Direct3D 10 フォーマットに対するハードウェア サポート

次の表は、ハードウェアでサポートされているフォーマットを示しています。つまり、Direct3D 10 クラス (または上位のクラス) のビデオ カードは、その特定のフォーマットのデータを含むリソースに対してハードウェア アクセラレーションを実行します。サポートがオプションになっているフォーマットは、ハードウェアで高速化される場合とされない場合があります。

  • X - 対象のフォーマット ターゲットに対して、そのフォーマットはハードウェアでサポートされています。
  • o - 対象のフォーマット ターゲットに対して、そのフォーマットはハードウェアでサポートされている場合があります。ただし、サポートはオプションです。
  • 空白 - そのフォーマットはサポートされていません。対象のフォーマット ターゲットに対応していない可能性もあります。
DXGI フォーマットビット数フォーマット ターゲット
型指定なし型指定あり1234567891011121314151617181920212223
R32G32B32A32_TYPELESS128XXXXXXX
R32G32B32A32_FLOAT128XXXXXXXXoXXXXXooXX
R32G32B32A32_UINT128XXXXXXXXXXXooX
R32G32B32A32_SINT128XXXXXXXXXXXooX
R32G32B32_TYPELESS96XXXXXXX
R32G32B32_FLOAT96XXXXXXXXoXoooXooXX
R32G32B32_UINT96XXXXXXXXXoXooX
R32G32B32_SINT96XXXXXXXXXoXooX
R16G16B16A16_TYPELESS64XXXXXXX
R16G16B16A16_FLOAT64XXXXXXXXXXXXXooXXX
R16G16B16A16_UNORM64XXXXXXXXXXXoXooXX
R16G16B16A16_UINT64XXXXXXXXXXooX
R16G16B16A16_SNORM64XXXXXXXXXXXXooXX
R16G16B16A16_SINT64XXXXXXXXXXooX
R32G32_TYPELESS64XXXXXXX
R32G32_FLOAT64XXXXXXXXoXXXXXooXX
R32G32_UINT64XXXXXXXXXXXooX
R32G32_SINT64XXXXXXXXXXXooX
R32G8X24_TYPELESS64XXXXXX
D32_FLOAT_S8X24_UINT64XXXXXXoX
R32_FLOAT_X8X24_TYPELESS64XXXXoXXXX
X32_TYPELESS_G8X24_UINT64XXXXXXX
R10G10B10A2_TYPELESS32XXXXXXX
R10G10B10A2_UNORM32XXXXXXXXXXXXXooXXX
R10G10B10A2_UINT32XXXXXXXXXXooX
R11G11B10_FLOAT32XXXXXXXXXXXXXooX
R8G8B8A8_TYPELESS32XXXXXXX
R8G8B8A8_UNORM32XXXXXXXXXXXXXooXXX
R8G8B8A8_UNORM_SRGB32XXXXXXXXXXXooXXX
R8G8B8A8_UINT32XXXXXXXXXXooX
R8G8B8A8_SNORM32XXXXXXXXXXXXooXX
R8G8B8A8_SINT32XXXXXXXXXXooX
R16G16_TYPELESSXXXXXXX
R16G16_FLOAT32XXXXXXXXXXXXXooXX
R16G16_UNORM32XXXXXXXXXXXoXooXX
R16G16_UINT32XXXXXXXXXXooX
R16G16_SNORM32XXXXXXXXXXXXooXX
R16G16_SINT32XXXXXXXXXXooX
R32_TYPELESS32XXXXXXX
D32_FLOAT32XXXXXXoX
R32_FLOAT32XXXXXXXXoXXXXXXooXX
R32_UINT32XXXXXXXXXXXXooX
R32_SINT32XXXXXXXXXXXooX
R24G8_TYPELESS32XXXXXX
D24_UNORM_S8_UINT32XXXXXXoX
R24_UNORM_X8_TYPELESS32XXXXoXXXX
X24_TYPELESS_G8_UINT32XXXXXXX
R8G8_TYPELESS16XXXXXXX
R8G8_UNORM16XXXXXXXXXXXXXooXX
R8G8_UINT16XXXXXXXXXXooX
R8G8_SNORM16XXXXXXXXXXXXooXX
R8G8_SINT16XXXXXXXXXXooX
R16_TYPELESS16XXXXXXX
R16_FLOAT16XXXXXXXXXXXXXooXX
D16_UNORM16XXXXXXoX
R16_UNORM16XXXXXXXXXXXXoXooXX
R16_UINT16XXXXXXXXXXXooX
R16_SNORM16XXXXXXXXXXXXooXX
R16_SINT16XXXXXXXXXXooX
R8_TYPELESS8XXXXXXX
R8_UNORM8XXXXXXXXXXXXXooXX
R8_UINT8XXXXXXXXXXooX
R8_SNORM8XXXXXXXXXXXXooXX
R8_SINT8XXXXXXXXXXooX
A8_UNORM8XXXXXXXXXXXooX
R1_UNORM1XXX
R9G9B9E5_SHAREDEXP32XXXXXXXX
R8G8_B8G8_UNORM16XXXXXXXX
G8R8_G8B8_UNORM16XXXXXXXX
BC1_TYPELESS4XXXXXX
BC1_UNORM4XXXXXXXX
BC1_UNORM_SRGB4XXXXXXXX
BC2_TYPELESS8XXXXXX
BC2_UNORM8XXXXXXXX
BC2_UNORM_SRGB8XXXXXXXX
BC3_TYPELESS8XXXXXX
BC3_UNORM8XXXXXXXX
BC3_UNORM_SRGB8XXXXXXXX
BC4_TYPELESS4XXXXXX
BC4_UNORM4XXXXXXXX
BC4_SNORM4XXXXXXXX
BC5_TYPELESS8XXXXXX
BC5_UNORM8XXXXXXXX
BC5_SNORM8XXXXXXXX

