オリジナルのハードディスクよりもサイズの小さいハードディスクにイメージを作成できるようにする。

それぞれの環境でこの機能をどう採用するか決定するには、作業手順を確認し、オペレーティング システムのイメージング ツールに応じて最も適した方法を選択します。

注意
イメージング ツールでイメージを修正できる場合は、Pagefile.sys、Setupapi.log、および Hyberfil.sys (存在する場合) ファイルを削除しても構いません。これらのファイルは、インストール先のコンピュータでミニ セットアップ ウィザードを実行すると、再度作成されるからです。アクティブなシステムでこれらのファイルを削除すると、システムが正常に動作しなくなるので、削除しないでください。削除する場合は、必ずイメージから削除してください。

Windows 2000 で採用している NTFS対応のサードパーティ製イメージング ツールまたはハードウェア イメージング デバイスを使用して、ハードディスクのパーティションを拡張するには

  1. マスタ コンピュータのハードディスクのパーティションを、Windows 2000 とプレインストールするすべてのコンポーネントおよびアプリケーションのインストールに必要な最小のサイズに設定します。こうすることで、イメージに必要なディスク容量のサイズを小さくできます。

  2. 応答ファイルの [Unattended] セクションに、マスタ イメージの作成に必要な FileSystem=ConvertNTFS を追加します。ここではイメージ サイズをできるだけ小さくした方がいいので、ExtendOemPartition を追加する必要はありません。

    メモ ConvertNTFS はテキスト モードのみの機能なので、テキスト モードを使用しない Sysprep.inf に記述しても動作しません。

  3. Sysprep.inf の [Unattended] セクションに、次の文を追加します。

    ExtendOemPartition = 1

    (または、パーティションを拡張する場合、追加サイズを MB で指定)

  4. Windows 2000 をマスタ コンピュータにインストールします。Sysprep により、自動的にシステムをシャットダウンします。

  5. ドライブのイメージを作成します。

  6. マスタ コンピュータのシステム パーティションと同じサイズの複製先コンピュータのシステム パーティションに、イメージがコピーされます

  7. 複製先コンピュータを再起動します。

    ミニ セットアップ ウィザードが起動し、ほぼ同時にパーティションが拡張されます。

Windows 2000 で採用している NTFSに未対応のイメージング製品を使用して、ハードディスクのパーティションを拡張するには

  1. マスタ コンピュータのハードディスクのパーティションを、Windows 2000 とプレインストールするすべてのコンポーネントおよびアプリケーションのインストールに必要な最小のサイズに設定します。こうすることで、イメージに必要なディスク容量のサイズを小さくできます。

  2. Windows 2000 付属の Convert.exe ツールを使用して、ファイル システムを NTFS に変換します。

  3. 応答ファイルの [GuiRunOnce] セクションの最後に、マスタ イメージの作成に必要な次の 2 つの文を追加します。

    [GuiRunOnce]

    Command1 = "command line"
    Command2 = "command line"
    ...
    Commandn-1 = "Convert c:\ /fs:ntfs"
    Commandn = "%systemdrive%\sysprep\sysprep.exe - quiet"
    各パラメータの説明

    • <command line>: イメージを作成する前にアプリケーションをインストールし、オペレーティング システムを設定するために実行するコマンド。

    • <Commandn-1>: 応答ファイルの [GuiRunOnce] セクションで最後から 2 番目に実行するコマンドです。"Convert": コマンドを実行します。Convert は、オペレーティング システムの実行中はアクティブなシステムを NTFS に変換することはできないので、次回コンピュータを再起動したときに変換するように設定します。次に実行するコマンドが Sysprep なので、このプロセスの間、システムは NTFS に変換されません。

    • <Commandn>: コンピュータで実行する最後のコマンドで、Sysprep.exe になります。 Sysprep は、コンピュータでイメージを作成するための準備を行った後、コンピュータをシャットダウンします。

