D3DXMatrixPerspectiveOffCenterRH 関数

D3DXMatrixPerspectiveOffCenterRH 関数

カスタマイズした右手座標系パースペクティブ射影行列を作成する。

構文

D3DXMATRIX *D3DXMatrixPerspectiveOffCenterRH(      
    D3DXMATRIX *pOut,
    FLOAT l,
    FLOAT r,
    FLOAT b,
    FLOAT t,
    FLOAT zn,
    FLOAT zf
);

パラメータ

  • pOut
    [in, out] 演算結果である D3DXMATRIX 構造体へのポインタ。
  • l
    [in] ビュー ボリュームの最小 x 値。
  • r
    [in] ビュー ボリュームの最大 x 値。
  • b
    [in] ビュー ボリュームの最小 y 値。
  • t
    [in] ビュー ボリュームの最大 y 値。
  • zn
    [in] ビュー ボリュームの最小 z 値。
  • zf
    [in] ビュー ボリュームの最大 z 値。

戻り値

カスタマイズした右手座標系パースペクティブ射影行列である D3DXMATRIX 構造体へのポインタ。

注意

D3DXMatrixPerspectiveOffCenterRH 関数のパラメータはすべて、カメラ空間の距離である。このパラメータは、ビュー ボリュームのディメンジョンを記述する。

この関数の戻り値は、pOut パラメータの戻り値と同じである。したがって、D3DXMatrixPerspectiveOffCenterRH 関数を別の関数の引数として使える。

この関数が返す行列は、次の公式を使って計算する。

2*zn/(r-l)   0            0                0
0            2*zn*(t-b)   0                0
(l+r)/(r-l)  (t+b)/(t-b)  zf/(zn-zf)      -1
0            0            zn*zf/(zn-zf)    0

関数の情報

ヘッダー d3dx9math.h
インポート ライブラリ d3dx9.lib
最低限のオペレーティング システム Windows 98

参照

D3DXMatrixPerspectiveRHD3DXMatrixPerspectiveLHD3DXMatrixPerspectiveFovRHD3DXMatrixPerspectiveFovLHD3DXMatrixPerspectiveOffCenterLH