フォーマット ターゲット

上記のフォーマット表に示したターゲットのリストは、次のとおりです。フォーマット ターゲットは、特定のフォーマットに依存するリソースの種類、HLSL 組み込み関数、または特定の機能です。

  1. バッファー
  2. 頂点バッファー (IA ステージ)
  3. インデックス バッファー (IA ステージ)
  4. ストリーム出力バッファー
  5. Texture1D
  6. Texture2D
  7. Texture3D
  8. TextureCube
  9. Shader ld
  10. Shader サンプル (任意のフィルター)
  11. Shader サンプル_c (比較フィルター)
  12. Shader サンプル (モノラル 1 ビット フィルター)
  13. ミップマップ
  14. ミップマップ自動生成
  15. レンダー ターゲット
  16. ブレンド可能なレンダー ターゲット
  17. 深度/ステンシル ターゲット
  18. CPU ロック可能
  19. マルチサンプル レンダー ターゲット
  20. マルチサンプルのロード
  21. マルチサンプルの解決
  22. ディスプレイ スキャンアウト
  23. ビット レイアウト内のキャスト

最初のフォーマット R32G32B32A32_TYPELESS がサポートされているフォーマット ターゲットは、5、6、7、8、13、および 23 です。つまり、ハードウェアがハードウェア アクセラレーションを実行する対象は次のとおりです。

  • いくつかのリソース タイプ (5 ~ 8): Texture1D、Texture2D、Texture3D、TextureCube
  • ミップマップ リソース (13)
  • ビット レイアウト変更のないタイプ間でキャストできるデータを含むリソース (23)

この表の情報は、ID3D10Device::CheckFormatSupport でプログラムを使用して確認できます。

DXGI_FORMAT_R16G16B16A16_FLOAT フォーマットのバックバッファーおよびスキャンアウトは、線形の値としたガンマ データを格納します。

関連項目

DXGI の列挙型