IIS 7 への FTP のインストールと設定

作成者 : Robert McMurray
発行日 : 2007 年 12 月 6 日 (作業者 : IIS Team(英語))
更新日 : 2009 年 3 月 18 日 (作業者 : IIS Team(英語))

はじめに

Microsoft は、Windows Server® 2008 用に完全に書き換えられた、新しい FTP サービスを作成しました。この新しい FTP サービスには多くの新機能が組み込まれており、Web 作成者にはコンテンツの発行がしやすくなる環境を、Web 管理者にはより優れたセキュリティおよび展開オプションを提供します。

  • IIS 7.0 との統合 : IIS 7.0 は新しい管理インターフェイスおよび構成ストアを備えており、新しい FTP サービスはこの新しい設計と緊密に統合されます。以前の IIS 6.0 のメタベースはなくなり、代わりに .NET XML ベースの *.config 形式に基づく新しい構成ストアが導入されました。さらに、IIS 7.0 には新しい管理ツールが用意されており、新しい FTP サーバーはそのパラダイムにシームレスに組み込まれます。
  • 新しいインターネット標準のサポート : 新しい FTP サービスの最も重要な機能の 1 つとして、FTP over SSL のサポートが挙げられます。新しい FTP サーバーは、UTF8 や IPv6 などのその他のインターネット強化機能もサポートしています。
  • 共有ホスティングの向上 : 新しい FTP サーバーは IIS 7.0 に完全に統合されているため、FTP バインドを既存の Web サイトに追加するだけで、同じサイトで FTP および Web コンテンツをホストすることができます。さらに、新しい FTP サーバーでは仮想ホスト名をサポートするようになったため、複数の FTP サイトを同じ IP アドレスでホストできます。また、ユーザーの分離が向上し、ユーザー別の仮想ディレクトリを使用してユーザーを分離できるようになりました。
  • カスタム認証プロバイダー : 新しい FTP サーバーは、IIS マネージャー および .NET メンバーシップの Windows 以外のアカウントを使用した認証をサポートしています。
  • ログ サポートの向上 : FTP ログが拡張され、すべての FTP 関連トラフィック、FTP セッションの固有の追跡、FTP の副状態、FTP ログ内の追加の詳細フィールドなどが含まれるようになりました。
  • 新しいサポート機能 : IIS 7.0 にはローカル ユーザーに詳細なエラー メッセージを表示するための新しいオプションがあります。新しい FTP サーバーは、このパラダイムに従って、FTP サーバーにローカルでログインしたときに詳細なエラー応答を提供します。また、ETW (Event Tracing for Windows) を使用して詳細な情報をログ記録し、トラブルシューティング用の追加の詳細情報を提供します。
  • 拡張可能な機能セット : FTP は拡張機能をサポートしており、FTP サービスで提供されている組み込み機能を拡張できます。具体的には、ユーザー独自の認証プロバイダーおよび承認プロバイダーの作成をサポートしています。また、カスタム FTP ログや FTP ユーザーのホーム ディレクトリ情報の特定のためのプロバイダーを作成することもできます。

FTP7.5 の新機能の詳細については、Microsoft の Web サイト (http://www.iis.net/(英語)) のトピック「Microsoft FTP 7.5 の新機能」を参照してください。

このドキュメントでは、新しい FTP サービスのインストール、およびインストールの問題のトラブルシューティングについて説明します。

  • FTP7.5 のダウンロードとインストール
  • インストールの問題のトラブルシューティング
  • このリリースの既知の問題
  • FTP7.5 の使用の開始

前提条件

このトピックの手順を完了するには、次の項目を満たしている必要があります。

  1. Windows Server 2008 を使用している必要があります。
  2. インターネット インフォメーション サービス 7.0 がインストールされている必要があります。
  3. IIS 7.0 ユーザー インターフェイスを使用して新しい FTP サーバーを管理する予定の場合は、管理ツールをインストールする必要があります。
  4. 新しい FTP サーバーを管理者としてインストールする必要があります (詳細については、ダウンロードとインストールのセクションを参照してください)。
  5. IIS 7.0 では、新しい共有構成環境をサポートしています。新しい FTP サーバーを各ノードにインストールする前に、Web ファーム内の各サーバー上でこの共有構成を無効にしてください。 : FTP サーバーをインストールした後に、共有構成を再び有効にすることができます。
  6. Windows Server 2008 の DVD に格納されている FTP サーバーは、新しい FTP サーバーをインストールする前にアンインストールする必要があります。