    メモ 上の手順では、マスタ応答ファイルに ExtendOemPartition を記述できません。これは、イメージが作成されるパーティションは NTFS ではないからです。また、イメージのサイズは通常できるだけ小さくします。

  4. Sysprep.inf の [Unattended] セクションに次の文を追加します。

    ExtendOemPartition = 1

    (または、パーティションを拡張する場合、追加サイズを MB で指定)

  5. Windows 2000 をマスタ コンピュータにインストールします。Sysprep により、自動的にシステムをシャットダウンします。

    重要 コンピュータを再起動しないでください。

  6. ドライブのイメージを作成します。

  7. マスタ コンピュータのシステム パーティションと同じサイズの複製先コンピュータのシステム パーティションに、イメージがコピーされます

  8. 複製先コンピュータを再起動します。

    複製先コンピュータのパーティションを NTFS に変換するため、最初は対話モードで起動します。

    コンピュータが自動的に再起動します。

    ミニ セットアップ ウィザードが起動し、ほぼ同時にパーティションが拡張されます。

Systems Management Server を使用する
複数の、特に地理的に離れた場所にあるシステムに Windows 2000 Professional のアップグレードを管理して行うには、SMS を使用します。SMS は、既にいずれかのオペレーティング システムがインストールされているコンピュータへのインストールにのみ使用される点に注意してください。SMS を使用してアップグレードする前に、既存のネットワーク インフラ、つまり帯域幅、ハードウェア、地理的制約などを評価しておくことが重要です。SMS を使ったアップグレードの大きな利点は、アップグレード手順を中央で集中管理できることです。たとえば、アップグレード タイミングの決定 (トレーニング中、トレーニング後、ハードウェア検証後、ユーザー データのバックアップ後など)、アップグレード対象コンピュータの選択、ネットワーク上の制約などを管理できます。SMS による展開の詳細については、このマニュアルの「第 14 章 Systems Management Server を使用した Windows 2000 の展開」を参照してください。

ブート可能な CD を使用する

ブート可能な CD-ROM からの起動が BIOS でサポートされているコンピュータへのインストールするには、ブート可能な CD を使用します。この方法は、ネットワークの速度が遅く、独自の IT 部署を持たないリモート サイトのコンピュータへのインストールに威力を発揮します。ブート可能な CD を使用する方法は、Winnt32.exe を実行するので、高速インストールが可能です。

メモ ブート可能な CD による方法は、クリーン インストールにのみ使用できます。アップグレードを行うには、既存のオペレーティング システムから Winnt32.exe を実行します。

最も柔軟性の高い BIOS でのブート順は次のとおりです。

  • ネットワーク アダプタ

  • CD

  • ハード ディスク

  • フロッピー ディスク

ブート可能な CD を使用するには、次の基準を満たしている必要があります。

  • インストール先のコンピュータが、ブート可能な CD 用の El Torito No Emulation サポートに対応している。

  • 応答ファイルに [Data] セクションがあり、そこに必須キーが指定されている。

  • Winnt.sif という名前の応答ファイルがフロッピー ディスクに格納されている。

応答ファイルのパラメータと構文の詳細については、Microsoft Windows 2000 オペレーティング システム CD に収録されている「Microsoft Windows 2000 Guide to Unattended Setup」 (Unattend.doc) を参照してください。Unattend.doc ファイルは、\Support\Tools フォルダにある Deploy.cab ファイルに圧縮されて入っています。Windows 98 または Windows 2000 では、Windows エクスプローラを使ってこの文書を取り出すことができます。Windows 95 以前のバージョン、または MS-DOS では、Extract コマンドを使用してファイルを抽出します。

ブート可能な CD を使用して Windows 2000 をインストールするには

  1. Windows 2000 CD からシステムを起動します。

  2. 青いテキスト モード画面に「Windows 2000 セットアップ」と表示されたら、Winnt.sif ファイルが入ったフロッピー ディスクをフロッピー ドライブに挿入します。

