ID3D11Texture2D

2D テクスチャー インターフェイスは、構造化されたメモリーであるテクセル データを管理します。

IUnknown
   ID3D11DeviceChild
      ID3D11Resource
         ID3D11Texture2D

このインターフェイスには以下のメソッドがあります。

メソッド 説明
ID3D11Texture2D::GetDesc テクスチャーの記述を取得します。

空の Texture2D リソースを作成するには、ID3D11Device::CreateTexture2D を呼び出します。テクスチャーの作成と読み込みの詳細については、「テクスチャー リソースの作成」を参照してください。

テクスチャーはパイプラインに直接バインドできません。代わりに、ビューを作成してバインドする必要があります。ビューを使用すると、一定の制約内でテクスチャー データを実行時に解釈できます。テクスチャーをレンダー ターゲットまたは深度ステンシル リソースとして使用するには、それぞれ ID3D11Device::CreateRenderTargetView および ID3D11Device::CreateDepthStencilView を呼び出します。テクスチャーをシェーダーへの入力として使用するには、ID3D11Device::CreateShaderResourceView を呼び出して作成します。

関連項目

リソース インターフェイス