FTP7.5 のダウンロードとインストール

使用しているサーバーに適したバージョンのダウンロード

新しい FTP サーバーには、ダウンロード可能なパッケージが 2 種類あります。使用している Windows Server 2008 のバージョンに適したパッケージをダウンロードする必要があります。

インストール パッケージの起動

インストール パッケージは、管理者として実行する必要があります。そのためには、次のいずれかの方法を使用します。

  1. "Administrator" という名前の実際のアカウントを使用してサーバーにログオンし、上記のダウンロード ページを参照します。ダウンロード パッケージをサーバーに保存済みの場合は、そのパッケージをダブルクリックします。
  2. 管理者特権を持つアカウントを使用してログオンし、Windows プログラムの [アクセサリ] メニューにある [コマンド プロンプト] メニュー項目を右クリックし、[管理者として実行] を選択してコマンド プロンプトを開きます。次に、以下に示すコマンドのうち、使用している Windows のバージョンに適したコマンドを入力してインストールを実行します。
    • 32 ビット バージョンの Windows :
      • msiexec /i ftp7_x86_75.msi
    • 64 ビット バージョンの Windows :
      • msiexec /i ftp7_x64_75.msi

: Windows Vista および Windows Server 2008 オペレーティング システムでは、ユーザー アカウント制御 (UAC) セキュリティ コンポーネントにより、applicationHost.config ファイルへのアクセスが制限されるため、上記のいずれかの手順が必要になります。UAC の詳細については、次のドキュメントを参照してください。

以下の手順では、既定の Web サイトに FTP 発行を追加するために必要なすべての設定について説明します。

インストール プロセスの説明

  1. インストール パッケージを開くと、次の画面が表示されます。[Next] をクリックして次に進みます。

    Dd939077.Installing and troubleshooting FTP fig1(ja-jp,TechNet.10).jpg

  2. 次の画面で、ライセンス条項に同意する場合は [I accept] チェック ボックスをオンにして、[Next] をクリックします。

    Dd939077.Installing and troubleshooting FTP fig2(ja-jp,TechNet.10).jpg

  3. 次の画面にインストール オプションが一覧表示されます。一覧からインストールするオプションを選択し、[Next] をクリックします。

    • Common files : このオプションにはスキーマ ファイルが含まれています。共有サーバー環境でインストールする場合は、Web ファーム内の各サーバーにこのオプションをインストールする必要があります。

    • FTP 7.0 Publishing Service : このオプションには FTP サービスのコア コンポーネントが含まれています。このオプションは、FTP サービスをサーバーにインストールするために必要です。

    • Managed Code Support : これはオプション コンポーネントですが、ASP.NET や IIS マネージャー認証などのマネージ拡張機能を使用するには、このオプションを選択する必要があります。 : この機能は、Windows Server 2008 Core にインストールすることはできません。

    • Administration Features : このオプションでは、FTP7 管理ユーザー インターフェイスがインストールされます。前提として、IIS 7.0 マネージャーおよび .NET Framework 2.0 がインストールされている必要があります。 : この機能は、Windows Server 2008 Core にインストールすることはできません。

      Dd939077.Installing and troubleshooting FTP fig3(ja-jp,TechNet.10).jpg

  4. 次の画面で [Install] をクリックすると、前の画面で選択したオプションのインストールが開始されます。

    Dd939077.Installing and troubleshooting FTP fig4(ja-jp,TechNet.10).jpg

  5. インストールが完了したら、[Read notes] をクリックして FTP README ファイルを表示し、[Finish] をクリックしてインストール ダイアログ ボックスを閉じます。

    Dd939077.Installing and troubleshooting FTP fig5(ja-jp,TechNet.10).jpg

: インストール中にエラーが発生した場合は、エラー ダイアログ ボックスが表示されます。詳細については、このドキュメントの「インストールの問題のトラブルシューティング」セクションを参照してください。

