Smooth Streaming for IIS 7.0 - はじめに

作成者 :John Bocharov

発行日 : 2009 年 2 月 23 日 (作業者 : dmnelson (英語))

更新日 : 2009 年 5 月 12 日 (作業者 : dmnelson (英語))

Internet Information Services (IIS) 7.0(英語) に対する Smooth Streaming 拡張機能を使用すると、Microsoft Silverlight 2.0(英語) の既定のクライアント実装で Web サーバーを Smooth Streaming サーバーとして設定できます。このドキュメントで説明するシナリオは次のとおりです。

  • IIS 7 Smooth Streaming サーバーのセットアップ
  • サンプル コンテンツの展開と再生
  • 独自のコンテンツの作成と公開

IIS 7 Smooth Streaming サーバーのセットアップ

IIS 7.0 用の Smooth Streaming 拡張機能をインストールするには、「Smooth Streaming Readme(英語)」 の「Installation Notes」セクションを参照してください。

Smooth Streaming のプレゼンテーションを配信するために、追加の構成手順は不要です。Smooth Streaming 拡張機能が正しくインストールされていることを確認するには、IIS マネージャーで Web サイトまたは仮想ディレクトリを選択して、機能ビューの**[Media Services]** 領域に [Smooth Streaming Presentations] アイコンが表示されていることを確認します。

Dd775198.file_003(ja-jp,TechNet.10).jpg

メモ   : インストールの際に IIS マネージャーが実行されていた場合、[Smooth Streaming Presentations] を表示するためには IIS マネージャーを再起動する必要があります。

サンプル コンテンツの展開と再生

独自のコンテンツおよび Silverlight プレーヤーを作成せずに、Smooth Streaming の実際の動作を体験するには、Smooth Streaming 用のエンコードされたハイビジョン (HD) サンプル コンテンツと、Silverlight プレーヤー テンプレートを Smooth Streaming Sample Content のページ (英語)からダウンロードしてインストールしてください。このページからは次のものをダウンロードできます。

  • Big Buck Bunny サンプル コンテンツ
  • サンプル クライアントの更新版

Microsoft Expression Encoder 2 Service Pack 1 (SP1) を使用して、独自の Smooth Streaming コンテンツを作成することもできます。詳細については、後述の「独自のコンテンツの作成と公開」セクションを参照してください。

Big Buck Bunny サンプル コンテンツのインストール

Big Buck Bunny サンプルには、Smooth Streaming 再生用として 7 種類のビット レートにエンコードされたビデオと、次の Silverlight 2 テンプレートが含まれています。

  • **SmoothStreamingBlackGlass :**これは標準の Silverlight 2 プレーヤー テンプレートです。
  • SmoothStreamingUXSimulator : この Silverlight 2 プレーヤー テンプレートに含まれるコントロールを使用すると、プレーヤーによってレンダリングされるコンテンツの現在のビット レートを示すリアルタイム グラフを表示できます。またこのテンプレートでは、クライアントで使用可能な帯域幅の低下や回復をシミュレートすることで、変動条件に影響を受けやすいエ ンド ユーザーの環境をシミュレートすることもできます。

Big Buck Bunny サンプル コンテンツをインストールするには

  1. Smooth Streaming Sample Content のページ (英語)から、次のファイルをダウンロードします。Big_Buck_Bunny_Sample-IIS_Smooth_Streaming_Beta.exe
  2. 抽出したサンプル ファイルを格納する場所を指定するためのダイアログ ボックスが表示されたら、ディレクトリ パスを入力します。この記事で説明する Smooth Streaming Web サーバーで使用するサンプル コンテンツの格納先は、既定の Web サイトの Big_Buck_Bunny フォルダーとします (<システム ドライブ>\inetpub\wwwroot\Big_Buck_Bunny)。次に例を示します。
    Dd775198.file_006(ja-jp,TechNet.10).jpg
    メモ**   : 別の Web サイトや仮想ディレクトリにサンプル コンテンツを格納する場合は、その物理パスを入力します (例 : <システム ドライブ>\inetpub\wwwroot\MySite\Big_Buck_Bunny)。その場合、これ以降の手順では、必ずここで入力した Web サイトまたは仮想ディレクトリのパスを代わりに使用してください。

