Smooth Streaming for IIS 7.0 - プレゼンテーションの管理

作成者 : John Bocharov

発行日 : 2009 年 2 月 23 日 (作業者 : dmnelson (英語))

更新日 : 2009 年 5 月 12 日 (作業者 : dmnelson (英語))

Internet Information Services (IIS) 7.0(英語) に対する Smooth Streaming 拡張機能を使用すると、Microsoft Silverlight 2.0(英語) の既定のクライアント実装とサンプル コンテンツで Web サーバーを Smooth Streaming サーバーとして設定し、IIS マネージャーを使用してコンテンツを管理できます。このドキュメントで説明するシナリオは次のとおりです。

  • 前提条件
  • Smooth Streaming プレゼンテーションのトラックの表示
  • Smooth Streaming プレゼンテーションの複製
  • 最大ビット レートの制限による帯域幅コストの節約

前提条件

この記事のシナリオには、Smooth Streaming サーバーが必要です。「 Smooth Streaming for IIS 7.0 - Getting Started」に記載されている手順に従って Smooth Streaming サーバーを設定し、Smooth Streaming サンプル コンテンツを展開してください。

Smooth Streaming プレゼンテーションのトラックの表示

IIS マネージャーの [Smooth Streaming Presentations] ページを使用すると、ディレクトリ内の Smooth Streaming プレゼンテーション ファイルを一目で確認できます。IIS マネージャーの [Smooth Streaming Presentations] ページを開く手順は、次のとおりです。

  • [接続] ウィンドウで、サンプル コンテンツを展開したディレクトリをクリックし、[機能ビュー] ウィンドウの [Media Services] で [Smooth Streaming Presentations] アイコンをダブルクリックします。
    Dd775196.file_004_presentations(ja-jp,TechNet.10).jpg

次の図で強調しているように、各プレゼンテーションで使用可能なビデオ ビット レートとオーディオ ビット レートの概要が [Smooth Streaming Presentations] ページに表示されます。
Dd775196.file_011_presentations(ja-jp,TechNet.10).jpg

Smooth Streaming プレゼンテーションの複製

Smooth Streaming プレゼンテーションを複製するには、[Smooth Streaming Presentations] ページでプレゼンテーションを選択し ( 前のセクションを参照)、[操作] ウィンドウで [Clone] をクリックします。

Dd775196.file_002_presentations(ja-jp,TechNet.10).jpg

[Clone Presentation] ダイアログ ボックスで、複製したプレゼンテーションの新しい名前 (Big Buck Bunny - Limited など) を入力し、[OK] をクリックします。

Dd775196.file_005_presentations(ja-jp,TechNet.10).jpg

複製したプレゼンテーションが [Smooth Streaming Presentations] ページに表示されます。

Dd775196.file_presentations(ja-jp,TechNet.10).jpg

複製した場合、プレゼンテーション メタデータを共有するプレゼンテーションのバージョンが作成されます。メディア (.ismv) ファイルの詳細なコピーが作成されるわけではありません。この動作を確認するには、IIS マネージャーでプレゼンテーションの [コンテンツ ビュー] タブを選択します。次の図を見ると、複製したプレゼンテーションについて .ism ファイルと .ismc ファイルが作成されており、元のプレゼンテーションと複製したプレゼンテーションが同じメディア ファイル セットを共有していることがわかります。

Dd775196.file_006_presentations(ja-jp,TechNet.10).jpg

複製したプレゼンテーションを表示するには

  1. Web ブラウザーで http://localhost/Big_Buck_Bunny/Default.html にアクセスします。

    注意   サンプル コンテンツを別のコンテンツ ディレクトリに保存した場合は、"Big_Buck_Bunny" の部分をその URL に置き換えてください。リモート コンピューターからコンテンツを表示する場合は、"localhost" の部分をサーバーの URL に置き換えてください。

  2. [Presentation Name] に、「Big Buck Bunny - Limited」と入力します。

  3. [Silverlight Player] で、[User Experience Simulator] を選択します。
    Dd775196.file_008_presentations(ja-jp,TechNet.10).jpg

最大ビット レートの制限による帯域幅コストの節約

プレゼンテーションを複製したら (前のセクションを参照)、Silverlight User Experience Simulator の [Bit Rate History] ウィンドウでビット レートの最大値を確認します。

Dd775196.file_003_presentations(ja-jp,TechNet.10).jpg

帯域幅を節約するには、IIS マネージャーでプレゼンテーションの使用可能な最大ビット レートを削除します。手順は次のとおりです。

  1. [接続] ウィンドウで、サンプル コンテンツを展開したディレクトリをクリックし、[機能ビュー] ウィンドウの [Media Services] で [Smooth Streaming Presentations] アイコンをダブルクリックします。
    Dd775196.file_004_presentations(ja-jp,TechNet.10).jpg

  2. [Smooth Streaming Presentations] ページで [Big Buck Bunny - Limited.ism] プレゼンテーションを選択し、[操作] ウィンドウで [Edit Smooth Stream] をクリックします。
    Dd775196.file_007_presentations(ja-jp,TechNet.10).jpg

  3. [Smooth Streaming Presentation] ページが表示されたら、次の操作を実行して、プレゼンテーションから最大ビット レートを削除します。

    a. ビット レート値が最も大きい (2436000) ビデオ トラックを選択します。
    b. [削除] をクリックします。
    c. [操作] ウィンドウで、[適用] をクリックします。
    Dd775196.file_009_presentations(ja-jp,TechNet.10).jpg

  4. Web ブラウザーで http://localhost/Big_Buck_Bunny/Default.html にアクセスします。
    注意   サンプル コンテンツを別のコンテンツ ディレクトリに保存した場合は、"Big_Buck_Bunny" の部分をその URL に置き換えてください。リモート コンピューターからコンテンツを表示する場合は、"localhost" の部分をサーバーの URL に置き換えてください。

  5. [Presentation Name] に、「Big Buck Bunny - Limited」と入力します。

  6. [Silverlight Player] で、[User Experience Simulator] を選択します。
    Dd775196.file_008_presentations(ja-jp,TechNet.10).jpg

  7. Silverlight User Experience Simulator の [Bit Rate History] ウィンドウでビット レートの最大値が低くなっていることを確認します。
    Dd775196.file_010_presentations(ja-jp,TechNet.10).jpg

関連コンテンツ

記事