  3. フロッピー ディスクからの読み込みが終わったら、フロッピー ディスクをドライブから取り出します。Winnt.sif ファイルに記述されているとおり、CD からセットアップが実行されます。

    メモ ブート可能な CD によるインストールを行うには、必要なファイルがすべて CD に収録されている必要があります。この方法では、UDF (Uniqueness Database File) は使用できません。

リモート OS インストールを使用する
リモート OS インストールは、RIS (リモート インストール サービス) テクノロジを利用したオプション コンポーネントで、Windows 2000 Server に組み込まれています。RIS では、PXE (Pre-Boot eXecution Environment) ベースのリモート ブート テクノロジを利用したサーバー用ソフトウェアを使用し、コンピュータに Windows 2000 Professional イメージをリモート インストールできます。そのため、インストール先 コンピュータの設置場所まで行って作業する必要がなくなります。この方法を行うには、それぞれのコンピュータのハードウェアが互換で、ブート可能なネットワーク アダプタがインストールされている必要があります。また、コンピュータ グループごとに、異なる RIS イメージをそれぞれ設定できます。セットアップ中にインストールする項目のリストが表示されますが、各ユーザーまたはグループのポリシーを基に、リストに表示される項目を制限することができます。グループ ポリシー セットの数と同じだけの RIS イメージを使うこともあります。そのような場合は、すべてのグループに共通するインストール項目のみをこの方法でインストールするといいでしょう。

リモート OS インストールの詳細については、このマニュアルの「第 24 章 変更管理と設定管理」および『Microsoft® Windows® 2000 Server Resource Kit』の分冊『Distributed Systems Guide』の「Remote OS Installation」を参照してください。

RIS でのサーバーのネットワーク負荷

RIS サーバーは、オペレーティング システムのイメージをクライアント コンピュータにインストールするために使用します。このとき、RIS サーバーの発生するトラフィック量は、ネットワーク上のソフトウェア インストール ポイントを実行するほかのサーバーとほとんど変わりません。通常、RIS サーバーからのトラフィックは、アプリケーションや通常のアップデートに使用する汎用ソフトウェア インストール ポイントからのトラフィックよりも簡単に予測できます。たくさんのユーザーがイメージをロードする場合は、RIS によるトラフィックは高くなります。たとえば、オペレーティング システム イメージを新しく展開した場合や、複数台の新しいコンピュータをネットワークに追加する場合などは、トラフィックが増大します。しかし、いったんシステムをインストールしたら、日常的な作業での平均トラフィックは低くなります。

原則として、RIS サーバーはサービス対象のクライアント サーバーの近くに設置してください。こうすると、ネットワーク トラフィックが局所化し、ネットワーク全体への影響が小さくなります。

ご使用の環境で次のいずれかを行う場合は、ほかのアプリケーションに影響を及ぼさずにこれらの作業のパフォーマンスを最適化する方法を考えてください。

  • 教室など、頻繁にシステムを再インストールする。

  • 納品前にすべての新規システムにプレインストールする場合など、大量のシステムに標準インストールを行う。

教室の例では、物理ネットワークをセグメント化し、それぞれの教室、または RIS サーバーのハードウェアでサポート可能な複数の教室に、専用 RIS サーバーを設置する方法を検討します。

大量プレインストールを行う場合の例では、インストール時間を短縮するため、高速ネットワークと RIS サーバー ハードウェアを使用した、大量のコンピュータ処理が可能なプレインストール用ラボの導入を検討します。