サンプル クライアントの更新版のインストール

サンプル クライアントの更新版には、SmoothStatsTracker という名前の更新された SmoothStreamingUXSimulator Silverlight 2 プレーヤー テンプレートが含まれています。

サンプル クライアントの更新版をインストールするには

  1. まだインストールしていない場合は、前述の手順に従って Big Buck Bunny サンプル コンテンツをインストールします。

  2. Smooth Streaming Sample Content のページ (英語)から、次のファイルをダウンロードします。Sample_Client_Refresh_IIS_Smooth_Streaming.exe

  3. 抽出したサンプル ファイルを格納する場所を指定するためのダイアログ ボックスが表示されたら、Big Buck Bunny サンプル コンテンツ用に指定したディレクトリ パスを入力します。次に例を示します。
    Dd775198.file_006(ja-jp,TechNet.10).jpg

  4. メモ帳で、C:\inetpub\wwwroot\Big_Buck_Bunny\default.html ファイルを開きます。

  5. 次のように、使用可能なプレーヤーのリストに SmoothStatsTracker という Silverlight テンプレートを追加します。

    <div> Silverlight Player: 
       <select id="SilverlightPlayer">
            <option value="SmoothStreamingBlackGlass.xap" selected>Black Glass (Default)</option>
            <option value="SmoothStreamingUXSimulator.xap">User Experience Simulator</option>
     <option value="SmoothStatsTracker.xap">Sample Client Refresh</option>
    </select>
    </div>
    

Silverlight でのサンプル コンテンツの再生

サンプル コンテンツを再生するには、まず最新バージョンの Microsoft Silverlight (英語) をインストールします。次に、http://localhost/Big_Buck_Bunny/default.html (ローカル Web サーバー上)、または http://<サーバー名>/Big_Buck_Bunny/default.html (リモート クライアント コンピューター上) を開きます。次の Web ページが表示されます。

Dd775198.file_004(ja-jp,TechNet.10).jpg

[Silverlight Player] ボックスの一覧からプレーヤーを選択して、[Start Playing] をクリックします。Smooth Streaming 用の Silverlight ブラウザー プラグインおよび選択したプレーヤー テンプレートを使用して、Smooth Stream が Web ブラウザー上で開きます。必ずスクラブ バーを使用して、Smooth Streaming のインスタントシーク機能を試してください。

Dd775198.file(ja-jp,TechNet.10).jpg

使用可能な帯域幅を変更したり Smooth Streaming のアダプティブ機能を実行したりするためのコントロールの詳細については、Experience Smooth Streaming Web のページ(英語)User Interface Keyセクションを参照してください。

独自のコンテンツの作成と公開

独自の Smooth Streaming コンテンツを作成するには、Microsoft Expression Encoder 2 (英語) を購入してから、Expression Encoder 2 SP1 (英語) をインストールしてください。この Service Pack が提供する アダプティブ ストリーミング というビデオとオーディオのプロファイル、および IIS スムーズ ストリーミング という出力モードを使用すると、Smooth Streaming のプレゼンテーションを簡単に作成できます。

Dd775198.file_005(ja-jp,TechNet.10).jpg

Expression Encoder 2 を使用して Smooth Streaming ビデオをエンコードすると、このビデオは Smooth Streaming 形式で出力されます。このビデオのファイルは、[出力] タブの [公開] セクションで既定で使用できる WebDAV Extension を使用して IIS に公開できます。

Dd775198.file_002(ja-jp,TechNet.10).jpg

WebDAV を使用して Expression Encoder から Smooth Streaming Web サーバーに直接公開するには、無償の WebDAV Extension (英語) をサーバー コンピューターにインストールしておく必要があります。

関連コンテンツ

記事