IAMStreamConfig インターフェイス

IAMStreamConfig インターフェイスによってアプリケーションは、特定のキャプチャ フィルタおよび圧縮フィルタ上で、オーディオおよびビデオの出力フォーマットを設定できる。

出力サイズやフレーム レート (ビデオの場合)、サンプル レートやチャンネル数 (オーディオの場合) といったフォーマット プロパティを設定するには、このインターフェイスを使う。

フィルタは、それぞれの出力ピン上でこのインターフェイスを公開する。このインターフェイスを使うには、フィルタのピンを列挙し、IAMStreamConfig を問い合わせる。または、フィルタ グラフの構築に Capture Graph Builder オブジェクトを使っている場合は、ICaptureGraphBuilder2::FindInterface メソッドを呼び出すこともできる。たとえば、キャプチャ フィルタは、キャプチャ用とプレビュー用の別々のピンを備えていることがある。

フィルタ開発者への注意点 : キャプチャ フィルタまたは圧縮フィルタを作成している場合は、ビデオまたはオーディオの出力ピンでこのインターフェイスを実装すること。詳細については、「キャプチャ フォーマットと圧縮フォーマットの公開」を参照すること。

IAMStreamConfig インターフェイスは、IUnknown から継承されるメソッドに加え、以下のメソッドを公開する。

メソッド 説明
GetFormat 現在の出力フォーマットまたは優先出力フォーマットを取得する。
GetNumberOfCapabilities このピンがサポートするフォーマット機能の数を取得する。
GetStreamCaps フォーマット機能のセットを取得する。
SetFormat ピン上で出力フォーマットを設定する。