パフォーマンスを最適化する
リモート OS インストールにおける主な作業はファイルのコピーであるため、RIS サーバーのパフォーマンスを決める要因は、通常、ほかのファイルの入出力 (I/O) 用サーバー (Web サーバー、ファイル/プリント サーバーなど) とほぼ同じになります。このような要因には、サーバーのディスクのスループットとネットワークの帯域幅があります。RIS サーバーのパフォーマンスを最適化するには、これらの要因や、RIS サーバーとサービス対象のクライアント間のネットワーク上の制約を評価します。RIS サーバーまたはサーバー ネットワークの負荷が高くなると、クライアント コンピュータのインストールに要する時間が長くなり、最初のファイル コピー フェーズで TFTP タイムアウトになります。

DHCP と DHCP サーバー
リモート OS インストール (PXE 対応) クライアントは、DHCP 探索メカニズムを使用してネットワーク アドレスを入手し、RIS サーバーの位置を特定するので、RIS と社内の DHCP の関係が RIS サーバーの設置場所を決めるための重要な要素となります。

単純な環境では、使用している各 DHCP サーバーに RIS をインストールするのが一般的な解決策です。Windows 2000 の DHCP サーバーと RIS を結合させて使用すると、RIS クライアントと DHCP、および RIS サーバー間で送信される開始ネットワーク パケット数が減り、開始サーバーの応答が速くなります。また、この結合により、両者は常に同時にクライアントに対して応答します。これにより、DHCP サーバーの複数のクライアント コンピュータをグループ化する既存の計画を利用して、簡単に負荷の均等化をはかることができ、また、トラブル対応と管理手順も単純化できます。

RIS サーバーはクライアント コンピュータの近くに設置する必要があり、大量のネットワーク トラフィックを生成するので、RIS サーバーのハードウェアには高い性能が要求されます。しかし、DHCP サーバーではその必要はありません。DHCP サーバーが生成するトラフィックははるかに小さく、高性能なハードウェアは通常は必要ありません。また、クライアント コンピュータの近くに置く必要がないので、1 か所に置くことも可能です。このため、既存の DHCP サーバーに RIS サーバーをインストールすると、効率が悪い場合もあります。そのような場合は、既存のソフトウェア インストール ポイント サーバーにRIS サービスを追加します。これは、ソフトウェア インストール ポイント サーバーが RIS サーバーと計画や展開の条件が同じだからです。あるいは、RIS サーバをその他の補助サーバーから独立させる方法もあります。

RIS サーバーを DHCP サーバーから独立させる場合、または Windows 2000 DHCP 以外の DHCP サーバーを使用している場合は、特定のクライアントにどの RIS サーバーが応答するかの制御を十分に考慮する必要があります。これは、PXE ベースのリモート ブートでは、クライアントがどのサーバーからサービスの提供を受けるかを決める方法がないからです。これを制御する方法については、この章の「RIS サーバーの選択と負荷分散」を参照してください。

DHCP サーバーと RIS サーバーのいずれの組み合わせの場合でも、Active Directory で RIS サーバーを認証する必要があります。Active Directory は、許可のないサーバーがネットワーク上でサービスを行うことを禁止します。RIS および Windows 2000 DHCP サーバーの認証は、ともに MMC (Microsoft 管理ツール) の Windows 2000 DHCP スナップインで行います。この認証は、RIS および DHCP サーバーの結合または分離、または Windows 2000 DHCP の使用とは直接かかわりはありません。Windows 2000 DHCP スナップインは、認証メカニズムとして再利用されるだけで、管理ツール パックがインストールされている Windows 2000 ベースのどのコンピュータに DHCP サービスをインストールしていなくても実行できます。

注意
スナップインだけを目的として RIS サーバーに Windows 2000 DHCP をインストールするのは避けるべきです。RIS がクライアントにサービスを提供するには、どの Windows 2000 DHCP/RIS 結合サーバーでも、完全に動作している DHCP サービスが必要です (定義済みのアクティブなスコープを含む)。これは、結合サーバー上の Windows 2000 DHCP サービスにより、RIS もインストールされていることが認識されるからです。DHCP 探索ブロードキャストにより、クライアントが DHCP とリモート ブート サービスの両方を必要とすることが分かると、DHCP はそのサーバーの DHCP とリモート ブートの詳細が入った応答を 1 つだけ発行します。サーバー上の Windows 2000 DHCP サービスがクライアントに対して正常に応答しない場合は、サーバーはリモート ブート応答を生成しません。

