ResolveAssemblyReference タスク

2 番目および n 番目の依存関係を含め、指定したアセンブリに依存するすべてのアセンブリを決定します。

パラメータ

ResolveAssemblyReference タスクのパラメータの説明を次の表に示します。

パラメータ 説明

AppConfigFile

省略可能な String 型のパラメータです。

bindingRedirect マッピングを抽出する元になる app.config を指定します。このパラメータを指定する場合は、AutoUnify パラメータを false にする必要があります。

Assemblies

省略可能な ITaskItem[] 型のパラメータです。

完全パスに解決し、依存関係を見つけるアイテムを指定します。これらのアイテムには、簡易名または厳密な名前を指定できます。

このパラメータに渡されるアイテムには、次のアイテム メタデータを指定できます。

  • Private: Boolean 値。式が true の場合、アイテムはローカルにコピーされます。

  • HintPath: String 値。参照と見なされるファイル名の場所を指定します。SearchPaths パラメータに {HintPathFromItem} が指定されている場合に使用されます。

  • SpecificVersion: Boolean 値。true の場合、アイテムの Include 属性で指定されている正確な fusion 名に一致する必要があります。false の場合、同じ簡易名を持つアセンブリに一致する必要があります。存在しない場合、アイテムの Include 属性の値がチェックされます。属性が簡易名の場合は、このメタデータの値が false であるという仮定で動作します。属性が厳密な名前の場合は、このメタデータの値が true であるという仮定で動作します。

  • ExecutableExtension: String 値。存在する場合、解決されるアセンブリの拡張子はこの値である必要があります。存在しない場合、チェックするディレクトリごとに .dll が最初に考慮され、次に .exe が考慮されます。

  • SubType: String 値。空の SubType メタデータを持つアイテムのみが考慮されます。空でない SubType メタデータを持つアイテムは無視されます。

  • AssemblyFolderKey: String 値。このメタデータは、従来のアセンブリ フォルダ解決のためにサポートされています。このキーは、hklm\VendorFolder に似た構文を持ちます。設定されている場合、この特定のアセンブリ フォルダ キーのみが使用されます。

AssemblyFiles

省略可能な ITaskItem[] 型のパラメータです。

依存関係の対象を見つけるための完全修飾アセンブリ パスのリストを指定します。

このパラメータに渡されるアイテムには、次のアイテム メタデータを指定できます。

  • Private: 省略可能な Boolean 値。式が true の場合、アイテムはローカルにコピーされます。

  • FusionName: 省略可能な String メタデータ。このアイテムの簡易または厳密な fusion 名を指定します。この属性が存在する場合、fusion 名を得るためにアセンブリ ファイルを開く必要がないため、時間を節約できます。

AutoUnify

省略可能な Boolean 型のパラメータです。

true の場合、生成される依存グラフは、AppConfigFile パラメータに渡される App.Config ファイルが存在するものと仮定して自動的に処理されます。この仮想

App.Config ファイルには、最高バージョンのアセンブリが選択されるように、競合するそれぞれのアセンブリ セットに bindingRedirect エントリが用意されています。この結果、すべての競合が解決されるため、競合アセンブリに関する警告は発生しません。再割り当てのたびに高優先度コメントが作成されます。このコメントでは、古いバージョンと新しいバージョン、および AutoUnifytrue であるためにこれが自動的に実行されたことが示されます。

false の場合、アセンブリ バージョンの再割り当ては自動的に発生しません。アセンブリの 2 つのバージョンが存在する場合は、警告が発生します。同じアセンブリの異なるバージョン間に存在する競合のそれぞれについて、高優先度コメントが発生します。これらのコメントがすべて表示されると、一意のエラー コードと「同じ依存アセンブリの異なるバージョン間での競合が見つかりました。」というテキストが示された単一のメッセージが表示されます。

既定値は、false です。

CandidateAssemblyFiles

省略可能な String[] 型のパラメータです。

検索および解決プロセスで使用するアセンブリのリストを指定します。このパラメータに渡される値は、絶対ファイル名またはプロジェクトの相対ファイル名である必要があります。

SearchPaths パラメータに、考慮するパスの 1 つとして {CandidateAssemblyFiles} が含まれている場合、このリストのアセンブリが考慮されます。

CopyLocalFiles

省略可能な ITaskItem[] 型の読み取り専用出力パラメータです。

ResolvedFilesResolvedDependencyFilesRelatedFilesSatelliteFiles、および ScatterFiles パラメータの各ファイルのうち、CopyLocal アイテム メタデータの値が true であるファイルを返します。

