UI Spy タスク

ここでは、一般的なUI Spy タスクの実行方法について説明します。

このトピックには次のセクションが含まれています。

  • UI オートメーション ツリーの表示
  • プロパティ情報の確認
  • コントロール パターンの使用
  • イベントの監視
  • スナップショットの操作
  • 関連トピック

UI オートメーション ツリーの表示

UI Spy を起動すると、UI オートメーションツリーの [Control View] が表示されます。[View] メニューから UI オートメーションツリーの他のビュー ([Content] または [Raw]) にアクセスできます。UI オートメーションツリーのビューの詳細については、「UI オートメーション ツリーの概要」を参照してください。

UI オートメーションツリー内の特定の UI 項目とその子孫を表示するには、該当する [View] ペインで UI 項目を選択して Ctrl + > キーを押すか、右クリックして [Scope To Element] を選択します。UI 項目とその子孫が [View] ペインに表示され、項目のプロパティが [Properties] ペインに強調表示されます。完全な UI オートメーションツリーを更新するには、[Scope to Element] の選択を解除します。ツリー全体を更新するには、F5 キーを押します。

UI 項目に対して UI オートメーションプロバイダを実装し、ナビゲーションを適切に実装した場合、または UI オートメーションをサポートするコントロール (comctl32 など) を使用している場合、UI 項目は、UI オートメーションツリー内の適切なレベルに表示されます。たとえば、ダイアログ ボックス内の編集コントロールがその UI オートメーションツリー内でダイアログ ボックスの下に子ノードとして表示される場合、このダイアログ ボックスのナビゲーションは適切に実装されています。

プロパティ情報の確認

UI Spy を起動すると、メイン ウィンドウの右側に [Properties] ペインが表示されます。表示する UI オートメーションプロパティを構成するには、[View] メニューを開いて [Configure Properties] をクリックします。[Properties Selection] ウィンドウが開き、[Properties] ペインに表示するプロパティの一覧を構成することができます。UI オートメーションプロバイダを実装した場合、または UI オートメーションをサポートするコントロール (comctl32 など) を使用している場合、UI Spy は UI オートメーションプロパティを表示します。

コントロール パターンの使用

UI オートメーションコントロール パターンは、コントロール型や外観に関係なく、コントロールの機能を分類および公開するための手段です。たとえば、ボタンなどの呼び出し可能なコントロールには Invoke コントロール パターンを使用し、リスト ボックス、リスト ビュー、コンボ ボックスなどのスクロール バーを持つコントロールには Scroll コントロール パターンを使用します。UI オートメーション プロバイダがこれらのコントロール パターン インターフェイスのいずれかを実装している場合、UI オートメーション クライアントは、対応するクラスを使用して UI 項目をプログラムで操作することができます。コントロール パターンの詳細については、「UI オートメーション コントロール パターンの概要」を参照してください。

UI Spy では、コントロール パターン クラスを使用して UI 項目を操作することができます。実装済みのコントロール パターンの一覧から選択し、コントロール パターン クラスからメソッドを選択して、そのメソッドのパラメータを指定することができます。UI Spy はそのメソッドを呼び出して、出力を [Output] ウィンドウに表示します。

イベントの監視

UI Spy は UI オートメーションイベントを表示します。アプリケーションでイベントが発生すると、UI Spy はそのイベントを処理して [Output] ウィンドウに表示します。監視するイベントを選択し、イベントの監視を開始および停止するタイミングを指定できます。

スナップショットの操作

UI Spy を使用すると、UI のスナップショットを定義し、そのスナップショットの UI オートメーション情報を XML ファイルに保存できます。指定したポイントまたはルート ディレクトリから情報を保存できます。

メモメモ :

UI オートメーションツリーの情報をルートからすべて保存する場合、かなりの時間を要することがあります。

以前にスナップショットを保存した場合は、そのスナップショットを読み込むことができます。UI Spy は UI オートメーションツリーのビットマップ バージョンを表示します。プロパティ値は [Properties] ウィンドウに表示されます。

参照

概念

UI Spy (UISpy.exe)
UI Spy のキーボード ショートカット