RIS サーバーの選択と負荷分散
規定では、PXE ベースのクライアントがサービス要求を配信すると、要求を受信したサーバーはすべて応答します。そして、最初に応答したサーバーがサービスを提供します。また、個別のサーバーよりも結合 DHCP/RIS サーバーからの応答の方が優先されます。クライアントが複数のサーバーを利用できる場合は、この方法で基本的には負荷を分散させることができます。しかし通常は、クライアントが適切でないサーバーを利用しないように、特定のクライアントに応答するサーバーを指定することをお勧めします。このような例としては、クライアントのローカル ドメインにあるサーバーが、クライアントがサービスを要求したときにビジーまたはダウンしている場合があります。

サーバーの選択を制御する第 1 の方法は、物理的にネットワークのルーティングを制御し、DHCP 探索ブロードキャストが必要な場合にのみ転送されるようにするものです。つまり、クライアントのサービス要求の受信を許可された DHCP/RIS サーバーだけが物理的に応答できるようにします。DHCP/RIS の両方のサーバーがネットワーク上のクライアントに対してほぼ同じ位置にある場合は、この方法が最も適しているでしょう。

さまざまな状況に対処できるよう、リモート OS インストールにはサーバーの選択を制御できる機能が用意されています。これは、Active Directory 内で、特定の RIS サーバーを使用するためにクライアント コンピュータのアカウントを設定する機能です。これはプレステージング (Prestaging) と呼ばれます。プレステージングは、既存のコンピュータ アカウントに対しても、またシステムをドメインに加える前に新しくコンピュータ アカウントを作成するときにも実行できます。RIS サーバーがクライアントからのサービス要求に応答すると、サーバーは、サービス要求に含まれる GUID と一致する GUID を持つコンピュータ アカウントの有無を Active Directory (フォレスト全体) でチェックします。一致するコンピュータ アカウントが見つかると、そのアカウントが特定の RIS サーバーを使用するように設定されているかどうかをチェックします。設定されている場合、最初にクライアントに応答したサーバーでなくても、そのクライアントに対しては、常にコンピュータ アカウントで指定されている RIS サーバーが応答します。これはサーバー参照と呼ばれ、クライアントからのサービス要求にどの RIS サーバーが最初に応答したかではなく、特定のクライアント コンピュータに対して、オペレーティング システムのインストール サービスを実行する RIS サーバーを決定するための単純な方法です。

より柔軟性を持たせつつ、セキュリティを強化するには、サーバーがクライアントに応答する方法として、RIS サーバーにプレステージングと参照の 2 つを組み合せて設定します。RIS サーバーには、「サービスを要求しているクライアント コンピュータに応答する」と「不明なクライアント コンピュータには応答しない」の 2 つの設定があります。すべてのコンピュータ アカウントをプレステージングし、クライアントに応答する RIS サーバーを個別に制御することで、クライアントのサービス要求に応答して適切な参照を行うサーバーと、実際にクライアントに対して、OS のリモート インストール サービスを実行するサーバーに分けることができます。

図 25.3 にクライアント コンピュータと RIS サーバーの関係を例を使って説明します。

sdgc2504

図 25.3: クライアント コンピュータと RISサーバーの関係例

図 25.3 では、サーバー B だけがクライアント コンピュータのサービス要求に応答します。クライアント コンピュータ 1 と 3 は プレステージングされ、特定の RIS サーバーからサービスを受けるように設定されているので、適切なサーバーを参照する応答を受信します (A または C)。必要な場合は、サーバー B のような専用参照サーバーを複数設定し、それらすべてが Active Directory でプレステージングされたコンピュータ アカウントを使用し、正しい参照先を決定できるようにすることも可能です。サーバー A と C は最初のクライアント サービス要求には決して応答しません。しかし、これらのサーバーは、参照により、クライアントに対してオペレーティング システム インストール サービスを実行します。