FilesWritten

省略可能な ITaskItem[] 型の出力パラメータです。

ディスクに書き込まれるアイテムが含まれます。

FindDependencies

省略可能な Boolean 型のパラメータです。

true である場合、依存関係が検索されます。それ以外の場合は、プライマリ参照のみが検索されます。既定値は、true です。

FindRelatedFiles

省略可能な Boolean 型のパラメータです。

true の場合、.pdb ファイルや .xml ファイルなどの関連ファイルが検索されます。既定値は、true です。

FindSatellites

省略可能な Boolean 型のパラメータです。

true の場合、サテライト アセンブリが検索されます。既定値は、true です。

RelatedFiles

省略可能な ITaskItem[] 型の読み取り専用出力パラメータです。

参照と同じ基本名を持つ XML ファイルや .pdb ファイルなどの関連ファイルが含まれます。

このパラメータのアイテムには、次のアイテム パラメータが含まれています。

  • Primary: Boolean 値。true の場合、アイテムは Assemblies パラメータで渡されます。

  • CopyLocal: Boolean 値。指定された参照を出力ディレクトリにコピーする必要があるかどうかを示します。

ResolvedDependencyFiles

省略可能な ITaskItem[] 型の読み取り専用出力パラメータです。

依存関係への n 番目のパスが含まれます。このパラメータには、ResolvedFiles パラメータに含まれている最初のプライマリ参照は含まれていません。

このパラメータのアイテムには、次のアイテム パラメータが含まれています。

  • CopyLocal: Boolean 値。指定された参照を出力ディレクトリにコピーする必要があるかどうかを示します。

  • FusionName: String 値。この依存関係の fusion 名を指定します。

  • ResolvedFrom: String 値。このファイルを解決したリテラル検索パスを指定します。

ResolvedFiles

省略可能な ITaskItem[] 型の読み取り専用出力パラメータです。

完全パスに解決されるすべてのプライマリ参照のリストが含まれています。

このパラメータのアイテムには、次のアイテム パラメータが含まれています。

  • CopyLocal: Boolean 値。指定された参照を出力ディレクトリにコピーする必要があるかどうかを示します。

  • FusionName: String 値。この依存関係の fusion 名を指定します。

  • ResolvedFrom: String 値。このファイルを解決したリテラル検索パスを指定します。

SatelliteFiles

省略可能な ITaskItem[] 型の読み取り専用出力パラメータです。

見つかったサテライト ファイルを指定します。このアイテムが存在する原因となった参照または依存関係が CopyLocal=true の場合、これらのパラメータは CopyLocal=true となります。

このパラメータのアイテムには、次のアイテム パラメータが含まれています。

  • CopyLocal: Boolean 値。指定された参照を出力ディレクトリにコピーする必要があるかどうかを示します。このアイテムが存在する原因となった参照または依存関係の CopyLocal の値が true の場合、この値は true となります。

  • DestinationSubDirectory: String 値。このアイテムのコピー先の相対ディレクトリを指定します。

ScatterFiles

省略可能な ITaskItem[] 型の読み取り専用出力パラメータです。

指定されたアセンブリの 1 つに関連付けられた scatter ファイルが含まれています。

このパラメータのアイテムには、次のアイテム パラメータが含まれています。

  • CopyLocal: Boolean 値。指定された参照を出力ディレクトリにコピーする必要があるかどうかを示します。

SearchPaths

必須の String[] 型のパラメータです。

アセンブリを表すディスクのファイルを見つけるために検索されるディレクトリまたは特別な場所を指定します。一覧に検索パスを並べる順序は重要です。各アセンブリに対して、パスのリストは左から右に検索されます。アセンブリを表すファイルが見つかると、検索は停止し、次のアセンブリの検索を開始します。

このパラメータには、次の型の値を指定できます。

  • ディレクトリ パス。

  • {HintPathFromItem} : 基本アイテムの HintPath メタデータをチェックするように指定します。

  • {CandidateAssemblyFiles} : CandidateAssemblyFiles パラメータによって渡されたファイルをチェックするように指定します。

  • {Registry:_AssemblyFoldersBase_, _RuntimeVersion_, _AssemblyFoldersSuffix_}:

  • {AssemblyFolders}: レジストリからアセンブリを検索する VisualStudio 2003 .NET のスキームを使用するように指定します。

  • {GAC} : GAC 内を検索するように指定します。

  • {RawFileName} : アイテムの Include 値を正確なパスとファイル名として考慮するように指定します。

Silent

省略可能な Boolean 型のパラメータです。

true の場合、メッセージはログに記録されません。既定値は、false です。

StateFile

省略可能な String 型のパラメータです。

このタスクの中間ビルド状態の保存場所を示すファイル名を指定します。

SuggestedRedirects

省略可能な ITaskItem[] 型の読み取り専用出力パラメータです。

AutoUnify パラメータの値にかかわらず、すべての独立した競合アセンブリごとに 1 つのアイテムが含まれます。このパラメータには、アプリケーション構成ファイルに適切な bindingRedirect エントリが存在しないことがわかったカルチャと PKT が含まれます。

このアイテムが持つ情報は、次のとおりです。

  • Include 属性 : Version フィールドの値が 0.0.0.0 であるアセンブリ ファミリの完全 fusion 名が含まれます。

  • MaxVersion アイテム メタデータ : 最大バージョン番号が含まれます。

TargetFrameworkDirectory

省略可能な String 型のパラメータです。

対象のフレームワーク ディレクトリへのパスを指定します。このパラメータは、生成されるアイテムの CopyLocal ステータスを決定するために必要です。

このパラメータが指定されていない場合、そのソース アイテムの Private メタデータ値が明示的に true である場合を除いて、生成されるアイテムの CopyLocal 値は true にはなりません。

TargetProcessorArchitecture

省略可能な String 型のパラメータです。

優先されるターゲット プロセッサ アーキテクチャ。グローバル アセンブリ キャッシュ (GAC: Global Assembly Cache) 参照を解決するために使用されます。

このパラメータの値には、x86IA64、または AMD64 を指定できます。

このパラメータがない場合、タスクは実行中のプロセスのアーキテクチャに適合するアセンブリを検討します。アセンブリが見つからない場合、タスクは MSIL 値が ProcessorArchitecture の GAC アセンブリまたは ProcessorArchitecture 値がない GAC アセンブリを検討します。

解説

参照

概念

MSBuild タスク

その他の技術情報

MSBuild タスク リファレンス