シングルファイル アセンブリの構築

シングルファイル アセンブリは最も単純な種類のアセンブリであり、アセンブリ マニフェストと同様に型情報と実装を格納します。コマンド ライン コンパイラまたは Visual Studio .NET を使用して、シングルファイル アセンブリを作成できます。既定では、コンパイラは .exe 拡張子の付いたアセンブリ ファイルを作成します。

メモ   Visual Studio .NET for C# および Visual Basic はシングルファイル アセンブリの作成にしか使用できません。マルチファイル アセンブリを作成する場合は、コマンド ライン コンパイラまたは C++ のマネージ拡張付き Visual Studio .NET を使用します。

コマンド ライン コンパイラを使用してシングルファイル アセンブリを作成する手順を次に示します。

.exe 拡張子の付いたアセンブリを作成するには

  • コマンド プロンプトに次のコマンドを入力します。

    <compiler command> <module name>

    このコマンドでは、compiler command はコード モジュールで使用する言語のコンパイラ コマンドです。module name は、コンパイルしてアセンブリを生成するコード モジュールの名前です。

コード モジュール myCode からアセンブリ myCode.exe を作成する例を次に示します。

csc myCode.cs
[Visual Basic]
vbc myCode.vb

アセンブリを作成し、出力ファイル名を指定するには、次のようにします。

  • コマンド プロンプトに次のコマンドを入力します。

    <compiler command> /out:<file name> <module name>

    このコマンドで、compiler command はコード モジュールで使用する言語のコンパイラ コマンドです。file name は出力ファイル名です。module name はコンパイルしてアセンブリを生成するコード モジュールの名前です。

コード モジュール myCode からアセンブリ myAssembly.exe を作成する例を次に示します。

csc /out:myAssembly.exe myCode.cs
[Visual Basic]
vbc /out:myAssembly.exe myCode.vb

ライブラリ アセンブリの作成

上記のメソッドは、シングルファイル アセンブリを、Main メソッドや WinMain メソッドなどの単一のエントリ ポイントを含む必要のあるコード モジュールから作成します。コード モジュールにエントリ ポイントが含まれない場合は、コンパイラから通知を発行します。アセンブリにエントリ ポイントを含めない場合は、ライブラリ アセンブリを作成します。

ライブラリ アセンブリは、クラス ライブラリに類似しています。ライブラリ アセンブリには、他のアセンブリが参照する型が格納されますが、実行を開始するためのエントリ ポイントは含まれません。

ライブラリ アセンブリを作成するには、次のようにします。

  • コマンド プロンプトに次のコマンドを入力します。

    <compiler command> /t:library <module name>

    このコマンドでは、compiler command はコード モジュールで使用する言語のコンパイラ コマンドです。module name は、コンパイルしてアセンブリを生成するコード モジュールの名前です。/out: オプションなどのほかのコンパイラ オプションも使用できます。

コード モジュール myCode からライブラリ アセンブリ myCodeAssembly.dll を作成する例を次に示します。

csc /out:myCodeLibrary.dll /t:library myCode.cs
[Visual Basic]
vbc /out:myCodeLibrary.dll /t:library myCode.vb

参照

アセンブリの作成 | マルチファイル アセンブリの構築 | アセンブリを使用したプログラミング