次に、サーバー B などの参照サーバーで、「不明なクライアント コンピュータには応答しない」設定オプションを選択するかどうかを決定できます。このオプションを選択すると、次のようになります。

  • サーバー B はプレステージングされたクライアント コンピュータにのみ応答を送る。

  • サーバー B からサービスを受けるように明示的に設定されたクライアントがあれば、サーバー B は参照専用サーバーとなることも、実際にオペレーティング システムのインストール サービスも加えて実行することも可能になります。

「不明なクライアント コンピュータには応答しない」オプションを選択しない場合は、サーバー B は、プレステージングされたクライアント (例の中では、クライアント コンピュータ 2) からのサービス要求に応答し、リモート ブート サーバーの役割を果たします。

参照サーバーを使用するかどうかにかかわらず、「不明なクライアント コンピュータには応答しない」を選択すると、RIS サーバーからプレステージングされていないクライアント コンピュータへのオペレーティング システムのインストールを防げるので、有効なセキュリティ対策となります。 また、リモート OS インストールと同じリモート ブート プロトコルに基づくソリューションを提供しているベンダのすべてが、どのクライアントのサービス要求に応答するかを制御するオプションを用意しているとは限りません。プレステージングを使用し、すべての RIS サーバーが既知のクライアント コンピュータにのみ応答するように制限すれば、ほかのリモート ブート製品が組み込まれたネットワーク上でもリモート OS インストールを実行できます。

ルーターを使用する
クライアントのサービス要求は、DHCP 探索プロセスを利用しているため、ルーター経由でのリモート OS インストールを行うようにネットワークを設定するためには、ルーター経由での DHCP と同じ条件を満たしている必要があります。

DHCP ブロードキャストを転送するように設定されたルーターは、クライアントのサービス要求も自動的に転送します。しかし、DHCP サーバーのほかに適切な RIS サーバーにも要求が転送されたことを確認する必要があります。使用するルーターによっては、DHCP ブロードキャスト転送の設定が、サブネット (またはルーター インターフェイス) または特定のホストへの転送しかサポートしていないことがあります。そのため、Windows 2000 DHCP を使用しているが RIS サーバーは別のコンピュータにある場合、または Windows 2000 DHCP 以外の DHCP を使用している場合は、ルーターが DHCP と RIS の両方のサーバーに DHCP ブロードキャストを転送するように設定する必要があります。そうしないと、クライアントはリモート ブート要求に対する応答を受信できません。

オペレーティング システムのインストールには大量のネットワーク トラフィックが発生するので、クライアント インストールによる影響を最小限に押さえるため、既存のネットワーク設計での RIS サーバーの位置、およびプレステージングと参照を行うサーバーの使用は、慎重に検討してください。

インストール設定例

ここでは、既存のクライアント設定がある場合とない場合に、Windows 2000 Professional をコンピュータにインストールする例を紹介します。

既存のクライアントコンピュータ
ここでは、既存のクライアント設定があるコンピュータにインストールする例を示します。

例 1: Windows NT Workstation 4.0 と Windows 2000 対応クライアントアプリケーション
アップグレードを実行します。アップグレード可能なクライアント オペレーティング システムは、Windows 95、Windows 98、Windows NT Workstation 4.0、および Windows NT Workstation 3.51 です。

Windows 2000 Professional と互換性のあるアプリケーションについては、Web リソース ページ http://technet.microsoft.com/windowsserver/bb633748.aspx(英語) の「Directory of Windows 2000 Applications」リンクを参照してください。