インストールの問題のトラブルシューティング

インストールの失敗

何らかの理由で FTP7 のインストールが失敗した場合、"Installation log" という名前のボタンがあるダイアログ ボックスが表示されます。[Installation log] ボタンをクリックすると、インストール中に作成された MSI インストール ログが表示されます。以下に示すコマンドのうち、使用している Windows のバージョンに適した方を実行して、インストール ログを手動で有効にすることもできます。これにより、インストール プロセスに関する情報が含まれたログ ファイルが作成されます。

  • 32 ビット バージョンの Windows :
    • msiexec /L ftp7.log /I ftp7_x86_75.msi
  • 64 ビット バージョンの Windows :
    • msiexec /L ftp7.log /I ftp7_x64_75.msi

インストールに失敗した場合、このログ ファイルを分析します。これは、失敗の原因を特定するのに役立ちます。

エラー ダイアログ ボックスの [Online information] ボタンをクリックすると、Web ブラウザー上で 「FTP7.5 のインストールとトラブルシューティング」のドキュメントが起動します。

このリリースの既知の問題

このリリースでは、以下の問題が確認されています。

  1. 新しい FTP サービスをインストールした後に、Windows Server 2008 の DVD に格納されている FTP サービスをインストールしないでください。古い FTP サービスでは、新しい FTP サービスがインストールされていることを検出しません。よって、両方の FTP サービスが同時に実行されるため、ポートの競合が発生することがあります。

  2. Web ベースの機能については、リモート マネージャーに委任したり、IIS 7.0 の新しい構成インフラストラクチャを使用して web.config ファイルに追加したりできます。ただし、FTP の機能については、委任や web.config ファイルへの格納はできません。

  3. 新しい FTP サービスのインストール後に IIS 7.0 をアンインストールすることは可能です。これによって新しい FTP サービスは動作しなくなります。その後 IIS を再インストールすると、IIS 構成ファイルの新しいコピーが作成されます。ただし、新しい FTP サービスの構成情報はその IIS 構成ファイル内に存在しなくなるため、新しい FTP サービスは引き続き動作しません。この問題を解決するには、新しい FTP サービスのセットアップを再実行して、[Repair] を選択します。

  4. Web サイトや FTP サイトが問題なく開始されていても、そのサイトのアイコンに疑問符が付くことがあります。この問題は、サイトに HTTP バインドと FTP バインドが混在している場合に発生します。.

  5. FTP 発行を Web サイトに追加した後、IIS 7.0 管理ツールのツリー ビュー内でそのサイトのノードをクリックしても、FTP アイコンが表示されないことがあります。この問題に対処するには、次のいずれかの手順を実行してください。

    • F5 キーを押して、IIS 7.0 管理ツールの画面を更新します。
    • [サイト] ノードをクリックして、サイト名をダブルクリックします。
    • IIS 7.0 管理ツールを閉じてから、もう一度開きます。
  6. サイトの既定値にカスタム プロバイダーを追加すると、そのプロバイダーが各サイトの下に表示されます。ただし、カスタム プロバイダーの設定をサイトレベルで削除または変更しようとしても、そのサイトの空の <providers /> セクションは作成されますが、各サイトの構成は変更されません。たとえば、サイトの既定値でカスタム プロバイダーが有効になっている場合、サイトレベルでカスタム プロバイダーを無効にすることはできません。この問題に対処するには、管理者として applicationHost.config ファイルを開いて、カスタム認証プロバイダーの一覧に <clear/> 要素を追加し、手動でカスタム プロバイダーを設定に追加します。たとえば、IIS マネージャーのカスタム認証プロバイダーを追加するには、次の例のように設定を追加します。

    <ftpServer>
       <security>
          <authentication>
             <customAuthentication>
                <providers>
                   <clear />
                   <add name="IisManagerAuth" enabled="true" />
                </providers>
             </customAuthentication>
          </authentication>
       </security>
    </ftpServer>
    

FTP7.5 の使用の開始

新しい FTP サーバーの使用開始に役立つように、Microsoft の Web サイト (http://www.iis.net/(英語)) で、次のチュートリアルが公開されています。

これらのドキュメントに加えて、新しい FTP サーバーのヘルプ ファイルにも、新しい FTP サーバーの使用と管理に関する多くの情報が含まれています。ヘルプ ファイルを開くには、IIS マネージャーでいずれかの FTP 機能を開いて、[操作] ウィンドウの [ヘルプ] をクリックします。

関連コンテンツ

記事