.NET Framework におけるセキュリティの変更点

.NET Framework 4.5 でのセキュリティの最も重要な変更点は、厳密な名前付けです。 これらの変更の詳細については、「 Enhanced Strong Naming 」を参照してください。

.NET Framework は、マネージド アプリケーションに 2 階層のセキュリティ モデルを提供します。 Windows 8.x ストア アプリはリソースへのアクセスを制限する Windows セキュリティ コンテナーで実行されます。 そのコンテナー内では、マネージド アプリケーションは完全に信頼された状態で実行します。 コード アクセス セキュリティの (CAS) の観点からは、権限を昇格するために開発者が実行できる操作はありません。 Windows で与えられる権限の詳細については、Windows デベロッパー センターの「 App capability declarations (Windows Store apps) 」 (アプリの機能宣言 (Windows ストア アプリ)) を参照してください。 Windows 8.x ストア アプリの作成については、「 C# または Visual Basic を使った初めての Windows ストア アプリの作成」を参照してください。