互換ハードウェアを持つコンピュータに Windows 2000 Professional をインストールするには

  1. ユーザー設定をバックアップします。

    次のいずれかの方法でシステムをアップグレードします。

    • 次の手順を実行して、プッシュ (完全自動) インストールを開始します。

      • Microsoft® Systems Management Server などのシステム管理ソフトウェアを使用します。

        または

      • ネットワーク インストールを実行します。

        または

      • リモート ブートを実行します。この方法を実行するには、リモート インストール サーバーが設定され、ブート可能なネットワーク アダプタがインストールされている必要があります。

      Winnt32.exe に必要なパラメータを付けて実行し、コマンド ラインからローカル インストールを行います。次に、以下のいずれかを実行します。

      • 応答ファイルがない場合は、手動インストールを行います。表示されるプロンプトにすべて回答します。

        または

      • 応答ファイルを使用して、自動または一部自動インストールを行います。完全自動インストールでは、すべての質問に対する答えが応答ファイルに記載されています。アプリケーションの選択など、一部の項目をユーザーに入力させたい場合は、一部自動インストールを使用します。

非互換ハードウェアを持ち、ハードディスクの交換が必要ないコンピュータにWindows 2000 Professional をインストールするには

  1. ハードディスク以外の、交換が必要なハードウェアを取り換えます。

  2. 新しいハードウェアがすべて正常に動作することを確認します。

  3. ユーザー設定をバックアップします。

    以下のいずれかの方法でシステムをアップグレードします。

    • 以下の手順を実行して、プッシュ (完全自動) インストールを開始します。

      • Systems Management Server などのシステム管理ソフトウェアを使用します。

        または

      • ネットワーク インストールを実行します。

        または

      • リモート ブートを実行します。この方法を実行するには、リモート インストール サーバーが設定され、ブート可能なネットワーク アダプタがインストールされている必要があります。

      Winnt32.exe に必要なパラメータを付けて実行し、コマンド ラインからローカル インストールを行います。次に、以下のいずれかを実行します。

      • 応答ファイルがない場合、手動インストールを行います。表示されるプロンプトにすべて回答します。

        または

      • 自動または一部自動インストールを実行します。

非互換性ハードウェアを持ち、ハードディスク交換が必要なコンピュータに Windows 2000 Professional をインストールするには

  1. 次のいずれかまたは両方をアップグレードします。

    • RAM

    • プロセッサ

  2. 新しいハードウェアがすべて正常に動作することを確認します。

  3. ユーザー設定をバックアップします。

    メモ コンピュータをアップグレードする前にハードディスクの内容をすべて新しいハードディスクにバックアップすることも可能ですが、クライアント コンピュータでこの方法を取るのはあまり実際的ではありません。

  4. ハードディスクを交換します。バックアップしたイメージをコピーします。

    次のいずれかの方法で、コマンド プロンプトに必要なパラメータを付けて Winnt.exe を実行します。

    • 応答ファイルがない場合は、手動インストールを行います。表示されるプロンプトにすべて回答します。

      または

      自動または一部自動インストールを実行します。以下のいずれかの方法を使用します。

      • CD-ROM ブート セットアップ。

      • Syspart。新しい内蔵ハードディスクをコンピュータにインストールする場合は便利です。

      • Sysprep。HAL と大容量記憶装置デバイス コントローラが完全に同じであるコンピュータにインストールする場合に使用します。

      • リモート ブート。この方法を実行するには、リモート インストール サーバーが設定され、ブート可能なネットワーク アダプタがインストールされている必要があります。

  5. Windows 2000 Professional と互換性のあるアプリケーションをインストールします。

  6. システムが正常に動作することを確認します。

  7. ユーザー設定をインポートします (たとえば、Regedit/Regedt32、ログオン スクリプト、ポリシー、ローミング プロファイルなど)。

例 2: Windows NT Workstation 3.5 以前のバージョンと Microsoft 以外のクライアント コンピュータ

アップグレードできないクライアント オペレーティング システムには、MS-DOS、Windows 3.x、Windows NT Workstation 3.5 またはそれ以前のバージョン、OS/2 です。

クリーン インストールの準備を行うには、OEM プロバイダやソリューション プロバイダが製造したクライアント コンピュータを入手します。新規コンピュータにクリーン インストールを行う場合、または既存のコンピュータにオペレーティング システムをインストールする場合は、次の手順を実行します。

メモ Windows 2000 Professional と互換性のあるアプリケーションについては、Web リソース ページ http://technet.microsoft.com/windowsserver/bb633748.aspx(英語) の「Directory of Windows 2000 Applications」リンクを参照してください。

アップグレードできないクライアントオペレーティングシステムに Windows 2000 Professional をインストールするには

  1. ユーザー設定をバックアップします。

    注意
    Windows 2000 にアップグレードできないオペレーティング システムを実行している既存のコンピュータに Windows 2000 Professional をインストールする場合、ユーザー設定はすべて消去されます。

    次のいずれかの方法で、コマンド プロンプトに必要なパラメータを付けて Winnt.exe を実行します。

    • 応答ファイルがない場合は、手動インストールを行います。表示されるプロンプトにすべて回答します。

      または

      自動または一部自動インストールを実行します。次のいずれかの方法を使用します。

      • CD-ROM ブート セットアップ。

      • Syspart。新しいハードディスクをコンピュータにインストールするときに便利です。

      • Sysprep。HAL と大容量記憶装置デバイス コントローラが完全に同じであるコンピュータにインストールする場合に使用します。

      • リモート ブート。この方法を実行するには、リモート インストール サーバーが設定され、ブート可能なネットワーク アダプタがインストールされている必要があります。

  2. Windows 2000 Professional と互換性のあるアプリケーションをインストールします。

  3. システムが正常に動作することを確認します。

  4. ユーザー設定をインポートします (たとえば、Regedit/Regedt32、ログオン スクリプト、ポリシー、ローミング プロファイルなど)。

新規のクライアントコンピュータ
Windows 2000 Professional にアップグレードできるオペレーティング システムがインストールされていないクライアント コンピュータでは、Windows 2000 Professional のクリーン インストールを行う必要があります。

インストールの準備を行うには、OEM プロバイダやソリューション プロバイダが製造したクライアント コンピュータを入手します。

Windows 2000 にアップグレード可能なオペレーティングシステムがインストールされていないコンピュータに Windows 2000 Professional をインストールするには

  • 応答ファイルがない場合は、手動インストールを行います。表示されるプロンプトにすべて回答します。

    または

    自動または一部自動インストールを実行します。次のいずれかの方法を使用します。

    • CD-ROM ブート セットアップ。

    • Syspart。新しい内蔵ハードディスクをコンピュータにインストールする場合は便利です。

    • Sysprep。HAL と大容量記憶装置デバイス コントローラが完全に同じであるコンピュータにインストールする場合に使用します。

    • ディスクを起動し、応答ファイルを使用してセットアップを実行します。

    • リモート ブート。この方法を実行するには、リモート インストール サーバーが設定され、ブート可能なネットワーク アダプタがインストールされている必要があります。

インストール作業リスト

表 25.7 に、Windows 2000 Professional と必要なアプリケーションをクライアント コンピュータにインストールする際のタスクの一覧を示します。

25.7 インストールタスク一覧

タスク

この章の項目名

計画のための重要な検討事項を解決する

重要な検討事項を解決する

配布フォルダを作成する

インストールの準備を行う

応答ファイルを作成する

応答ファイルを作成する

Windows 2000 セットアップ コマンドを検討する

インストールの準備を行う

重要な検討事項に基づくアプリケーションのインストール方法の選択。

クライアント アプリケーションのインストールを自動化する

重要な検討事項に基づいて、オペレーティング システムのインストール方法を選択する

Windows 2000 Professional のインストールを自動化する